ブライアンの助言で一番参考になった言葉。 - 羽生結弦 成功への軌跡

ブライアンの助言で一番参考になった言葉。


ゆづオンリーファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ
昨日お伝えしたフィギュアスケートテレビのことですが、
内容と日付が多少、変更になっておりました。

ファンタジーオンアイス公式facebook

7月22日(土)、8月12日(土)放送予定のBSフジ
「フィギュアスケートTV!」について放送内容予定が
変更となりました。
.
■BSフジ「フィギュアスケートTV!」ワンコーナー
7月22日(土)23:00〜23:55
新潟公演での羽生結弦さんの演技&羽生結弦さんの
アンコールが放送決定!


つまり・・7月22日にゆづの演技とアンコールが
放送されるということですね(*^-^*)

8月12日にはゆづの部分の放送はない、という
認識でよいのだと思います。

なので、7月22日は「必見!」ですね。

さて、今日は読者さんからぜひこの動画を
「もう一度見たい」というリクエストをいただき
ましたので、ご紹介したいと思います。

「2015年世界選手後のプレカン動画」

https://youtu.be/o4nbYv0wDuI


この時、
ブライアンから受けた助言で1番参考になった
ことは何ですか」
という質問を受けたときのゆづの答えが、
あの2012年の全日本初優勝したときの話しでした。

過去何度か取り上げているお話ですが、改めて
ゆづの口からきかされると、ほんとに胸が痛みます。

ゆづの言葉を書き起こしましたので、じっくりと
読んでみてください。


yuzuru2503.png


『ナショナルで、全日本で、ん・・・チャンピオンに
なった時に、まぁ・・中々いい演技ができなくて。
その時は高橋大輔選手がいい演技をして、僕自身も
負けたなって思ってましたし、あの・・まぁショートでは
点数差がありましたけれども彼が優勝だと思って。
で・・会場の雰囲気もそういう感じで(^-^;


yuzuru2504.png


非常に、あの、優勝したんですけども、そのあと
非常に苦しかった、精神状態が苦しかった時がありました。
ただすぐに彼(ブライアン)がいって・・彼は若いころから
まぁ・・カナダで優勝して、それこそ世代交代、
高橋大輔選手から僕に受け渡されたバトンのような形で、
若いうちにナショナルのチャンピオンになったわけですけども。

「同じ気持ちだった」と、凄く言ってくれて。

で、僕はそれはもう・・あの・・何ですかね・・・
なんて言ったらいいのかな・・・


yuzuru2505.png


「みんなそうやってきたんだよ」って言ってくれました。
まぁ・・ほんとに当然のことのようですけれども
僕はその言葉が非常にうれしくて、あの・・・ここまで、
まぁ・・いろんなノイズ(雑音)とかいろんな賛否両論
ホントにフィギュアスケートって日本ではいろんな意見が
ありますけど、でもここまで自分のスケートを信じてやって
これたのは彼の言葉のおかげだなと思ってます。」


yuzuru2506.png


「精神的に苦しかった」というその言葉が持つ
意味は、ゆづにしかわからないのだと思います。

フリーで高橋選手がいい演技をしたことで、
SPでの10点差があったとはいえ、自分は負けたと思った。

会場(おそらく観客)の雰囲気もそんな感じだった・・

つまり、「大ちゃんが優勝!」とばかりに高橋ファンが
上げる大歓声、ちぎれるほど振られた多くの高橋応援バナー、
スタンディングオベーション、拍手、黄色い声・・
高橋選手を応援するたくさんの声や様々な光景。

それは若いゆづの耳にも目にも入ったことでしょう。

でも優勝したのは自分だった。

ゆづの優勝が決まった途端に会場の歓声は、「高橋敗れる」
という結果に落胆する声や、ブーイング、もしかしたら
ゆづに投げかけられた罵声・・そして冷ややかな視線。

誰も自分の優勝を喜んでいない様に思えたほど
ゆづにとっては会場の空気は冷たく感じられたのかも
しれません。


高橋と羽生が振り返る名勝負の裏側。
全日本フィギュア男子、激闘の2日間。


『グランプリファイナルを制した高橋大輔、
2位の羽生結弦、5位の小塚崇彦、6位の町田樹。
さらにフランス大会で優勝した無良崇人、昨シーズンの
故障から復帰を果たした織田信成ら、一段と層の
厚くなったのが男子だ。

2013年3月にカナダで行なわれる世界選手権代表
選考がかかった大会は、厳しい戦いが予想された。

その中で、表彰台の真ん中に立ったのは、羽生だった。

羽生は、ショートプログラムで非公式ながら
今シーズンの最高得点となる97.68点を出していた
結果的に、ここで高橋に9点以上の大差をつけたことが
勝因
となり、285.23点で優勝した。

圧巻の演技でフリーでは1位をもぎ取った高橋

総合2位ではあったものの、圧巻の演技でフリーでは
1位だった高橋は、ガッツポーズで、自身がつかんだ
手ごたえを表した。

それだけの演技ができた理由をこう振り返った。

「いつも気持ち、気合いは入っていますが、
今シーズンの中でいちばん気合いが入ったと思います。
ショートであれだけ点数を離されてしまったので、
思い切りやるしかないというのもありましたし。
悔しい部分もあったと思いますので……いつも以上に
気合いが入っていました」

悔しさが、強いモチベーションになったのだ。

演技中は、声援も後押しになったと言う。

お客さんの気持ちも伝わってきましたし、
それに返せるように思い切り自分を出せました。」 

ショートでは羽生が1位、フリーでは高橋が1位と、
ともに譲らない名勝負を生み出すことになった。』


別次元の戦い。羽生結弦と橋大輔が生み出す
頂点への推進力


『「芸術要素点も今回は高い評価をしてもらえましたが、
自分としてはまだまだだと思っていますし、その評価に
匹敵するスケーティングや表現力まではいっていないと思う。
その点数を、しっかりと自分の力で出せるようにしていきたいと思う」

こう話す羽生に対し橋は、「完璧ではなかったが、
フリーで4回転を2回成功したのはケガをした後では初めて。
ここを僕のスタート地点にして、どんな状況でも(4回転を)
入れられるようにしなければいけないというモチベーションが
上がってきました」と、羽生の台頭を自らの刺激にしている。』

感動と涙 全日本選手権の名シーン 男子編
フィギュアスケート。
(同じ映像が5:42あたりから流れます)

https://youtu.be/3e9WieKIJoI



yudu201.png

yudu202.png

yudu203.png

yudu204.png


※5か月前にもこの話題を記事にしていましたので、
参考までにご覧ください。


2012年全日本フィギュアの「光景」。


PS:今回たまたま、ほかの方のブログでも、
この時の話題が書かれていたのを見ました。

その時にあの会場でゆづの優勝を見たファンに
してみたら、当時のゆづの心情を吐露されるのを
聞くのは辛かったと思います。

でも、あれから数年、苦しかった初優勝から
時間が経過したので、その時の心情を話せるのかな
・・と思いました。

ゆづにとっては辛い思いでの方が多かったかも
知れませんが、それも当時のエースと呼ばれる選手を
破ったからこその「勲章」だと思って、これからも
ずっとずっと勝ち続けて欲しいです。


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2017-07-19 | Comment(24) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、皆さん こんばんは(^-^*)/

2015年のセセンのプレカンですね? 有り難うございました。
ゆづがこんなハッキリと名前を言ってたのですね!
私は、名前を隠して(高橋さんの)かな?と勝手に思ってました。
このプレカン当然高橋さんも見てますよね? 相当勇気のいる発言ですね。

この前後から事務所のU押しが始まったのでしょうか?
この国際試合のプレカンの内容は今でも私達ゆづオンリーファンには重いです。
勇気をもっての発言、拍手拍手拍手を贈りたいです。
益々益々ゆづを全力で応援したいと思いました。

ゆづ!! 何があろうとも私達はゆづを信じてるし、応援してます。

マリリンさん、有り難うございました。
Posted by ゆづ子 at 2017.07.19 20:43
マリリンさん、皆さん、こんばんは!

マリリンさん、今日の記事はあまりにも深くて色んな思いが頭をよぎり、すぐにコメントしようと思ってもできなかったです。でも改めて読者さんのお陰でマリリンさんがこのプレカンのインタビューを載せてくださって本当に良かったと感謝しています。

本人から語られるその時の状況、そしてマリリンさんが一つ一つの言葉を丁寧に書きとめてくださり、オーサーコーチの言葉がどんなにゆづにとって救いになったのかと改めて思わされました。オーサーコーチありがとうございました!

マリリンさんの記事、過去の記事も含めてゆっくり時間をかけて読ませていただきました。ここでその細かいことに触れるのは避けますが、ゆづがいつも言う言葉「どんな事も無駄にはならない」。本当にそうですね。心の痛み、色んな雑音が聞こえてきても、それをすべてプラスに変える、強い精神力と、また、コーチをはじめ、ご家族、色んな方々に支えられながら、こうして今、世界のトップに君臨している羽生選手を心から賞賛したいと思います。

また、ゆづにとっても、そのプレカンでその当時のことを話すことができたのは、恐らく公の場で初めてなのではないのでしょうか。だから、一つ一つかみしめながら、ゆっくりと語ることができたんだと。忘れることは出来ないかもしれないけど、自分の心の中である程度整理がついたからなんだろうと・・・
何か、うまく書けませんが、マリリンさん、また、リクエストして
下さった読者さん、この事を今日、ともに分かち合えたこと感謝します。

ゆづ、これからも、みんなで精一杯応援してますよ!!
マリリンさん、ありがとうございました。
Posted by yukiko at 2017.07.19 21:14

yukikoさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

この時のことは何度見ても胸が痛くなりますね。
ゆづがここまではっきりと心情を吐露したのは初めてだった
のではないでしょうか。

どの時代も世代交代は訪れるものです。
抗おうとしたところで仕方のないこと。

でも認めたくないという先輩の気持ちもわからなくは
ないです。そしてそのファンの人の気持ちもまた、理解はできます。

でも、それと後輩をいじめることは別問題ですよね。

yukikoさんのおっしゃるようにこの時の経験がゆづにとって
プラスに働くことで、今のメンタル面でも実力の面でも
強くなれたのかなと思います。

ゆづはこれからも増々強くたくましく、それでいて人に
やさしい素晴らしい人間になることでしょう^^
Posted by マリリン at 2017.07.19 22:04
マリリンさんみなさんこんばんは。

羽生選手の心の傷が、出来る限り癒されます様に。今となってはそれだけが願いです。私達オンリーファンのみんなで毎日毎日繰り返し羽生選手に感謝の気持ちと「大好き」を送り続け、癒しの手助けができますように。

それと同時に高橋さんが一日も早く自分が何をしてしまったのかに気付いてほしいです。高橋さんこそあれから前に進んでいるようには見えませんから。
Posted by あき at 2017.07.19 22:09

ゆづこさん、いつもありがとうございます^^
オーサーの言葉が胸にしみたのが全日本初優勝の時だったなんて、
ホントにゆづにとっては辛勝ったのでしょうね。

心優しいゆづがどれだけ傷ついたか・・・アンチは知る由も
なかったでしょうけど、この時のゆづの言葉にすべて集約されている気がします。

今では世界のトップに君臨するゆづですから、様々な人から
妬まれることもあるとは思いますが、精神的にも強くなったと
思います。 これからもゆづをずっと応援していきましょうね^^
Posted by マリリン at 2017.07.19 22:09
こんばんは!

このプレカンはライストで見ていたし、拡大版でも放送していたのでよく覚えています。2014-2015の羽生くんにとってはトラブル続きのシーズンでオーサーともいろいろやり取りあっただろうに一番印象に残っていることとして2012年のことを言ったのにはビックリしました。まるで答えを用意していたかようにその時の思いを語っていますよね。ハビに負けると思ってなかったし、久々に大きな大会での優勝を逃して辛い中、2012年の高橋くんと自分の戦いを思い出していたのね。あの時も辛かったなあって。
Posted by しま at 2017.07.19 23:02

あきさん、いつもありがとうございます^^
ゆづはこれを乗り越えたから強くなったのでしょうね。

引退した先輩のこともきっと恨んだりしてはいないと
思います。そして自分は後輩が伸びてきたときには、後輩の
ことを認めつつも絶対に負けない!という気持ちで臨むことでしょう。

今年の全日本は王座奪還の大切な試合になりますね^^
ゆづをしっかり応援していきましょう。
Posted by マリリン at 2017.07.19 23:28
マリリンさんこんばんは

このプレカンでの発言
マリリンさんが書き起こしてくださった文字を読むだけで、羽生くんが慎重に言葉を選びながら話しているのが分かります
深く傷付いた体験を、長い間思い出すことすら辛かったでしょう
でもこうやって公の場で自分の言葉で言えるようになったんだな、少しは傷が癒えたのかなと思いました
それはきっと、自分が全日本の王者であることを周りのみんなが認めて尊重してくれていると実感することが出来たからなのかなと思います

以前コメントに書いたことがありますが、高橋氏のファンが2012の全日本での自分たちの悪行を無かったことにしようと画策している場面を目撃し、本当に呆れ腹が立ちました
新しい羽生ファンをうまく丸め込もうとでもしているのかもしれないですからね

私、たまに見に行くとあるブログの記事があるんです
高橋氏のファンがどれだけ酷いことを羽生くんにして来たかがよく分かる記事です
http://rencadiary.blog14.fc2.com/?no=444

ここでご紹介していいのかどうか分からないので、不都合であれば削除してくださいね
この記事を何度も読んで、その度に絶対に忘れない!と思うんです(;_;)
ずっとずっと羽生くんを応援する!って思うんです(;_;)
Posted by ちゃい at 2017.07.19 23:35

しまさん、いつもありがとうございます(*^-^*)
このプレカンでの発言は衝撃でしたね。

2012年当時、下り坂だったとはいえ、一応は日本で一番と
される選手に勝って王座に就いたことは喜びだったと思うのですが、
その喜びは誹謗、冷たい視線、罵倒を浴びるという代償がついて
きたことで、半減したことでしょう。

ゆづが今までで一番辛くて悲しかった出来事だったのかも
しれないですね。

ホントなら喜んでいいはずの日に、祝福の言葉よりも心や
頭のなかに残ってしまったことが悲しいです。

でも、それ以降はメンタル面でも成長し、ホントの日本一、
世界一の選手になりましたね(^o^)

ゆづファンはゆづの成長、成功を心からお祝いしたいと思います。
Posted by マリリン at 2017.07.19 23:51

ちゃいさん、いつもありがとうございます(*^-^*)
ゆづが辛い時は、ファンも辛い気持ちになりますね。

ゆづに対して、何もしてあげられないけれど、でも、
「貴方を嫌う人よりも、あなたを好きな人の方が圧倒的に多いから、
負けないで」という気持ちは伝えてあげたいです。

これからもずっと。

今では当時の高橋さんよりもはるかに人気のある選手に
なりましたが、それでもアンチは相変わらずゆづを下げることばかり
書いているのが腹だたしいです。

ちゃいさんもおっしゃっているように、私たちはアンチがした
邪悪なことは忘れないし、ゆづをずっと応援しようという気持ちが
増々強くなっていきますね。
Posted by マリリン at 2017.07.19 23:59
こんばんは。マリリンさん。みなさま。

私は2012年全日本はテレビで見ていましたが、正直に高橋さんのフリーはすごかったと思いました。クワドが二回成功、演技もほんとに破綻がなく勢いがあったと思います。それ以降2013年NHK杯は多少覚えてますが、大体彼の演技であまり心にのこるものがないので、このときの演技がなおさら印象が強いです。でもその時は、羽生君優勝よかったくらいの感想しかありませんでした。それが、まさかね、現場であんなブーイングなどがあったなんて思ってもみませんでしたね。表彰式のひきつった顔は見るも辛すぎて心が痛みます。
他の動画をみたことがありましたが、羽生君がジャンプ成功でも、前列の観客は全く拍手もなしの情景でした。高橋さんの時は大拍手。これは神経やられます。アンチはほんとに露骨でしたね。許さぬという気持ちは羽生ファンならば誰でも持ってますよね。プレカンで言ったってことは、ずっと心に滓のように淀んでいたのでしょうね。オーサーありがとう。

私は先ごろ新潟でファンタジーオンアイスに行きましたが、大方は羽生ファンでした。でもまあ拍手はどの選手にもしていた人は多かったですね。勿論、羽生君の時がやはりダントツの拍手でしたが。でも、左隣の人など宇野君のジャンプはよくないって言って相当批判してましたが、宇野君にも拍手だけはしてました。別に強制されるものではないけれども、私もそういう時、贔屓の選手かどうかよりも、気分よくみんなでショーを盛り上げてあげるのがその場にいるものの礼儀かなと思いました。
Posted by tawori at 2017.07.20 00:19
こんばんは。

いつかのコメントにも書いたかもしれませんが、当時このプレカンは陽気に食っちゃべってるハビに少々イラッとしながら見始め、でも何度も観てしまったように思います。

オーサーについての質問に対するコメントを聞くにつれ、まさかのあの時の事をすごくすごく言葉を選びながらも話始めたゆづの一言一言が凄く辛かったですし、悪質オタへの怒りが再再再…てか今でもですが、怒りが改めて沸き上がったプレカンでもありました。

あの時、といっても2012年の事をリアルタイムでは知らなかった自分は、僕が勝っても誰も喜ばない…とのコメントを初めて知った時は愕然としました。

ソチ後にこの事を取り上げたメディアやこのプレカンのコメントにさえもアンチは速効悪態ついてましたよね。

でも「僕を嫌っている人…」より「僕を応援してくれる人」はあなたの思っている以上に沢山いるのです!

この先も悪質オタやアンチが居なくなるとは思いませんが、そんな存在がゆづの元に届かなくなるレベルで、世界中でゆづのこれからを応援しないとですね!



新潟ゆづ、22日はどれだけやってくれるのか…生ギターパリ散が見れるのメチャメチャ嬉しいですが、フジさんまさかチラじゃあるまいね。告知が消えた前例もあるし、今回の変更も謎でちょっとヤな予感するけど、楽しみに待ちたいです。

ところで、一昨日か昨日か、クリケラウンジでお母様らしき人と椅子に座ってリンクの他スケーターを見学してるゆづの斜め後ろ姿の画像を見たんですが、これはほんとに現在のゆづって事でいいのかな?
見た方居ます?
Posted by K at 2017.07.20 00:30
こんにちは。

Tさんのファンではなかったけど、日本代表として頑張ってほしい。
という 気持を持っていましたが、後になって、デ―オタ や T本人の発言のことを知って、
愕然としました。

ゆづ君は、辛かったでしょうし、辞めたいと思うのは当然で、彼をサポートして下さった方達に
感謝ですね。 続けてくれて、ありがとう を伝えたいです。

ちゃいさん、記事の紹介ありがとうございます。

ゆづ君が、いつも笑顔でいられる様、精一杯、自分なりの応援をしたいと思います。
Posted by 真未 at 2017.07.20 12:49
マリリンさん、みなさん、こんにちは。

マリリンさん、記事の書きおこしありがとうございました。
試練続きでキツいシーズンの最後にあの時のことを話してくれたのですね。なんだか切ないですね。
ゆづ君の全日本初優勝、忘れもしないです。
初優勝だから喜びまくりたいだろうに、そうはさせない空気が会場中にはびこってて。
強張った顔で台にあがるゆづ君が切なすぎました。
でもオーサーの言葉がゆづ君を救ってくれてたのですね。同じ立場にあった人の言葉だからすんなりゆづ君の心に沁み行ったのでしょうね。オーサーにありがとう!と言いたい!

マリリンさんコメ欄お借りします。
あきさん、ソチの時、同じことをしてたなんて親近感湧いちゃいます!
もしかして金メダルが決まった時は泣いて、表彰台では音が出ない拍手(夜中なので)を思いきりしてませんでしたか?(^^)
平昌の時もよろしくお願いします。
Posted by あややん at 2017.07.20 15:27
マリリンさんゆづオンリーの皆様こんにちは、いつも、このプレカンのことを、見るたび胸が張り裂けそうになります、自然と涙があふれてきて
しょうがありません。いまだに、ゆづ君の、心にトラウマのように、のこっていたのだなあと、思うとまたまた、せつなくなります。あるブログの、方が、落ち込んているゆづくんに、ビデオで、メッセージを送ったのを聞いてその時そんなファンが、いてくれて、本当によかったと、思いました。どんなにか救いになったのではと、思いますそして、オーサーコーチがいて本当によかったです。ゆづの、強い心で、乗り越えてくれていれば安心なのですが。いつも2012のことは、胸の中のしこりになっていて、ゆづ君の気持ちをおもうたび、そのような行為をしたデーオタのことは、忘れられません。絶対わすれません。ゆづ君ファンは、そんな卑劣なことをしないし、ゆづオンリー頑張って応援していきたいと。思います。
Posted by びぎん ゆづっち at 2017.07.20 17:24
びぎんゆづっちさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

短く語ってはいてもきっとその当時はどれほど、あの
小さい胸を痛めたのかと思うと、涙が出ますよね。

私はその当時、まだたまにテレビで見る程度でしたが、
一生懸命動画を作ってゆづに励ましのメッセージをしてくれた
ファンの人たちがいたことは、ホントに感謝です。

ゆづがスケートをやめなくてよかった(*^-^*)
今のゆづがいるのは、そうした古いファンの方たちの
応援のおかげですね。

ゆづファンの方がたに心から感謝しています。
Posted by マリリン at 2017.07.20 19:32
あややんさん(*^-^*)
コメントありがとうございます。

この時にオーサーがコーチでよかったですね。
同じ経験をしたものとして、ゆづもオーサーの言葉が
心に響いたと思います。

こういう辛い経験をしたからこそ、ゆづは後輩選手にも
やさしいし、尊敬の気持ちを表しているのでしょうね。
自分がされて嫌だったことは人にはしないという、
立派な人だと思います。
Posted by マリリン at 2017.07.20 19:41

真未さん、コメントありがとうございます。(*^-^*)
私も当時はゆづを応援していて、高橋さんのことは正直
ゆづに負けて気の毒だったとは思ったけど、ゆづが勝った喜びで
いっぱいでした。

でも・・ほんとにデーオタのせいで今では彼のことは苦手です(^^;
ちゃいさんがご紹介してくれた記事、読みました。
ホントに許せない気持ちで怒りがわいてきますね。

ゆづには辛い経験をした分だけ、幸せになれますようにと
願わずにはいられません。
Posted by マリリン at 2017.07.20 19:48

kさん(*^-^*)
コメントありがとうございます。

先に、クリケットで見学しているゆづとママ、画像見ましたよ。
あれは絶対にママですよね^^

そうそう、kさんはこの時のハビにいら立っていましたね(笑)

この時のプレカン、アンチは自分たちのしたことをゆづが
憶えていて、辛い思いをしたと話したことで、ゆづに詫びるどころか
さらにゆづを責めるという・・・救いようがない人種なのですね。

そんな人たちのせいで、ゆづの笑顔が曇ってしまうのは、
耐えられません。

もう、アンチのことなどゆづは恐れたりしていないと思いますが、
ゆづは堂々としていいと思います。

誰にも文句を言わせないほど、ゆづは強くなりました^^
心も実力も実績も高橋選手などとっくの昔に超えていますものね
Posted by マリリン at 2017.07.20 19:56

たをりさん、こんばんは(*^-^*)
いつもありがとうございます。

そうですね、確かにこの時のフリーは高橋選手の方が迫力も
ありましたし、意地を見せた演技だったと思います。

でも私もたをりさんと同じで、高橋さんには全く惹かれないんです。
ゆづには「演技に一目ぼれ」したのですけどね。

当時のゆづファンのブログ記事などを読むたびに、デーオタたちの
悪質さがよくわかります。

ゆづ、ほんとにかわいそうでしたね。

私たちは、たとえ今の後輩君を応援してはいなくても、
だからって嫌がらせはしませんよね。(^-^;

ブーイングもしないし、睨みつけたりもしない。
演技には拍手もしますしね。
Posted by マリリン at 2017.07.20 20:03
こんばんは!
あややんさん、同じ同じ!口パクで「やったー!やったー!」って叫んで拳をぶんぶん振り回してましたよ(笑)
いやー、夢のような夜明け前でしたね。フリーの間はめちゃ緊張して曲が・・そして羽生選手の動きがスローモーションのようでした。うまくいかなくて失神しそうでしたがチャン・・ありがとう。そんなでしたよ。

それからちゃいさん、凄いのを紹介してくださりありがとうございます。
「過ぎたことをいつまで言ってるの?」
と言う人も確かにいます。
でも私は高橋さんとデーオタのしたことを忘れるつもりもないし、いつまでも語り続けて2度とおきないようにしたい派です。
羽生選手の身に起きたことを全て知りたいです。

マリリンさん、あややんさん、ちゃいさん、ありがとうございます。
Posted by あき at 2017.07.20 21:26
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さんこんなに遅くにこんばんは!

マリリンさん、いつもながら、暑い中、羽生くん愛の記事ありがとうございます。
インタを起こしていただき、じっくり読むことができました。

全日本初優勝した時の羽生くんの気持ちを初めて知り、衝撃を受けました。
表彰台に乗った時、2位のT選手は羽生くんにどんな言葉を送ったのでしょう。よく握手をして抱き合って2位の表彰台に乗るではないですか。動画を探しても三人が台乗りした後のシーンしかなかったです。ここで、T選手が羽生くんに祝福の言葉をかけてハグしたら少しは気持ちが変わっていたかも、などと想像しています。
初優勝したのに心から喜べないなんて悲しすぎます。18才と言ったらまだ高校生?
自分の喜びを思いっきり外に出したい年頃です。胸が痛いです。その場にいて拍手を送ってくださった方々にお礼を言いたいです。
「みんなそうやってきたんだよ」「同じ気持ちだった」
ブライアンの現役の時の気持ちが分かる羽生くんだからこそ、その言葉は、羽生くんの心に沁みたことでしょう。
2015年のプレカンで「非常に苦しかった」と本音を吐き出せたとき、もう彼はその苦しみを乗り越えたんだと思います。
ブライアンは素晴らしいアドバイスをしたなとしみじみ思いました。
苦しさを乗り越えたとき成長がある。
自分のスケートを信じて挑戦し続けるのが羽生くんです。

新しいバラ1と新しいフリーのプログラムや衣装が楽しみです。
きっと、彼は私たちの想像を超えた演技をするに違いないと思っています。
マリリンさんのお陰で、ゆづロスの時期、いいえいいえロスではなく、期待でワクワクが止まらないのです。
Posted by なおポン at 2017.07.21 01:25


なおポンさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。
ゆづの辛かった時に知っていたら、私も何か
できたのにな・・と今更ながら悔やまれます。

マスコミに露出しなくてもゆづは毎日一生懸命、
練習やお仕事に励んでいます。

私たちはどんな時もゆづのことを考え、応援していく
だけですね^^
Posted by マリリン at 2017.07.22 09:32
マリリンさんへ

お忙しい中、コメントへの返信ありがとうございます。

>私たちはどんな時もゆづのことを考え、応援していく
>だけですね^^

なんだか、マリリンさんのコメント読みましたら、
羽生くんを応援していく元気がでました。

パワーをいただき、ありがとうございました。

Posted by なおポン at 2017.07.22 10:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます