ゆづには低い採点ばかり!東スポさん記事にしてくれてありがとう。 - 羽生結弦 成功への軌跡

ゆづには低い採点ばかり!東スポさん記事にしてくれてありがとう。

ゆづオンリーファンの皆様、こんにちは(^^)/
(書いている途中で睡魔に負け、寝ちゃいました。)

またまた東スポさんが「採点に関する記事」を出して
くれましたね。 東スポさんグッジョブ!です。

羽生結弦の「点数低すぎ」問題 フィギュア界の
“生き字引” が指摘するジャッジの潮流

東スポweb

『フィギュアスケート男子の五輪2連覇・羽生結弦への
採点を巡り、国内外の関係者から懐疑論が噴出している。


もともとファンの間で「羽生に対する採点は辛い」が
定説だった
が、先日の世界選手権のSPでの低得点で
一気にヒートアップ。

穏やかではない状況の中、フィギュア界の生き字引≠ノ
見解を聞いた。

hany2051.png

今回の世界選手権では、フリーでミスが続いた羽生は
ネーサン・チェンに3連覇を許して銅メダル。
演技後にぜんそくの発作が出るなど体調が万全ではなく、
ジャンプミスは明らかに自身に原因があったが、問題はSPだ。

4回転サルコー、4回転―3回転の連続トーループ、
トリプルアクセルとジャンプを全て完璧に揃えて首位に
立ったものの、スコアは106・98点。

ステップでレベルの取りこぼしもあり、関係者からは
「110点くらいあってもいい」との声が上がっていた。

この件をフィギュア史を知り尽くす元国際審判員の
杉田秀男氏に聞くと「正直、GOEを見て『何で?』って
思いましたね。前半に滑っていた選手と同じような
評価じゃなかった。もうちょっとしっかり見てよ
って
感じました」と話した。

その指摘通り、冒頭の4回転サルコーはGOEがたった
2・22点。2人のジャッジが「0点」をつけた衝撃的な
事実
はSNSで拡散された。

また、演技構成点47・96点は、転倒したチェンとわずか
1・53点差。
いったい、なぜこんなことが起きたのか?

ある現役審判は「羽生選手の(演技に求められる)ハードルが
上がり切ったため」と主張する
が、杉田氏は「今回は日本人
ジャッジがいなかったのも影響しているのでは? それと
最近はジャッジングがすごく細かくなり、いいところを見る
というより、ミスのあら探しのようになっている」
とみる。
その上で「羽生選手は一つの流れの中でジャンプを跳ぶ。
その技術をもう少し評価してあげてもいい。

ただ、彼は不満があっても絶対に口にしないでしょう。
そこが素晴らしい」
と語った。

大会後の羽生は吹っ切れたように、人類初のクワッドアクセル
成功へのこだわりをみせ「最終目標は五輪の金メダルより4回転半
とさえ言った。

他人からの評価に限界を感じて自力で達成できる「夢」に
かじを切ったとすれば、その無言のメッセージ≠
フィギュア界はどう受け止めるのか? 

今後も大きな議論を呼びそうだ。』

やっとこういう記事が出たか…という感じで、うれしかった
ですが、まだまだこんなもんじゃ足りないですよ。

東スポさんには感謝していますが、羽生選手への
「低い採点」は今に始まったことではありません。

「なんかこの採点ちょっとおかしいんじゃない?」と
誰の目にもわかるほどあからさまになってきたのは、
2,017年以降だと思います。

つまり平昌五輪の前からすでに、羽生選手に連覇を
させないための「計画」が進んでいったのだと思います。
特に2019-20シーズンはひどかったです。

オータムクラシックからすでに回転が足りている4Tに
無理やり回転不足を取ったり。

2つ以上の重大なエラーをするとPCSの上限が8.75だの
9.25だの…何故か羽生選手にしか適用されたことがない
「シリアスエラー」というルールで、下げ採点が正当化

されてきました。

もうね、たくさんありすぎていちいちどの試合のどの
部分だと、プロトコルを探して見返すのも疲れるほどです。

私たちファンはただ、ゆづが可愛くて何でもかんでも
擁護したり、文句を言っているわけではありません。

どう考えてもおかしな採点だから、声を上げているのです。

杉田さんがおっしゃるように、羽生選手はたとえ不満が
あっても絶対に口に出して言わない人です。

だから逆に、私たちファンがゆづの名誉のためにも間違った
採点がなされていることをみんなに知ってもらいたいと
思うのです。

羽生選手が黙っているんだからファンも黙っていた方がいい
というのは私は違うと思っています。

こういう時こそ、ファンが動画を作って検証したり、
ルールブックをよく読んで理解を深めたりして、ゆづの
代わりに「公正な採点を望む」という声を上げるべきなのです。

何年もかかったけれどこうして東スポさんだけでも、
「不当な採点」だと書いてくださるメディアが出てきた
ことは、私たちが頑張って声を上げてきたことが
無駄ではなかったんだなと思うことができました。

何故、羽生選手にはとりわけ厳しく採点されるのか?
という疑問に対して、この記事では、ある現役ジャッジの
見解を引用し、「羽生選手の(演技に求められる)ハードルが
上がり切ったため」と主張された、
とありますけど、
ちゃんとしたGOEとかPCSの採点基準があるにもかかわらず、
羽生選手だけが個人比で採点されているのだとしたら、
それこそ「不公平」を認めていることになります。


いつから羽生選手にだけは「羽生比」が基準になったのですか?
それならルールや基準全体を羽生基準にして、すべての選手に
適用すべきなのではないでしょうか?

だって努力したら誰でもゆづのようになれるわけでしょう?
ネイサンにも宇野君にも鍵山君にも、きちんと適用すべきです。

この記事についた多くの方のコメントもぜひ読んでいただき
たいですね。皆さんのおっしゃっている通りだと思います。

そして東スポさんが最後に書いてくださったように、

「(最終目標は)五輪の金メダルより4回転半」とさえ言った。
他人からの評価に限界を感じて自力で達成できる「夢」に
かじを切ったとすれば、その無言のメッセージ≠
フィギュア界はどう受け止めるのか? 


羽生選手の心の内をよく表してくださったと思います。
日ごろ私たちが書いているように、そして感じているように、
もう、羽生選手はネイサンと競って勝とうと思わなくなった
のだと思います。

ISUの思惑が反映した採点をするジャッジのせいでね。
少なくとも2019年のGPファイナルまではまだ、
「圧倒的に勝ちたい」という気持ちを持っていました。

いつまでもあそこ(ファイナルの王座)に君臨していたかったし、
世界選手権でも全日本でもです。

しかし、ISUを含む各国にある多くのスケート連盟は採点の
不公正という明らかに見える形で「そろそろ羽生結弦には
王座を降りてもらいたい」という意思を表明したのです。

常に羽生選手の演技には、他の選手では取らないような
エラーをとってみたり、長い時間をかけてビデオを再生し、
あらを探しだし、ジャッジが先につけた点数をテクニカルが
最終的に「減らす」という、「合法的に見えるやり方で」
不正を行い続けてきたのです。

その結果、羽生選手が「自分は五輪に出ることなど考えて
いませんから、五輪の金はネイサンでどうぞ。自分は
やりたかった4回転半だけを目標にしますので」と、暗に
競技で勝つことから卒業したことを宣言しました。

ISUもアメリカも、下げジャッジを派遣して羽生おろしに
加わったイギリスもイタリアも喜んだことでしょう。
あ、日本スケ連もね!
アメリカの言いなりですから、ネイサン上げに加担して
いましたものね!

日本ジャッジがいなかったから…と杉田さんは書いていますが、
いやいやどうして。(;^ω^)
日本人ジャッジこそ、ひどかったじゃないですか。
私は忘れていませんよ。

彼らの思惑通りになったのですから、さぞかし満足でしょうね。

しかし、大スターである羽生選手をいじめて無理やり降ろした
代償の大きさは、この後わかると私は思っています。

もう「羽生結弦よカムバック!戻ってきて〜。ISUにお恵みを」
と嘆願しても遅いのです。

自分たちがやったことの代償はきちっと払っていただきます。

どれだけ大きな損失を被ることになるのか。

問題は、いくら「自力で達成できる夢」とはいっても
そこにはまた「下げジャッジ」がスタンバイしているわけで、
それこそ「これ以上羽生結弦に勲章を与えたくない」と思って
そこに座っているとしたら,4Aを跳んでも「認定」しない
可能性もあり得ます。


そうなるとやはり「採点競技」は自力で目標が達成できると
言えるのかどうか…私はとても心配なのです。

AIを導入しなければ、正しい採点や正しい評価というのは
フィギュアスケートではありえないと思っています。

ジャッジがそこまで邪悪でないことを祈るのみ…。

4A成功すら、結局は他力本願になるのが辛いです。

しかし、東スポさんにはこれからもどんどん、採点に関する
疑惑や疑問、過去にまでさかのぼって調査をしてほしいと
願っています。

メディアもね、売り上げをアップさせたり生き残りたいなら、
羽生選手を下げる記事を書くよりも、こういうことにメスを
入れた方がずっとファンに喜ばれますよ。

賢いメディアはそれを悟ったのでしょう。

動機はどうあれ、今までタブーだったこういう問題を取り上げ
始めたのは良いことです。頑張って下さい。

寝ている間に『羽生・宇野』が国別対抗戦へ!という
ニュースが出ていました。

羽生結弦が世界国別対抗戦に出場 今季最終戦 チェン、
シェルバコワ、トゥクタミも

デイリースポーツ

hany2052.png


『フィギュアスケートのシーズンを締めくくる世界国別対抗戦
(4月15〜18日、大阪)の出場選手が31日、発表された。

日本は男子は五輪2連覇の羽生結弦と、平昌五輪銀メダリストの
宇野昌磨がエントリー。女子は紀平梨花、坂本花織、
ペアは三浦璃来、木原龍一組、アイスダンスは小松原美里、尊組が
選出された。

同大会は2年に一度開催される国別対抗団体戦で、羽生は
17年大会以来、4年ぶりの出場となる。

世界選手権に出場した日本選手は、30日に帰国。
入国前の抗原検査は全員陰性で、現在は隔離に入っている。

ロシアは女子で世界選手権金、銀メダルを獲得したシェルバコワと
トゥクタミシェワがエントリー。
米国は世界選手権で3連覇を達成した男子のネーサン・チェンが出場する。』

世界のトップが競いあう国別対抗戦です。
ゆづは出ないだろうと思われていたのですが、4回転半に
挑むつもりかな?国の勝敗がかかっているから回避するかな?

大阪に住んでいる方や近隣の方はぜひ、ゆづの応援に
行ってください(^^)/

チケット獲れるといいですね。ゆづが出るとなったら
争奪戦が凄いことになりそうですが。

ゆづが「勝ちたい」と言わなくなったら、競技会も何だか
つまらなくなりそうですね。

これでゆづが引退でもしようものなら、フィギュアの
チケットはゆづが出るアイスショーしか売れなくなる
のは目に見えています。

自分たちが推し続けた選手を使ってせいぜい、チケット
さばいてくださいね。!(^^)!

ではまた(^^)

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村


2021-03-31 | Comment(7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんばんは!
マリリンさん、お疲れのところ、東スポの記事を取り上げてくださり、ありがとうございます。
ようやくメデイアが採点のことについて取り上げてくれたことは飛躍的なことだと、とても喜んでいます。本当に良心的で羽生選手の発言に寄り添った記事ですね。

マリリンさんがその記事に関して深い洞察を持って分析してくださり、一つ一つ頷きながら読ませて頂きました。
マリリンさんの仰るとおり、ネイサンが台頭してきた2017年あたりから偏向採点が顕著になってきましたね。
平昌で大怪我にかかわらず、2連覇してから大きなルール改正があり、ここからどんどんエスカレートして何が何でもネイサンを勝たせるというISUの露骨なまでの羽生降ろしが展開しているんですよね。本当にゆづの心境は如何ばかりかと胸が痛みます。

繋ぎなし、漕ぎ漕ぎジャンプのネイサンの過大評価に呆れ果てていますが、前記事にコメントされている「にこにこさん」がyoutubeネイサンの演技に沢山の賛辞があったと仰っておられるように一般の方々にはそう見えるのでしょうか? ショックだったのは私の姉もネイサンの事を褒めていたんです。それぞれ見方が違うのでしょうね〜

ただ、私達が求めるのはルールが正しく機能しているかという事だけです。それを羽生選手の時だけシリアスエラー発動、大きな減点が取られたり、演技に見合った採点がされないから声を上げているんです。すべてマリリンさんの仰るとおりです。
マリリンさん、よくぞ言って下さいました。きっとISUは大きな代償を払うことになるでしょう!!
ゆづの最終目標4Aは必ず達成できると信じています。4Aが成功した時、採点するジャッジが心配ではありますが、その時はゆづも黙ってはいないと思います。
ゆづがそう望むのなら一緒にその目標に向かって行きたいと思います。

国別対抗戦にゆづ出るんですね〜 今、大阪の感染者が急増中で心配ではありますが、ゆづがそう決めたのなら、全力で応援するだけです。
ゆづ、健康に気をつけて頑張ってくださいね!!
Posted by yukiko at 2021.03.31 21:26
マリリンさん皆さんこんばんは
マリリンさん、良い記事の紹介ありがとうございます。

もうジャッジは、最初から結果ありきで採点してますね。
杉爺が良いこと言ってくれてますが、日本のジャッジが入ると返って下げられるんですよ〜と言いたいです。
全日本のスピンノーカンね。

ネイサンの大きな尻餅、長い助走と詰まったジャンプに爆盛り。
おろそかな演技にPCS盛り。

そしてラファの人を見下した態度。

予定どおりネイサンを爆盛り優勝させたにもかかわらず。
ネイサン関係者やお抱えライターは、いまだに羽生選手叩きです。

アメリカの連中、何をそんなに焦っているのか?
結弦くんは、「北京五輪金メダルより、4Aが目標」と言ってますよ〜?

ネイサン陣営はジャッジを掌握してるんだから、そのまま買収活動続ければよろしいです。
でもネイサン本人に、華も人気も無いんです。

盛り採点にあぐらをかかず、足元を見た方がいいかもね。
結局地味な、中華系アジア人ですからね。
しかもちゆうごく
Posted by てるこ at 2021.03.31 21:53
マリリンさん、途中で送信してしまいました(汗)

ネイサン、中華系にもかかわらず中国でも反発大きいですね。

そして中国はジェノサイド問題があるので、欧米諸国がどう出るか…見たいと思っています。

結弦くんは五輪は視野に入れてないかもしれませんから、私も冷めた目で見てます。

結弦くんがプロ転向したら、羽生フアンはそちらに流れるだけです(^-^)
もうフィギュア競技に、見切りを付けるつもりです。
Posted by てるこ at 2021.03.31 22:15
マリリンさん、こんばんは!

ついに、ついに取り上げてくれましたね!
マリリンさんが仰る通り、2017年からですよね、長かった!
マリリンさんが突っ込んでた通り、記事の内容に
ツッコミどころも多々ありますが、でもでも!不正採点の事を新聞記事にしてくれ、世間に問題提起してくれたのは本当に嬉しいです!
でも、、ゆづの事なら帰国、だけでニュースで出すのに、不正採点という、TVが飛び付きそうなスキャンダルなのに、今の所、どこもまだ食い付いてこない事に闇を感じますが、、。
でもでも!苦節4年!こうやってマスコミが声を上げるくれた事に感謝です!
東スポさん、ありがとうございます。
そして、もっとやって下さーい!(^^)
Posted by あややん at 2021.03.31 22:40
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん こんばんは❗

東スポさん、この頃どうしたのでしょうかね。
本来マスコミは政治的忖度とは切り離して報道しなくてはならない。
取り敢えずは当たり前の事を発信しているが、もっと掘り下げた本当の事実は中々言ってくれないよね。 マスコミもサラリーマン。

ネイサンの世界選手権3連覇。鍵山君が17歳で最年少?の銀メダル。おめでとうございます。
早速日本のマスコミは特にウジテレビ《羽生超え》やったね。
このワードを考えるのは電通かな。頭が悪い集団かな。
何をもって《羽生超え》なのか意味が分かりません。恐らくシニア上がったばかりで初セセンでの銀メダルでの事を言っているのでしょうね。

よく頑張ったと思いますが、一番頑張ったのはISU、日米露達の仲良しでしょうかね。 姑息な手繋ぎがなければ、結果は違うだろうね。
何でこうなったかマスコミは突っ込んで欲しい。
羽生選手に関しては昔から壮絶なパワハラが今でも続いているんだよ。
やはり、ファンは推しが大切だから守り続けます。


Posted by ゆづき at 2021.03.31 23:14
マリリンさま、ゆづオンリーファンの皆様、こんにちは。

「羽生ファンがネイサンを叩いている」のではなく、紙メディアである東スポさんが切りこんでくれたのは喜ばしいですね。twitterに参加出来ない方は、パソコンでヤフーニュースの「もっと見る」を押して「キーワード検索」のところに“羽生結弦”と入力するとこの記事に辿り着けて、コメントに賛否をポチすることが出来ますので、加勢してほしいと思います。東スポさんを応援しましょう。

ラファエルの品格のなさには呆れました。彼の教え子と元教え子に五輪金メダル保持者がひとりもいないのは、彼が放った負の「気」に覆われてしまうためでしょう。ネイサンの本当の評価と人気を高めたいのなら、ゆづを見習って芸術性をともなった演技をするよう指導すればよいのです。

それから「岡崎真の目」、スポニチさんはカメラマンお二方が選手に愛を持ち、すばらしいお写真を提供してくださっているだけに残念です。ジャッジを擁護するためジャンプの基礎点を強調するのは「大人の事情」かと察しますが、選手の心理状態の間違いは我慢なりません。印象操作目的でなく本気でそう思ったのなら、これまでのインタビューを見ていない証拠です。スポニチはメールによる意見を受け付けています。

ゆづ国別出場、現地とエキシビのライブビューイングのチケット取りに参戦しますよ。本当は中止か無観客バブル方式が望ましいと思いますが、声が出せなくてもゆづを応援したいです。
Posted by youko828 at 2021.04.01 14:00
こんにちは!

ホントSPの4回転の加点の少なさには驚きました。羽生くんが成功したジャンプで2点台なんて有り得る???4―3だって1本目が完璧ではなくても後の3回転でうまく流れも出したジャンプだったよ。4点近く欲しいわ。この加点の出し渋りにより3位になってしまいました。でもこういうことで優勝を逃し2位だったりとか台乗り台落ちを分けたとかだったらただじゃ済まないですよ。4Sに0点とか意図的だとしか思えない。2人が0だったことにより実際の点数に反映されてしまったし。(*`Д´)

2017世界選手権のフリーGOE満点がひとつも無かったやつね。あれも不可解だったね。

羽生くんは国別出るならSPでまたノーミスで今度こそ112を出して欲しい。国別はお祭り大会で高く出るのなら羽生くんにも出してくれていいやん。ジャッジのメンツ知らんけど。東スポさんにはこれからもジャッジに注目してもらいたいです。
Posted by しま at 2021.04.01 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます