ラファの天狗っぷりに開いた口が塞がらない。 - 羽生結弦 成功への軌跡

ラファの天狗っぷりに開いた口が塞がらない。


ゆづオンリーファンの皆様、こんにちは(^^)/
久しぶりにいや〜な記事の話になります。

あ、昨日も嫌味な岡崎氏の記事を取り上げたばかり
でしたね。

ネイサン選手のコーチであるラファエルが、ロシアメディアに
語ったコメントが炎上しています。

私も夕べ、ゆづ友さんからLINEに情報を頂き、驚きました。
すぐにTwitter仲間にも知らせました。

皆激おこ💢ですよ!

炎上した元記事はこちらです。

なお、この記事のリンクはこちらの方のツイートで知りました。
元記事を教えてくださり、ありがとうございます。

elさんのTwitter

「ポイントを数える必要はない」:ショートプログラムでの
チェンの優位性とエラーについてのハルトゥニヤン


自動翻訳でご紹介させていただきます。

『ショートプログラムでの敗北はネイサン・チェンにとって
惨事ではありませんでした。世界チャンピオンのラファエル・
ハルトゥニヤンのメンターは、R​​Tとのインタビューでこれについて
話しました。

彼によると、エラーの理由は、アメリカ人がこのジャンプを
限られた範囲で訓練したためかもしれません。
専門医はまた、病棟に自信を持っている理由を説明し、
タマラ・モスクビナやアレクセイ・ミーシンのように、
老後まで働く可能性が低いことを認めました。

-世界選手権が始まる前に、最初のトレーニングランで判断を
下すのはあまり好きではないとおっしゃいました。
ショートプログラムの前夜にあなたのワードトレーニングを
見ましたが、彼のスケートの仕方が少し心配だったようです。


-最初の2日間、ネイサンは非常によく訓練しました。
そして、神経が行きました。しかし、私はチェンと10年以上
一緒に仕事をしているので、何が起こったのかを大まかに
理解しています。

私は彼をよく研究し、スポーツをよく知っていると思います。
これは1つの単純な理由で起こりました:ネイサンは長い間
ライバルを見ていませんでした。これはそれほど重要な要素
ではありません。結局のところ、ほとんどすべてのスケーターが
お互いを見ていないのです。それは、陳があまりにも長い間
無敵だったということだけでした。
平昌五輪後、スタートを
失うことはなく、好むと好まざるとにかかわらず、人に一定の
負担をかけている。まったく別の責任があるようだ。
(あまりにも長い間、勝ち続けているとある種のプレッシャー、
違った意味での責任が出てくる)

しかし、一般的に、私はこれを言いたいです。
今では誰もがチェンがフリープログラムをどのように実行したかを
賞賛していますが、私はトレーニング中に彼が実行した同様の
スケートを何度も見ました。
どういうわけか、アスリートは
スタートを切るときに最善を尽くすべきだと誰もが思うようです。
そして、これは間違っています。

これはまず、賃貸物件で表示する必要があります。
ネイサンと私はこのようにしています。
何らかの理由で彼がトレーニングで最大限にスケートをしなかった
場合、彼は行って再びスケートをします。
私たちはワールドカップに向けて非常によく準備することが
できました。

したがって、ストックホルムで私のアスリートが少しけいれんし
始めたのを見たとき、それは私を怖がらせませんでした。
(心配しませんでした…という意味だと思います)
むしろ、彼にとっては本当に大変だったと思いました。

ショートプログラムでチェンがクアッドルッツなしで残された
という事実は本当にあなたを落胆させましたか?


-驚かれるかもしれませんが、違います。
まず第一に、ネイサン自身は不快でした-彼は明らかにそのような
シナリオを考慮していませんでした。しかし、どういうわけか、
私の親戚はそのレンタルの後、私を非常に心配していました。
私の娘でさえ、慎重な口調で電話をして尋ねました:
「お父さん、お元気ですか?」そして、彼女が私からすべてが
大丈夫だと聞いたとき、私はそれを信じさえしませんでした。

-今は分解しませんか?

- どういたしまして。人がこれほど長い一連の勝利を収め、誰もが
このトピックを何らかの形で絶えず宣伝し、加熱している場合、
中間の賃貸料を失うことに壊滅的なことは何もありません。

-不必要なストレスを和らげ、ある意味で地面に沈むのに役立ちますか?

-トピックを作成できませんか?あなたは私と同じようにスポーツを
理解しており、あなた自身が正しい結論を下すでしょう。

-スポーツへの理解という点では、今年で80周年を迎える
タマラ・モスクビナやアレクセイ・ミーシンと肩を並べることが
できるでしょう。あなたが目の前にそのような例を持っているとき、
私はあなたがまだすべてを先に持っていると言うでしょう。


-私はコーチとして長く働くことはありません、私はただできません。

- 何故なの?

-今年で45年のコーチング経験があります。正直なところ、
モスクビナやミシンにはもっとたくさんあるとは思いません。
結局、彼らは非常に遅くスケートを終えました、そして私は
縁石の後ろに立って、18歳で始めました。

-キス・アンド・クライゾーンで一緒に成績を待っていたとき、
その失敗の後、チェンに何と言いましたか?


-何もありません。特に内部的にネイサンが非常に荒いのを見たので、
そのような瞬間にアスリートに触れない方が良いです。しかし、
朝のトレーニング後のフリースケーティングの前に、私は彼に1つの
フレーズを伝えました。それについても疑いの余地はありません。」
チェンが私の言葉をどのように受け止めたかはわかりませんが、
繰り返すことができます。彼はトレーニングでこれらすべてを
繰り返し行いました。最も重要なことは、ストックホルムで
フリープログラムをスケートしたときとまったく同じ品質でした。

ここでの決定的な要因は品質の問題です。

-スケートの過程で、生徒が目前の課題にどれだけうまく
対処できるかを判断できる兆候はありますか?


-唯一の兆候があります:アスリートは競技の準備ができているか
どうかです。準備ができていれば、周りで何が起こっているのか、
羽生の氷の上に何匹のクマが投げられたのか、誰が何のマークを付けたのか、
誰が何を言ったのか、どのように見えたのかは関係ありません...
はい、ショートプログラムで起こったように転倒があります4Lzに。
私はこれに何を言うことができますか?もちろんナンセンスですが、
それは起こります...


-ちなみに、なぜ陳はジャンプを失敗したのですか?

-状況によっては、ルッツのトレーニングは非常に限られていました-
トレーニングの試行回数は限られていました。理由はこれにあると思います。

-羽生結弦がショートプログラムで得たアドバンテージは、
メインのライバルであるささいなことですか?


-非常に長い間、私はポイントの計算を扱っていませんでした、
そして私はその理由を説明することができます。
ライバルと1、2ポイント違う人に数えさせてください。
私たちの必要はありません。
前回のワールドカップで陳が羽生にどれだけ勝ったか覚えていますか?


-私が間違っていなければ、20ポイント以上、同時に世界記録を
更新します。


-それが答えです。私たちのパフォーマンスの歴史を見て、
ネイサンが他の誰に対してどれだけ、そしてどのトーナメントで
勝ったかを見ると、これらはまだあまり比較可能なレベルではない
ことが明らかになります。


私は陳スケートを今とまったく同じようにすることに多大な努力を
払ったので、おそらくそれを言う権利があります。
一般的に、ポケットに百ドルあれば、高価なレストランに行く
必要はないと思います。

ウェイターにチップを渡すのに十分なお金があるかどうかに
かかわらず、それは喜びではなく、緊張した計算になるからです。


インタビュー全文を見ましたが、ところどころに嫌味ったらしい
言い回しで、羽生選手のことを侮辱していましたね。


2019年の世界選手権で羽生選手とどれほど得点差が
開いたか覚えていますか?と訊ね、質問者に「20点差でしたね」と
答えを引き出させた後、「1点2点なら点数の計算をするけど、
大差の場合はいちいちそんな事、計算しないでしょう?」

という意味のことを言っているのです。

前半の方でも、「チェンはあまりにも長い間、無敵だった」とか、
フリーで見せた質の演技は練習で何回も見ている」
とか。

しまいにはネイサンの演技(得点)を高級レストランに例えたり。

ネイサンの演技が高級レストランの食事なんだ?(/・ω・)/

へ〜!


悪いけど、彼の演技を料理に例えるなら、「高価な材料を適当に
100均で売っているお皿にのっけただけ」の、盛り付けも適当で、
見た目にも気を使うことなく、味も塩と胡椒ぐらいの素気ない、
とてもお料理と言えないような、具材の盛り合わせ」だと
私は思いますが。


ゆづの演技の方がず〜〜〜っと高級なお料理に見えますけどね!

高級で美しいお皿(ゆづ)に、これまた高価な具材が見目麗しく
盛り付けられ、ひとつ一つに料理をした方の思いが込められいて、
どれも繊細な味付けがなされていて、とてもおいしいのです。

BGMが静かに流れた高級レストランでお食事を楽しむように、
私たちは羽生選手の美しい演技にうっとりし、おいしいお料理を
堪能するかのように、ゆづの演技を堪能するのです。


テーブルには絞った雑巾が無造作に置かれたような、具材だけ
並べたアメリカのお料理(演技)になど、間違っても感動する
ことなどありません!


例え、具材が高価であっても、そんなお料理に100ドルすら
お支払いはしたくもありませんね。

ゆづのような素晴らしい演技に対しては、チケット代など、
けちることなく、いい席を買おうと努力しますが、ネイサンの
演技だけを見るためなら、1円だって出したくありません。


ゆづの試合におまけとしてついてくるから仕方なく見るけど、
誰が好んであんな雑巾絞りに高いお金を払います?

天狗になるのもいい加減にしてほしいです。

ラファのおかげでネイサンのことまで大嫌いになりそうです。
少しは「ゆづが認める凄い人」という尊敬の気持ちがありましたが、
この老男のせいで、ネイサンに対するイメージすら急降下です。

ラファは、いくら自分の可愛い弟子が3連覇したところで、
人気も出なくて、話題すら「羽生がまさかの3位」と言われて
全て羽生選手に持っていかれて、妬みや嫉妬をこじらせて
いるのでしょうね。お気の毒なことです。

いくら嫌味を連発したところで、あなたの弟子を愛することは
ありませんし、すごいと思う人もいません。

記録上はすごいことを成し遂げたかもしれませんが、それだって
ISU(ジャッジ)との癒着、忖度、わいろ?で得た金(カネ)
メダルの可能性が疑われています。

羽生選手にわざと下げ採点をし続け、彼に五輪出場する気持ちを
失わせて、フェードアウトさせ、さぞかしご満足でしょうけど。

ネイサンが王者になったその時から、アメリカのフィギュア
スケートは終わりを迎えたのです。

老人ラファエルよ。そのことを肝に銘じておきなさい。

ラファエルに関する詳細はウイキペディアを参照してください。
詳しく書くことすら不愉快な人間です。

ラファエル・アルトゥニアン(ウイキペディアより)

hany2046.png

PS:今週は夜勤が3回あるので、ちょっと忙しくなります。
今日も夕方からお仕事です。

それではまた(^^)/

いつもblogを応援してくださり、ありがとうございます。<(_ _)>
そして、今日の記事にも共感していただけたら応援を
よろしくお願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村


2021-03-30 | Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん皆さんこんにちは
ラファの爺さん、老い先短いのかもしれませんね〜?こんな不快な老人、いませんね!
マリリンさん、私はとっくにネイサン嫌いですよ(苦笑) ジャパンマネー欲しさにゴマスリ発言するのも嫌いだし(^_^;)

ラファの天狗な態度、この老人は五輪金を得ることは無いでしょう。
他のコーチたちや選手たちを貶める老害です。顔見ると、貧乏神みたいなラファコーチ。
それに応じて、ネイサンも顔付きが長くおかしくなって来てますもん(・_・;

どんなに資金を注ぎ込んで宣伝をしても、爆盛りで勝たせても一向に人気も出ません。むしろアンチが増大してる。
ガラガラのSOIアメリカショーでもしてればよろしいです。二度と日本に来ないでね。
アリ氏・ラファ・ネイサンの三悪人たちは見るのも気分わるいわ。


※結弦くんが帰国しましたね。可愛い笑顔で心が洗われます(^-^)
Posted by てるこ at 2021.03.30 12:45
マリリンさん、皆さん、こんにちは!

もう〜ラファのロシアでのインタビューに皆激おこです。もう大炎上ですよ。
世界選手権の時からズブズブ関係の映像を観、ネイサンも加わった映像を観て、完全にデキレースと確信していました。
環境もコロナ禍で皆さんそれぞれちがいます。
本当は中止すべきでした。でも3連覇狙って北京で金メダルをとるラファ達にとったらどうしてもやりたかったのでしょう!
ロシアのISUの副会長も映像にのってるのだからぐるってのが分かります。

アメリカにはリンクが2つあり、1つはネイサンが自由に5時間使い放題、その上、スポーツドクターがネイサンのためについている。振り付け師のシェイもいる。
毎日骨密度をはかり体調管理をやってケア、また疲労回復カプセルあり、なに不自由のない環境です。
かたやゆづは・・
コーチとは会えず、振り付け、メニューも全部1人でこなす。いちばんゆづにとっていたいのはカナダにいる「ゴットハンド 」といわれる青嶋先生がいないことなんです。
カナダに行ってからずーとケアをしてもらっていたチーム羽生の1人です。
ゆづも信頼している先生です。
こんな優遇された環境のネイサン
1人孤独で準備するゆづ
これではネイサンが勝って当たり前でしょうが。
ゆづよくやってきましたよ。
それにあのラファの言いぐさ頭にきます。
マリリンさんが書かれたとおりです。
思ってることを書いてくださいました。
アメリカナショナルのリンクのスポンサーは
ブリジストン、TOYOTAだそうです。
北米のTOYOTAといえども日本の企業ですよ。
日本のスケ連はもう〜次世代のエースと言われる鍵山くんに夢中のようでゆづは地震がくる中、恐怖とも戦い、世界の宝を守ろうともしません。💢💢
いまに天罰がくるでしょう!

ストックホルムの感染対策、思った以上に厳しかった!と田口カメラマンが言っていたので心配していましたが元気そうな映像を観れ、陰性と聞きホッとしました。
ゆづゆっくり身体を休めてください。
お疲れ様‼️

ラファのインタビューは世界に拡散される事を望みます。
Posted by トミ at 2021.03.30 14:49
始めまして。
いつも読ませて頂いては、首を上下にブンブン振ってる者です。

私、ネイサンのこと前から苦手というか、なんとなく嫌いでしたよ。
なんというか、他選手のことを話している時とか、褒めていたりリスペクトしてる様な事言っていても、目つきがねぇ…もう、見下しているというか、口先だけ!って感じられて。(私だけかな)
「日本愛してる」だの、「中国愛してる」だの急に言い出した時は、はぁ?ってかんじ。
(お金と北京?)
なので、ずいぶん前からネイサン信用して無いです。
ルールが「ネイサンルール」になって一番「ヨッシャー」になったのはネイサン本人だと思ってます。

今回の世界選手権もネイサンは超有利!
練習環境もバックも超有利!
転ぼうがミスしようがジャッジがバク盛りしてくれるので超有利!(いや、不正だよそれ)

ラファはどんな手を使ってもオリンピック金メダルコーチになりたいのでしょうね。
そんなような事言ってませんでした?

初めてのコメントで愚痴を言っちゃいましたぁ。
すみません。m(_ _)m
Posted by 桜🌸 at 2021.03.31 00:04
皆さん、こんにちは。フリーのPCSのすべてにおいて、N・Cがトップでした。ほんとにそうかどうかもう一遍、ビデオで見てみよう。youtubeで彼の演技に対する、コメントはみんなファンなのでしょうか、べたボメでした。色んな見方があるものだと思いました。巧い、下手とか芸術かスポーツか何が何だか分からなくなってきました。でも、フランスではフィギュアスケートとは言わず、芸術的スケート(patinage artistique)っていってるそうですね。私もこっちの方です。4回転の種類を増やそうと思えば、羽生選手はできるはずですが、そうするとトランジションに割けるエネルギーを節約せねばならず、芸術的にならないから、それはいやなんですよね。

これから、4回転アクセルの練習をコーチの制止なしにするのは怪我の危険が伴いますので、やめてほしいです。大怪我したら、元も子もないです。
Posted by にこにこ at 2021.03.31 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます