羽生選手の演技の時が史上最高の視聴率だった。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生選手の演技の時が史上最高の視聴率だった。


ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは(*´ω`*)

もうすぐ北京五輪だということでメディアも随分、冬季五輪の
話題を取り上げるようになりました。

今朝もテレビでやっていたようなのですが、私は見ることが
できませんでした。

Twitterに動画を上げてくださっていた方がいましたので、
ご紹介したいと思います。



2018年の平昌五輪では、大会史上最高の視聴率を記録したのは、
やっぱり羽生結弦選手の演技の時だったそうです。

hany2950.png

アンチ界隈がなんだかんだと難癖をつけても国民の関心事は、
やっぱり羽生選手が2連覇を達成するかどうかという事だったのです。
数字は正直ですね。(*´▽`*)

北京五輪もこのままいけば、羽生選手が出るのかどうか…
ということがまずは話題の中心になっていくでしょうし、
もしも羽生選手が出場されるとしたら、果たして4回転半は飛ぶのか?
ということや、4回転半を成功させることができるのか?
そして、羽生選手の3連覇はなるのか?
ということが国民の最大の関心事になると思います。

しかも、日本国民だけでなく、アメリカや中国、さらには
ほかの国でも恐らく、誰が金メダルを獲るか?という事以上に
羽生選手の動向に注目が集まることでしょう。

思えば2014年のソチ五輪以来ずっと、羽生選手はフィギュア
スケート界の主役であり続けてきましたし、第一線で活躍し
続けてきました。

ライバルと目される選手がパトリック・チャンからハビエル・
フェルナンデスや日本の宇野昌磨、アメリカのネイサン・チェンと
変わってきても、ソチからずっと羽生選手が五輪王者であり、
誰もが認めるフィギュア界の「キング」でした。

8年近く経った今でもなお、話題の中心は常に『羽生結弦』なのです。
これは本当にすごいことですね。(*´ω`*)

羽生選手もきっと、世界中の人たちから「北京五輪」に出るのか
出ないのか、出るからには3連覇して欲しいと期待されているのは
わかっていると思います。

もうすぐきっと羽生選手の口から、北京五輪はどうするのかと
いうことについてはっきりした答えが語られることでしょう。

何故なら今季のGPSはもうすぐ始まるからです。

どんな答えを出すにしても、私たちファンは全面的に羽生選手を
応援するだけです。

羽生選手の初戦はNHK杯ですね。

今季のNHK杯は11月12日(金)から始まります。
羽生選手が出場する男子シングルのSPもその日に行われます。

久しぶりの国際大会ですし、有観客での試合になると思うので
羽生選手の演技を会場で見ることができる機会になりますから、
私たちも楽しみです。

NHK杯フィギュア 公式サイト

hany2951.png

ところで、この記事を見て皆さんはどう思いましたか?

フィギュア10歳岡崎隼士「羽生くんが2連覇しているから3連覇」
Gooニュース(日刊スポーツより)

フィギュアスケート:中四国九州選手権>
◇ノービスB男子

『世代日本一を目指す岡崎隼士(倉敷FSC)が壮大な夢を語った。

69・86点を記録し、ノービスB優勝。
前年度は2位だった全日本ノービス選手権に向けて
「今年こそは勝ちたい」と誓った。

将来が期待される10歳の夢は、その先にも広がる。

「滑りの流れの上にジャンプがある。
そういうスケーターになりたいです。
あとは…五輪に3回出て、優勝したいです」


その理由を問われると、力強く言い切った。

「羽生くんが2連覇しているから3連覇。
羽生くんが3連覇したら、4連覇したいです」

18年平昌五輪で2連覇を飾った羽生は、憧れの存在だ。

身長139センチの小学5年生は現在ダブルアクセルに自信を持ち、
3回転サルコーを猛練習中。シニアの演技も熱心に見るという。

「鍵山くんのスケーティングと、羽生くんのジャンプの軸。
そういうところを見ます」


こだわり、磨いてきたのはスケーティング。
豊かな感情をにじませた演技で、まずは世代トップを目指す。』

倉敷と言えば岡山ですよね。(^_^;)
どうも岡山と聞くと素直に「羽生選手が憧れ」と書かれていても
懐疑的になってしまうのは某先輩選手のことがあるからなのですが…。

実際にTwitterで珍バイト風な中傷書き込みをしたスケーターも
岡山の無名の選手でしたし。

しかもこの記事を見る限りでは、この少年本人が「羽生選手に
あこがれている」とは一言も言ってないのです。

100歩譲って倉敷にも羽生選手のファンがいて、この少年も
その一人だったとしても、『羽生君』呼びはいただけません。

年齢的にも戦績的にもはるかに上におられる偉大なる先輩に
対して「君呼び」はちょっとね…。

目指しているのが「滑りの流れの上にジャンプがある。
そういうスケーターになりたい」というのは確かに羽生選手の
ようなスケートだとは思うのですが。

羽生選手を超えたいというのがこの少年の夢なのでしょう。

ただ、日本の少年スケーターの目標となっているのが
『羽生結弦』であることは、喜ばしいことだとは思います。

この記事もたまたま目にしたので一応載せておきます。

紀平梨花が羽生結弦の恩師に師事 
これまで所属先が決まらなかった背景に“女帝”の存在


「彼女は小学生の頃から、『関大KFSC』で濱田美栄コーチの
指導を仰ぎ、GPファイナル優勝など世界のトップ入りを果たします。
高校を出たら濱田コーチがGMを務める木下グループのクラブに
所属する予定でしたが、紀平はオーサー氏の指導を希望。
それを聞きつけた共同の記者が昨年の段階で報じたわけですが、
コロナの影響でカナダへの渡航が頓挫。
一連の出来事に“女帝”の異名を持つ濱田コーチとも不協和音が生まれ、
木下グループも支援を撤回。所属先がなくなってしまったのです」

日本で「女帝」と呼ばれる存在は濱田さんしかいないですよね。

この記事に書かれていることが本当なら、どうして紀平選手は
オーサーをメインコーチにするのではなく、相変わらず濱田氏に
師事しているのでしょうか?

「女帝ににらまれると日本スケ連は助けてくれないからですかね?
採点面」でも優遇されないからかな?

勘ぐりたくはないけど、どこに所属するとか誰に師事するとかは
フィギュアの世界では大事なことらしいのでね。

五輪を数か月後に控えた今頃になってから、金メダリストを
育てたオーサーに師事したところで、突然めざましい結果が出る
とは思えませんけど…悔いのないように頑張ってくださいとしか
いえません。

今日も遅くなってしまいました。

だんだんとフィギュアスケート、特に羽生選手に関するニュースも
増えてきましたので、マイペースではありますが、頑張りますね。

それではまた(^^)/


羽生選手関連のテレビ放送

スカパー
CSテレ朝2

フィギュアレジェンドプログラム▽GPファイナル初制覇(羽生結弦)
09/27(月) 03:30〜03:45

hany2906.png

昨年12月放送の「羽生結弦シーズンフォトムービー」
続編がより魅力的になって登場!


テレ朝チャンネル2

10月31日(日) 午後3:00〜

hany2900.png


いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング



日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2021-09-25 | Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
北京シーズンなんですよね。羽生くんが北京まで現役を続けてくれるかどうなのかと考えている間にその時があっと言う間に近づいて来ましたね。今シーズンは4Aという大目標があるので試合前公式練習やインタや構成発表で4Aが入っていたらそこから心臓が持つかどうか(´д`)。

ノービスの男の子、羽生くんみたいなスケーターになりたいのでしょうね。きっと演技動画とか繰り返し繰り返し見ているのではないでしょうか。このくらいの歳の子だったらやっぱり平昌あたりから注目してるのかな。

紀平さんはこのコロナ禍の中、日本選手のなかで一番世界を飛び回ったと思うわ。感染怖くなかったのかと。濱田コーチとの仲は分かりませんね。こういう記事はやたらと人を不仲にしたがるのよ。羽生くんとオーサーもそんなこと書かれた事あったね。
羽生くんも引退する前にまたクリケットで皆でスケーティング練習している姿見せて欲しいな。

シーズンフォトムービー、これは楽しみよね。国別の写真、田中さんと能登さんでしょ。久々に2人の話しを聞けるのも嬉しいわぁ。(^3^) (^3^)
Posted by しま at 2021.09.25 22:14
 マリリンさん、オンリーファンの皆さん、遅くから今晩は。今日も素敵な記事を有難うございます。

 朝のテレビを見て、私もあの視聴率のことを改めて認識しました。凄いですね。五輪史上最高の視聴率が、羽生選手のフリー演技。しかも、土曜日の昼間でしたね。凄い数字です。そのことをTBSがきちんと触れていることにも驚きました。これまで、TBSでは、???思う内容もよくありましたから。

 ところで、煽ってきますね。今後は、マリリンさんがおっしゃるように、羽生選手一色になるでしょう。今は卓球の水谷選手がやたらとテレビ画面に出ていますが、今後は、一般世間も視聴率を気にするテレビ界も、羽生選手一辺倒になることと思います。彼が五輪への出場についてどんな決断を下そうとも、応援するのみです。ただ、羽生選手が不出場となると、北京五輪の視聴率と興味はぐんと落ちることでしょう。

 それと、マリリンさんが書いておられたように、岡山の少年のコメントですが、いただけませんね。確かに、フィギュア界では昔から、年齢の近い選手同士は、お互いに君呼びをしていましたが、この年齢の少年が『羽生君』呼びはあり得ないと思います。岡山のフィギュア界は、もっと礼儀作法を教えるべきですね。例の松井勉夢でしたか、あんな情けない人間を生み出さないためにも、岡山の選手教育にはてこ入れが必要ですね。まず自称レジェンドの先輩自身から、私生活を含めた自身の生き方への反省が必要でしょう。
Posted by フィギュアファン歴38年 at 2021.09.26 00:35
マリリンさん、こんにちは!

こんな番組、あったのですね⁉︎知らなかったので、こちらで見れて嬉しいです。にしても、視聴率46%って!娯楽が少なかった昭和初期でも、驚きの視聴率ですよね。あの時、本当にたくさんの人が、ゆづの演技を見てたんですね。もう注目度がひとりのスポーツ選手のそれじゃないですよね。わかってたとはいえ、こうして数字として見てみると、改めて
ゆづの凄さがわかりますね。

紀平さん…どうなんでしょうね?
何にせよ、フィギュアって、本当にややこし過ぎますよね。環境が。ほとほと、選手ファーストには程遠い世界ですよね。
Posted by あややん at 2021.09.26 13:14
おっしゃる通り大先輩にあたる羽生選手を、くん呼ばわりするのはこの子供の精神的な生活環境のクオリティーがいかに低いかということを物語っているようです。幼いころから素晴らしい環境に育っていた羽生選手は、10歳頃であっても先輩をくん呼ばわりはしませんでしたね。羽生選手の素晴らしさに、海外においてもその卓越した優れた人間性をも指摘されております。この子供が成長したあかつきに、彼が望む羽生選手を超えることができるとすれば、先ず自らを律する精神を身に付ける必要性があります。そうゆう環境を両親やコーチその他、学校教育者が整える必要性があります。羽生選手は常に他者に尊意をもって接しているということをこの子供に知ってほしいですね。
Posted by takashima mieko at 2021.09.26 15:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます