世界選手権、日本もドクターを帯同していた? - 羽生結弦 成功への軌跡

世界選手権、日本もドクターを帯同していた?


ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは(*´ω`*)

今回の世界選手権、私は色々とショックが大きく、正直…
自分の方が元気が出なくて、どうしたものかと困っています。

ゆづを励まし、応援しなくっちゃ…と思う反面、ゆづが
勝ちたいといわなくなってしまったことへの怒りと悲しみが
ISUをはじめとするゆづにひどい仕打ちをした人たちに
対してこみあげてきて、何をする気にもなれませんでした。

週刊誌が元記事ですが、フリーの日の羽生選手の気になる
様子が描かれていたのでご紹介します。

直前まで休憩、髪はボサボサ 
世界選手権の羽生結弦に何があった?

NEWSポストセブン

hany2053S.png

『14時46分──羽生結弦選手の世界選手権でのフリー演技が
始まるとき、現地の時計は奇しくも「運命の時刻」を指していた。

(中略)

コロナの不安に加え、地元の地震被害に後ろ髪を引かれる
思いでの現地入り。そしてSPでトップに立った瞬間、彼の
フリーの滑走時刻は14時46分に決まった。
だが、演技が始まる直前、羽生選手は再び大きな試練を
受けていた。

フリーの彼の演技は、誰の目にも「らしくない」ものだった。
ロックスターのようだったSPとは打って変わり、淡い水色を
基調にした優雅な衣装に身を包んだ羽生選手が、戦国武将・
上杉謙信を描いたNHK大河ドラマ『天と地と』のテーマ曲に
乗って滑り始める。

しかし、冒頭のスケーティングからいつものようなスピード
感がない。最初の4回転ループで着氷が乱れ、手をついてしまう。
続く4回転サルコウでも大きくバランスを崩す。
そして得意のトリプルアクセルから連続ジャンプにつなげられない
痛恨のミス。

(中略)

無観客の静まり返ったスタンド席、マスク姿の関係者、極度の
プレッシャーなど、いつもと違うさまざまな要素が重なった
こともあるだろう。

だが、フリーの演技前の羽生選手の様子は、もっと大きな
異変を感じさせるものだった。
現場を目の当たりにしていたカメラマンが語る。

“いざリンクへ”というときになって、羽生選手がなぜか
リンクとは逆方向のウオームアップエリアに向かって
行ったんです。“あれっ?”と思いましたが、彼は遠目にも
具合が悪そうで、奥の方に行くと、マスクを外し、
耐えるようにぎゅっと目をつぶっていた。
かなり汗をかいているようだったし、唇も真っ青。
“このままではリンクに立てない”と思ったのかもしれません


何人かのスタッフが羽生選手の様子を心配そうに覗いたが、
あまりの緊迫感に誰も声をかけることができなかったという。
そして数分後、スケートリンクに降り立った姿は、
明らかにいつもとは違っていた。

「いつもなら前髪を立たせるなど、きちんとヘアセットを
して本番に臨みます。ところが、あのときは髪をおろしたまま。
あえてナチュラルにという感じではなく、言葉は悪いですが、
ボサボサだった。表情もうつろで、演技前からかなり呼吸も
乱れていました」


「終わった後は、ブライアン・オーサーコーチも声をかけられない
ほど疲弊していましたし、実際に試合後のインタビューで、
羽生選手の口から発せられたのは、“すごい疲れました”という
言葉でした。普段彼は“疲れた”と周囲にこぼさないので、
驚きました」


そういえば、フリーの日の羽生選手は最初からおかしかった」。

「いつもなら試合の1時間ほど前にはウオームアップエリアに
来ているのに、あの日に限っては、10〜15分前にようやく到着した。
もしかするとウオーミングアップをする体力もないような状態で、
直前まで部屋で休んでいたのかもしれません」


試合後、ロシアのスポーツメディアはこう報じた。

「羽生は喘息の発作を抱えながらも、フリーを滑りきり、
世界選手権の銅メダルを獲得した」

日本メディアのオンライン取材で、喘息の事実を問われると、
「終わってみたら『ああ、ちょっと苦しかったかな』くらいで」
と言及し、発作があったことを認めた。

羽生選手は、言い訳をしない人です。
今回も聞かれなかったら、自分からは体調を崩したことを
話さなかったはず。“ちょっと苦しかったかな”と認めた
ということは、相当苦しかったのでしょう


喘息は羽生選手の持病で、幼い頃から少し走ると咳き込んだり、
咳が続いて夜眠れない日もあった。

喘息は症状が軽くなることはあっても、完治することは難しい。
東京歯科大学市川総合病院呼吸器内科教授の寺嶋毅さんが言う。

一般的には、季節の変わり目、春先、秋口などには症状が
不安定になるケースがあります。急に気温が下がったりする
温度差によって気管支が刺激を受けるからです。
あとは、肉体的な疲労や精神的なストレスによって発作が出る
こともよくあります


喘息の発作を起こした状態で演技をするのは、どれほど大変なのか。

軽い発作であっても、100%のパフォーマンスをするのは
とても無理。
超一流のアスリートで、喘息とのつきあいが
長い人なら“この状態なら、自分はこのくらいまでできる”
ということがわかると思うので、羽生選手も演技中に“途中で
息が上がったらどうしよう”という不安を持ったまま臨んだ
かもしれません」(寺嶋さん)』

「喘息」を持病として持っている人は世界中にたくさん
いるとは思うので、あえてその苦しさや大変さを書き出す
必要はないかもしれませんが、発作を起こしたことがある人なら、
羽生選手の状況もきっと、理解することができると思います。

そういう私も18歳になってから「喘息」を発症しました。

今の羽生選手と同じ年である26歳当時は、季節の変わり目
になると、必ずと言って言いほど風邪をひいていましたし、
それがもとで翌日にはほぼ確実に発作が起きるようになって
いました。

発作が起きると呼吸がしづらくて苦しくて一晩中、眠ることが
できません。

起きたり寝たり、色々姿勢を変えても苦しさは変わらず、
朝になるのを待って、かかりつけの病院に行き、薬をもらった
ものでした。

お医者さんも「発作が起きた時はこれを吸入するように」と、
吸入器や気管支拡張剤を処方してくれました。

1度吸い込むとすぐに楽になるのですが、また発作が襲って
きます。しかし、最低でも4時間は間をあけないと再び吸入する
ことはできません。

喘息を発症した原因はわかっていませんが、「アトピー体質」
の人は起きやすいのだそうです。

あと、これは関係あるかどうかわかりませんが、同じ喘息を
患っていた友人からは「心が繊細な人に多い」と言われた
ことがありました。

当時は今ほどたばこが他人に及ぼす害について、世間では
気にしてもらえていなくて、私が発症した18歳当時に
勤めていた職場なんて、男性営業マンが煙草を吸いながら
仕事をしているのは当たり前のことでした。

たばこの煙が蔓延する中で1年中、仕事をしていましたし、
21歳で結婚後、自宅では主人が平気でたばこを吸っている
という環境の中で子育てもしていました。

体に良くない物質の大量吸引(受動喫煙)に、子育てに伴う
ストレス。主婦には休みがないので、寝不足や疲労が毎日
蓄積していました。

私の場合は28歳ぐらいまではそんな感じでした。

あの発作の苦しさを知っているので、今でも季節の変わり目には
気を付けていますし、四季など関係なく風邪をひかないよう、
ちょっとした風邪でもすぐに薬を飲んで早めに休むという、
生活をするようになりました。

羽生選手の場合は、家事だの育児だのたばこの煙が蔓延する
職場だの…という事はないかもしれませんが、もともとが
小児喘息という持病をお持ちでしたし、大変なトレーニングを
日々行っていますので、体脂肪も低く、いつも疲れている
ことでしょう。

あくまでもこれは私の推測ですが、今回みたいなコロナ
ウイルスの脅威の中でも、国外に行かねばならず、ましてや、
いつもサポートをしてくださるお母さまもおそばに
いらっしゃらない状況の中では、精神的に不安もあったに
違いありません。

極度のストレスだったり、疲労だったり、体力が落ちている時
だったり、季節の変わり目で呼吸器に少し異変があっただけでも
繊細な羽生選手なら、喘息の発作が起きると思います。

それを言い訳にしたくなかったので黙っていたのでしょうけど。
そんな中でのあのフリーの演技を思うと、羽生選手だから
意地と責任感と気力で最後までしっかり滑り切ったのだろうな
と思いました。

ところで、こういう時や、選手の体調を管理するために
日本からはドクターが帯同していなかったのか?
スケ連は何をやっていたのか?
と、私たちは怒っていましたが、
いつもスケ連に電話をしてくださるAさんが、今回もしっかり、
スケ連にお電話をしてその件も聞いてくださったようでした。

以下、Aさんからのメールです。

『ユヅの健康のことが気になり、スケ連に電話を入れました。
端折ってお伝えします。

⭕️この度の世界選手権に日本の医師は帯同していなかったのですか。
⚫️〈少し慌てた感じで〉少々お待ちください。
30秒ぐらい待たされて、
⚫️日本の医師は帯同しております。

⭕️ではなぜ羽生選手はロシアの医師に見てもらうような
ことになったのでしょう。

⚫️そのことはよく把握できておりません。
確かにヤフーニュースなどで私もみましたが、向こうとまだよく
連絡できておりませんので。

⭕️連絡できていないというのはおかしいですね。
沢山の役員さん方が付いて行っておられましたし、こんな
ニュースが出た時点で、きちんと連絡を取って正しいことを
伝えるのが連盟の役割ではないですか。
このままでは誤解されることになりますよ。
本当に日本の医師は帯同されていたのですね。

⚫️はい、それは間違いありません。
以前から付いて行っている人で選手達とも顔なじみです。


⭕️ではなぜ、羽生選手はロシアの医師に見てもらったという
情報が向こうから出てきたのでしょう。


⚫️向こうは大変な状況で、参加した役員の人数も限られていて
なかなか連絡が取りづらい状況なのです。帰りの飛行機の手配なども
大変なんです。


実際にはまだ会話には続きがあるのですが、とりあえず、
日本のドクターは帯同していた、という事がわかっただけでも
良かったです。

スケ連もどうしてきちんと説明しなかったのでしょうね?
羽生選手のことはどんなことでも大きなニュースになりますし、
世界中で瞬く間に拡散されますから、世界中のファンが
心配していたというのに。

帰国したばかりだというのに、日本ではコロナウイルスが
蔓延している大阪で国別対抗戦が開かれます。

宣伝もばっちり、羽生結弦が出場!と煽っていますから、
ゆづも断れなくて出るのか、今季最後だからという気持ちも
あって、国のために出場することを承諾したのかわかりませんが、
開催されるなら出ることになるでしょう。

国別対抗戦2021

hany2054.png

hany2055.png

今回は有料のLIVE配信もあるようです。
エキシビションは映画館でライブビューイングだとか?
詳細は明日(4/2)に発表されるようです。

「テレ朝動画」にてLIVE配信(有料)

公式練習と全ての競技映像(18日エキシビションを除く)をLIVE配信!
さらに、ここでしか見られない特典映像も配信!
価格:1日券 1,000円(税込) / 3日間通し券 2,500円(税込) ※Go Toイベント対象
発売日:4月9日(金)〜

「エキシビション」を全国の映画館でライブビューイング
全国の映画館にて、4月18日(日)に行われる「エキシビション」をLIVE上映します。
映画館の大画面&高音質で、会場さながらのライブ感を体感・共有することができます。
※実施会場や販売価格などの詳細は、4月2日(金)に番組HPにて公開予定


国別かぁ…(;・∀・)

ぜひ、いける方はチケット争奪戦に参加してゆづを応援して
来てください。私は仕事もあるし、急にはいけませんので。
テレビで見ようと思います。

ゆづの闘争心の灯が弱くなっているのではないかと心配して
いたのですが、国別ならお祭り試合とはいえ国のために
闘うので4A入れずに無難な構成で勝ちに行く可能性もありそうです。

でも、ジャッジがどうせ、アメリカびいきすると思うし、
今度は宇野君にさえ負けさせられるようなひどいジャッジを
するかもしれません。

そう思うとみるのも辛くなります。💧

ゆづは自分が辛い時でも他者を気遣うことを忘れない人です。
でも、ゆづのことを心から気遣ってくれる人って本当にいる
のでしょうか…。

色々考えるとファンの私でも、ゆづが引退したらフィギュア界に
興味すら持てなくなりそうです。

それではまた(^^)/

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2021-04-01 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
日本チームのドクター帯同の件ですが帯同していたのはロシア大会で羽生選手が捻挫したときに治療した整形外科のドクターだけだと思いますよ。今回のワールドでちらっとテレビに映ってました。内科のドクターは帯同してないと思います
Posted by なでしこ at 2021.04.01 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます