日中国交正常化記念事業にゆづは関わるのかな。 - 羽生結弦 成功への軌跡

日中国交正常化記念事業にゆづは関わるのかな。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは(*^-^*)
ゆづ関連の記事や情報、相変わらずたくさんあって、見るだけでも
大変ですね。💦

コメント欄にも書いてくださっていましたが、ゆづが日中国交
正常化の記念行事に登場するらしいという話、私も結構前に
ゆづ友さんから聞いてはいたのですが、確定したことなのかどうか、
まだわからなかったので、情報として書くことはいたしませんでした。

一昨日でしたか、週刊誌系の記事がネットに出ていましたね。

羽生結弦、ビジネスの新天地は中国か 
日中国交正常化の記念行事に登場するといううわさも

デイリー新潮

「今年は日中国交正常化50周年の節目ですが、9月に都内で行われる
記念行事に羽生さんが登場するといううわさが、中国人富裕層の間で
流れています。

五輪の際、わざわざ中国外務省が“羽生選手を応援します”と異例の
コメントを出しましたが、羽生報道を増やせば親日感情は上がる。
中国政府は、彼の存在を日中関係の調整弁として機能させようと
考えている節があります」


8月に自身のYoutubeチャンネルで公開練習をLIVEで中継した
羽生結弦氏ですが、Youtubeが見れない中国からもたくさんの
コメントが寄せられました。

中国は共産党がメディアを統制しているので、中国にいる
ゆづのファンは「他サイトを経由するなど“裏技”を駆使しして
なんとか羽生結弦の姿を見ようと奮闘し、アクセスした
」のです。

『中国事情に詳しいフリーライターの西谷格(ただす)氏は、
「北京五輪でも“羽生選手を応援したい”と話す中国人は多かった。
それまで中国における日本人男性像は、男尊女卑で亭主関白など
比較的ネガティブなものだったので、強くて柔和で品のある
羽生選手の登場は衝撃を与えた。
圧倒的な人気を誇っていますから、コロナが落ち着いたタイミングで、
北京や中国国内でアイスショーなどが行われる可能性は高い
」』
と書いています。

日中国交正常化記念慶典

haniu1608.png

このシルエットのところが羽生結弦?と言われています。
何故なら中国のサイトではすでにゆづのお写真が出ているからです。

https://mp.weixin.qq.com/s/NHUcQBgQk_rFYqUInJ-OXw

haniu1609.png

川井郁子さんが「9月に羽生結弦さんに逢える」と発言したことが
ありましたので、それが本当ならこれかな?と思います。

中国でも大人気の羽生結弦氏ならありえそうですね。

羽生結弦選手の公式YouTubeに学ぶ、
動画が基本の世代のコミュニケーションの形




羽生結弦氏がYoutubeで練習を公開したことは、やっぱり斬新な
ことだったのですね。

『通常であれば、どちらかというとプロのアスリートはあまり
見せたがらない練習風景を、「SharePractice」と命名までして
公開されている。

フィギュアスケートに興味をもってもらうために公開するという
姿勢は、羽生選手の世代が「動画」という手段をいわゆる
「コンテンツ」ではなく「コミュニケーション」の1つとして
使っている世代であることとシンクロするように感じる。

おそらく羽生選手としては、会場に入りきれないけれども招待
したかったファンの方々に同じものを見てもらうための生中継、
という選択なのだと思う。

2時間の練習をそのまま公開することで、自分の素の練習風景を、
そのまま視聴者の人たちに受けてもらうことを選択した。

こうした羽生選手のかざらない素の自分を見てもらおうという姿勢は、
YouTubeチャンネル開設後の2本の動画にも表れている。

1本目の動画はカメラに向かって語りかけるシンプルな自撮り動画。

2本目の動画も、固定カメラに向かって語りかける動画に、ジャンプの
映像を組み合わせた動画になっており、動画の編集は羽生選手本人が
行っている。

羽生選手としてYouTubeでやりたいのは、凝った動画「コンテンツ」を
たくさん作ることではなく、プロになった自分のスケートを多くの人に
見てもらい、スケートの魅力を多くの人に知ってもらうという、
動画を通じた「コミュニケーション」なのだと思われる。』

徳力さんのコラムはこんな感じでまとめられていました。
なるほどなぁと思いました。

ファンや視聴者の方がたとのコミュニケーションの為のツールとして
YouTubeチャンネルを開設し、動画を公開してくださるんだなと
思うと、ゆづとの距離が近くなったように感じるのでうれしいですね。

これからもゆづが私達に見せたいと思うものを上げて行って
欲しいしファンはゆづのYoutubeを視聴させていただけるのが
増々楽しみになりますね。

最後にゆづファンの方が作成したMADがとても素敵でしたので、
ご紹介させていただきます。

ご本人様のツイートをお借りしますので、ゆっくりご覧ください。



【MAD】くちびるセクシー【羽生結弦】


セクシーゆづが満載でドキドキしますね。
27歳の大人のゆづが本当に素敵です。

以前は私もゆづの動画を作った時期がありましたが、皆さまの
動画のクオリティが凄くて、恥ずかしいから作れなくなりました。

時間もあまりないですしね(^^;
犬の動画すらまだYoutubeにアップできずにいるぐらいですから。

今日もすっかり遅くなりました。
まだまだゆづ関連の記事やニュースはあるのですが、この辺で
終わりにしたいと思います。

PS:色々あったと前回のブログで書いたところ、あれから
また色々ありまして。

でも、人と人との出会いはうれしいし、楽しいものですが、
お別れする時は本当に様々な感情が残るものですね。

ゆづファンブログを書き始めた当初はまさか、ブログを通して
色んな人と交流することになるとは思ってもいなかったのですが、
すでにこのブログも8年が経ち、その間、良くも悪くも様々なことを
経験しました。

ゆづのアンチに叩かれたことや、同じゆづファンからも色々
言われたり、叩かれたことも数知れずです。

同じブロガーの中には、それが辛くてやめて行ったひともたくさん
いらっしゃいました。

私が大好きだった心海さんもそうでした。
今でも大好きですよ。

そして今でも時々、連絡をいただくことがあります。
お互いに「あの頃は大変だったよね」とか、「大好きだよ」と
言ったりしてました。

ここ数か月はLINEも来ないし、私からもあまりしていないですけどね。

心海さんは同じ傷を負った仲間でもありました。

彼女は私と違って年も若かったし、私以上にゆづファンとして
色んな事を率先して行ったことで、妬みを買ったのでしょう。
彼女はとても魅力的な美人さんでしたし。

それに加えて彼女は繊細で心の優しい人でしたから、叩かれる
ことに対してあまり免疫がなかったのだと思います。

それとは逆に私は年もいってますし、聖書を研究したこともあり、
敵対者にはどのように対応するのがいいか、ということも
「神権宣教学校」で学びましたから、反論の仕方も心得ています。

ものみの塔協会が出している「聖書から論じる」という本がある
のですが、それは私たちクリスチャンにとっては宣教奉仕を行う
上での参考書となっていました。

実際、何年間も家から家に宣教奉仕を行って、異教の人たちから
辛辣な言葉を浴びせられてきました。
目の前で激高する人たちに対して冷静に質問したり、論破する
こともたくさん経験してきました。

だからきっと人からは「マリリンは打たれ強い」と思われるのだ
と思います。実際、自分でも「打たれ強いな」と思います。(笑)

そのせいで、「厚顔」だとか「図太い」とかネット上でも
叩かれたり悪口言われたりしているみたいですが、それも全然
気にならなくなりました。

こんな私ですが、それでも悲しいと思うことはたくさんありますし、
やっぱり親しかった人たちとの別れは寂しくもあります。
心が痛まないなんてことはないのです。

でも、新たな思いで皆とゆづを応援していこうと、今日も話しました。

人間は誰しも弱いですが、新しい環境に順応する力も持っています。
そうやってまたポジティブな気持ちで前を向いて歩いていけるのだと
思っています。

時々きついことも書きますが、それも含めて私ですし、私のブログです。
それでも良かったら、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

それではまた(^^♪

今日の記事にも共感していただけたら応援をよろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング



日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村


2022-09-01 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、変わらずにブログを続けてくださってありがとうございます。平昌から北京を経て、ファンを獲得し続ける羽生選手、ブロガーさんの顔ぶれも変わりましたね。久しぶりに心海さんの近況をきけて、お元気でいらっしゃることに安堵しました。とでも純粋な方だというのが私の印象です。それゆえに彼女を利用しようとする人、なんにでも突っかかる人に攻撃されてしまったのは気の毒な事でした。フィギュアスケートに関しては、正義はどこにあるんだろうと絶望的ですが、宮原さんも足を洗った(笑)ことだし、どうでもいいわという感じです。
大変だとは思いますが、これからも長く羽生選手応援ブログを続けでくださいますように。楽しみにしています。
Posted by 翡翠 at 2022.09.02 19:12
 マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今日は。

 マリリンさんは本当にお強いと思います。お気持ちもですが、体力もも凄い。普通のお仕事をされながら、しかも夜勤などもおありの中で、これだけの記事を上げられること、もうひれ伏すぐらいの凄さです。よく短い時間でこれだけのものをアップされるなあと、いつも感心しています。私なんか、ここにコメントを書くだけでも結構時間がかかります。正に憧れです。

 ところで、上げてくださったMAD、素晴らしい出来ですね。エッセンスをぎゅっと詰め込んだ栄養補給食みたいです。元気が出ました。
 それから、日中国交50周年記念行事の件ですが、今政府が様々なことで揺れ動いているせいか、どこが管轄するのか、政府が何処まで関わるのか、誰が責任者なのかなど、不明な点が多いですね。ただ願うことは、ユヅの存在を悪用されないことだけです。政府がきちんと後押ししている行事ならば、私は出演して日中友好の懸け橋になってくれることに賛成です。しかし、はっきりせず、上手くいかなかった時は誰も責任を取らないようないい加減なイベントだったら論外ですね。情報が入るのを待つしかありませんね。それより、8月10日以来の羽生選手の動画アップが来るかなと楽しみに待つ日々です。

 ちょっと腹が立つことが一つ。あの悪名高いライフが、ユヅの特集本を出してきました。確かに釣られそうな表紙と内容です。これって、今後はフィギュアの試合ではとても本が売れそうにないから、今の内にひと稼ぎという下心が感じられます。ユヅの収入に繋がるなら出版社の名前に関わらず購入しますが、どうなのでしょうね。こういう本って、本人の収入になるのでしょうか。インタビューにはきちんと対価が払われると思うのです。時間を取るわけですから。写真の肖像権はもうスケ連を離れるでしょうし、、、そのあたりがよく分かりません。
 いずれにしても、今後、羽生選手の活躍がない時期にはフィギュア雑誌の出版はぐんと減るでしょうね。女子はいくら活躍しても表紙本にはならないと思います。
Posted by フィギュアファン歴39年 at 2022.09.03 14:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます