ゆづいじめルールに4A基礎点下げの陰謀。 - 羽生結弦 成功への軌跡

ゆづいじめルールに4A基礎点下げの陰謀。


ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは(*´ω`*)
今朝、ご紹介した東スポさんの記事。うれしいですね。

お友達がさっそく東スポを買って見せてくれたので、
お借りして貼らせていただきます。

hany2191.png

でかでかと「羽生いじめ〜 陰謀論」と
いう文字が目立ちました。(^^)/

記事の内容はWebの記事と同じだと思います。

ネットに出ている記事はコピーができないようになって
いるので、自分で書き出してみました。

羽生結弦の「人類初のクワッドアクセル」基礎点をめぐり、
水面下で論争。陰謀論まで飛び出した。

東スポweb

hany2192.png

『五輪2連覇の羽生結弦の夢をめぐり、ある論争が水面下で
巻き起っている。

かねてから目標に掲げている、人類初のクワドアクセルの
基礎点について、「低すぎる」「妥当だ」と意見が2つに
割れているのだ。

本誌が複数のフィギュア関係者に取材したところ、ルール
変更における陰謀論まで飛び出している。

国別対抗戦の…最終日の練習の4回転半ジャンプ挑戦は
大きな反響を呼んだ。

試合の結果よりも、練習に注目が集まるのは羽生でしか
ありえない現象だった。

前人未到の技を観客の前で試した意図について、
「試合の場所でやっていることに意義があるかなと。
刺激が少ない中でやるよりも、すごい上手な選手がいる中で
やったほうが自分のイメージも固まりやすい」

1度も成功することはなかったが、「もっといいです。
本当は。もっと近くなっていると思います。」と明かした
うえで「自分の限界に挑み続けたい」と目を輝かせた。

そんな中、ISUに規定される4回転半の基礎点「12.5」点
をめぐって賛否両論が渦巻いている。

本誌は複数のスケート連盟に取材を敢行

センシティブな問題ゆえ、実名を伏せるという条件が付いたが、
関係者の多くは「妥当だ」と答えた。

その一人、連盟幹部は「4回転半は夢がある話だけど、
これ以上ジャンプが進化すると選手の体が壊れてしまう。
それにフィギュアは何回転するかだけ競っている
”ジャンプ大会”ではない」
と主張。

また別の関係者も「スピンやステップを含めた芸術性を
見せる演技。作品全体のバランスを考えたら12.5点が適当

と話した。

一方で、否定派からは他の4回転ジャンプ、(トーループ、
サルコウ、ループ、フリップ、ルッツ)との比較を指摘する
声が多い。


3回転→4回転の基礎点上昇度が他のジャンプは2倍前後
なのに対して、アクセルは1.5倍。明らかに低い
という理屈だ。

さらに、現在の基礎点に至ったタイミングに疑念を抱く
意見もある。

羽生が平昌五輪で金メダルを獲った2017-18シーズンまでは
「15点」だったが、翌シーズンから2.5点も”減点。”

まさに羽生が4回転半への挑戦を公言し始めた時期と
重なるのだ。


ある関係者は「ISUの真意がわからないが」としたうえで、
羽生選手の挑戦と全く無関係とは思えない。秀でた
日本人選手をターゲットに国際ルールが変わるのは
他競技でもあること
」と、指摘した。

いずれにせよ、別次元のステージを目指す絶対王者に
とって、勝敗や得点は二の次。議論自体が無意味とばかり、
世界初の夢に突き進むことだろう』

どう考えてもあの高難度で、羽生選手すらいまだ成功
させることができない大技が、似非ルッツや似非フリップも
入れれば、女子でも簡単に跳べてしまうルッツ、フリップと
1.0〜1.5点ほどしか差がないのは、おかしいです。

hany2193.png

妥当だと答えているスケ連幹部とやらの人が言っている
ように、「これ以上ジャンプが進化すると選手の体が
壊れてしまう。それにフィギュアは何回転するかだけ
競っている”ジャンプ大会”ではない
」というなら、
4回転ジャンプなんてやらせなければいいのですよ。

しかし、「ジャンプはフィギュアの花」だから、やっぱり
そこにこだわって頑張る選手もいるわけで。

っていうか、それってクワドアクセルの基礎点が他の
4回転ジャンプに比べて、3回転との差が低く設定されている
理由や説明になっていないと思いません?…( 一一)

何故、アクセルジャンプだけを狙い撃ちするかのように、
3回転と4回転の同種類のジャンプの上昇率よりも低く
設定する必要があるのでしょうか?

夢の大技であるからこそ、そこに到達した人にはご褒美も
たくさん与えられるべきなのでは?

何で、一番難しいことに挑戦した人が一番損しなくては
ならないのか?まったくもって意味不明な話です。

しかも、「フィギュアはジャンプ大会ではない」と
いったり、「スピンやステップを含めた芸術性を
見せる演技。作品全体のバランスを考えたら12.5点が適当」
というのであれば、今のネイサン選手のように高難度
ジャンプをひたすら跳びまくるだけのプログラムに高い
「芸術点」を与えているのはどうしてなのでしょう?

日本のスケ連の誰某かが言っている「スピンやステップを
含めた芸術性を見せる演技
」を本当に行っているのは
誰なのですか?

あなた方がおかしな採点をすることによって卑しめ、
いじめている羽生結弦選手なのですが…。

言っていることとやっていることが矛盾していませんか?

そもそも3年前に基礎点の変更やルール変更があったとき、
こういうことを言って、改正(?)したんでしたよね?

毎日新聞 2,018年6月9日の記事

4回転の配点、大幅減 演技・完成度重視へ 

これまでは、難しいジャンプを多く跳ぶ選手が高得点を
獲得できた。

今回の改正はその傾向に歯止めをかけるもので、技の完成度や、
演技全体のバランスが重視された
。』

hany2194.png

もっともらしい「言い訳」や「理由」をつけて改正?
した割には、全く真逆の採点をしているISUのジャッジ達…。

こうも、言っていることとやっていることが見事に
違っている矛盾だらけというスポーツ競技は、世界中の
どこを見ても、フィギュアスケートしか見当たらない
ですよね。┐(´д`)┌ヤレヤレ

もうね、取材された時だけわかったようなことを言って、
「正義」を取り繕っても無駄です。

人間って、口では何とでも言えるんですよ。

聖書でもね、イエスは「彼らの言っていることはすべて
行いなさい。しかし、その行いに習ってはいけません」と
教えています。なぜなら「彼らは偽善者だからです」


そう、言っていることとやっていることが違う人のことを
神もイエスも「偽善者」だと糾弾しています。


本当にスケ連の人がいうように、フィギュアがジャンプ
大会ではない、スピンもステップも含めた芸術性が
求められる競技だというのであれば、その通りに演技
している選手には、得点でちゃんと報いてあげてください。


芸術性のかけらもない、ジャンプしかしていない選手の
演技に「演技構成点」の6項目で高得点を出すなんて、
狂っているとしか思えません。

フィギュアスケートを崩壊させたのは、高難度ジャンプを
跳ぶ選手ではなく、間違った評価を与え続けたISUなんですから。

東スポさんをはじめ、最近のメディアはだんだんと、
採点に関する疑惑を取り上げてくれるようになり、
本当に頼もしく思います。

願わくば、羽生選手が現役でいる間にこういった不公平な
採点が改善されたり、AIの導入が開始されますように。

動画など。

この間、見ていた動画です。

世界フィギュアスケート国別対抗戦 2021(WTT)の
面白くて素敵な瞬間 | 羽生結弦4A 試みる ~




お口をとがらせたゆづも可愛いですね(*^▽^*)
初めて見たかも。

hany2195.png

hany2197.png

言いたいことは山ほどありますが、今日はこのくらいにして
おきますね。

それではまた(^^)/

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2021-04-19 | Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさんゆづフアンの皆さんこんばんわ。
マリリンさんいつも溜飲が下がるおもいで読まさせていただいております
東スポさん凄いですね。ジャーナリストにとってフィギュア界の闇は食いつきがいのあるものだと思いますけど。少しずつではありますけどこのような記事が出るのは何か動き始めているのでしょうか。
しかし連盟関係者のフィギュアはジャンプ大会ではない、スピンやステップを含めた芸術性を見せる演技。これをどう理解したらいいかわかりません。ISUお抱えのネイサンさんはどうなんですか、ネイサンさんは全ての項目でトップでしたね、彼の滑りは芸術性も優れているとみているのですね。これを日米以外の選手コーチはどう思っているのでしょうね、羽生選手を侮辱し踏みつけて後指さして笑っていますが
あなた達が羽生選手から見捨てられたのですよ、そして彼の後ろにいる世界中の数多フアンから。神様が愛しておられるのはどちらでしょうか。
Posted by バセンジー at 2021.04.19 21:00
マリリンさん、皆さん、こんばんは。

本当に、「羽生いじめ、陰謀論」
東スポさんの 記事! 画期的ですね。記事、と 言うより 見出しの文字!がです。
今までに、無い事ですね。新聞が このように 見出しを付けてくれる等と。

内容は、ジャンプ大会では無い。だの 芸術性を見せる演技。でスッて!
マリリンさんの、解説の通りですよ。
跳ぶだけジャンプを、跳びまくる選手に、高い点数。
繋ぎも、芸術性も、まるで無し。でも、高得点、ですからね。
ホント、ホント、芸術性を見せる演技をしているのは、誰なのですか!ですよね。

とにかく、新聞が記事に載せてくれた事に、しかも、インパクトの有る見出しで!ひたすら 感謝です。ね。
ご紹介を 有り難うございました。

国別が終わり SOIが 始まりますね。国別のように 主催者は、感染対策を 安全に してくれるのでしょうか。
ゆづ君 選手の皆さん、大丈夫でしょうか…。
楽しみでは、有りますが…心配も、ついて来ます(^_^;)
Posted by はや at 2021.04.19 21:15
マリリンさん、いつも心のこもった記事ありがとうございます😊
東スポさんありがとうございます😊4回転アクセルの点数は本当に低くすぎますよね。記事にして頂きありがとうございます♪ 

それにしても採点競技って大変ですね。
努力が報われないことがいっぱいありすぎて、ゆづの心が折れないか心配です。
平昌オリンピックなどで300点越えしたころは、今よりも演技構成点も高かったですよね、
ショートで、48〜49点くらい、フリーで、97点くらいだったかな❓
今のほうが、進化しているのに、低くなっているなんて、シリアスエラーでなかったのにおかしいですよね。
私は、まともに平等に点数つけたら、ショートはゆづが一位だったと思います。フリーも僅差の勝負になっていたかなと思っています。
スケート関係者は、わかっていても声をあげられないんですね。
事実と違うことを解説しなきゃいけなくて、織田くんは泣いたのかもしれませんね。そうしないとお仕事こなくなっちゃうから❓
織田くんなら、本当なら、ショートのサルコー満点以外考えられませんとか、フリーの雄大なトリプルアクセル、3から4の加点じゃ少なすぎますとか・・・言いたくても言えないんでしょうねー。そして、スケ連推しの選手を演技構成もすばらしいとか持ち上げないといけないとか、辛かったでしょうね。元選手なら、演技構成点で点数をとるためにどんなに工夫してるかわかりますもんね。繋ぎとか音楽に溶け合うようにジャンプしてるとか、助走もなくジャンプを飛んでるかとか、異次元なプログラムか否か・・・それを解説させてもらえないって辛すぎますよね。
そんな気持ちをわかって、ゆづは、織田くんに労いの言葉をかけたのかなって思いました😊
悲しくなっちゃいます。

そんな中、愚痴もこぼさず、4回転アクセルにすべてをかけてるゆづを応援せずにはいられません。
心からゆづの成功と幸せをお祈りしています😊
ゆづの足、怪我しませんように💞
Posted by じゅんあ at 2021.04.20 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます