自分の心とゆづを守るためにも情報の取捨選択を。 - 羽生結弦 成功への軌跡

自分の心とゆづを守るためにも情報の取捨選択を。

ゆづオンリーファンの皆様、こんにちは(^^)/

気持ち的にはまだ、世界選手権の色々を引きずってはいますが、
ゆづが「五輪金よりも4回転半」を目標に掲げて、前を向いて
いるのだとしたら,私達も頑張って前を向かなければ…と思います。

誰がゆづを褒めていたとか、逆にこの人がゆづをけなしていたなど、
いいものも悪いものも、常に最新の情報はSNSやネットを開けば、
嫌でも目にします。

不愉快なものを見れば、怒りの気持ちにもなるし、文句の1つも
言いたくなるのは人間ですから仕方のないことです。

アメリカは特に、ライバル選手のコーチが羽生選手を侮辱した
発言をしたり、記者までもが「4A成功などというつかめない夢を
追いかけるより五輪の3連覇でも狙ったほうがいい」みたいな
ことを言ったり、羽生選手が憧れているスケーターが引退勧告とも
取れる発言をしたりと、畳みかけるように言葉の暴力で羽生選手や
ファンのメンタルつぶしに躍起になっています。

それに対してイチイチ反応したり、言い返したりしたところで、
相手の思うつぼだと思います。

試合で負けてしまえば、何を言ってもどうせ「負け惜しみ」に
とられてしまいます。

本心はどうあれ、羽生選手が笑顔で帰国を果たしたのですから、
私達が彼の心の傷口を広げることのないようにしていかなければ
いけないのではないか…と、つくづく思いました。

それに、情報は取捨選択ができるので、自分の心を平穏に保つ
ためにはあんまりマイナスなことを取り入れないことが一番
なのかな…と思います。

羽生選手があえてSNSをやらないというのも、自分の心を守る
ためだというのは、理にかなっているし、賢いことだと思いました。

今日はここ数日、ご紹介しきれていなかったものを、いくつか
ご紹介していこうと思います。

羽生選手の目にはよいものだけを見てもらいたいですね。(^^)/

羽生結弦のエキシビション「花は咲く」を中国ファン絶賛=
「号泣した」「人の心を震わす美しさの極み」

レコードチャイナより


『フィギュアスケートの世界選手権男子シングルで銅メダルを
獲得した羽生結弦が28日、エキシビションに登場。
中国のファンから「感動した」との声が続々と上がっている。

エキシビションの曲は復興支援ソング「花は咲く」。
10年が経過した東日本大震災に思いを寄せながら美しい演技を披露し、
最後にリンクに置いた1輪の花を拾い上げて優しく胸に抱いた。

https://youtu.be/IcY6iQFLWf0


中国版ツイッター・ウェイボーの羽生のファンアカウントは、
英語の実況で「この地球上で、彼以上に注目を集めるアスリートは
多くはないでしょう。彼は私たちが知る最も有名なフィギュア
スケート選手の一人です。彼の謙虚さ、2位の若手選手への
リスペクトは、日本をはじめ世界中のスケートファンの心を
引き付けるでしょう
」と語られたことを紹介した。

中国のファンからは、「とても感動した」「本当に心が洗われたよ」
「美しすぎて言葉では表現できないほど。顔色はまだ良くなさそうだから
ゆっくり休んでほしい」「彼のプログラムにはすべて意味がある」
「本当に温かい演技をありがとう」といった声が上がった。

また、「これぞフィギュアスケート。人の心を震わす美しさの極み。
ジャンプはフィギュアの一部分だけど、全部じゃない!」
「感動で涙があふれた。彼の故郷への深い愛を改めて感じた。
これほど優しくて素晴らしい人は、大切にされるべき!」
「フリーでも、銅メダル授与でも、彼がぜんそくと知った時も
泣かなかったけど、この『花は咲く』を見て号泣した」
「たった一つのプログラムで鳥肌が立ち、全身の毛が逆立つほど
感動させられる。これができるのは羽生結弦だけ」
といった声も寄せられている。』

中国にいる羽生選手のファンは本当に素晴らしいですね。
美しいものを見て「美しい」と言える感性が備わっています。

羽生選手の演技は、羽生選手のことを詳しく知らない人たち
であっても「感動した」といっているのを度々目にすることが
あります。

美しいもの、人の心に訴えかけるものは世界共通なのですね。

惑星ハニューさんのblogにあるマッシさんの言葉に
100%同意。


もうすでにお読みになられた方も多いと思いますが、私も
先日、こちらを読ませていただいて、心の底から共感しました。
私達の想いはまさにマッシさんと同じです。

僕の気持ちは2つの炎の狭間で揺れている

※ところどころ記事本文から引用させていただいております。

『先月の世界選手権で活躍したネイサン・鍵山、宇野選手らの
名前をあげながらも、「彼らの誰も「羽生」ではないことは明らかだ。」
と。

「彼はよりコンプリートで、本当に意味で技術と芸術を融合出来る選手だ。
彼こそ現行の採点システムで最も評価されるべき選手だと。
何故なら全てが網羅されている。
技術と芸術の両方におけるエクセレンス
このプログラムが110-111点を獲得しなかったことは省察すべき案件だ」』

全てが同意なのですが、まだまだこの後に語られていく
マッシさんの見解は私達がブログやツイッターでここ何年も
言い続けてきたことばかりでした。

GOEがジャンプの難度によってつけられていることなど、
ルールのどこにも書かれていないのに、それがさも妥当である
かのように行われています。

そのようなことは「おかしい!」と、マッシさんは話して
おられました。

『「4ルッツを降りたら、より高難度のジャンプだから自動的に
+4か+5が保証され、一方、4トゥループはルッツより難度が低い
から+2か+3というのはおかしいだろう?
」』

まさに「これは大問題」なのです。

そしてネイサン・チェンのPCSが高すぎることにも苦言を
呈しておられました。

『「もしネイサン・チェンがイタリアの国旗を背負って競技していたら
PCSは96点ではなく88点だったと僕は確信している。

従って、この採点システムはもはや機能していない、ということを
理解することに注意を向けなければならない。
」』

そういった採点の異常さに意見を言う一方で、羽生選手が
これ以上、現役の競技者でい続けることに対する複雑な思いを
語っておられました。

『「僕は一方でこのアスリートにまだ競技に時間を費やす意志がある
ことを願っている。いや、正直に言うと本当に願っているのかどうか
分からない・・・。

長年彼を追ってきた者としては、「もう十分じゃないか」と言いたい
気持ちもある。

しかし人間的な視点からは、彼のような規格外のチャンピオンが、
ノーミスの完璧な演技をしても、ジャッジから過小評価されるのを
見るためにリンクに出ていく価値があるのだろうかと自問自答しまう。

だから僕の気持ちは2つの炎の狭間で揺れている。

現役を続け、君の真価が評価されない苦しみをこれ以上味わうのは
ナンセンスだ」と。

そして、これだけのことを成し遂げたスケーターはジャッジ達に
辱められるべきではない。」』

羽生結弦を愛しているからこそ起こる心の葛藤を吐露して
いらっしゃいましたね。

私も同じ気持ちです。

本当はいつまでも羽生選手の美しい演技や雄姿を見ていたい
と願う反面、2度の五輪王者である羽生選手が、彼を評価するに
値しない種類の人間たちによって、辱められるのを見続けなくては
ならないことが本当に辛いのです。

まだまだ技術面でも芸術的表現力においても誰にも負けないくらい、
素晴らしい演技ができるのに、意図的な低評価によって無理やり
「世代交代」をさせられることが、たまらなく辛いのです。

それこそ、寄ってたかって羽生選手一人を標的にした集団いじめですよ。

「こんなに低めているのにまだ続けるの?
時代はネイサン・チェンだよ。
もう君は引退して次の若い世代に王座を譲りなさい。
これ以上続けても無駄だよ。」

そんな言葉がささやかれているかのような採点を見ると、
もしこれが自分だったら、とうの昔に嫌になって、リンクの上で
スケート靴を放り投げて「やめます」と言って二度と戻らない
だろうと思うのです。

それなのに、羽生選手はどこまでも謙虚に、負けたのは自分の
力が足りないからだと、純粋に努力を続けることでそういった
意地悪なジャッジ達に立ち向かってきました。

でもそれももう、限界なのでは…(/ω\)
と私には思えて仕方がありません。

何を言っても何をしても、彼らの行動はきっと変わることはない
だろうと私は思っています。

このまま、「羽生はネイサンより格下」である印象を付けさせた
まま北京五輪ではネイサンに金メダルを与えることでしょう。

もしかしたら、ISUは羽生選手が4Aを成功させるまでは引退しない
と見込んで、さっさと認定して引退させるというより、いつまでも
認定しないで引退を引き延ばさせて、ゆづを「金儲けの道具」として
使い続けるのではないか?とさえ思ってしまいます。

羽生選手が現役でいる限り、チケットは売れるわけですし、
五輪にも出場してくれる可能性があるわけですから、悪どい
彼らならやりかねないです。

色んな事を想像すると、マッシさんではないですが、私達の心は
いつも葛藤しているのです。

最近は、新しい情報よりも自分の気持ちばかりを綴ってしまって
すみません。(/ω\)

でも、吐き出さないと自分が元気になれないのです。
いつもゆづのことを心配して、悲しんで、怒っている自分が
辛すぎて…。

羽生選手が決めたことはきっと実現すると信じています。
でも、それまで心が折れないか心配です。

今日は20:00からのお仕事になります。

それではまた。

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2021-04-02 | Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今日は。

 マリリンさんの熟考された文章を読ませていただいて、ここ最近の自分の心の揺れを実感することができました。おっしゃる通りの心の葛藤を感じています。私達の気持ちを素晴らしい文章で整理してくださったことに心からお礼を言いたいです

 どう見ても取り込まれているとしか思えないジャッジ達に、羽生選手のこれまでの栄光を汚されたくないというお気持ち、凄くよく分かります。冗談ではないですよね。
 パトリックチャン選手の例で言うと、彼は確実に4回転勝負に負けて、ずるずると力を落としていきました。もし彼が真4回転時代に食いついて行くことが出来ていれば、平昌五輪でもメダル圏内だったでしょう。
 だけど、羽生選手は未だに実力はトップでまだ進化を続けています。やはり、アメリカやISUから見たら恐ろしいのでしょうね。五輪3連覇の可能性を感じているから恐ろしいのでしょう。
 ただ、メンタル潰しをしても、今までの羽生選手の生きざまを見てきた人達なら、それは不可能なのだと気づかないのでしょうか。

 まあ。どちらにしても、羽生選手は何もかもご存知です。ご自分にとって一番いい、そして素晴らしい決断をされることでしょう。どちらの決断でも、私達は全力応援です。羽生選手引退後のフィギュア界が、彼らには見えていないようですので、一度見せてあげる必要がありそうですね。暗黒の時代への逆戻りを。
Posted by フィギュアファン歴38年 at 2021.04.02 18:03
マリリンさんゆづフアンの皆さんこんばんわ。
マリリンさんやフィギュア歴さんに賛同します。
賢く聡明なゆづ君は全てを理解して行動していると思っています。
フィギュア界は羽生選手を貶め苦しめていると喜んでいますが、ゆづ君はあなた達の手の届かない遥か上を行っていますよ。ゆづ君を貶めている人達自分自身を貶めていることに気づかないのでしょうか。
SOIにでますね、彼の最近の動きを見ていると一つ一つの試合やショーにお別れをしているように思えます。
でも最後のお別れの場は神様とゆづ君で決めてくれると思います。
フィギュア歴さん私も彼の決断を全力応援です。
Posted by バセンジー at 2021.04.02 21:41
マリリンさん、お早うございます。じっくり読ませていただきました。完全同意です。
益々、マリリンさんブログのファンになりました。これからもよろしくお願いします。
羽生選手は国別もSOIも、全て出場されるようです。主催者も日本スケート連盟も大喜びでしょう。またまた大金が入りますから。その大金をどのように使われるのか、一ファンとしてしっかり見守っていきたいです。
チケットを持っていないので見に行くことはできませんが、テレビで楽しませてもらおうと思っています。ただ、大阪も横浜もコロナの状況が本当に心配です。本音はとしては、もしこのままのコロナの状況が変わらなければ、中止になることを願っています。チケットを持っておられる方には大変申し訳ないと思うのですが。
もし開催なら、勿論大応援です。見に行かれる方々、素敵なバナーや大きな拍手をお願いします。勝手なことを言ってすみません。
Posted by 瑠璃 at 2021.04.03 11:01
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!
マリリンさん、どんな時もゆづへの熱い応援記事ありがとうございます。
マリリンさんが長い長い文章で私達ゆづファンの複雑な心境をすべて綴ってくださって心から感謝致します。
マリリンさんのお気持ちと同じ思いを抱いています。マッシさんのブログでの記事もそうですね〜 あまりにも最近特にゆづ降ろしが加速してきて見るのも辛くなってきます。
マリリンさん同様、私も今回の世選でかなり落ち込みました。
喘息の発作に見舞われ、その他ちょっとしたことがあったと、ゆづが仄めかしたとおり、何かボストンのような事が起きたのかと状況が分からないだけに余計に心配になりました。
でも、ゆづが元気に笑顔で帰国したことにどれだけ救われたか!
一番辛いのは本人なのに・・・ 
ホッとしたのもつかの間、次から次へと羽生選手を虐めるような数々の記事に本当に呆れます。それでもそんな言葉に惑わされる必要はないです。羽生選手が前より自分はうまくなっているとおっしゃっているように彼の成長を、彼の進化した演技をこれからも楽しみにしていきたいです。

ネイサンは毎回爆揚げしてもらってどう思っているのでしょうね〜 いつもゆづのことをリスペクトしていると語っていますが、自分の状況に矛盾を感じないのでしょうか?とても不思議です。

マリリンさん、フィギュア歴さん、バセンジーさんと同じく、ゆづがどんな決断をしようとも全力応援していきたいと思います。
マリリンさん、これからもよろしくお願いいたします。
Posted by yukiko at 2021.04.03 11:18
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは(*^-^*)

マリリンさんや皆さんの思いに、深く頷く自分がいます。
羽生くんは、自分に嘘をつかず、真直ぐに行動する人です。前を向く姿に惹かれます。
羽生くんこそ正義。羽生くんこそ愛。

情けない陰謀や記事に気持ちを落とすことはないと、気持ちを切り替えました。
皆さんとしっかり応援していきたいと思います。
よい気を送ってサポートします。国別、SOI、がんばってください。
Posted by なおポン at 2021.04.03 13:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます