羽生選手が全日本にエントリー&ロステレコム杯のこと。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生選手が全日本にエントリー&ロステレコム杯のこと。


ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは(*´ω`*)

羽生選手、全日本選手権にエントリーしましたね。

羽生結弦、紀平梨花らが全日本選手権エントリー
スポーツ報知

hany3184.png

『日本スケート連盟は27日、フィギュアスケートの
北京五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権
(12月23〜26日、さいたまスーパーアリーナ)の
エントリーリストを発表し、男子の羽生結弦、女子の紀平梨花
(トヨタ自動車)らが名を連ねた。

羽生は右足関節靭帯損傷のため、グランプリシリーズ第4戦
NHK杯、第6戦ロシア杯を欠場。

右足首の回復状況によるが、出場すれば4月の国別対抗戦以来
8か月ぶりの実戦となる。

紀平は右足関節骨軟骨損傷のため、GP第2戦スケートカナダ、
第4戦NHK杯を回避していた。』

紀平さんのことは正直言ってあんまり関心はないのですが、
羽生選手がエントリーしたというのを聞くと、もうケガの方は
大丈夫なのかな?試合に出られるレベルなのかな?と、心配と
少しの期待をもってしまいます。

昨年の全日本もエントリーが発表された後、「出る」とか
「出ない」とか、色々な憶測が飛び交いましたが、エントリーを
したということは「出る」意志があるということなのだろうと
私は思っています。

ただ、全日本はISUの公認試合ではないため、4回転半を跳んでも
正式には認定してもらえません。

なので、もしもゆづが出る場合、4Aは構成から外すと思います。

そして世界選手権や北京五輪の代表に選ばれたなら恐らく、
どちらかの試合で、あるいは両方で4Aに挑むに違いありません。

羽生選手の中では色々と計画を立てているんだろうなと思います。

ご自身の良いと思われるときに、ぜひ復帰して素晴らしい4Aを
見せて欲しいと思います。

ところで、今週はロステレコム杯が行われていますが、日本の
友野君がSP首位、しかも95点を超える素晴らしい演技をして
見せてくれました。

3年前、友野君は羽生選手と一緒にロシア杯に出て表彰台に
乗りましたね。(*´ω`*)

今年は羽生選手がいないのがちょっぴり残念です。

しかしその「ロステレコム杯」の会場に、欠場している羽生選手の
ファンの人たちが、羽生選手の応援バナーをずらっと並べてくれて
いるのが映って、とてもうれしく思いました。

幾つかTwitterをお借りします。<(_ _)>








日本では「出場しない選手のバナーは撤去してください」とか
言われて、2017年の大阪でのN杯の時は、撤去させられてしまい
ましたものね。そこへ行くとロシアは寛大だと思いました。

Twitterを覗くとまだまだたくさんのロシアのファンのゆづ
バナーを見ることができますので、ぜひ、見てみてくださいね。

このことは記事にもなっていますね。

羽生結弦、ロシアGP欠場も会場には応援バナーが!
“スター”を称えるメッセージに海外識者も反応
「同じ想いの人は増えている」

DIGEST

羽生欠場も会場に応援バナー

日本スケート界のプリンスが、世界で存在感を発揮している。

hany3186.png

現地時間11月26日、フィギュアスケート グランプリシリーズ
第6戦ロシア杯が開幕。男子ショートプログラムが行なわれ、
友野一希が自己ベストの95.81点をマークし、首位発進を決めた。

ロシアの地で日本人選手が躍動するなか、会場では羽生結弦に
注目が集まった。右足首負傷の影響でNHK杯に続き、今大会も
出場を見合わせた日本のエース。
にもかかわらず会場には応援バナーが飾られた。


五輪2大会王者の演技を一目見ようとチケットを購入していた
羽生ファンによるものだろうか。これにはカナダ放送局『CBC』が
「故障のため彼は不在だが、ユヅル・ハニュウを応援する
バナーがたくさんある!」と驚きを報じた。


また羽生への想いを寄せたバナーに欧州衛星放送局
『EUROSPORT』でフィギュアスケートの解説を担当するイタリア人、
マッシミリアーノ・アンベシ氏も、「この場にぴったりのバナーだ。
同じ想いの人は日々増えている」と偉大さ称えた。



欠場していても羽生選手を応援したいというファンがいることが
本当にうれしいですね。(*´ω`*)

こうしたことがロシアで起こり、それがニュースになるなんて、
羽生選手が世界中の人から愛されている証拠だと思います。

きっとこのニュースは日本にいて治療中の羽生選手の耳にも
届いていることでしょう。

でも、今は焦らずしっかりとケガを治してくださいね。
例え全日本に出ることができなかったとしても、ゆづを愛する
ファンは決してがっかりしませんから。

4T?それとも4S?

今回のロステレコム杯に出場しているエテリの所にいるクヴィテラ
シュヴェリ選手のジャンプに疑問を投げかけている人がいます。

確かにサルコウにしか見えない跳び方なのにトウループという
判定で採点されていますね。

しかも、この謎ジャンプにGOE3とか‥(;・∀・)
ありえないでしょう?なんだこれ!

これではジャッジのお仕事していないのと一緒では?



「ほぼ別のサルコウ」
この男は、ISUが持っている最高のコメンテーターです!

明日は女子フリースケーティングのためにこのエネルギーと
サスを守ってください!最近、「ほぼ別のループ」と
「ほぼ別のサルコウ」がたくさんあり、声をかける必要があります」



ポプラさんのブログ「ロンドンつれづれ」

ぜひ、ポプラさんのブログを読んでみてください。
皆さんも心の底から同意されると思います。

しかし、もうフィギュアスケートってルールなんてないに等しい
のですから、競技と名乗るのをやめた方がいいのでは?

勝たせたい人、ISUや各国のスケ連のお気に入りには激アマ、
回転不足も何のその!GOEも高く、PCSでも高評価という、
何でもありの採点をしながら、負けさせたい人、ISUや各国の
お気に入りではない選手に対しては激辛塩採点で、ミスではない
ものまでミスとコールしたり。回転が足りているのに回転不足を
取ったり、眼を皿のようにして普段では気づかないスピンまで
回転が足りないからノーカンとか、ケチのつけまくりでさ。

いつからこんないい加減な採点競技になり下がったのでしょうね。

ロシアはモスクワやジョージアには甘いのでしょうか?
それともエテリコーチの所に甘いのでしょうか?

日本も関西・中京界隈をえこひいきし、東京、東北(仙台)に
厳しくしていますが、それと同じということでしょうか?

日本もロシアも似たり寄ったりなんですね。

もうさ、お気に入り選手だけによるお気に入りスケート選手権を
やったらいいと思うわ。

こんなアホらしい採点競技に選手生命を懸けて4Aに挑もうとする
羽生選手が気の毒に思えてきました。

それでも一生懸命頑張っている羽生選手を応援せずには
いられないのがファンの辛いところです…(*ノωノ)

そんなおかしな採点がまかり通っているロステレコム杯ですが、
誰が勝つのか気になりますね。

駿君のファイナル進出がかかっているので、注視ししたいと思います。

それではまた(^^)/

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング



日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2021-11-27 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今日は。マリリンさん、いつも沢山の情報を有難うございます。

 まず驚いたのが、このエテリの所の男子選手です。怪しいジャンプは数多く見てきましたが、これほどはっきり分かる模造品は初めてです。怪しいジャンプを跳んでる選手達が、これなら自分のジャンプぐらい見逃してもらえるのじゃないかと安心するのではないでしょうか。そろそろ本気でISUがジャッジ指導に入らなければならない時期ですね。多分、この動画は世界中に拡散されたことでしょう。エテリはこれでいいと考えているのでしょうか。友野君、少なくとも2位になれていました。

 しかし、ロシアも中国も、国自体には色々問題ありですが、フィギュアの開催自体に朗らかというか、羽生選手への愛を全く隠さないことに驚きと喜びを感じています。勿論ファンの熱い気持ちだから主催者がどうのこうの出来る事ではないですが。
 逆に、日本の主催者はどうなっているのでしょうね。ファンの気持ちは無視で全員平等のバナー禁止。2017年くらいからでしたか。あの身長の控え目な選手の上げ売りが始まった頃です。もう皆さん一致の見解だと思いますが、羽生選手の人気が突出してしまったから故のバナー禁止になりました。
 これまで、浅田さん中心の頃には、バナー量に偏りがあっても禁止しなかったスケ連です。今や、自然発生的に起こるバナーの偏りまで禁止してしまったスケ連には、もう色々なブーメランが返ってきています。スケ連だけが困るのならどうでもいいことですが、これから伸びていく若い選手達に対し、金銭的な援助が益々減らされていくことが懸念されます。まずは、金食い虫のスピスケとの決別をし、そして一部選手へのテコ入れを絶対に辞めていくべきですね。

 羽生特需で一番いい思いをしてきた伊東秀仁を始めとする役員幹部達、今後は野となれ山となれの気持ちなのでしょうか。連盟の将来を考えるのも役員の重大な任務です。高い手当てをもらって、聖子のお追従をしているだけの役員は全部解任されるべきです。

 各地域の連盟も本気にならないと、スケ連自体に将来をつぶされてしまいそうで本当に心配です。
Posted by フィギュアファン歴38年 at 2021.11.28 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます