羽生選手と大谷選手の動画他。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生選手と大谷選手の動画他。

ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは(*´ω`*)

女性週刊誌は羽生選手ネタが好きですね。

また今回も『羽生結弦』選手に関する記事を出していました。
良いお話だからいいけど。

「優勝は大したことない」同級生父を感嘆させた羽生結弦父の哲学
yahooニュース(女性自身)

hany2901.png

羽生選手が小学校時代、障害のある同級生の男の子に親切に
接していたことはとても有名なお話です。

そしてその少年のお父さんが、羽生選手を応援する会を作って、
羽ニュースを発行しているということもよく知られています。

女性週刊誌はその少年の父親である坂田さんを取材したようです。

一部転載させていただきます。

『羽生と裕熙さんが出会ったのは、2人が通った宮城県仙台市の
七北田小学校。裕熙さんは、特別支援学級に通っていた。

「結弦くんが裕熙の遊び相手をしてくれていたんですね。
小学校4〜5年のとき、学校のスケート教室があって、そのときも
長男の手を引いて教えてくれたようです。

あとから聞いた話ですが、やはりうちの息子が危なっかしい
ところがあるから、先生もいろいろ考えられたうえで、
障害のあるうちの子と、スケートの得意な結弦くんを
組ませてくれたところがあったみたいですね」

その後、坂田さん一家は金沢に移住することになる。’
11年3月に起こった東日本大震災で被災したためだ。

その3カ月後の’11年6月、アイスショーで全国を回りながら
練習を続けていた羽生が、坂田さん一家の住む地域にショーの
ためにやってきた。

その際、坂田さんは羽生や彼の母親と対面する機会があった。

「結弦くんに“うちの裕熙のこと、覚えてる?”と聞いたら、
すごく笑って、“忘れるわけないですよ”と言ってくれたんです。
その言葉にはたぶん、結弦くんがうちの子にかなり手を焼いた
という意味も含まれているんだろうなって(笑)。
それを笑って言ってくれることがありがたかったです。
結弦くんって、本当に優しいですよ

仙台で同じ地区に住んでいた坂田さん一家と羽生の一家は、
被災時に避難した体育館も同じだった。

「結弦くんに会ったときに、私も何かできないかな、何か
しなきゃいけないな、と感じたんです。

当時、私は仕事のために金沢と仙台を行ったり来たりしていました。
平和な金沢から、車で東北に向かうとき、福島に入るともう全然
雰囲気が変わるんです。

自分だけ金沢でふつうに暮らしていて、でも仙台に来たら大変で。
心が痛むわけです。

そんなときに結弦くんに会って。“あっ”と思いついて。
結弦くんも応援できるし、結弦くんを応援することで宮城のために
何かできるんじゃないかと思ったんです」

坂田さんは羽生の父親の一言にハッとさせられたことがあった
という。羽生が高校生のころある大会で優勝し、坂田さんが
羽生の父親に「優勝おめでとうございます」と祝福の電話を
入れたときのことだ。

“結弦だけじゃなくて、選手たちはみんな頑張っていますから。
家族にとっては、優勝したことが偉いんじゃなくって、頑張った
ことが素晴らしいんです。優勝自体は大したことじゃないんですよ”
ってことを、お父さんがおっしゃったんです。


私は浮かれていた自分が、すごく恥ずかしくて。
その言葉に水をかけていただいたなって思っています。
ああ、応援するということはこういうことなんだなって、その
お父さんの一言で悟りました。

結弦くん自身もいつも本当に大会全体をよく見ていて、いろんな
選手やメディアの方への気配りなんかがすごいですよね。
みんな頑張っていて、1位になる選手がいるということは2位や
3位の選手もいる。

大会ができるということ自体、スタッフの方がいてのことだし、
自分中心に考えていてはだめなんだ、と考えられていることが
よくわかります」


羽生選手がいつも人に対して感謝を忘れなくて、どんな偉業を
成し遂げてもいつも謙虚なのは、お父さんやお母さんの教えが
素晴らしいからなのでしょうね。

「優勝は大したことじゃない」だなんて、中々言える言葉じゃ
ありません。

私だったら、息子が何かの大会で優勝しようものなら、絶対に
うれしくて舞い上がってしまうと思います。

それなのに、羽生家の方がたは決しておごり高ぶらないところが
素晴らしいと思いました。

羽生選手もご家族も、そのような素晴らしいお人柄だからこそ、
昔の同級生の方がたやそのご家族からも、愛され、応援して
もらえるのですね。

坂田さんご家族もきっと、今季もテレビの前で思いっきり
羽生選手を応援してくれることでしょう。

坂田さん親子だけではなく、世界中の羽生選手のファンが
今季も羽生選手を応援しています。

しかし、フィギュアスケートは最初から勝つ人が決まっている
ということが先日暴露されました。

そんなことを知ると、応援している私たちファンもやる気が
なくなってしまいます。

選手であればなおさらそうなるでしょうね。

しかし、その元ジャッジの告白を裏付けるようなロシアの
タラソワ氏の言葉を掲載した記事がありました。
Twitterで紹介されていたので知りました。

elさんのツイート

ロシアの元記事はこちらです。

「チェンは私の愛です。」
タラソワはワールドカップでのアメリカのフィギュア
スケート選手の勝利に反応しました


『世界選手権プログラムの最終形態では、ビクトリア・
シニツィーナとニキータ・カツァラポフがアメリカの
デュエットで金を競います。

日本の羽生結弦が勝利すれば、アメリカ人にダンスの
勝利が与えられるという話がありました。


何それ

ストックホルム世界選手権で、日本の羽生選手が金メダルだったら、
アイスダンスはアメリカに優勝させる約束だったのですか?

本当に汚い世界です。

フィギュアスケートは選手の頑張りなど関係なく、各国の
スケ連?との談合で勝者が決まる競技なんでしょうか。

これが事実だとしたら大問題ですよ。

何で皆黙っているのでしょうか。

これは問題にすべきでしょう。

こんなことが許されたり見過ごされたりしていること自体、
異常です!

知れば知るほど嫌になる、フィギュアスケート界の裏事情です。
ほんとにもう…嫌気がさしてます。

うんざりですね。(>_<)💨

最後に、さわやかな羽生選手と大谷選手の動画を紹介して
終わりたいと思います。

懐かしいシーンも出てきますし、とてもうまく編集されていて、
見ていて楽しかったです。

フィギュアの神、羽生結弦 比較 野球スター大谷翔平 --
日本で最も人気のあるアスリートの2人で、最強も最高!




大谷選手もまたホームラン打ちましたね。
もうほんと怪物ですね。頑張ってほしいです。

羽生選手はぜひとも前人未踏の4回転半を決めて欲しいです。

それではまた(^^)/

昨年12月放送の「羽生結弦シーズンフォトムービー」
続編がより魅力的になって登場!


テレ朝チャンネル2

10月31日(日) 午後3:00〜

hany2900.png

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング



日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2021-09-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます