感動!イタリアの「羽生結弦に捧ぐ」動画が素晴らしすぎる。 - 羽生結弦 成功への軌跡

感動!イタリアの「羽生結弦に捧ぐ」動画が素晴らしすぎる。


ゆづオンリーファンの皆様、こんにちは(^^)/

今週は更新が滞ってしまいがちで本当にすみません。💦

夕べは職場で、マッシさんの生配信をスマホで見ていました。
最後の方は睡魔に襲われ、見れませんでしたが、とても良い
内容でした。

すでにYouTubeにアップされていましたので、皆様にもぜひ、
見ていただきたく、ご紹介したいと思います。

とはいっても、もうすでに御覧になっているとは思いますが。

マッシミリアーノ・アンべージによる「トータルパッケージ〜羽生結弦に捧ぐ」


私はてっきり、このイベントのマッシさんの部分だけが、
羽生選手に関する講演で、それ以外は違う話なのでは…と
思っていたのですが、このイベント丸ごと「羽生結弦」だった
ことに大変驚きました。

hany3147.png

このイベントの内容や、動画編集のご苦労などは惑星ハニュー
さんのブログに記載されているので、ぜひ、ご覧になって
頂ければと思います。

惑星ハニューにようこそ!
L’ALTRO GIAPPONE「トータルパッケージ〜羽生結弦に捧ぐ」動画公開

和訳は惑星ハニューさんが担当してくださったそうです。
大変な作業を私たちファンのために、本当にありがとうございました。

彼女もおっしゃっているように、この動画は
羽生結弦と彼のスケートを愛する人々の愛と情熱と献身が詰まった
渾身の作品に仕上がっています。


L’Altro GiapponeのFBページに掲載されたお知らせによると、
このイベントは『スポーツ界及び芸術界における日本の唯一無比の人物、
#羽生結弦に捧げられた初めての学際的イベントであり、国際的名声を誇る
冬季競技の専門家、マッシミリアーノ・アンべージの協力によって
実現しました。

このような学術的環境で、史上最高のアスリートの一人に完全に
フォーカスするこという点においても、ほとんど前例のない企画です。


惑星ハニューさんもおっしゃっていますが、ナポリ国立考古学
博物館はm日本なら上野の東京国立博物館に該当する場所
です。

そして、『威信のある国立博物館で、イタリアではマイナー競技の、
イタリア人ではない選手に捧げられたこのようなイベントが企画・
開催されたのは、イタリアが芸術の国で、羽生結弦が生きる芸術だから、
というのは勿論ですが、同時に彼が人間としても国境や文化を超えて、
人々のロールモデルとなり、インスピレーションとなる比類のない
存在だからです。
』惑星ハニューさんのブログより。

まさにおっしゃる通りだと思います。

日本の羽生結弦という人物は、スケーターという枠を超え、
また、日本という1つの小さな国だけでなく、世界的にも
比類のない唯一無二の存在である素晴らしいアスリートであり
アーチストなのです。

これは永久保存版として、私たちファンは何度も何度も見て、
聞きたいと思います。

イタリアがこれほどまでに「羽生結弦」という素晴らしい
芸術的アスリートに対して、愛と敬意と感謝を示してくださって
いるというのに、肝心の日本では他のスケーターを持ち上げる
ことに必死で、しかも国宝級であるにもかかわらず羽生選手を
正しく評価するどころか「下げ対象」にしているという事実は、
怒りを通り超えて呆れてしまうほどです。

昔、イエス・キリストがおっしゃったこの言葉は真実です。

「預言者(イエス・キリスト)は地元では受け入れられない」と。

2000年以上たった今では、イエス・キリストは歴史上もっとも
偉大な人物としてあがめられ、人々からその素晴らしさを賞賛
されていますが、当時は「これはナザレ地方のヨセフという
大工の息子ではないか」と、軽んじられていたのです。

つまり、人間というのは自分の身近にいる歴史上の偉大な人物に
ついては、その真価を中々認めることができず、むしろ
「これは単なる○○の息子ではないか」と言って軽んじる傾向にある
という事なのです。

もしも羽生選手がアメリカ人や、イタリア人であったならどれほど
歴史的な点数が出たのだろうと、思います。

恐らくはネイサン・チェンなど、足元にも及ばないほどの賞賛を
受け、五輪3連覇も成し遂げることができたかもしれません。
(あくまでも推測ですが)

マッシさんの熱い、羽生結弦愛を聞いていると、心から嬉しく
なりますし、「私たちは日本の至宝をもっと大切に扱うべき
ではないか」と思わずにはいられません。

この動画は、羽生選手ご本人はもちろんのこと、ゆづを愛する
世界中のファンの傷ついた心の拠り所になること、間違いなしです!
何度でも見て欲しいです。

今日も20:00から仕事ですし、Wi−Fiがつながりにくい所なので、
職場でブログを更新することはできません。

なので、明日帰宅したらまたblogを書きたいと思います。

猛烈に忙しい11月ですが、来週を乗り切れば少し落ち着くことが
できます。

そうそう、私事で恐縮ですが、息子夫婦が帰省しているときに、
一緒にペットショップに行って、可愛い子犬を購入することが
できました。

血統書付きの犬を購入したのは初めてですが、これがとても
可愛い犬なんです。犬種はポメラニアンです。

若いころから「犬を飼うならポメラニアン」と決めていた
くらい、好きな犬種です。

我が家にくるのが15日の予定なので、来たらお写真や
動画をお見せしたいと思います。

それではまた(^^)/

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング



日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村




2021-11-12 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、皆さん、おはようございます!

お忙しいのにいつもブログ更新有り難うございます。
ワンちゃんがくるの楽しみですね🎵
またワンちゃんの写真あげられるの楽しみにしています。

まちに待ったマッシさんの講演、ついに観れることができました。(*^^*)
私も配信をみていましたが日本語に変換する作業がややこしかったです。
ゆづが13歳からずーとゆづを見続けてくれているマッシさんの深い愛にファンとして感謝しています。
13歳からマッシさんの一目惚れからはじまった講演を聞いて涙涙…でした。
一時間以上も原稿無しでゆづ語りできるのにもビックリ!もしました。
講演の時は4Fを成功したことは知らなかったと思います。
以前、跳べてもいつもアテンション!
がつき加点がのびなかったので封印、
これを克服したのは論文で発表したモーションキャプチャで修正し克服したのではないのかな?
と私は思いました。4Fが成功したと分かったマッシさん、嬉しかったでしょうね。ゆづの応援団長ですから…
これからもずーとゆづを応援してくださいね。

ゆづの怪我の状態が心配ですがゆづのことですから克服して戻ってくれると信じています。
Posted by トミ at 2021.11.13 08:12
 マリリンさん、オンリーファンの皆さん、お早うございます。
お忙しい日々が続いておられる中で、今日も嬉しい記事を本当に有難うございます。

 マッシさんと出鱈目ジャッジのトーゴ、二人が同じイタリア人とは思えませんね。よくこんなジャッジを呼んだものです。プロトコルを見ると、このジャッジ一人浮いていました。よほど、日本の連盟からいい思いをさせてもらっているのでしょう。例の下回り選手のPCSに一人だけ高得点です。ここまでやると悪目立ちが過ぎます。まあ全体的に高過ぎますが。

 NHK杯は一応録画にしておいて、気になる選手だけ見てみました。  
 草太君の品格のある演技に感動しました。確かに繋ぎなどは少ないですが、PCSは全体的にもっと出ていいと思いました。ここに来て、樋口コーチの振り付けは本人の個性と今の技量をよく生かしているなと思いました。下回り選手に付いていた頃には感じなかったことです。
 ジュンファの成長ぶりもよかったです。彼は容姿が美しいので、もう少し見せ方の工夫があればもっとよくなると思っていましたが、だんだんそうなってきていますね。
 木原組のダイナミックな演技は期待が持てますね。彼らが伸びてきたから、連盟は五輪の団体への期待を膨らませることになったのでしょうか。そのために羽生選手に無理をさせることがあっては絶対にいけませんけど。
 そして、この前から気になっていた河辺さんの演技に見入りました。この選手、近い内に紀平さん達を追い抜くのじゃないかと思います。カナダ大会のショートの経験を早速生かしていましたね。容姿も美しく雰囲気もあります。
 ジョー君は、ジャンプの入りと着地が少し不安ですね。相手によって、刺される格好の材料にされそうで心配です。これまでも数回ありました。

 ところで、ダンスにも驚きました。ダンスの品格を落とすような下品ないでたちのカップルに全日本チャンプよりも高得点が。しかも、全日本チャンプはご本人達も納得のいかないレベル1を付けられていました。解説の宮本さんも点数を見て無言に。やらかすとは想像していましたが、このNHK杯は不穏ですね。
 このソーラン節は、確かアメリカのB級大会で80点以上をもらい、世界選手権台乗り相当なんて、もてはやされていましたね。あの得点は何だったのでしょう。いかにB級であっても、ひどいジャッジをしたものです。あの時の演技は見ていませんが、今回の演技より10点以上の内容だったなんて信じられません。胡散臭い人間には、こんな胡散臭いことばかり付いて回ります。連盟の中にもまともな思考をお持ちの方がおられることを期待するのみです。連盟はまず、ガセブンに猛抗議をしなくてはならないはずです。それが選手を守るということですよね。

 気分を取り直して、今日のフリーで素晴らしい選手達を応援したいと思います。地方住まいなので視聴率は全く関係ありません。でも、これだけ出場辞退や棄権者が出る大会なんて珍しいです。特に女子は優勝できても少し寂しいですね。GFの日本側主催者としては、これでロシア女子の6人枠独占と言うことはなくなりましたので、日本人選手の出場も期待出来て結果オーライになるのかもしれません。
Posted by フィギュアファン歴38年 at 2021.11.13 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます