羽生選手がプログラムを磨き続ける理由。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生選手がプログラムを磨き続ける理由。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは(*^-^*)
今日は日曜日ですが、おうちにこもっていますか?
私は今日もこもってのんびり過ごしていました。

この記事は良い記事でしたね。

羽生結弦が珠玉のプログラムを磨き続ける理由
ビッグローブニュース

hn3021.png



異例の決断、シーズン途中にプログラムを変更

『2020年2月に行われた四大陸選手権。その直前に、羽生結弦がプログラムを変更することが判明し、ニュースでは「異例の決断」の文字が躍った。

シーズン途中で曲を変更したことで、「異例」という言葉を用いたと思われるが、フィギュアスケートの歴史をひもとけば、実はさほど珍しいことではない。
ただし、変更後のプログラムは平昌五輪でも演技した「バラード第1番」と「SEIMEI」。ほとんどの選手が新しいシーズンに新しい曲をもってくるなかで、同じ曲を複数シーズンにわたり使用すると、新鮮味がなくなったり、以前の演技を超えないといけないというプレッシャーもかかってくる。

羽生の場合は特に、「バラード第1番」「SEIMEI」ともにすでに数シーズン使っており、五輪連覇したことでほぼ全国民が目撃しているといっても過言ではない。

結果としては、SPで自身の持つ世界最高得点を更新するなど圧巻の演技で大会を制した。本人の思い入れもあり、また五輪での演技は多くの人の記憶に残るものでもあり、それをまた新たに演技するというのは、かかるプレッシャーはとてつもなく大きく、勇気のいる決断だったはずだ。そんな状況をおしてでも、プログラムを変更したのは「自分の演技」「自分のスケート」を取り戻したかったからだろう。

全日本選手権のエキシビジョンで取り戻した自信

羽生結弦の戦績を世間的にみれば、順風満帆のように捉えられがちだ。ただ、輝かしい戦績を残すに伴い、プレッシャーも難易度も格段に上がっている状況のなかで、ジャンプ、スピン、ステップなど全ての要素をミスなくこなすことは想像を絶する困難さである。

それらの要素を揃えてなお、曲の世界を表現し、その中に没頭していくことが、羽生の理想とする完成形だ。2019-20シーズンはその完成形はかすかに見えながらも、思ったほど点数が伸びないなど悩みの多いシーズンだったかもしれない。

2019年12月の全日本選手権のエキシビジョン。羽生は連戦後の満身創痍と思われる状況にも関わらず、果敢にも五輪以来初めて「SEIMEI」を演じ、輝くようなクオリティで会場を圧倒した。

羽生自身もこの演技ができたことで自信を取り戻し、プログラム変更を考えたという。その結果が、四大陸選手権での初優勝、スーパースラム達成につながった。

羽生結弦のプログラムの完成度が高い理由

そもそも、羽生のプログラムが多くの観衆を魅了するのはなぜだろうか。そこには羽生の「音楽」に対するこだわりの深さが関係していると考える。

フィギュアスケートという競技は、会場に曲をかけて滑るという、一風変わったスポーツである。課題曲があるわけではなく、各選手がそれぞれに選曲し、ショートプログラムは2分40秒±10秒、フリースケーティングは4分±10秒という規定に合わせて編曲する。

音と一体となって滑るということに関して、羽生結弦は「『スケート=音楽』であり、それがあるからこのスポーツをやりたいと思った」というようなことを言っている。「小学生の頃、『シング・シング・シング』を初めて聴いたときに、自然と踊り出し、『この曲で滑りたい!』と思ったのを覚えています」と。

音楽を聴いて、同時に体を動かしたくなるというプリミティブな心の動きを、子供の頃から強く感じ取っていたことがわかる。

また、彼がイヤホンマニアであることは有名な話だが、繊細な音を感じ取る力、音とリズムに対応する感覚が、スケートにも大いに影響をしていることは想像に難くない。

そして、「SEIMEI」以降、羽生自身がプログラムの編曲にも携わるという経験をしている。曲作りに関わり、1秒1秒にもこだわることで、自分の呼吸やリズムと一体化しようとしている。そして、こうした曲に対する理解の深さが、スケート競技におけるプログラム全体の完成度の高さ、また理想の高さにつながっていると考えられる。

プルシェンコ「ニジンスキーに捧ぐ」

ちなみに特定のプログラムを再演する選手は羽生だけではない。ほかの選手(スケーター)の例として、エフゲニー・プルシェンコの「ニジンスキーに捧ぐ」、ジョニー・ウィアーの「Creep」を挙げたい。

プルシェンコの「ニジンスキーに捧ぐ」は、2004年に芸術点満点のオール6.0を叩き出した伝説のプログラムと言われている。このプログラムを、彼は近年もアイスショーで披露している。「フィギュアはスポーツだ」と言い、高難度の技を追い求める姿勢を貫く一方、このプログラムで演技する芸術性の高さは革新的だった。

プルシェンコ自身のダイナミックかつ着実にコントロールされた体全体の動きに加え、ドラマチックな曲の展開と見事に呼応する、ニジンスキー(伝説のバレエダンサー)をオマージュした特徴的な振り付けは、今も観客を確実に魅了する。15年以上も経て、伝説のプログラムを磨き続けているというのは、プルシェンコを敬愛する羽生結弦にとっても心強く、励まされることだろう。

ウィアー「Creep」

ジョニー・ウィアーはステファン・ランビエールやジェフリー・バトルとともに時代を築いたスケーター。その指先まで行き届いた美しいスピンは羽生結弦も手本にしているという。

プロスケーターとしての彼の代表作とも言われる「Creep」は、レディオヘッドの名曲のカバー。ウィアーは音楽やファッションにも造詣が深いことで知られ、衣装デザインも自身でこなしている。

この「Creep」の衣装は最もシンプルで最もゴージャス。このロングドレスをまとって歌うように舞う至高の演技が観客の心を揺さぶり、2015年に初演後、複数年にわたり再演されている。曲の世界を深く理解し、技術がなければできない身のこなしと情念溢れるスケーティングで表現するということに関しては、このプログラムを見れば一目瞭然だ。

アイスショーの特別企画でのプルシェンコの言葉

さて、ここまで特定のプログラムを再演する選手を紹介してきたが、最後に選手がプログラムにどのように向き合っているか垣間見える一例を示したい。

羽生結弦が、自身のプロデュースするアイスショーの特別企画で、プルシェンコに直接インタビューを行ったことがある。羽生が「ライバルのアレクセイ・ヤグティン選手と戦っていた時、いろいろなことを世界中から言われたと思いますが、どのようにスケートと向き合っていたのか、どのように心を強く持っていたのでしょうか」と質問したときのプルシェンコの回答がこちら。

私にとって、フィギュアスケートは人生そのもの。結弦くんもよく分かっていると思うけれど、やはりNo.2は、負けなんです。敗北であると。これはやっぱり大変なことなんです。

ただ、私は、練習するのも好き、試合をすることが好き、学ぶことが好き、プログラムを作ることも、プログラムを演じることも好き。そして人々に喜びを与えること、これが一番が嬉しいのです」

プルシェンコを尊敬してやまない羽生の心に、この言葉は響いたことだろう。

同じプログラムを磨き続けるにせよ、新しいプログラムを一から作るにせよ、想いは一つ。「自分のスケートと向き合う」という点では変わりはない。完成形の理想が高いからこそ、曲との一体化を追求し、向上する挑戦をし続けていくのだろう。


四大陸選手権で、羽生選手は五輪シーズンに使用していた、
「バラード1番」と「SEIMEI」に戻しました。

これは恐らく世界最高得点が期待できる!と思いました。

案の定、「バラード1番」は完璧な出来栄えで、予想通り、
世界最高得点を更新しました。

だけど、この記事にも書いてあるように、「五輪での
演技は多くの人の記憶に残るものでもあり、それをまた
新たに演技するというのは、かかるプレッシャーは
とてつもなく大きく、勇気のいる決断
」だったに違い
ありません。

「そこまでして何故?」という気持ちになると思いますが、
羽生選手にとって2019-20シーズンは、悩みの多いシーズン
だったからです。

巧く音がはまらないという気持ちになったり、自分の
理想とする演技ができていないと感じていたのでしょう。

そんな時、年末のエキシビションで演じた「SEIMEI」で、
自分らしい演技というものを再確認することができた
事で、失いかけていた自信を取り戻すことができたのです。

羽生選手は昔から繊細な音を感じ取る力、音とリズムに
対応する感覚が素晴らしく、それがスケートにもかなり
影響しています。

自分で使用する曲の編集にも携わるくらい、音に強い
こだわりを持たれる人です。

「こうした、曲に対する思い入れが強い理解の深さが、
スケート競技におけるプログラム全体の完成度の高さ、
また理想の高さにつながっている
」のでしょう。

恐らく、羽生選手にとっては、競技で使用する楽曲が、
未使用曲か使用済みの曲か、ということはさほど大きな
問題ではないのでしょう。

競技者である以上、憧れのプルシェンコ氏が言うように、
試合で1番になること。そのためには、自分の理想とする
フィギュアスケートを完成させることが大切
なのです。

だから羽生結弦は常に、曲との一体化を追求し、プログラムに
磨きをかけ続けている
のでしょうね。

その、四大陸選手権のSP「バラード1番」を羽生選手自身が
解説している動画が当時、話題になりましたね。

羽生選手の優しくて癒されるイケボを聞きながら、美しい
バラード1番を見て見ましょう。

【本人による徹底解説】初制覇!羽生結弦選手
四大陸フィギュアスケート選手権2020 in 韓国
SP演技を羽生結弦選手が振り返ります。

https://youtu.be/MCcFrYBHu5w


オーサーインタビュー動画

昨日もご紹介した「オーサーインタビュー」ですが、
YouTubeの方に出ていましたので、見やすいと思います。

https://youtu.be/Bdnx5V7OuuY


カッコいいゆづの動画。

ゆづファンの方がTwitterに動画を上げてくださって
いましたが、とてもカッコよかったのでご紹介したい
と思います



橋大輔&羽生結弦が手つなぎで!フィナーレ映像特別編
【メダリストオンアイス2019】 - フジテレビュー!!動画 |


https://video.yahoo.co.jp/c/16952/4af8a4641a69672710729eca8755e801f9591a7c

【メダリストオンアイス2019】フィナーレ映像特別編

◆フジスケ動画ページはこちら
https://www.fujitv.co.jp/sports/skate/movie/index.html

◆さらに内容を詳しく知るには…
https://www.fujitv-view.jp/article/post-85124/

婦人公論にゆづのグラビアがあるみたい。



PS:最近、マスクがあちこちで売られているという
ツイートをよく見かけます。

もしかしたら、安倍首相が1所帯に2枚、マスクを配布
し始めたことで、買いだめしていた転バイヤーどもが、
放出し始めたのかもしれません。

こちらは寄付だそうですが、ちょっと怪しいですね…。

西東京市にマスク2万枚 中国籍の女子高生が寄贈

これはいつ頃のことでしょうか。
中国人は日本のマスクを買い占めていたのですよね。
こういう人たちのせいで、あっという間に日本から
マスクが消えたわけです。



ちなみに私は幸い、2月ごろにゆづ友さんからたくさん、
マスクをいただいたのですが、それがまだ残っているのと、
数年前にご近所の人からいただいたマスクがあったのとで、
買わずに済んでいました。

ですが、関西に住む息子夫婦のために、楽天市場から、
最近、マスクを購入して送ってあげました。

お嫁さんも息子も「助かります」と言ってくれました。

「こっち(奈良)では手に入らないよ」と言ってましたので。

もちろん、私も自分の住んでいるところでは、マスク
なんて見たことがありません。

いつ店頭に並ぶのか?と楽しみにしているのですが、
はて、いつになるやら…。

でも、どうせ仕事もできずに家にいるのだから、
ちょこっとの用事で出る時のためにと思い、マスクを
手作りしています。

頂いたマスクはもったいないから取っておいて、
ゴミ出しとか、整骨院に通うときは手作りのマスクを
するようにしています。

手作りマスクであれば、惜しげもなく捨てられますしね。

うちにいてもコロナが怖くて、毎日が大変です。

主人は配送の仕事をしているのですが、コロナ感染者が
大量に出た都内の病院やスーパーにお米を配送しているので、
怖くてたまりません。(*´Д`)

主人が仕事から帰宅すると、主人が触ったところは
追いかけるように消毒して歩く始末です。
(気の毒だとは思うけど…仕方ありません)💦

自分自身も、何か触るとすぐに手を洗ったりと、
神経質な生活が続いていてだんだん疲れてきました。💧

皆さんもきっと、同じような生活をしていると思います。
早くコロナが収まり、以前のような生活に戻りたいですね。


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村


2020-04-26 | Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

良い記事を見せてくれてありがとうございました。記事に書いてあることは「仰る通りです!!」って言いたくなることばかりですね。羽生選手のことを良く分かっている記者が書いたんでしょうね。

ずっとオトナルもオリジンも見ている分には決して悪い出来ではなかったのよね。でもオトナルはノーミスでも110を超えない、オリジンも4回転5本成功させて200超えないって何でだよ(; ・`д・´)って、そこに私は違和感を感じてたんだけど。GPFではネイサンに対抗するためにジャンプに集中し過ぎてそれが後でとても嫌になったんだろなとは思いますが。

四大陸選手権の本人解説いいね(*´з`)。これからも良い演技した時には本人の解説付き動画を公開してほしいね。

婦人公論、田中さんの写真がずっと載っていて見てたんだけど今は本屋に行くのをず〜っと控えてるので見に行けないなぁ。後日図書館で見られるかな。

マスクはうちもコロナ騒動になる前に元々冬にはたくさん買っていたので当分大丈夫です。買い物もあまり行かなくなりました。生協の宅配でたくさん頼めるしね・ω・。

良い季節なのにどこにも出かけられないのは憂鬱ですよね。プル様みたいな庭もあんなに広い豪邸に住んでいればステイホームでもストレス度合いが違うやろなぁと思ったり。しかしプル様の豪邸はやっぱりロシアで金メダル取ったらああいう生活ができるということか。ザキちゃんも車貰ったりマンションも貰ってたもんな。日本とはやっぱり違うわ。
Posted by しま at 2020.04.27 00:40
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!

このコロナ禍の時、自然と心も疲弊してくるような毎日ですが、マリリンさんのブログにどれだけ癒やしと勇気をいただいているか! 本当に有り難いです。色んな新しい記事や動画、ありがとうございます。
このところ、よくSpaiaでゆづの良質な記事が目立ちますね〜 数日前の「羽生結弦の言葉が誰の心にも刺さる理由」のライター 前田ゆかりさんのようですね。
しまちゃんのように、本当にその通りと相づちを打ちたくなりますね〜 
更にマリリンさんのご意見からも、羽生結弦の素晴らしさが伝わってきて心に響きます。たまたま、一昨日CwWでのプルさんとのトークを見返していて、プルさんのスケート愛は、さすが、ゆづが敬愛して止まない人だな〜とあらためて納得してしまいました。
自分の生涯を賭けてスケートに取り組む真摯な姿が多くの人々の心を惹き付けているんですね! 
オーサーコーチが語っているようにゆづは変わらず4Aの成功を目指して今できるトレーニングに励んでいるのでしょう。
肉体強化と言っても、えりえりさんがご心配になっているような筋肉マッチョにはならないと思いますよ(笑)ヘヘエ。より絞った良質の筋肉で体を軽くして、着氷の衝撃を少なくするようなトレーニングをしていると想像しています。

マリリンさんも少しずつ回復されていて本当に良かったです。ホームの入居者さんから贈られたプレゼントを見せてくださり、ありがとうございます。見ているだけで心が温かくなってきます。どんなプレゼントより嬉しいですね〜 大変なお怪我をされましたが、また、こうして人の優しさに触れることができて良かったですね! 
まだしばらく、不自由な生活が続きますが、マリリンさんや皆さんと心を繋いで乗り越えたいと思います。
Posted by yukiko at 2020.04.27 13:52
yukikoさん,いつもありがとうございます(*^-^*)

>マリリンさんのブログにどれだけ癒やしと勇気をいただいているか! 
>本当に有り難いです。色んな新しい記事や動画、ありがとうございます。

こちらこそ、いつも見ていただき、嬉しいコメントをありがとうございます。
更新がいつも遅くて、最新情報をすぐに載せることはできませんが、
良い記事や動画を見ては、皆さまと気持ちを共有したいと思っています。

>このところ、よくSpaiaでゆづの良質な記事が目立ちますね〜 
>数日前の「羽生結弦の言葉が誰の心にも刺さる理由」のライター
>前田ゆかりさんのようですね。

そうですね〜(*´▽`*)
良い記事を読むとテンションが上がりますね。
こんな時期ですから、テレビも雑誌もコラムも、ゆづのすばらしさを
伝えるコンテンツがたくさん見られるといいですね。


>肉体強化と言っても、筋肉マッチョにはならないと思いますよ(笑)ヘヘエ。
>より絞った良質の筋肉で体を軽くして、着氷の衝撃を少なくするような
>トレーニングをしていると想像しています。

きっとそうでしょうね(*^-^*)
筋肉をつけすぎると重くなってしまいますから、そこはきっと
賢いゆづのことですから、付けるべき筋肉の量と場所を考えながら
肉体強化していると思います。

>マリリンさんも少しずつ回復されていて本当に良かったです。
>ホームの入居者さんから贈られたプレゼントを見せてくださり、
>ありがとうございます。見ているだけで心が温かくなってきます。
>どんなプレゼントより嬉しいですね〜 大変なお怪我をされましたが、
>また、こうして人の優しさに触れることができて良かったですね!

ありがとうございます(*^-^*)
そうですね。入居者さんが心配してくれて、お見舞いのプレゼントを
作ってくれたのはとてもうれしいです。

皆のためにも早く復帰したいし、一度は顔を出したいんですけどね。
コロナのおかげでそれもできなくて寂しいです。
Posted by マリリン at 2020.04.27 18:02
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

 今日スーパーでTVガイドを調べて見たら、私の地域は殿利息でござるは放送されないみたいでガッカリ。関東だけなんでしょうかね。一週間前にTVの番組欄でもう一回確認してみるけど多分望み薄だろーなー。

 ゆづがプログラムを磨き続ける理由、じっくり読みました。まさにその通りでゆづがゆづである所以ですよね。

 婦人公論も要チェックですね。発売日本屋に飛んで行きます!

 yukikoさんのコメントでゆづの肉体強化に安心出来ました。ありがとうございます😊。

 いつもいち早くゆづ情報、本当に助かります。色々ゆづの品が揃えられるのも総てマリリンさんのおかげです。日々感謝しております。これからもどうぞよろしくお願いします。

Posted by えりえり at 2020.04.27 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます