羽生選手の努力を称賛。 中野由加里さん。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生選手の努力を称賛。 中野由加里さん。


ゆづオンリーファンの皆様、こんにちは(^^)/

昨日、おとといとジャッジのひどい採点に関するTwitterや
blogに、多くの方から関心を寄せていただき、本当に
うれしく思いました。

ゆづファンの多くは国内外を問わず、偏向ジャッジに
憤りを抱いているという事だと思います。

ご自身で怒りの声を上げるのは控えたいという方でも、
誰かのつぶやきやブログ記事に賛同の意を表明することで、
同じ気持ちを抱いているという事を表すことができるので、
今後もこうした悪質な偏向ジャッジについて、検証した
記事を書いていくので、ご賛同と応援をよろしくお願い
いたします。

早大院卒・中野友加里が語る経験と羽生結弦の卒業
THE ANSWER

中野さんといえば元フィギュアスケーターであり、現在は
ジャッジの資格を得るために頑張っていらっしゃる素敵な
女性です。

また羽生選手の早稲田大学の先輩でもあります。

今回の記事ですが最後の部分のみご紹介させていただきます。

『かつての中野さんと同じように学業と競技の両立を目指しながら、
戦っている選手が多くいる。その一人であり、最も高いレベルで
両立を目指していたのが、羽生結弦だ。


高校卒業後、中野さんと同じ早大人間科学部の通信課程に入学した。

入学1年目にソチ五輪で優勝。
カナダを拠点に練習し、世界最高峰の競技レベルで戦いながら、
各国を転戦。平昌五輪で連覇を達成した。
26歳になる昨年、
「フィギュアスケートにおけるモーションキャプチャ技術の活用」に
まつわる論文を書き、卒業したことが報じられた。

卒業することにすごく意義があると感じ、努力をしていた
のだと思います。しかも3万字
といわれ、すごく面白そうで
私も読んでみたくなるような卒業論文を書かれている。
それを大学生活で五輪チャンピオンになりながらやっている
ことは素晴らしいとしか言いようがない
ですし、頭が下がります。
もし、私の時代と変わっていなければ、必須科目の統計学は
スケートをやっていても経験しないジャンルなので、とても
大変だったと思います


大学の卒業単位より先に国民栄誉賞をもらってしまう人間は
そういない。
しかし、自分で決めたことを成し遂げる意志の
強さは羽生らしさでもある。

きっと、すごく頭が良い人なんだろうと想像します。
自分でスケジュールを立てて計画し、このコロナ期間中に
卒業した
と聞いています。自分で勉強できる時にしっかりと
集中して取り組んでいたので、スケジュールを組むこともきっと
上手でしょう。eスクールはどう自分で計画し、調整するかが
問われる部分があるので、そういう部分が強化されることは
競技をして、選手として成長していく上でも意味のあること

だったと思います」

中野さんも認めているように、羽生選手は大変頭がよく、
自分を律することに長けている方だと思います。

そうでなければ海外を拠点とし、ほぼフィギュアスケートの
練習と競技者として生活を最優先にしていながら、大学の
勉強をするというのは並大抵の努力ではなしえなかったことでしょう。

しかも、世界的に人気のある羽生選手のお忙しさは、普通の
スケーター以上だったに違いありません。

数社あるスポンサー企業のCMキャラクターとしてのお仕事も
こなさなければなりませんし、オフシーズンにはアイスショーの
出演もありました。

昨年はたまたまコロナ禍ですべて中止になったとはいえ、
2019年までは学業とスケーターだけではない、様々なお仕事を
されていたわけです。

どんなことにも一切手を抜かない真面目なご性格の羽生選手
ですから、かなりの努力をしていたことは容易に想像がつきます。

hany1337.png

現在、国内の地方大会で審判ができるB級ジャッジの資格を
有する中野さんには、これからもぜひ頑張っていただいて、
いつかN級に昇格し、偏向ジャッジの代わりに全日本選手権の
ジャッジを務めていただきたいと思います。

「全日本フィギュアをジャッジしたい」 中野友加里さんが抱く“夢”

日本で一番フィギュアスケートを撮影している
カメラマンが選ぶ、マルチアングル映像で見るべき選手3選

Victory

『20年に渡り、フィギュアスケートを撮り続け、羽生結弦を
はじめとするトップスケーターたちの固い信頼を得る
スポーツフォトグラファー田中宣明氏に、マルチアングル
映像で見るべき選手を、シングルスケーター、
アイスダンス、ペアの3つのカテゴリ別に選出してもらった。

@シングルスケーター:羽生結弦(日本)
田中宣明氏評:

やっぱり何といっても、五輪を二連覇したスケーター、
羽生結弦でしょうね。ずっと撮り続けている僕ですら、
多分撮り飽きることがない
でしょう。

テレビで放送されるのは全身が多いですが、足元だけの映像で
1滑走見るという楽しみ方もありますよ。
フィギュアスケートはジャンプが一番注目されますが、スピンも
とてもきれいです。

そして何と言っても、羽生選手の見るべきポイントは表情です。
そこまで豊かな選手はなかなかいません。
世界には多くのスケーターがいますが、羽生選手は同じ曲でも
毎回違う表情をみせてくれると思います。

撮影中は遠くの表情を捉えることができないので、いつも
「ここでどんな表情をしたんだろう」と気になるんです。
顔だけにフォーカスした映像で、1滑走見続けたいですね。』

ほんとに魅力的な被写体ですよね〜(*^▽^*)
羽生選手はいろんな表情を見せてくれるので、飽きるという
ことがありません。

いつまでも何度でも見ていられるし、見ていたい方です。

hany629s.png

hany614s.png

hany624.png

フィギュアスケート通信

hany1409.png

フィギュアスケート通信DX 全日本選手権2020 最速特集号

久しぶりの通信です。(^^)/
もちろん予約しました。

hany1411.png

hany1410.png

hany1412.png


PS:初めてコメントをしてくださったタマ猫様。
コメントありがとうございました。(*´ω`*)

「どこに訴えてきたら良いのでしょうか?教えて頂ければと思います。」

そうですね。今でも機能しているのかどうかわかりませんが、
以前は採点に対する疑問はここに…みたいな機関があったと
記憶しているのですが、今はそれが見つかりません。

わかり次第、blogに記載したいと思いますので少々お待ち
くださいね(^^)/

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2021-01-10 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by タマねこ at 2021.01.10 19:54
タマ猫さん、ありがとうございました(*^^*)
Posted by マリリン at 2021.01.10 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます