去年はゆづがMVSを受賞しました。 - 羽生結弦 成功への軌跡

去年はゆづがMVSを受賞しました。


ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは(*´ω`*)

前回、ちらっと今年のISUスケーティングアワードのことに
触れましたが、昨年のアワードでは羽生結弦選手が最優秀賞を
受賞したんでしたね。

hany2496.png

紹介文が公平ではなかったことが話題になったりして、随分
苦情もいったし、ファンの多くはアワードを見ることも
ポイコットしたいと思いましたが、ふたを開けてみると、
「最優秀賞は羽生結弦」という事で、ファンは安堵しました。

当時のニュース記事です。

羽生結弦「最優秀選手賞」 
新設「ISUスケーティング・アワード」で快挙「理想のスケート追い求める」

スポニチアネックス

hany2495.png

コロナ禍になったせいで、授賞式もリモートで行われ、
その様子はYouTubeで放送されました。

懐かしい映像を動画でもう一度見てみましょう。

動画はYouTubeにあがっていたものをお借りしています。

https://youtu.be/GaVs0cQanTY


「Yuzuru Hanyu」と名前が呼ばれた後のゆづの笑顔です。

hany2497.png

初代のMVSという事もあり、記憶に残る「受賞」となりました。

あれから1年。
コロナ禍は変わっていませんし、今年のアワードは特別功労賞しか
授与されないようで、ほとんど無関心状態です。

来年、北京五輪後にまたこのアワードが開催されることに
なれば、恐らくですが、金メダリストに輝いた選手がMVSを
受賞することになるのでしょう。

Twitterより。





miruruさんのツイートで紹介されていた動画なのですが、
2014年の羽生選手の動画が懐かしいのと、初めて見た気がしたので、
ご紹介させていただきたいと思います。

https://youtu.be/t4JEOJsf6OI


同じ方が上げていたの動画の方もご覧ください。

https://youtu.be/heaYzNnMlsE


別府フィギュアEXというのがあったのですね。
FAOIとは違うのでしょうか。

気になったので、当時のニュース記事を探してみました。

大分経済新聞 2014年4月19日の記事

hany2498.png

別府ビーコンプラザで、2014年の6月21日・22日に
「べっぷフィギュアエキシビション」というのが開催されたのですね。

ソチオリンピックで金メダリストとなった羽生結弦選手が出る
ということで、チケットは完売したようです。(*´ω`*)

2014年からは『羽生結弦が出る」というだけで、アイスショーは
すごい人気になっていきましたね。

この現象がもう7年以上続いているのですから、羽生選手の人気は
一過性のものではなく本物だという事がよくわかります。

今年もすでにSOIが開かれましたが、コロナの影響があっても、
ほぼチケットは完売。DOIも激戦になるのは必至です。

ツイ主さん、動画主さん、懐かしい動画を見せていただき、
ありがとうございました。<(_ _)>

DOIのチケット一般発売(先着)

https://tickets.kyodotokyo.com/doi2021

[受付開始] 6月19日(土)10:00〜

キョードー東京  https://tickets.kyodotokyo.com/doi2021
ローソンチケット  https://l-tike.com/sports/doi2021/
チケットぴあ  http://w.pia.jp/t/dreamsonice2021/
イープラス  https://eplus.jp/doi2021/


PS:土曜日になるとほっとしますが、撮りためておいた
録画を見る時間もなく、寝てばかりという…(^_^;)
この後、少し録画を見ることにします。

仕事と家事に追われてLINEもTwitterも見るだけになって
しまっていて、皆とゆっくり会話することもできず、
blogのコメント承認も遅れがちですみません。

それではまた(^^)/

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村


2021-06-12 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。BSTBSの報道という番組をコロナやオリンピック開催についての情報を得るため去年から見ているのですがオリンピックファミリーというのについての話題がありました。それはIOC委員やIPC理事と過去に委員などをした人々とその家族含めて3000人ほどいるのだそうです。びっくりしました。彼らをもてなすための色々な契約について何千ページも書かれているのだそうです。例えば、ホテルは一泊54万円以上のスイートだとか、料理は小皿やカナッペではだめで、ビールやワインなどアルコールの常備、彼らのためのタクシーは到着から出発まで2700台用意し、一日10時間使用されます。スエーデンではこのような契約をオスロ市民に知らせたところみんな怒って反対が多く、国民投票で開催を返上することになったと、市長さんが言ってました。日本でもあらかじめこういうことを教えてくれていれば、反対が盛り上がったと思いますが国民にはいつも隠蔽体質で事後報告ばかりです。オリンピックが中止になることをずっと期待していました、いまも望みは捨てていません。 
Posted by にこにこ at 2021.06.13 17:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます