ゆづの口から大切な「決意表明」を聞きたい。 - 羽生結弦 成功への軌跡

ゆづの口から大切な「決意表明」を聞きたい。


ゆづがまだ自分の口から「現役を退く」と言ったわけでもないのに、
すでに「引退」という言葉を使って報道している新聞がありました。

読みましたし、それも真実なのかもしれないとは思ったし、たとえ
それ(引退)が今日でなくても、いつかはやってくるわけですから、
毎シーズン、覚悟はしていました。

きっとゆづの中ではすでに…もしかしたらFAOIの静岡の千秋楽の頃には
現役の競技者としては退くという意向を固めていたのかもしれません。
だから、「ありがとう!幸せでした」と叫んだのかもしれません。

もちろん、選手としての羽生結弦の演技を見ることができなくなるのは
寂しいことですし、できればあともう少し、世界選手権で勝利して
頂きたかったという気持ちはあります。

でも、ゆづが「やり切った」と思ったときに退くことが一番なので、
例え、今日の発表が「引退」発表であっても、不思議と悲しくありません。

今後の活躍の場がアマではなく、プロスケーターとしてリンクで
演技をするということなら、それはそれで素晴らしいことだと
思うからです。(^^)

でも、まだ17:00まではゆづが「現役を引退する」かどうかは
わかりませんから、とにかく私たちは落ち着いてゆづの口から
大切な「決意」を聞きたいと思います。

どんな「選択」を決意しても、ファンはゆづを応援するだけです。

泣いても笑っても、今日の17:00にはわかることなので、
焦らず、今日の自分のやるべきことを淡々とこなすだけです。

今日は16:00からの仕事なので、15時過ぎには家を出なくては
なりません。

夜、職場からblogを更新いたします。

日刊の勇み足?報道はこちらです。


羽生結弦引退 伝説残しプロ転向、
アイスショー創設の夢も 19日会見で決意表明

日刊スポーツ

『フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦が、現役引退して
プロ転向する意向を固めたことが18日、分かった。

19日午後5時、都内ホテルで開く記者会見で表明する。
関係者によると、今後は競技会に出場しない。

自らの口で報告する。自身が座長のアイスショー創設という
新たな夢もあるという。

フィギュアスケート史に金字塔を打ち立ててきた羽生に、未練はない
ようだ。世界注目の会見案内には「決意表明の場」とあった。

複数の関係者によると、羽生はアマチュア引退して今後の競技会に出ず、
プロに転向する決断を下したという。
昨年の全日本選手権で2連覇し、
今季も日本スケート連盟の「特別強化選手」に選ばれていたが、
最上位の強化指定を辞退する。

19日にも今季の出場選手が発表されるグランプリシリーズにもエントリー
していない。引き際は美しく。来年3月には自国開催の世界選手権も控えるが、
出場を目指す意向はないとされる。

プロのアイススケーター転身という新たな道をファンに報告すべく、
極秘裏に会見準備を進めてきた。
前週の実施も候補だったが、自身に4年前、国民栄誉賞を授けた安倍晋三
元首相が凶弾に倒れた悲報を受けて延期したとの情報もある。

不世出の天才は孤高の道を歩んできた。
14年ソチ五輪でアジア男子初の金メダルを獲得すると、続く18年平昌大会で
66年ぶりの2連覇。同年、個人最年少の23歳で国民栄誉賞を受けた。
3度目となった2月の北京五輪フリーでは前人未到の4回転半に挑戦。
転倒こそしたが、国際スケート連盟公認大会初の4A認定を刻んだ。

世界選手権2度優勝やGPファイナル4連覇など主要国際大会6冠
「スーパースラム」も男子で初めて達成。
何より国内外で愛されフィギュア人気を沸騰させた功績は、前例を見ない。

去就に関しては、北京五輪中の2月14日の会見で「羽生結弦が大好きな
フィギュアスケートを大切にしながら究めていけたら」。
最終日20日のエキシビション後は「フィールドは問わない」と発言した。
3月の世界選手権は欠場も、アイスショー「ファンタジー・オン・アイス」は
5〜6月に4都市12公演を完走。
中継局に対し、現役続行への意欲と取れる前向きな言葉を並べていた。

ただ、正式には進退を明らかにしていなかった。
日本連盟の強化選手ページに「今シーズンもより高みを目指して頑張ります」
とコメントを載せたが、昨季と同じ。
ファンへ生の声で報告することを最優先した。

一般的には「アマ引退→プロ転向」となるが、羽生だけの新たな道が
会見で示される可能性もある。
関係者によれば、自身が座長のアイスショーを創設する次の夢もある
模様だ。羽生クラスなら世界ツアーも可能だろう。

指導への興味は。
「最終目標」の4回転半への挑戦の形は。
珠玉の名言を残してきた男から、どのような決意が発されるのか期待しかない。
【木下淳】』


 ファンタジー・オン・アイス放送予定
テレ朝チャンネル2
【完全版】
<幕張公演 初日>
■7月23日(土) 午前11:00〜

<幕張公演 2日目>
■7月24日(日) 午前11:00〜

<幕張公演 最終日>
■7月24日(日) 午後2:30〜

<静岡公演 初日>
■7月30日(土) 午前11:00〜

<静岡公演 2日目>
■7月30日(土) 午後2:30〜

<静岡公演 最終日>
■7月31日(日) 午後5:30〜

エンタメーテレでは7/31の13:00から再放送があります

8月のFAOI放送予定 CSテレ朝2

<名古屋公演 初日>
■8月6日(土) 午後3:00〜

<名古屋公演 2日目>
■8月7日(日) 午後3:00〜

<名古屋公演 最終日>
■8月7日(日) よる6:30〜

それではまた(^^)/

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング



日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村




2022-07-19 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、オンリーファンの皆さん おはようございます❗

もぉ〜もぉ〜涙が止まりません❗
日刊のフライングをかまして、それに対する怒り💢😠💢
他のメディアは大人しくしているのに。報道協定は無いんか❗
既に日刊は売り出しているみたい。
スケ連が魂を売ったと思われても仕方ないな。

とにかく、5時を待ちます。
関西ローカルでは生中継してくれるからね。
Posted by ゆづき at 2022.07.19 10:44
マリリンさん、皆さんご無沙汰しています。マリリンさんは職場からもブログ更新して下さるそうでありがとうございます。今日はどんな会見になるのでしょうね。どきどきしますね。ネットで東スポってところのを見ましたが、今後は競技会には出ないという気持ちだと書いてありました。それはそれでいいことだと思いました。羽生選手はこれまで散々、愚弄されてというべきか虚仮にされてというべきか、ISUには煮え湯を飲まされてきました。まるで自分のことのように腹が立っていました。誰よりも一番フィギュアスケートのファンを増やし、魅力を高めてきた選手に対して、いつも共謀してでたらめな点を付けてくれて。これまでずっと思ってきた後の祭りを味わえばいいわ。日本のスケート連盟もひどくて、会長があれだから。私はオリンピックに全然興味がないのでこれからもパリであれ何であれ無視します。金儲けの興行でしかないので。

羽生選手が座長のアイスショーを考えているとかで、実現したらすごいでしょうね。コンティニューみたいなのもいいし・・・。待ち遠しい。行ってみたいけどやっぱり無理かな。冥途のみやげに一度だけでも、と思います。羽生選手は社長体質だと前から思っていました。何人かの社長を見てきましたが、全体を見渡せる人なんですよね。だから、彼はこれから何をするにしても成功間違いなし。
Posted by にこにこ at 2022.07.19 15:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます