「羽生結弦は東洋の誇り」中国メディアが称賛。 - 羽生結弦 成功への軌跡

「羽生結弦は東洋の誇り」中国メディアが称賛。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは(*^-^*)

羽生選手に関する記事が今日も出ていましたね。

まずは、北京五輪の開催国である中国が羽生選手の五輪
出場を大変喜んでいるという記事です。

「羽生結弦が帰ってきた!」
中国メディアが北京五輪出場を「祝福」

東方新報

haniu1118.png

北京冬季五輪フィギュアスケート日本男子代表に羽生結弦選手
が決まったことを、中国メディアが大きく報じている。

中国にも羽生選手のファンは多く、関心の高さをあらためて示した。

中国の国営通信「中国新聞社(CNS)」は、全日本選手権で
羽生選手が2年連続6回目の優勝を果たして五輪出場を決めた
12月26日夜、「羽生結弦回来了(羽生結弦が帰ってきた)!」
という長文の記事を配信。

「テーマ曲『天と地と』の最後の一音が鳴りやんだ時、羽生は
ほぼ完璧な演技でフリープログラムを終えた」「4Aに挑み、
回転が足りなかったが無事着地に成功」「11月のグランプリ
シリーズNHK杯を右足首の負傷で欠場した羽生は、優勝により
復活を宣言した」と臨場感たっぷりに伝えている。

記事では大会以外に、羽生選手が4歳からフィギュアを始め、
2011年の東日本大震災を仙台市のリンクで体験したことなどを紹介。

さらに「2014年ソチ五輪男子フィギュアでアジア人初の
金メダリストに輝いた」「ロシアや米国、欧州の選手と異なり、
軽快で東洋的な趣を備えている」と「東洋の誇り」として称賛した。


北京大会でも「競技そのものを超越し、4Aに挑戦することで
フィギュアスケートの歴史を塗り替えようとしている
」と
期待している。

スポーツメディア「中新体壇」も「世界中にファンを持つ羽生が
リンクに立つたびに、彼の好きなクマのぬいぐるみがリンクに
投げ入れられる」「彼のハンサムな顔や優雅さに多くの人が
魅了されるが、人気の理由は何よりも優れた演技にある」と
羽生選手の魅力を繰り返し伝えている。


中国における羽生選手の人気は、海外選手の中でも圧倒的に高い。

中国外務部の華春瑩報道局長がツイッターに日本語で
「羽生結弦選手のファンの皆さまへ 『現地応援は中国の
皆さんに託す』との声を目にしました。お任せください!」
「東京五輪に続いて、北京冬季五輪も成功に向けて頑張ります!」
と投稿している。』

本当に中国は羽生結弦選手が大好きなのですねヾ(*´∀`*)ノ

「羽生結弦回来了(羽生結弦が帰ってきた)!」と題する
長文の記事を配信してくれたのですね。

また、羽生結弦を「東洋の誇り」として称賛してくれたり、
フィギュアスケートの歴史を塗り替えようとしている
期待してくれたり。

世界中にファンを持っていることに触れ、羽生選手の人気の
理由がハンサムな顔や優雅さだけでなく、何よりも優れた演技にある

と、繰り返し伝えてくれていることがとてもうれしいです。

日本のマスコミ以上に羽生選手に関しては真実を報道して
くれているのではないでしょうか。

羽生選手もきっと、中国での大歓迎ぶりは報道などでご存じ
だと思います。

日本のファンと中国のファン、さらには世界中のファンが
羽生選手を愛して応援してくれていますから、その応援の力を
パワーに変えて頑張っていただきたいと思います。

こちらの記事も良い記事でした。

いざ五輪3連覇へ 羽生が出場を決めた「舞台裏」
産経新聞

haniu1119.png

『2022年もフィギュアスケートファンは壮大な夢を見ることができる。
男子で五輪2連覇中の羽生結弦が2月4日開幕の北京冬季五輪代表に
選ばれた。勝てば男子94年ぶりの3連覇。

僕にとって五輪は発表会じゃなく、勝たなきゃいけない場所」と
偉業達成に闘志をみなぎらせる。

最終選考会を兼ねた昨年末の全日本選手権まで五輪出場を目指すと
明言してこなかった27歳は、どんな思いで決断したのか。


舞台裏で見たものは「あくなき向上心」と「揺るぎない勝利への執念」
だった。

正直、平昌の次のシーズンで降りれると思っていた。
それくらいアクセルには自信があったし、4回転半がそんなに
大変なものだとは自覚はしていなかった」
と笑う。

とんでもなかった。けがやコロナ禍の影響があったとはいえ、
4回転以上を回ることが、どれだけ大変かを痛感した4年間だった
と本音をこぼした。

軸がつくれず、回転も足りない。何度も体を打ちつけられた」。
練習での挑戦回数は1千を超えるという。
ようやく糸口を見いだせるのでは、という予感を得られたのは
昨年末の全日本約2週間前だった。

そして、大会に出発する前の最後の練習で、あと4分の1回転で
回りきるところまできた。「ひたすら暗闇を歩いているだけ」の
道のりに光明が差した瞬間だった。
気が付けば、再び五輪イヤーが迫っていた。

実は大会前、「自分の中ではこのくらいのアクセルでも
いいんじゃないかという思いもある」
と打ち明けていた。

限界を感じていたと話し、回転不足でも妥協点≠
探らなければならないほど、難しいジャンプだった。

しかし、思いとどまった。
「僕だけのジャンプじゃない。皆さんが僕にしかできないって
言ってくださるのであれば、全うするのが僕の使命なのかなと思った」。


全日本で持ち越された4回転半との闘い≠フ「延長線上」に
照準を定めた大会こそが、北京冬季五輪だった。


「自分が北京五輪を目指す覚悟を決めた背景には、4回転半を
決めたいという思いが一番強くある」。
はっきりと言った。

26日夜。羽生は日本代表のジャージーに腕を通した瞬間、
もう一つの欲望へのスイッチが入った。

「2連覇を絶対失いたくない」。
「出るからには、勝ちをしっかりとつかみ取ってきたい。
夢の続きをしっかりと描いて、前回、前々回とは違った強さで臨みたい」

と決意を込めた。』

羽生選手は全日本で4Aを成功させていたら、もしかすると
五輪には出ないつもりだったのかもしれません…。

でも、回転不足の判定になり、成功とはならなかったことで、
さらには「自分にしかできないとみんなが期待してくれる以上、
その使命を全うしたい」と思い、「五輪に出て4Aを決めるんだ!」
という気持ちが沸きあがってきたのでしょう。

やっぱり羽生結弦は羽生結弦でした。

もうこのくらいできたらいいか…と妥協したくなる気持ちも
多少はあったとしても、いやいや…やっぱりクリーンに跳んで
降りなくては!と、決意したところが凄いと思いました。

正直、そこまで自分を追い込んでほしくない気持ちもあります。
無理をして怪我でもしたら大変と、どうしても
私なんかは心配になってしまいますけど、羽生選手はそういった
リスクも十分承知したうえで、それでも挑み続けるのですよね。

羽生選手のファンであるということは、彼の決意やチャレンジを
応援するということですから、もう、腹をくくって見守るしか
ありません。(^^;

しかし…これまでにも何度腹をくくったかな…私達。💦

心臓なんていくつあっても足りないし、血圧だってどんだけ
急上昇したかわかりませんね。(笑)

今はとにかく、北京五輪に向けて少しでも4Aが成功に近づくように
期待しながら祈るだけです。

羽生結弦、異国で受けた“稀有なセレブレーション”に
五輪公式が再脚光「まるで故郷」

THE ANSWER

『五輪公式サイトでは「五輪冬季大会で行われた史上最も偉大な
セレブレーション」と特集。

北京五輪が迫る中、過去大会から感動の名場面を紹介した。

94年ぶりとなる男子フィギュア3連覇の期待がかかる羽生も
登場している。

雨ではない。ハニュウにくまのプーさんが降り注ぐ」と、
韓国で行われた平昌五輪での忘れられないワンシーンを表現。


日本のユヅル・ハニュウはフィギュアスケート史上で
稀有な舞いを氷上で披露したが、このアイスリンクはまるで
第二の故郷のようだった。

2018年の平昌五輪で、品格と貫禄に満ちた忘れられない
パフォーマンスを演じた。金メダルは分かりきった結果だったが、
その後ぬいぐるみがアイスリンクに文字通り降り注がれた。
日本の王者はいかに観衆に愛されているのかを、優しく
思い出させるものだった


異国での開催にも関わらず、まるで本拠地のような圧倒的な
支持を受けていた羽生。

演技後に降り注いだぬいぐるみに改めて注目し、五輪史に残る
ハイライトと認めていた。』



日本のフィギュアスケート選手、羽生結弦は、平昌での素晴らしい
パフォーマンスで怪我からの復帰を締めくくった後、くまのプーさんの
ぬいぐるみを浴びせられました』


プーさんの雨がリンクに降り注ぐ様はまさに五輪史に残る
ハイライトですよね〜(*´▽`*)

羽生選手だけじゃないでしょうか。こんなにプレゼントで
リンクが埋め尽くされるスケーターって。

平昌五輪の時もそうだったけど、2019年のさいたまスーパー
アリーナで行われた世界選手権の時も実に「壮観」でした。

ただ、この素晴らしい光景が今はコロナの影響で見ることが
できないのがとても残念です。

今日は先月発行された「フィギュアスケートマガジン」の中から
心に残った記事をご紹介したいと思ったのですが、時間も遅く
なってしまいましたので、次回に(出来たらですが)したいと
思います。_(_^_)_

今夜もかなり寒くなるようですので、皆さまも温かくして
お休みください。

それではまた(^^♪

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング



日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2022-01-04 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、こんにちは。新しい年になって5日目ですが、まだ全日本の余韻に浸っています。録りだめしたビデオのいらない部分を編集するのがやっと終わりました。編集作業をしていても、ついお気に入りの部分が見たくて作業がそっちのけになったりして。
マリリンさんが書いておられた『何度腹をくくったかな、私達』という言葉が、本当にその通りだなと思いました。腹をくくった時には、必ず羽生選手は私達に素晴らしい贈り物をしてくれたような気がしています。
五輪までもう1カ月しかないのですね。たかだか4週間、アッという間に来そうです。ソチの時は金メダル取れたらいいなあと思って割と緩い気持ちで応援していました。平昌の時は、もうドキドキでした。大怪我でまともな練習ができていないことを知っていましたから。今度はどんな気持ちかなと思うと、やはり平昌以上のドキドキかもしれません。でも勝利の女神は正しい人を応援してくれると信じています。
クリケットに帰れないし、仙台のリンクは制限があるだろうしと、色々心配していましたが、練習情報が全く外に漏れないという点では、仙台でよかったのではと思っています。でも北京で早めにコーチと合流して、最終的な戦法を練ってほしいです。それと、オミクロンが心配ですが、この五輪だけは有観客にして、中国ファンの愛情をたっぷり羽生選手に注いでほしいと思っています。羽生選手にとっては日本以上のホームですから。勿論、この前の全日本のお客様のほとんどは羽生ファンだったと思います。(バナーの数と拍手の大きさからみて)それでも、北京の方がホームに感じるのはなぜでしょうか。
Posted by 瑠璃 at 2022.01.05 13:38
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん こんばんは😃🌃

今更ですが、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
 マリリンさん、連日記事を上げて下さり有り難うございます。
私も毎日全日本のゆづを見てます。
4Aの《天と地》も勿論絶対なのですが、ロンカプがもぉ〜⤴️メッチャはまってしまって❤️ バラ1もゆづの代表作ですが、ロンカプはバラ1を超えてしまいました。ゆづの新プロと発覚する迄は恥ずかしながら、この曲は知らなかった。バイオリン🎻、ピアノバージョン色々聴いてます。

ゆづが使用した曲の半分は、ゆづのお陰で知ることができました。
清塚さんもFaoi迄知らなかった。《コウノトリ》で既に有名だったのね。
TOSHIさんもFaoiが無ければ注目しないよ。
ゆづは本当に一流の方々に愛されていますね。誇らしいです。

又、週刊誌2冊にゆづ記事がありました。立読み。どの本か忘れたけど
北京五輪での煽りですね。『ネイサンと羽生との一騎討ち』『全日本で非公式ながら322点だが、ネイサンはそれ以上出してる』とか何とか。
このライターはちゃんと取材してないな。ネイサンが何故何時も高得点なのか分かっていないようです。分かっていても書けないんか⁉️

中国で羽生選手が断トツで人気があり、政府共々歓迎しているのなら、ジャッジ問題も把握して解決してくれよ、って話よね。
今回の全日本、IOC、北京が男子ショートに来たから採点が少しマトモ⁉️
らしいけど、ロンカプは低い❗ ウタコ部下が頑張ってるのかな。
羽生選手と同じ曲、同じ構成、同じ音はめ、同じ繋ぎでネイサン、日本No.2、No.3で滑って欲しいな〜🌠一生無理でしょうかね⁉️
Posted by ゆづき at 2022.01.06 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます