羽生結弦氏の美しい4Aが見たいのです。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦氏の美しい4Aが見たいのです。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは。

「進み続ける」羽生結弦に迫る。限定表紙はハートポーズ...!

この表紙のゆづを見た途端、ゆづのビジュアルの美しさに魅了され
慌てて購入しました。完璧に表紙買いです。(^^;


haniu1636.png

ただね、最初はうっかりしてこちらをポチってしまったのです。
よく見たらこっちの方は限定版だったのですね。

haniu1637.png

ゆづであることに変わりはないのですが、やっぱり私は最初の方が
好きなので、うっかりポチった方はすぐにキャンセルしました。

ゆづって本当にいろんな顔を見せてくれますね。

この表紙のゆづは大人っぽいし、まるでモデルさんのように
美しい笑顔でとってもイケメンなので好きです。

haniu1638.png

TVガイド特別編集KISS&CRY Vol.46 羽生結弦 ShareHearts号

昨日はハゴロモの羽生結弦カレンダーが届きましたし、ステキな
羽生結弦氏のお写真に囲まれてとても幸せです。

haniu1639.png
ハゴロモ 羽生結弦卓上カレンダー

進化する姿、見ていて 羽生結弦さんの旅路
毎日新聞より

有料記事なので全文をご紹介できないのが残念です。

『理想を追い求める新たな旅路に、もしかしたら本人が一番、
心を躍らせているのかもしれない。

羽生結弦さんは、プロスケーターに転向して一層、寄せられる
「期待」と向き合っている。


結果を望まれ、完璧な演技を心待ちにされ続けてきた。
周囲からだけでなく、時として日本、そして世界から。
どれほど背負い、対峙してきたことだろう。
だが、羽生さんは今もなお、応えようとしている。
それを「超えたい」とさえ言う。

何かから解放されたような明るい表情とは対称的に、滑る背中
からは表現者としてのすごみが増しているように映る。
精力的に発信する姿もまた、競技選手時代とは異なる新たな一面だ。』


「今が一番うまい」と言い切った羽生結弦氏。
本人がおっしゃるように8月に公開し、LIVE配信してくださった
「SharePractice」を見ると、本当にそうだと思いました。

何といってもあの難度の高い「SEIMEI」をノーミスで演じ切った
のには驚きました。

30歳になった時は今よりもさらにうまくなっていることでしょう。
ご自身でもそれが楽しみだとおっしゃっていました。

さらに「皆から期待を寄せられる自分で居たい」と思っているようです。

私達ファンも、ゆづがますます進化していく姿を目撃できるのは
とても光栄だし、うれしく思います。

常に高き理想を追い求め、さらに進化していく羽生結弦氏に
大いなる期待を寄せながら、応援していきたいと思います。

Twitterより














PS:東スポの記事に、「羽生が決められず寂しい」と、ロシアの
元アイスダンスの銀メダリストであるイリヤ・アベルブフ氏が
話したと書いてあるのを読みました。

「羽生が公式戦で4回転半を決められなかったのは、少し寂しい。
(成功していたら)卓越したスケーターが切り開き、高みに立った
という美しい物語になったことでしょう」

この方も羽生結弦氏に期待を寄せてくださっていたのですね。

「4A初成功者」であるとISUの公認を得たアメリカの選手には
申しわけないかもですが、世界中の多くの人が、心の中ではこの
元アイスダンスの方と同じことを思っていたと思います。

今回、4Aを成功させたと話題になっているアメリカの少年は
昨シーズンいきなり頭角を現してきたかと思ったら、羽生選手が
4Aに挑む姿に刺激を受け、challengeした所、練習で跳べるように
なったと言い、さらには新シーズンのチャレンジシリーズの
オータムクラシックで今度はあっさり「試合で成功しました」と、
あまりの展開の速さに「はぁ?」という思いです。

ゆづが何年もかかって、色々考えたり研究したり試したりして
頑張ってきたのに、アメリカの若手はいきなり「成功」とは。

これが本当の「4回転半アクセル」なら、おめでとうも言えるけど、
あの選手の跳び方は「真の4回転半」ではありませんでしたから、
やっぱりお祝いの言葉を贈る気持ちにはなれません。

あの跳び方なら、ゆづだってもっと早くに「成功者」になって
いたことでしょう。

でも、ゆづはそういうことはしませんでした。

まだ本当の4回転半の成功には至ってませんけど、ご自分の信念を
貫き通し、いつか必ず「真の」4回転半アクセルを見せてくれると、
信じています。

外野の騒ぎに翻弄されることなく、ゆづはゆづのやり方とペースで
突き進んでいってほしいと思います。

それではまた(^^♪

今日の記事にも共感していただけたら応援をよろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング



日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2022-09-21 | Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさまこんにちは。

ISUはあれを正式に認めたのですから、これからはそちらが主流になっていくのでしょう。羽生くんのは「古い技術」だそうですから。
羽生くんはプロに転向することで、自分の技術と作品たちを守ったともいえそうです。

羽生くんの4回転アクセル、いつか見たいですね。

あ、ちなみにマリニンくんが出たのは「USインターナショナルクラシック」ですね。無観客試合?ってぐらい客席は空っぽでしたが。

Posted by meiling at 2022.09.21 12:59
マリリンさん、皆さん今晩は。

4Aの話題、尽きませんね。
悔しいけれど、例えルールでの離氷角度が何度までと認められても、AIが導入されない限り技術点は、ジャッジの裁量に任せられるでしょうね
。1台のカメラだし、ジャッジが優秀でも大変ですよ。

今回は、スキッドも許容範囲ということでしょうから、成功ということなのでしょう。
これで今後は、この方法でロシアや日本の若い選手もトライする事になり、次のオリンピックにはショートから入れてくる選手が出てくるでしょうね。


私は、ゆづって「アンティーク」だと思うんですよ。
数年前に父娘で、対立した某家具店の事を覚えてますか?
父親は、匠のこだわりの上質な家具に重きをおく。娘は、対照的にそのような経営は古いと量販店にあるような安価な家具を薄利多売でいく。
そして現在の娘の会社は、経営が上手くいかず、某電器店に吸収されました。
父親の経営は、本物がわかる世界中から目利きのお客様に可愛がられ未だに健在です。以前は、ロビンソン百貨店だった大きなビル全てに素晴らしい家具が展示されていますよ。

話を戻しますが、ゆづとISUルールのアマチュア選手みたいだと思いませんか?匠の技を磨くスーパースターvsクロスと4回転ジャンプばかりのプログラムを滑る沢山の作られたスター。
結果は、集客に表れました。
ゆづは、鑑定団に出したら値段がつけるのも憚れる唯一無二の「アンティーク」勘違いした輩が骨董品として無下にした。でも、本物がわかる世界中の人達に愛されています。

前のブログにもありましたが、荒川さんもスケ連から外れた今、プロ転向して本当に良かったと思います。

せいぜい、プロ活動の邪魔をされないようにだけは、お願いしたいものです。
Posted by ミチコ at 2022.09.21 21:31

meilingさん、コメントありがとうございます(*^^*)

>ISUはあれを正式に認めたのですから、これからは
>そちらが主流になっていくのでしょう。
>羽生くんのは「古い技術」だそうですから。

ゆづのは古いわけではなく、王道で正当な技術なのに。
全くどうしようもない組織ですね。ISUは。

>羽生くんはプロに転向することで、自分の技術と
>作品たちを守ったともいえそうです。

なるほど、そうですね。

>あ、ちなみにマリニンくんが出たのは「USインター
>ナショナルクラシック」ですね。

そうでしたね。(^_^;)
ご指摘ありがとうございます。
もう、興味もないから何の試合だったか、わからなくなりました。
Posted by マリリン at 2022.09.30 22:52

ミチコさん、コメントありがとうございます(*^^*)

>悔しいけれど、例えルールでの離氷角度が何度までと
>認められても、AIが導入されない限り技術点は、
>ジャッジの裁量に任せられるでしょうね

まぁ、いくらプレロテだと私達が騒いだところでISUは
痛くも痒くもないのでしょうけど、腹立たしいです。

>今後は、この方法でロシアや日本の若い選手もトライ
>する事になり、次のオリンピックにはショートから入れて
>くる選手が出てくるでしょうね。

無価値なジャンプでどや顔されてもしらけるだけですね。

>私は、ゆづって「アンティーク」だと思うんですよ。
>数年前に父娘で、対立した某家具店の事を覚えてますか?

隣の市にその家具屋があります。
ロビンソン百貨店だったところにありますね。

>現在の娘の会社は、経営が上手くいかず、某電器店に
>吸収されました。
>父親の経営は、本物がわかる世界中から目利きのお客様に
>可愛がられ未だに健在です。

>ゆづとISUルールのアマチュア選手みたいだと思いませんか?>匠の技を磨くスーパースターvsクロスと4回転ジャンプ
>ばかりのプログラムを滑る沢山の作られたスター。
>結果は、集客に表れました。
>ゆづは、鑑定団に出したら値段がつけるのも憚れる
>唯一無二の「アンティーク」勘違いした輩が骨董品として
>無下にした。でも、本物がわかる世界中の人達に愛されて
>います。

本物は時代が変わっても色褪せるどころか益々深みをましていき、価値は上がり続けるのです。
ゆづはフィギュアスケートの歴史に燦然と輝くのです。
Posted by マリリン at 2022.09.30 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます