ゆづの心の変化が良くまとめられていました。 - 羽生結弦 成功への軌跡

ゆづの心の変化が良くまとめられていました。


ゆづオンリーファンの皆さま(*^-^*)
夕べはうっかり眠ってしまって、自分で言っておきながら、
「追跡LIVE! SPORTSウォッチャー」の録画を忘れて
しまいました(/ω\)

しかし、うれしいことに動画を上げてくださった方が
いらっしゃいましたので、ありがたく見させていただきました。
埋め込みはしませんのでYouTubeでご覧ください。

動画:シーズンまとめ 羽生結弦

hn2660.png

今シーズンを羽生選手の言葉と共に振り返った番組でした。
ナレーションがかっこいいですよね。
これほどの重圧と戦っている25歳がほかにいるだろうか

hn2661.png

五輪直後は「4A跳んで早く辞めたい」という気持ちが
あったと言います。

しかし、2018-19シーズンも現役を続けてくれました。

しかし、そのシーズンもGPS2戦目で怪我をし、GPFを
棄権。全日本も出場することが叶いませんでした。

シーズン最後の試合である世界選手権では、結果として
2位に終わり、再び圧倒的に勝ちたいという気持ちが
芽生えたのだと思います。

ノーミス以外は敗北だみたいな感覚が常に
付きまとっている状態で試合をしている」

「羽生結弦はこうだよねっていうのを周囲が期待して
くれているからこそ、強くありたいと思う


hn2663.png

きっと、周囲の期待に応えようという気持ちが強かった
のでしょうか。

今シーズンも現役を続けてくれましたが、その覚悟
というのは、やはり大きな犠牲を伴っていたと思います。

競技を続けている上で、ものすごくいろんなものを
削ってやっていると思っている。だからこそ中途半端な
ことはしたくない


今季こそ、怪我なくすべての試合に出たいと強く
思っていたと思うし、自分が欠場して王座を譲って
しまったGPFや全日本もおそらく出て、再びそこでも
頂点に返り咲きたいと思っていたことでしょう。

今季はGPS初戦のスケートカナダで、初めて優勝し、
幸先いいスタートを切った羽生選手でした。

hn2662.png

結果というのは本当に大事なものだと思っている

hn2664.png

羽生選手の中には、「ライバルはネイサンだけ」であり、
今季は彼との直接対決で勝ちたいという気持ちがとても
強かったように思います。

hn2665.png

ファイナルで直接対決が叶いましたが、ミスがあった
こともあり、結果は2位。悔しかったと思います。

hn2666.png

さらに追い打ちをかけるように、4年ぶりに出場した
全日本でもフリーのミスが響いて2位。

悔しくて涙をこらえながらインタビューに答えている
ゆづが痛々しかったです。

hn2667.png

本当に今はもう弱っちいんで凄い…何か…
言葉が見つからないです。ずっと。


表彰式が終わって引き上げていくときの悲しそうな
ゆづの姿が凄く印象的でした。

hn2656.png

しばらく立ち直れなかったです。正直言っちゃうと。
昔のプログラムとかいろいろ滑ってみて、その時すごく
何か、スケートに力をもらっていたんですよね。
それで、やっぱスケート楽しいなってすごく思ってて、
いつの間にか気持ちが戻ってきていたという感じですかね


hn2668.png


そして3年ぶりに出場した4大陸選手権では、プログラムを
五輪シーズンのものに戻して挑戦することにしました。
その時の想いをこのように話してくれていました。

とにかく自分が目指しているフィギュアスケートとして
できるものが今は「SEIMEI」と「バラード1番」が1番かなと
思ったのと、そのプログラム達と一緒にまた滑りたいなと
心から思えたので


ナレーションでも言っていましたけど、難易度を上げる
ことに集中するあまり、自分らしいスケートを見失って
いた羽生選手。


五輪を連覇したプログラムでそれを取り戻したかったの
かもしれません。

そして初めて4大陸で優勝し、男子史上初のスーパー
スラムを達成しました。

しかもSPの世界最高得点という記録まで作って。

hn2657.png

大会を終えた後の表情は晴れやかで、自信に満ちていました。

hn2669.png

音と一体になって質の高いものをすべてで行える。
この方向で自分はやっぱりスケートをしたいって思えるので。
それが(ジャッジに)劣っていると思われてしまうのであれば、
やっぱりそれは自分の実力
だと思うので。
それを劣っていると思われないようなスケートを今回の
バラ1みたいにSEIMEIでもしたい。


最後のナレーションがとても印象的でした。

進むべき道がはっきりと見えた。
心からスケートが好きだと今なら言える。
歩みを止めない挑戦者羽生結弦。来シーズンさらに
パワーアップした姿を見られるに違いない。


hn2659.png


とてもよく今シーズンの羽生選手の心の動きをまとめて
くれていたと思いました。

私自身、今季の羽生選手があまりにもネイサンと張り合う
気持が強いことが少し心配ではありました。

「ネイサンに勝ちたい」とか「全ての種類で4回転ジャンプを
跳びたい、それを入れた構成でノーミスしたい」

それは決して悪いことでもないですし、王者としては
当然の気持ちだと思います。

だけど、ネイサンのような「ジャンプ」だけの選手に
勝つためとはいえ、オーサーが日頃から言っているように
「結弦にはほかの選手にはない美しい演技がある」
ということを忘れて欲しくはありませんでした。

ゆづにしかできないステップや音との融合、芸術的で
美しいフィギュアスケート
というものを犠牲にしてまで、
そんな、ぞうきん絞りのようなジャンプスケート大会に
お付き合いする必要などないと、思っていました。

ゆづがそれに気付けたのは、収穫だったと思います。

今季が一番苦しかっただろうというのもわかります。

私達から見たら、「どん底」だなんてことはない。
今シーズンだって素晴らしい成績を収めているじゃないか。

って思えるのですが、しかし…それをいくらゆづに言っても、
ゆづ自身がそう思えないほど、辛かったのだとしたら、
それはきっと単なる気休めでしかないんじゃないかなと
思うんです。

やっぱり五輪を連覇するような人ですもの。
2位で終わった試合があること自体、きっと自分としては
許せなかったんじゃないかと思います。

しかもここ数年、特に五輪王者となって以後、40点差で
勝つことはあっても負けたことなんてなかったはずですし、
ましてや国内の後輩選手や年下の選手に負けたことも
なかったわけですから。

ネイサンに負けたこと以上に全日本での結果は一番、
ゆづの自信もプライドも打ち砕かれたように思います。

今季は特に採点の不公正が顕著に目立ったことで、
私達ファンも、ゆづの試合の点数や結果に対して、
不満や怒りを感じていましたし、今でも思っています。

しかし、一番ショックを受けた羽生選手自身がすでに、
自分の弱さを認め、さらにはジャッジの不公正な評価に
対してさえも「劣っているとみなされるのは自分の
実力不足であり、そう思われないような演技をするしかない」
と、前を向いているのですから、私達も前を向くしかない
のかもしれません。

だからと言って、不公正な採点や評価を認めたり、
許した訳ではないですし、これからもそのようなことが
あったら、黙っているつもりはありませんけどね。

来シーズンも現役を続けてくれる羽生選手を心の底から
応援し、いつでもどんな時でも、私達はゆづの味方でいる
ことを改めて強く誓いたいと思いました。

すでに夜中の3時を回ってしまい、もう2日になってますが、
4月1日は3年前のヘルシンキ世界選手権の記念日でした。

羽生結弦、3年前の「4・1」を忘れない 歴史的逆転Vに
海外識者「いつも覚えている


hn2670s.png


『当時を振り返っているのは、ユーロスポーツのイタリア人解説者マッシミリアーノ・アンベーシ氏だ。自身のツイッターで「フィギュアスケートにおいて、最高得点が生まれた4月1日という日付をいつも覚えている。3年前、ユヅル・ハニュウは本当に素晴らしいフリーの演技を見せつけて、2度目の世界選手権の優勝を果たした。このような演技は今まで見たことがなかったし、今後も目撃することはないだろう」と改めて大絶賛している。』

2017年のヘルシンキの話は、また別の機会にしたいと思います。

ちょっと余談になるのですが…一つだけ伝えさせてください。

私のブログのスタンスと言っては大げさなのですが、
1記事入魂」というのが私のブログ記事のモットー
なんですね。

「1記事入魂」というのは、1つの記事に熱意と感情、
それに費やすエネルギーや時間など、いわば自分の
全精力を注いで書き上げることです。

私は2008年からすでに、ハンドルネームこそ「マリリン」
ではありませんでしたが、色んなブログを書いていました。

なので、その当時からの師匠やらお仲間などから色々と、
「ブログ」というものの書き方や考え方について学んで
きましたし、今でも時々ですが交流のある方もいます。

ブロガーをやっていく上で様々な紆余曲折を経験し、
最終的にたどり着いた答えが、ブログというのは真実を
伝えることに加えて、自分の気持や意見を書くことが
一番大切である、ということでした。

今の「ゆづブログ」ももっと記事を短くして、こまめに
更新することもできますし、そうしている人もいるとは
思うのですが、それはやっぱり私のブログのスタイルでは
ないんですよね。

ゆづではないですが、自分自身のブロガーとしての
こだわりというのがそこにはあるんです。(^^;

1つの記事として仕上げるまでには、自分が書きたいと
思っていることに関連する記事や動画などもしっかり
調べますので、どうしても時間はかかってしまいます。

それに、次から次と短い記事を入れてしまうと、
せっかく心と魂を込めて書いたものが埋もれてしまうのが
凄く嫌なのです。

時間は不規則になるかもしれませんが、1日1記事は
しっかり書いていきたいと思っていますので、
こんなブログですが、これからもお付き合い頂ければ
嬉しく思います。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村


2020-04-02 | Comment(11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、オンリーファンの皆様、おはようございます。
sportsウォッチャー良かったですね。 
ブログの表題の通り、羽生君の心の変化が良くまとめてありました。
マッシさんの記事も嬉しいです〜

ちょっと時間が無くて長くコメント出来ませんが、『一記事入魂』
マリリンさんのブログ大好きです!
いつもマリリンさんのお言葉に同意!ウンウンとうなずいて読ませて頂いていますよ。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ルルゴールド at 2020.04.02 09:59
マリリンさん、皆さん、こんにちは!

sportsウオッチャー、マリリンさんのお知らせで録画して、まさか
こんな濃い番組とは思いませんでした。
ゆづの心の変化していく様子がよく分かり、だんだん自信をとり戻しハッピーな気持ちにさせてくれました。(^^)

マリリンさんのブログはルルさん同様大好きですよ♪
マリリンさんの感想聞きたいし「なるほど」と同意しながらいつも読ませて頂いています。♪
こんだけみっちりonlyゆづを書いているブログないと思っております。
変わらずこのスタンスでよろしくお願いします。(^^)

書いてる途中の東京で新たに90人以上の感染者が確認とヤフーニュースが入りました。
だんだん増えてきて恐くなってきました。
皆さん、特に関東、大阪(私を含め)の方、気つけて下さいね。
Posted by トミ at 2020.04.02 16:38
マリリンさんゆづフアンの皆さんこんばんわ。
最近ゆづ君に寄り添った番組が続き嬉しいです。昨年の埼玉の世界選手権そして全日本はゆづ君にとっては必要な大会だったと今は思えます。完全に日本スケ連、そこに連なるジャッジを捨てるために、宇野さんや、ネイサンさんを勝たせるためには何でもするスケ連、そして自分には完璧でも点数を出さない。こんな世界捨て去ってもおかしくない、でも現役を続けてくれる、何かゆづ君に大きな力が働いているような気がしてならないのです。全日本は海外でもおかしいと言われていましたが、あれは完全に採点競技から逸脱していました。スケ連やそこに飼われているジャッジはもう変わることはありません。スケ連幹部さんたちは全日本で宇野さんを優勝させて大喜びでした、あからさまでした。恥ずかしい人達ですそんな人達とつるむ必要はありません。住んでいる世界が違いますから。ゆづ君は今までもこれからも王道を歩く人です。応援出来て幸せです。マリリンさんのゆづ愛大好きです。皆さんがコロナに感染しませんように。
Posted by tama at 2020.04.02 22:50
こんばんは!

スポーツウォッチャー良かったですね。今、いろんな試合が中止になってスポーツ番組もネタがないだろうから他でも羽生特集やって欲しいわ。今季の振り返りはもういいから各局が持ってる昔の映像や未出インタとか。


Posted by しま at 2020.04.03 00:10
マリリンさん、毎日ブログ更新大変だと思います。写真や動画も豊富で情報も分かりやすいです。私が特にマリリンさんのブログで良いなと思うのはマリリンさんの考えや感想が明確に書いてあることです。成功への軌跡というブログ名も好きなんです。
Posted by しま at 2020.04.03 00:16
るるさん、コメントありがとうございます(*^-^*)

>sportsウォッチャー良かったですね。 

そうですね^^
自分で言っておきながら、すっかり夕方から寝ちゃって、
録画もしてなかったという…(^^;
でも惑星さんのおかげで見ることができてよかったです。
中々良い内容でしたね。こういう温かいナレーションできちんと伝えて
くれるとうれしいですよね。

>『一記事入魂』マリリンさんのブログ大好きです!

ありがとうございますm(__)m
いつも1記事が長くて、数回に分けて載せればいいのに…と
思われるかも…と思うんですが、その時それを語りたかったのよ、
ということで、許していただければ嬉しいです。(*´▽`*)
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by マリリン at 2020.04.03 00:41


トミさん、いつもありがとうございます(*^-^*)

>sportsウオッチャー、マリリンさんのお知らせで録画して、まさか
>こんな濃い番組とは思いませんでした。
>ゆづの心の変化していく様子がよく分かり、だんだん自信をとり戻し
>ハッピーな気持ちにさせてくれました。(^^)

そうでしたね^^
自分でも画像をキャプチャーしながら、ナレーションとか、
ゆづの言葉をメモしながらブログを書いていると、それが
とってもよくわかって、今季はゆづにとってかなり悩んだ
シーズンだったんだろうなと思いました。

>マリリンさんのブログはルルさん同様大好きですよ♪

ありがとうございますm(__)m
そういっていただけると、頑張っている甲斐があります。

>マリリンさんの感想聞きたいし「なるほど」と同意しながら
>いつも読ませて頂いています。♪

そうでしたか。私の感想と時には違う感想ヲお持ちになる
こともあるかと思いますが、そういう時でも皆さんが率直に
書いてくださるとうれしく思います。

>こんだけみっちりonlyゆづを書いているブログないと思っております。
>変わらずこのスタンスでよろしくお願いします。(^^)

はい、これからもゆづオンリーでブログを埋め尽くしたいと
思いますので、よろしくお願いいたします。
Posted by マリリン at 2020.04.03 00:49
tamaさん、いつもありがとうございます(*^-^*)

>最近ゆづ君に寄り添った番組が続き嬉しいです。
>昨年の埼玉の世界選手権そして全日本はゆづ君にとっては必要な
>大会だったと今は思えます。

最近の報道は割とゆづに寄り添ってきていますよね^^
私もそう思いました。
確かにさいたまの世選、この間の全日本はゆづにとっては
試練になりましたが、あれで気持に変化が起きたことを思うと
無駄ではなかったと思います。

>全日本は海外でもおかしいと言われていましたが、あれは完全に
>採点競技から逸脱していました。スケ連やそこに飼われている
>ジャッジはもう変わることはありません。

これからも日本国内での冷遇は続くのでしょうね。
一番貢献しているのに…おかしな忖度が働いているからでしょうか。

>ゆづ君は今までもこれからも王道を歩く人です。応援出来て幸せです。

そうですね、ゆづを応援できることは幸せだといつも思います。

>マリリンさんのゆづ愛大好きです。

ありがとうございますm(__)m
どれだけ言葉を尽くして書いても足りないくらい、ゆづは
凄い人だと思います。

Tamaさんのコメントからもヒントや励みをいただいています。
これからもみなさんの声をブログに反映させていけたらいいなと
思っています。よろしくお願いいたします。
Posted by マリリン at 2020.04.03 01:00

しまさん、こんばんは!いつもありがとうございます(*^-^*)

>スポーツウォッチャー良かったですね。今、いろんな試合が中止になって
>スポーツ番組もネタがないだろうから他でも羽生特集やって欲しいわ。

そうですよね(*´▽`*)
この間、博報堂のイメージランキングでしたっけ?
あれで上位にランクインしたアスリートをCMに起用したり、
番組で取り上げる際に参考にするようなことを書いていましたものね。
せっかくアンケートでゆづの名前がいくつもあがっていたのですから、
どんどん、番組で特集してほしいですね。

>今季の振り返りはもういいから各局が持ってる昔の映像や
>未出インタとか。

もうホント、特にファイナルや全日本のシーンは要らないわ(^^;
見るのも辛くてね。

>写真や動画も豊富で情報も分かりやすいです。
>私が特にマリリンさんのブログで良いなと思うのはマリリンさんの
>考えや感想が明確に書いてあることです。
>成功への軌跡というブログ名も好きなんです。

そうでしたか(≧▽≦)
嬉しいです。ありがとうございます!
ゆづについて語りたいのに、ニュースを伝えるだけで終わって
しまうのはもったいないですものね。

自分が感想や感情を書くことで、読者さんも自分の意見や気持ちを
書きやすいと思うので、お互いにとって有益だと思っています。
意に沿わない人は自然と避けていくでしょうしね^^

ブログタイトルも気に入っていただいて、良かったです(笑)
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by マリリン at 2020.04.03 01:11
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんにちは


 sports &ウォッチャー、良かったです。あの短い時間枠にしっかり今季のゆづの心の動きを収めてくれてました。充実したいい内容だったと思います。NHKの10年の軌跡と同じく保存ダビングをして大事にしたいです。

 マリリンさんの一記事入魂、高校球児の一球入魂みたいでいいですね。魂を感じます。全身全霊をかけてるからマリリンさんの記事は熱く心に刺さるのだと納得です。私はブログはマリリンさんくらいしか見ないですが、充分満足で他は要りません。ゆづの応援ならここだけでバッチリ!これからもマリリンさんのポリシーでこのスタンスの楽しい記事を続けて下さい。ついて行きまーす。

Posted by えりえり at 2020.04.03 14:13

>えりえりさん、いつもありがとうございます。(^-^)

> sports &ウォッチャー、良かったです。あの短い時間枠にしっかり今季のゆづの心の動きを収めてくれてました。充実したいい内容だったと思います。

そうですね、とても良い内容だったと思います。
この時期に羽生選手を取り上げてくれて、嬉しかったです。

>マリリンさんの一記事入魂、高校球児の一球入魂みたいでいいですね。魂を感じます。全身全霊をかけてるからマリリンさんの記事は熱く心に刺さるのだと納得です。

えりえりさん、最高に嬉しいお言葉をありがとうございます。(^o^)拙いブログなのにそのように言って頂き、感謝感激です。

〉私はブログはマリリンさんくらいしか見ないですが、充分満足で他は要りません。ゆづの応援ならここだけでバッチリ!

えりえりさんのような方に喜んで頂けるよう、これからも益々頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いいたします❗
Posted by マリリン at 2020.04.03 14:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます