羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yudu36.png

ストイコさんからゆづへのアドバイスが素晴らしい


ゆづファンの皆様。今日もブログに来ていただき、
ありがとうございます(*'▽'*)♪

faoi神戸の動画や録画を堪能されたでしょうか。
大阪の大地震があったりして、それどころではないと
言う人もいるかもしれませんが、落ち着いたらぜひ、
美しいゆづを見て、癒されて欲しいと思います。

今日はナンバーウェブに良い記事がでていたので、
ご紹介したいと思います。

元祖“4回転王”エルビス・ストイコが、
羽生結弦へ貴重なアドバイス。


エルビス・ストイコさんとは、1994年リレハンメルと
1998年長野で2度のオリンピック銀メダルに輝いた人です。

4回転トウループを安定した武器として跳ぶことができた
最初の選手で、史上初の4+3トウループコンビネーションを
試合で成功させた、元祖「4回転王」と言われています。

1994年、1995年、1997年と3度世界タイトルを手にし、
優勝候補として挑んだ長野オリンピック。
内転筋の負傷により得意の4回転を見せることができず、
銀メダルに終わりました。

20年後にようやく完成された輪。

「長野オリンピックでは金メダルを取りたいと願って
きたけれど、怪我のためベストな演技ができなかった。
あの大会ではエキジビションに出ることもできなかったので、
こうして20年後に戻ってきてアイスショーに出してもらったことで、
ようやく書きかけにしたままだった輪を完成させることができた、
という気持ちです」

先日長野で行われた「ヒーローズフューチャー」に出演した
彼は、会場こそ違うものの、こうして20年後に長野で演技が
できたことで心の区切りがついたのだという。

ストイコが競技引退してから16年。
数種類の4回転が試合で跳ばれるようになった現在の
男子をどう見ているのか。

「どんなスポーツでも進化して行くもので、特に男子は
もっともっと難しいジャンプを、という方向へきたのは
自然なこと。

ぼくも練習では全ての種類の4回転を試していたので、
今のような時代が来ることは予想していました

今の4回転ジャンパーは体重が極端に軽い。

ストイコは、身長170センチでがっしりした筋肉質の
パワースケーターだった。だが現在の4回転ジャンパーの
ほとんどは、羽生結弦やネイサン・チェンのように細身である。

彼によると、自分のような体型の最後の4回転ジャンパーは、
エフゲニー・プルシェンコではないかといいます。

「ヤグディンはぼくと似た体型でしたが、彼も競技生活の
後半にはかなり体重を落とした。このスポーツがその方向に
行っているのは明らかでした。

ぼくの今の体重は現役時代とあまり変わらず158ポンド
(約71.7キロ)ですが、ユヅルは118ポンド(約53.5キロ)
くらいでしょう。」

yudu66.png

5回転ジャンプもいつかは実現するだろう。

パワースケーターが4回転を跳んでいた当時と今では、
ジャンプ技術が変わったのか。

「基本的には、技術が変わったというわけではありません。
必要とされるのはタイミングと、身体を絞める瞬発力。
ただ体重が軽いと、ジャンプがより高く上がり滞空時間が
長くなる分、有利なわけです」

だがその一方で、着氷時の衝撃が身体に与える
負担への懸念もある。

「自分はこういうがっしり体型だったので、繰り返される
ジャンプの着氷の衝撃に耐えることができた。
ぼくは現在46歳ですが、まだ滑り続けていられることは
恵まれていると思う。

今のトップ選手たちは何歳まで滑り続けることができるのか、
そのときが来てみないとわかりません」

ストイコ自身練習でトライしてみたこともあるという、
5回転ジャンプが実現する日は来るのだろうか。

いつかは可能でしょう。でもそれには、
道具がもっと進化しなくては。靴をもっと軽量にすることが
できれば、可能だと思います。
3アクセルだって、4回転だってかつては不可能だと
思われていた技ですから」

だがおそらくその身体にかかる負担によって、選手生命は
今より短くなるだろうとストイコは懸念する。

予想通りだった……平昌オリンピックの予想。

ストイコは解説者として現地観戦した2014年
ソチオリンピックでは、公式練習を見て羽生結弦の
優勝をいち早く予言していた。


平昌オリンピックは、どう予想したのか。

「怪我は逆に祝福になることもある。もちろん本番で
滑れるほどに回復したらの話ですが、怪我のために
自分の身体のことに集中するため、プレッシャーなど
周りのことが気にならなくなるんです。

ユヅルは元々4ルッツは必要ではなかったし、あれを
取り除いたのは正しい判断だった。彼は最後まで
優勝候補としてはずせない、と思っていました」

またネイサン・チェンのことも予想通りだったという。

「彼はショートで大失敗をして、フリーで上がって
来るだろうと思っていました。いくら才能があっても、
彼のような若者が初挑戦のオリンピックであれほど
社会から期待されて負担にならないわけはない。」

スター選手だったから言える羽生へのアドバイス。

2度のオリンピック金メダルを手にしながら、
まだ現役生活を続けていくと宣言した羽生に対して、
アドバイスはあるかと聞いてみた。

「ユヅルはすでにやるべきことは成し遂げ、2度
オリンピックの金メダルをとった。
でもまだ年齢的にも、競技を続けていける歳ですね。

大事なことは自分の目標を定めて、それに向う
モチベーションが本当にあるのか見極めること。

そして国や周りからの期待など、いろいろ
プレッシャーはあると思うけど、自分の気持ちを
最優先にすること
です」

 自分の気持ちを見極めるのは簡単ではない、と
ストイコは自らの体験を元に語る。

「選手にとって、日々トレーニングをする生活が
ノーマルになっているので、それを変える決意を
するのは結構難しいことです。でも、惰性で続けては
いけない
と思う。

周りからロックスターのように扱われる今の生活は、
存分に楽しんで欲しい。

でもいずれそういったものは、消えていきます。

残るのは自分自身。


だから自分にとって大切なものを見極めて、
自分で本当にやりたいことを決めて欲しいと思う
んです」』

ストイコさん、とても素晴しいアドバイスだと思います。
さすが、世界のトップで戦ってきた方の言うことは
重みがありますし、説得力がありますね。

ゆづもきっとこのカナダの大先輩の言葉を読んで、
感謝の気持ちを深めていることでしょう。

ゆづは惰性で現役を続けるようなことはないでしょう。
彼がやると決めたなら、それは必ず目標があるはずだから。
そして自分が現役を続ける意味を深く考えていると思います。

私の想像ではありますが、ゆづはおそらく現役を退く
時を知っている…というか、自分の中では決めている
んじゃないかなって思います。

「あともう少しだけ現役を続けさせてください」と
ゆづはいつも言います。

その言葉に、私の勝手な想像ですが、4年後の五輪は
ゆづの視野にはないな、と思うのです。

しかし、試合に出ているうちに、ゆづの気持ちが
変化することはあると思います。

いずれにしても、私たちはゆづが決めたことを
応援するだけです。

yu1212.png

●動画】「なんて可愛らしいの」と感激! 
羽生結弦とサーシャ君が向かい合い…プルシェンコ氏が
公開した「ダブル“へ”の字」の瞬間


プルシェンコさんのインスタ

yudu63.png

ぷる様がインスタにサーシャ君とゆづのWヘランジの
動画をアップしてくださっています^^

これすごく見たかったので嬉しいです。すごい歓声ですね。

こんな可愛いお写真もアップしていましたね。

yudu64.png

ゆづもとても素敵な笑顔です(*´∀`*)
神戸公演は素晴らしい公演でしたね。
生でご覧になられた方がたは、特権だったと思います。

今週は新潟公演があります。

新潟ですから新幹線は地震の影響はあまり
ないかもしれませんが、関西方面から新潟に
来られる方は大変かもしれないです。

織田君はご自宅が高槻市なので、かなり被害が
大きかったようですね。

大阪・高槻在住の織田信成氏 地震の衝撃つぶやく
「膝から崩れて立てなくなった」


ズドーンて大きな音がして数十秒揺れて、膝から崩れて
立てなくなって、1時間経ってもまだ足ガクガク心臓バクバク、
家の中めちゃくちゃ、余震にビビりまくる」

yudu65.png

驚きと恐怖で足も震えますよね(^_^;)
私も地震、大嫌いです。怖いです。ビビります。

東日本大震災の時、私の住む地方は震度5強でしたが、
何度も何度も揺り返しとか、余震とかが来てとても
怖かったです。
数日感は震度5程度の余震が来ていましたものね。

おまけにあの頃は緊急地震速報がしょっちゅう鳴って
その度に心臓がバクバクしていました。
生きた心地がしなかったです。

今回の大阪地震でもそのような思いをしながら
過ごしていらっしゃる人がいることと思います。

これ以上、大きな地震や余震が来ないよう、
願うばかりです。

PS:私は車通勤なんですけど、帰りに車を運転していたら、
どうもいつもとタイヤの音が違うんですよね。(´・_・`)
もしかしてパンク?

でも、一応走るので、いつものようにすっ飛ばして
いたんですけど、さすがにあと5キロぐらいのところまで
来て、「バッコンバッコン」というすごい音がして。

あ・・もうこれはやばいな、と思って停車させてみたら
左後ろのタイヤがべこべこになっていました。

運良く、主人が休みだったことを思い出し電話して
助けを呼びました。

朝まではなんともなかったんですけどね。
行く時なんか踏んだのかな?

そうそう、大きい地震の時って急にハンドルを
取られるので、大阪地方の方々、くれぐれも
気をつけてくださいね。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-06-19 | Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Faoi神戸のゆづ動画。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんにちは。
まずは、関西・近畿地方の皆さま、今朝の大地震、
被害がかなりあったようですが、大丈夫でしょうか。

メールやラインで連絡を取って無事が確認できた
ゆづ友さんたち、本当によかったです^^

でも、そのほかにも多くの人が怖い思いをしたり、
生活に不便を感じていることと思います。

一日も早く、元の生活に戻ることができますよう、
お祈りしております。

そんな時に、ゆづのアイスショーの話しで恐縮ですが、
夕べというか明け方というか(^-^;
ゆづの「春よ来い」がテレビで放送されました。
実はまだ、録画を見ていないのですが、先に動画で
見ることができました。

お借りしてご紹介させていただきますね。

https://youtu.be/qZfsN0zFBJU


https://youtu.be/-eVEEO4Uzyw


https://youtu.be/2zIXKA6UliI


「春よ来い」のピアノバージョンがレクイエムのように
聞こえて、しっとりと優雅に舞うゆづがすごく
ステキでした^^

衣装のせいか、ほんとに羽が生えたように見えました。
ゆづは天使ですね(*^-^*)

yuzuru1079.png

yuzuru1074.png

yuzuru1076.png

yuzuru1077.png

yuzuru1075.png

yuzuru1078.png

yuzuru1080.png

yuzuru1082.png

yuzuru1081.png

yuzuru1083.png

yuzuru1086.png

yuzuru1084.png

yuzuru1087.png

yuzuru1085.png

yuzuru1089.png

yuzuru1088.png

yuzuru1090.png

yuzuru1092.png

yuzuru1091.png

yuzuru1095.png

yuzuru1097.png

yuzuru1096.png

yuzuru1100.png

yuzuru1098.png

yuzuru1099.png

yuzuru1101.png

yuzuru1103.png

yuzuru1102.png

yuzuru1104.png

yuzuru1105.png

yuzuru1106.png

yuzuru1107.png

yuzuru1108.png

yuzuru1109.png

yuzuru1110.png

yuzuru1111.png

yuzuru1112.png

yuzuru1113.png

yuzuru1114.png

yuzuru1116.png

yuzuru1117.png

yuzuru1115.png

yuzuru1118.png

yuzuru1119.png

yuzuru1120.png

yuzuru1121.png

yuzuru1122.png

yuzuru1123.png

yuzuru1124.png

yuzuru1125.png

yuzuru1126.png

yuzuru1127.png

yuzuru1128.png

yuzuru1129.png

yuzuru1130.png

yuzuru1131.png

神戸の雰囲気は最高ですね(^o^)
織田君、何かすごくカッコよくなりましたね。
ゆづは織田君やランビ様、ジョニーさま、プル様
そしてハビエルと一緒だと本当に幸せそうです。

いい仲間、いい先輩、憧れのヒーローとともにスケートを
楽しんでいるときが一番幸せなんでしょうね。

プル様のご子息のサーシャがかわいい
ヘランジしてきた後、ゆづが「おいで」って呼んでいるのに
気づかずに背を向けてしまって、ゆづがずっこけて
いるところが何とも面白いです^^

ゆづでもシカとされてしまうなんて(笑)

でも、お父様のプル様に促されてちゃんとハイタッチをしに
戻ってくるところがまた可愛いですね^^

神戸公演はいつもさわやかで楽しそうでいいですね。
いつかは神戸公演を見に行って見たいです。

この後ゆっくり録画を見ようと思います。

PS:今回の大地震、大阪でも場所によっては震度4の
ところもあって、大きさに違いがありましたね。

京都や奈良にお住まいの方も震度5強とか。。。

うちの息子夫婦のいる生駒市は、立っていられないほど
揺れはひどかったようですが、電気もガスも水も大丈夫
とのことでした。

ただ、8時過ぎにニュースを見てすぐにLINEから
電話をしたんですけど、電車も止まってしまって、
恐らく電車を降りたのでしょうか。職場まで8km、
歩いたのだそうです。

おデブだからたまには歩いてもちょうどいいですけどね(^-^;
でも、ほんとに大都市の大地震は怖いなあと思いました。

死者が3名も出ていますし、火災も起きたし、怪我をした
人も結構いますしね。

まだまだ余震も来ると思いますので油断せず、安全を
確保してほしいと思います。

ゆづが神戸にまだいるのではと、心配したのですが、
その心配はなかったようで、何よりでした。

海外から来てくれたスケーターの方がたもみなさん、
無事だったのなら、よかったです^^

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2018-06-18 | Comment(12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Faoi神戸、オープニング。


ゆづおんりーファンの皆さま(*^-^*)
昨夜から早朝にかけて放送されました神戸公演。
ゆづ、ほんとにカッコよかったですね。

この記事を書いている時点ではまだ、オオトリのゆづの
演技は見れていないのですが、先にオープニングだけ、
ゆづのシーンをテレビを見ながら、画面撮りもして
見ましたので、ご紹介したいと思います。


yuzuru1058.png

yuzuru1061.png

yuzuru1059.png

yuzuru1063.png

yuzuru1062.png

yuzuru1060.png

yuzuru1064.png

yuzuru1066.png

yuzuru1065.png

yuzuru1067.png

yuzuru1069.png

yuzuru1071.png

yuzuru1068.png

yuzuru1070.png

綺麗に撮れていなくてすみません(^-^;
ゆづのドヤった表情が大好きなんですけど、
上手くキャプできなかったです。

録画でしっかりご覧になってくださいね。

では、この後録画したまま寝ようと思います。

おお!安藤美姫さん、懐かしのクレオパトラですね。
これ好きでした。世界選手権で金を獲った時?
のプログラムでしたっけ?

ずっと見ていると寝不足になっちゃうから、寝ます。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2018-06-18 | Comment(15) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Faoi神戸のゆづショットなど。


ゆづファンの皆さまこんにちはヾ(*´∀`*)ノ
いよいよ今日は神戸の最終日です。

深夜にはテレビ放送もありますね。
それを楽しみに今日も一日、ブログや家事を
頑張りたいと思います。

神戸公演はプル様のご子息も出演している
ということで話題になっています。

サーシャ君、とてもかわいいですね。

yuzuru1054.png

こちらはインスタに上がっていたお写真です。
ゆづとのツーショット、よかったですね、サーシャ君。

yuzuru1053.png

今日もゆづ友さんが神戸に行っていますので、
またレポートしてくださるかもしれません。
千秋楽なので感動もひとしおかも。

さて、話しは前後しますが、先日いったコンサートの
お写真が上がっていましたのでご紹介したいと思います。

ミュージックボイス

そう、会場の中はこんな感じでした^^
ゆづのビデオメッセージがこんな感じで映し出されました。

yuzuru1055.png

yuzuru1056.png

「自分自身が、小さい頃から夢として思っていた
“オリンピックでの二連覇”ということを、すごく大切にしてきた」
「本当に勝つことが大事だと感じていた試合でした」
「それを何よりも達成することが出来て、本当に良かった
という気持ちです。本当に皆さんの応援の気持ちが僕の
演技を支えてくださったと思っています」

オリンピックコンサートは来月、埼玉県川越市でも
開催されるので、興味のある方は行って見るのも楽しい
かもしれません。

オリンピックコンサート2018in川越

平成30年7月21日(土曜)
午後5時30分開演(午後5時開場)

会場:ウェスタ川越 大ホール

尚、都内で行われたコンサートの模様は
NHK BSプレミアムで、放送されます。

2018年8月20日(月)午前0:30〜(19日深夜)
NHK総合では、2018年8月26日(日)午後3:05〜

参加したオリンピアンからの感想はこちら。

PS:暑くなったり寒くなったり、今年の梅雨は
何だかおかしな気候ですね。(^-^;

おかしなといえば、昨日たまたまつけたテレビで
いわゆるアイドルグループの総選挙なるものが
やっていました。

どう見ても可愛いとは言えない「アイドル?」たちが
上位に選出されていて、ワンツーは、このイベントが
開催された名古屋を拠点に活動しているグループから
選ばれていました。

市長の河村さんも会場に来ていましたね。

開催地のグループが強いというのは、仕方ない
のかもしれませんが、それにしてもまったく可愛い
とは言えない人が人気って…(^-^;

ヤフコメ見ていると「名古屋が嫌いになった」
という人もいました。

アイドルのセンター獲得のための総選挙ですら、
地元びいきにより、本来の実力や人気の伴わない人が
選ばれるのですから、スポーツ競技もそうなんだろうな…
と改めて思った出来事でした。

つくづく昨年のファイナル、ゆづが出なくて
よかったなと思いました。

まさか今年の全日本、名古屋なんかで開催しない
でしょうね。それが心配です。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2018-06-17 | Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィギュアスケート雑誌に期待すること。


ゆづオンリーファンの皆様^^
今日は神戸公演2日目でしたね。

今日も素敵なゆづを見て、感激した方が多かった
のではないでしょうか。

faoiのゆづの様子は後ほどきっと、たくさんある
フィギュア雑誌に掲載されると思います。

そんな「フィギュア雑誌」に関するこんな記事を
昼間、読みました。

「羽生選手のように」 再出発の専門誌「クワドラプル」

yudu61.png

フィギュアスケート関連本の先駆けながら、経営が
行き詰まり、発行できなくなった専門誌が今月、
出版社を変えて再出発したそうです。

以前は「クワドラブル」というタイトルで、
スキージャーナル社が出していた雑誌が、今度は
「クワドラプル アクセル」というタイトルにして
山と渓谷社から新たに出版するのだそうです。

『右足首のけがから復帰を目指す羽生結弦が、
「4回転アクセルに挑戦したい」と宣言した姿に、
編集者は再出発の思いを重ねた』のだとか。

どうしてそういうことになったのでしょうか。
この記事を要約しながら、私なりに今のフィギュア
スケート雑誌の現実を書いてみたいと思います。

クワドラブルは2008年に「カッティングエッジ」
として創刊しました。

当時は浅田真央や安藤美姫などの女子選手が
人気でした。

そんな中、男子フィギュアを取り上げていたのが
この社の雑誌だったのです。

さらにトップ選手以外の選手のことを取り上げる
というのが、この社の最初の方針でした。

ところが、近年、特に羽生選手というフィギュア界に
おける大スターが登場したことで、フィギュアスケートを
扱う雑誌が増えてきました。

さらに、羽生選手を多く取り上げるものしか
売れないという傾向が災いし、そうでない雑誌は
自然淘汰されていきました。

フィギュアスケート熱が加速する中にあって、
クワドラブルが休刊に追い込まれたことを心配した
人たちのツイッターを見たことで、山と渓谷社が、
「こんなに熱いファンがいるスポーツがあるのか」と
驚いたのだそうです。

そして、同社での発行が決まったのでした。

yudu62.png

今はインターネットのおかげで、本や新聞を
買わなくても、動画や写真、記事も見ることが
できます。

そうなると、出版業界にとっては雑誌は売れなく
なります。

しかしそんな中にあって、出せば売れているのが、
フィギュアスケート雑誌なのですからそりゃあ、
どこの出版社でもフィギュア雑誌を発刊したくも
なりますよね。

当然ですが、フィギュア雑誌の競争は激しく
なっていきました。

フィギュアスケート人気に気をよくした雑誌社は、
次から次へと「たくさんのスケーター」を載せた
雑誌を発行しますが、やがて厳しい現実を思い知る
ことになります。

決して安いとは言えないフィギュアスケートの
雑誌を毎月、数冊も購入してくれるのは、
「フィギュアスケートが大好き」だという、
いわゆる「スケオタ」ではなかったのです。

実際、ソチ五輪以降、そうしたフィギュア雑誌を
定期的に購入しているのはほとんどが羽生選手の
ファンだったのです。

そうすると今度は「フィギュア雑誌ならなんでもいい」
というわけにはいかなくなりました。

雑誌の売上に貢献しているファンの気持ちは
「ゆづがたくさん載っているものが欲しい」
「ゆづ成分が少ないものや好きでもない選手が
ゆづと同等に扱われているようなものは見たくない。」
「ゆづを貶めるような記事を書くライターを使っている
雑誌社のものは買わない」
ということを言動ではっきりと表すようになりました。

つまり、「フィギュアスケート人気」だと思って
いたのは、出版社の大いなる勘違いであって、
現実には、「羽生結弦人気である」ということを
彼らは苦い思いをして学ぶことになったのです。

もちろん、ほんとにフィギュアスケートが好きで、
色々な選手が載っているものが欲しい、見たい、
という人も中にはいるでしょう。

でも、それは少数だと思います。

しかし、この「クワドラブル」を発刊していた
スキージャーナル社の編集者さんは、自分たちの
雑誌の存在意義についてこのように言っています。

この雑誌でないと、取り上げられない選手がいる。
幅広く選手を取り上げる方針があったから、
羽生選手もジュニアの頃から掲載することができた。
それが僕たちの存在意義です。


トップ選手以外の選手をあえて取り上げ続けるという
方針を曲げてはいないようですね。

それはそれでいいと思います。
彼らのポリシーにケチをつけるつもりはありません。
フィギュアスケート選手は羽生選手だけではないですし。

私たちファンが気にしているのは、ゆづ以外の
選手を載せているかどうか、ということだけでは
ないのです。

確かにゆづのページ数が少ないものは、買いたいとは
思いません。それは事実です。

私が嫌なのは、ゆづのことを見下げたような書き方を
平気で行うライターを使い、記事を書かせることです。

そういう雑誌はたとえゆづ成分が多くても買いたいと
思いません。

出版社はそういう「ファン」の声に対してもっと、
真剣に耳を傾けて欲しいと思います。

これからもますます「羽生結弦人気」は上がり
続けることでしょう。

現実を直視し、購買層の期待に添えるようなものを
出版業界が作っていけるのかどうかで、生き残って
行けるのか、自然淘汰されてしまうのか、決まると
思います。

雑誌を編集、発行される出版社の方々には今後も
世界の宝、日本の誇りである羽生選手のことを
正しく評価し、彼の栄光を正しく伝え、リスペクトした
記事を載せてくれることを切に希望します。

PS:明日は神戸公演の放送がありますね^^
でも、なぜか昼間ではなく、深夜なんですよね。

ゆづが出ているのですから、昼間かゴールデンタイムに
やってくれればいいのにな・・・

放送が待ち遠しいです。

明日、見に行かれる方々、思う存分楽しんで
来てくださいね^^

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-06-16 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます