私たちは大震災のことを忘れてはいけないと思う。 - 羽生結弦 成功への軌跡

私たちは大震災のことを忘れてはいけないと思う。


ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは(*´ω`*)

羽生結弦展が明日で中止になるようです。



思えばコロナ感染が拡大し始めた12月に開催が始まり、
果たして無事に予定通りに開催できるのか?と、内心
ハラハラしていました。

私はたまたま同じ市内にいるゆづ友さんと今月、見に行く
ことができました。

マスクを2重にし、家を出る時から帰宅するまでの間、
一度も外すことなく、もちろん外で飲食もすることなく、
ただ見て帰ってきただけでしたが、それでもなるべく人に
接近しないよう距離を取りながら歩きました。

会場内はずっとノッテステラータの曲が流れていました。
そして、被災地の惨状などがパネル写真になって展示されて
いました。

2014年以降、羽生選手が被災地を訪問したときの様子や、
羽生選手の辛そうな顔を見ていたら、泣きそうになりました。

私は生まれも育ちも東京の墨田区なのですが、子供のころ、
東京大空襲の時の話や、関東大震災のことなどは話では
聞いたことがありました。

また、墨田区の横網町かな?
震災慰霊堂というのがあるのですが、震災の悲惨さを物語る
ものを昔、見たことがあります。

折れ曲がった自転車、焼けて溶けた貨幣…子供たちの教科書…
お鍋などの生活用品などなど…。

誰のものなのかわからない多くの遺品の数々が展示されて
いるのです。

そのどれを見ても、震災で亡くなった方々の叫びが聞こえて
来るかのようでした。

また、震災の悲惨な様子が絵画になって展示されている
のですが、子供心に「大地震は怖い」と思ったものでした。

羽生結弦展はそこまでのものは展示されてはいませんでしたが、
もしかしたら東北地方にはそのような記念館や慰霊堂などが
建立されているかもしれません。

東日本大震災からまだやっと今年で10年ですから、これから
建立されるのかもしれません。

震災の爪痕でもある遺留品は見るのも辛いと思いますが、
残しておくことは、後の世代を生きる子供たちの教訓に
なると思います。

墨田区にある慰霊堂は古い建物ですが、今でもあると
思うので、墨田区に行かれることがありましたらぜひ、
立ち寄ってみてください。

震災慰霊堂

羽生結弦展ですが、突然の中止で見れなくなってしまった人も
いらっしゃると思うのでできればもう一度、東京で開催して
もらえると嬉しいです。

hany1416.png



今年は特に偏向採点について力を入れて調べていきます。

2020年の全日本選手権でのおかしな採点を機に、私も本気で
悪質ともいうべき疑惑まみれの採点について色々と調べている
のですが、色々と調べていく過程でわかったことなど、随時
お知らせしていこうと思います。

今日、青島ひろのと辛仁夏のことを調べていたら面白いことに、
ゆづファンのことをすぐネタにするJカスは、キムヨナVS浅田真央
の時代、かなり浅田真央を擁護していたという事がわかりました。

長いけど、このブログを読んでみると分かります。
↓↓↓
http://momolunafever.blog64.fc2.com/blog-entry-1543.html

ということはJカスって真央ファンなんですかね。

今のフィギュア界は女子よりも男子が人気ですが、羽生選手に
対して行われる「異様な下げ採点」や「下げ報道」に対しては
ほとんど擁護記事を書いてくれたことなんてありませんもの。

それから肝心の青島ひろのと辛仁夏が同一人物か別人か
という事に関してなんですけど、よく似ているけど別人の
可能性がありそう
です。

これもアンチのフィギュアスケートビーナスというブログ
(もしかして「モスクワの鐘」?)で青島と辛の写真を並べて
検証していました。

アンチのブログのリンクを貼るのは嫌なので、『辛仁夏」で
検索してみてください。出てくると思いますので。

以前、私は同一人物説を支持していたのですが、似ている
けれど別人…という事の方が信ぴょう性がありそうです。

ただ、どちらにしろ、あまり羽生選手に関してはいいことを
書くライターではないので、彼女たちの記事には要注意ですね。

それではまた(^O^)

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2021-01-11 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 マリリンさん、オンリーファンの皆さん、こんにちは。

 昨日は東日本大震災の月命日でしたね。10年前の3月11日のことは、今でもしっかり記憶しています。午後4時過ぎに初めてテレビをつけて、あの地震と津波の現状を知り、信じられない思いで足が震えていたことを思い出します。

 それ以降、現地の情報が少しずつ入ってきましたが、実際に大切な家族や知人を失くした方々の気持ちを考えるといたたまれなかったこと。昨日までの過去が一切消し去られる気持ちって、どれほどのものなのでしょうね。辛いとか苦しいとかを大きく超えた無力感なのかなと想像するしかない私でした。
 
 この頃はバンクーバー五輪が終わって一年後でしたから、浅田さんの銀メダルを残念に思う気持ちを引きずっている頃でした。羽生選手の存在については、凄く可愛くてスタイルのいい子がいるなあ、、、日本人男子にしては珍しいなあ、、、でもちょっと細いけどスタミナは大丈夫かなあ、、、程度の関心でした。
 それが、じわじわとその魅力に飲み込まれていき、2013年のグランプリファイナルで完落ちし、2か月後のソチ五輪で、ショート初の100点越えと五輪金メダルに歓喜しようとは。
 気になり始めて10年、完落ちして7年、彼を尊敬する気持ちは日に日に増すばかりで、全く衰えることはありません。

 大好きな故郷をいつも大切に思い、大金を寄付し続けてきた羽生選手の思いが無駄にならないように、震災のことは決して忘れず心に留め、今後も応援していきたいと思います。
 
 今回、この展示会を中止されたことは大英断でした。マリリンさんは、最後の最後に鑑賞できてよかったですね。正に有言実行で、やめる時はスパッとやめる、これが今、利権で東京五輪に固執する政治家達に一番望まれる大きな資質だと思います。

 カナダの国内選手権は中止になりましたね。カナダはこのコロナに対して徹底的な対処を行っていて素晴らしいと思います。ただ、そのために、羽生選手はトロントに帰ることができず苦労されました。でも、本人もおっしゃっていましたが、その苦労がまた羽生選手の新たな力を引き出してくれたようです。一人で乗り切る力と言えばいいのでしょうか。凡人にはとても無理なことですが、どんな環境でも自分で自分の力に変えることができる人、それが羽生選手なのでしょう。
 でも一日も早くトロントに帰って、思いっきり練習してほしいなとも思います。
Posted by フィギュアファン歴38年 at 2021.01.12 15:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます