羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

かっこいいゆづに会えるまで「あとちょっと」


ゆづ人気はやはりすごかったヾ(*´∀`*)ノ

羽生結弦ら記念碑催し 定員800人に1万2000通


『仙台市は21日、ともに市出身で冬季五輪
フィギュアスケート金メダリストの荒川静香さん
=宮城・東北高−早大出=と羽生結弦さん=ANA、
東北高出=の偉業などをたたえるモニュメントの
設置記念イベントへの参加申し込みが募集定員
800人に対し、1万2000通に上った
ことを
明らかにした。

同日までの郵送到着分で申し込みを締め切った。

1通で2人まで応募できるため、抽選で少なくとも
400通分が当選となる。

イベントは4月16日、日本のフィギュアスケート
発祥の地とされる青葉区の五色沼近くの仙台国際
センターで開催。

荒川さんと羽生さんのトークショーなどがある。』

たった800人の募集に対して12000通の応募

私ももちろん応募した一人ですけどね(´艸`*)

当たる気が全くしないです💧

籤運悪いし・・。

「人気」といえば、こちらの動画。
またまたお借りします。

「彼氏にしたいスポーツ選手ランキング。」

http://dai.ly/x5fk5i0

170322 彼氏にしたいスポーツ選手ランキング&おまけ 投稿者 YzRIKO


この要素を満たしている人は・・?

yh72.png


そう、フィギュア界の王子様。
羽生結弦選手です。可愛いですよね〜(*´▽`*)
そしてかっこいい、美しい、男らしい。

yh73.png

こんな天使のようなかわいいゆづも、
いつかは誰かの「彼氏」になっちゃうんでしょうね。💧
さびしいなあ(/ω\)💦

そして、新しいゆづ表紙の本がまたまた出ます。

Sportiva 羽生結弦 平昌への道

yh74.png

内容紹介。
『平昌五輪を来年に控えて、ますます熱くなる
「フィギュアスケート」。
4回転ジャンプにますます磨きをかけ、
五輪連覇を狙う羽生結弦のインタビューや
フォトギャラリーを収録します。

NHK杯、GPファイナル、そして世界選手権の
速報も含めて、クオリティーの高い競技写真に、
舞台裏のオフショットも多数掲載。

エッセイや鈴木明子氏、本田武史氏らによる
演技の解説など、読み物としても充実。
さらに急成長を遂げる宇野昌磨、世界ジュニアで
2位となった本田真凜をはじめ、宮原知子、
三原舞依、樋口新葉、無良崇人ら日本人選手
たちの今シーズンの活躍ぶりも伝えます。

■CONTENTS■
羽生結弦 平昌への道 ~日本フィギュア
スケート2016-2017シーズン総集編
羽生結弦 2017世界選手権詳報
羽生結弦 フォトギャラリー 他
好評連載 ノンフィクション
『日本男子フィギュアスケート挑戦の歴史』

羽生選手成分がどれほどあるか・・それにより
購入するかどうか、決めたいと思います。


こちらの方のページにとてもかっこいい
ゆづのポスター写真が。

Yooyingそらさん

これは仙台限定でしょうか(;´・ω・)
ステキすぎますね。ゆづポスター。

都内には、世界選手権のゆづポスターは
出ないのかしら。

ファントムの時は銀座にお目見えしたのに。

この仙台のイケメンゆづ、ぜひ首都圏でも
飾られるといいですねヾ(*´∀`*)ノ


さて、今日は最後にS Daliaさんのステキな
動画をご紹介いたします。

https://youtu.be/mAkrJZV04kg


相変わらず素晴らしい動画をお作りに
なりますよね。

世界選手権まで1週間。あと少しで、
またかっこいいゆづに会えますね。

それまであとちょっとの辛抱です。

yh75.png


PS:最近、皆様がコメントを書いてくださる時に
「非公開でも構いませんよ」とか、
「不適切だったら削除してください」
とか書いて下さる方が多くて、
「あ〜私に迷惑をかけまいと気を使って
くださっているんだな」と、ありがたいと
思うのと同時に、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私は皆さまの心からのコメントがとても
うれしくて、できるだけ原文そのまま
掲載したいと思っています。

しかし、時にはこれは不適切かも・・
と思われる部分は言葉を変えて掲載
させていただくこともありますが、
そこはご了承くださいね。

私のブログにはゆづアンチだけでなく、
自称ゆづファンからの嫌がらせも多いことから、
皆さんが言葉に配慮しておられるのがよく
わかります。

ホントにありがとうございますm(__)m

皆さまのお心遣いに感謝するとともに、
私も自分の書く文章で、人様に不快感を
与えることのないよう、気をつけて
いきたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2017-03-22 | Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界選手権までゆづもカウントダウン!


いよいよ世界選手権まであと1週間になりました。

皆でカウントダウン。

http://dai.ly/x5fc6s1

170320 ALTA VISION 投稿者 YzRIKO

やっぱり主役はこの人でしょう。

yh67.png

日本の絶対的エース。羽生結弦。

yh68.png

番宣。

http://dai.ly/x5f90bf

170320 WC 番宣 15秒U 投稿者 YzRIKO


最近では「羽生結弦」にちなんだ話題が
あちこちで出ていますね。(*^-^*)

そんな小ネタまでまとめてくださった動画です。
いつものようにお借りしています。

http://dai.ly/x5f9ngr

170318&19 小ネタ etc 投稿者 YzRIKO


・・で、私もこの間の日曜日、テレビ東京の
番組で「特命ドクター」を見ていたのですが、
なんと、そこにもゆづ様が。

yh69.png

手術の症例として、1歳8か月の男の子の
尿膜管遺残症を取り上げていて、羽生選手が
以前かかった病気であるということで、
この写真が出たのでした。

ヘルニアの手術例も出ていましたので、
見てました。(*^-^*)

興味のある方はこちらから。

日曜ビッグ 「特命ドクター!
世界に誇る外科医達の神ワザ連発SP
」 
2017年3月19日放送分

そしてすでにニュースなどでご存じだと
思いますが、宮原さと子選手、欠場に
なりましたね。

フィギュア宮原知子が世界選手権欠場 
五輪3枠取りに暗雲


『日本スケート連盟は20日、世界選手権に
出場予定だった女子のエース、宮原知子が、
左股関節の疲労骨折の回復が遅れているため、
欠場すると発表した。

yh70.png


1月半ばに発症以降、2月の四大陸選手権と
アジア大会を欠場し、全力で治療とリハビリに
努めてきたが、痛みが取りきれず、2週間後の
試合で良いパフォーマンスはできないと判断された。
補欠の本郷理華が代わりに出場する。』

さと子ちゃんの一日も早い回復をお祈り
しています。

宮原さん欠場!のニュースはやはり衝撃が
大きかったです。

五輪最大3枠確保に暗雲が立ち込めましたが、
補欠の本郷選手、四大陸から補欠出場で、
大変だと思いますが、頑張ってほしいです。

三原選手と樋口新葉選手には、さと子ちゃんの
分まで枠取り頑張ってくださいね^^

2017年世界フィギュアの詳細はこちらから。

ぐぐスポ。


ところで先日、ジュニアの大会が開かれ、
男子はアメリカのビンセント・ゾーン選手が
優勝しました。

yh71.png

今や、ジュニアもシニアと変わらない内容で、
得点もすごいことになっています。

男子フィギュアのジュニア界も4回転!台湾で
目撃した羽生以降の新世代。


『フィギュアスケートの世界Jr選手権男子は、
予想を上回る演技が相次ぐ、ハイレベルな
大会となった。結果がそれを裏付けている。

これまでのジュニア男子の歴代最高得点は、
ドミトリー・アリエフが今シーズンのJGFで
記録した240.07だった。

今大会では、優勝したヴィンセント・ジョウ
をはじめ、5人の選手が240点を超えたのである。

ショートを5位で終えたジョウは、冒頭で4回転
ルッツを成功させると、続く4回転サルコウ-3回転
トウループも成功。

終わってみれば、4回転ジャンプ計3本を含む
すべてのジャンプに成功してフリーは179.24点。
合計258.11で表彰台の真ん中に立った。

ジョウはフリーの技術点で104.66をマーク

ジュニアはコレオ・シークエンスがないし、
大会も違うからいたずらに比較はできないが、
その前提の上で、先の四大陸選手権でジョウ
以上の技術点を得たのはネイサン・チェン、
羽生結弦しかいないことはジョウの点の高さを物語る。


単純に比較できないとはいえ、技術点の高さが
世界のトップスケーターの羽生結弦や、ネイサン
並みだとすると、末恐ろしいです。(^-^;

日本からは島田こうしろう君と友野一希君が
出場し、それぞれ14位、9位と健闘し、来年の
出場枠2枠を勝ち取りました。

日本はアメリカに比べると今一つ、ジュニア
世代が伸び悩んでいる感じですね。

友野君も来期はシニアに転向の可能性が高く、
来季のジュニアの男子は、島田君が引っ張って
行くようになるのでしょうか。

PS:今日、HISさんからメールが来まして、
急きょ、予定していたホテルを変更することに
いたしました。

変更したホテルの方が会場からは遠くなりますが、
交通の便がよく、買い物も便利なので、みんな
とても喜んでいます。(*^-^*)

ヘルシンキでは、「毎日がゆづ会」かな?
今から楽しみです。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2017-03-21 | Comment(7) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アスリートの魂」を見比べて思ったこと。


昨日、地上波でも羽生選手の「アスリートの魂」
が放送されましたね。(*^-^*)

すでに何度も見ている私ですが、またまた
見てしまいました。

http://dai.ly/x5egt4f

170311 アス魂 “絶対王者”がめざす頂 投稿者 YzRIKO


これに関しては改めてお話することは
ないのですが、今回、今月の18日に
放送された宇野選手の回を昨日、動画で
見まして、ちょっと感想を書いてみようと
思いました。

私のブログに来られる方の多くは、あまり
宇野選手のテレビを見ないと思うので、
内容を知らない人も多いと思います。

なので、一応、内容を確かめてみたい方のために、
動画のリンクを貼らせていただきます。

見る見ないは自由なので。(*^-^*)

アスリートの魂 宇野選手編

これを見た方はどんな感想を持ったでしょうか。

私はね、これを見てつい、2012年の羽生選手の
アスリートの魂をもう一度見てみたくなって、
朝から見ていました。

単純に2012年の17歳の羽生選手と、今年
19歳の宇野選手のものと比較することは
できないのですが、それでも・・

感じた違和感というか、あ〜💦これだから
感動がないのだろうな・・と。

http://dai.ly/x16rcgs


アス魂 羽生結弦  投稿者 yusu01207


例えば、17歳の羽生選手を特集したとき、
当時の羽生選手について、

「日本では羽生の名を知らない人はいない
ほど、絶大なる人気を誇っている期待の星」
という紹介でした。

番組では1年半後にソチ五輪を控え、五輪で
金メダルを狙う新星として、取り上げたのだと
思いました。

そういう意味では、今の宇野選手も2012年
当時の羽生選手と似ていると思います。

注目され始めた年齢は違いますが、どちらも
五輪で(宇野選手は平昌ですが)頂上を狙う
若いホープ、ということで注目されていました。

どちらの選手も超えなければならない
壁がありました。

それも同じですよね。

ただ、羽生選手の場合、その「壁」となって
いるのが、当時の絶対王者パトリック・チャン
でした。

当時はまだ4回転ジャンプは1種類、跳べても
2種類の時代で、それも数人のトップスケーター
しか跳ぶことができない時代でした。

そんな中、17歳の羽生選手は2種類目の
4回転であるサルコウを習得するため、
拠点をカナダに移したのです。

新しいコーチのもと、慣れない環境の中、
羽生選手はオーサーコーチの指導を受け入れ、
スケーティングを基礎からやり直しました。

ソチ五輪で金メダルを獲るためには、
彼のような素晴らしいスケーティングスキルを
身に着ける事は必須でした。

しかし、まだ気持ちも共有できているとは
言えず、時には仙台のリンクで一人、4回転
ジャンプの練習にも励んでいました。

恐らくゆづの中には、ジャンプの練習を
あまりさせてもらえないという、気持ちが
あったのだと思います。

オーサーの指導を受けてから半年後、
GPSの初戦でいきなり世界最高得点をたたき出す
という快挙を成し遂げます。

しかし、フリーでは崩れ、初戦での優勝を
逃してしまいました。・・が、それでも
課題だったPCSが自分では思っていた以上に
高い評価を受けていたことに驚きます。
(この当時のPCSはホントにゆづは低かった
のですね(^-^;)

オーサーの言うスケーティングスキルを
磨くための練習が効果があったことを実感した
ことで、羽生選手の練習に対する気持ちが
変わっていったのです。

番組はここで終わっていますが、この後の試合、
2012年のNHK杯では高橋大輔を破っての初優勝。
さらにはGPFで銀メダル。

全日本選手権では、18歳にして初優勝を
成し遂げていきます。

とても見応えがありましたし、愚直に頑張る
羽生選手の姿に感動し、応援をしたくなる
内容だったと思います。

そして、今回の宇野選手の「アスリートの魂」
ですが、期待の新星、五輪の金メダルを狙える
若手として紹介されるのは、その通りだし、
全然いいと思います。

そして、彼の前に立ちはだかる「壁」が、
羽生結弦選手だというのですが、それも
彼にとってはそうなのでしょうから、
それで全然いいと思います。

羽生選手は現在の絶対王者であり、
世界最高得点の記録保持者です。

現五輪チャンピオンでもあります。


この設定に特に異論はないですし、
特に問題のある内容でもないのですが、
45分間を通して感じたことは、どうして、
あまり見ごたえを感じないのか。

どうしてあまり感動しないのか。

演出の違いといったらそれまでなんですけどね。

簡単に言ってしまえば、宇野選手には、
羽生選手ほど「ドラマ」がないということです。

それはもちろん、宇野選手のせいとかではなく。

ドキュメンタリーって、見ている私たちに
してみたら、逆境を乗り越え成功をつかむ・・
というストーリーが定番というか、それを
期待してしまいがちです。

ところが宇野選手の場合、演出が悪いのかも
知れませんが、敵というか立ちはだかる障壁が
同じ日本人の羽生選手しかない、かのような
設定でした。

羽生選手のように、拠点を変えたわけでもないし、
コーチを変えたわけでもない。

まぁ・・女性コーチが山田さんから樋口さんに
変わってはいますが。

生い立ちが詳しく語られることはないですし、
スケートを続けるための障害も特になかった。

いわば「順調なスケート人生」を歩んできた
イメージがあります。

体が弱いとか怪我に見舞われたという
こともほとんどなく。

だからといって怪我や病気に苦しむことが
いいとは思っていませんよ。もちろん。
ないに越したことはありませんから。

羽生選手の2012年当時にはあまり、
ライバル選手に関して多く語られることは
なかったのに、宇野君の場合は、随所に
「羽生選手」について語る(語らせられる)
場面が多く、羽生選手の映像も多い。

確かに宇野選手が金メダリストとなるためには、
同じ日本人選手であっても、世界のトップである
羽生選手が「敵」「壁」なのはわかるのですが、
これでは、羽生選手がまるで「敵扱い」です。

羽生選手のファンの私にしてみたら、
ゆづが「壁」といわれるのはある意味誇らしいし、
嬉しいですが、この内容では宇野選手のファンは
ちょっと辛かっただろうな・・と思いました。

リンクを離れたら仲がいい同志かもしれませんが、
氷の上に立ったらみんながライバルだから、もちろん、
それは当たりまえだし、ゆづが宇野選手にとって
ライバルになるのは、全然いいんですけどね。

妥当羽生、壁は羽生。羽生君に勝ちたい。
羽生君に負けたくない、いつかは超えたい。

多くのスケーターの本音はそうだと思うし、
目標もそうだろうけど。

同じ日本人同志で「敵は〇〇」とやって
しまうことで、どれだけ多くの羽生選手の
ファンが、宇野選手に「がんばってね」と
心からのエールを送ったのかな?(/・ω・)/
と疑問に思わされる内容でした。

私がこのドキュメンタリーを見て思ったのは、
宇野君の思いはアスリートとしては当然だから、
そこに関しては何にも嫌な気持ちはありません。

でも、「羽生君を超えられるように頑張ってね」
とは、やはり言えない。

つまり、敵や壁をいくら世界一とはいえ、
羽生選手オンリーに設定してしているのは、
宇野君にとって、あまりいいことではなかった
気がします。

で、結局は「まだ羽生を超えることはできない」
という結論でしたしね。

せっかく宇野君特集を組んだのですから、
もっと宇野君がどうやってここまでたどり
着いたかとか、に焦点を当てればよかったのに
なあと思いました。

トリプルアクセルを習得するまでの苦労とか、
(きっとあったと思いますよ)
そのせいでシニア転向が遅れたことなど、
何故羽生に勝てないのか・・技術的な面を
まったく指摘していないのが気になりました。

それとも、「すでにそこは完璧だからあえて
いう必要はない」ということなのかな。

さらには、同年代のすごいライバル、
ボーヤン・ジンとか、ネイサン・チェン
とかに対する思いとかが語られていても
よかったのでは・・とも思いました。

番組の最初から最後まで、「目標はゆづ君、
ゆづ君に勝ちたい、超えたい」で終わって
しまった印象が残りました。

最初は「雲の上、届かない、絶対に超えられない」
といっていた少年が今、その羽生選手に
「追いついた、超えたいと言えるまでになった」と、
彼の成長の記録として描きたかったのかもしれない
ですけどね。

おまけに、最後の「金メダルを獲った」が
余計にこのドキュメンタリーの内容をがっかり
させるものにしたのかもしれません。

あの、「採点がおかしい」といわれている
アジア大会でそれも「羽生はいなかったが」
といいながら、「宇野選手は金メダルを獲りました」
・・と。

う〜ん($・・)/

まぁ・・確かに金メダルには違いないけど。
まして、あれはボーヤンの方が勝っていた、
と思われているくらいですからね。

全日本もゆづ不在の金メダルだから、
さすがにそれは使えなかったのかもだけど。

最後に「成功者になったよ」という
シチュエーション必要なのはわかるのですが。
突っ込みどころを与えてしまう最後でした。

しかし、羽生選手のファンとしては、ゆづの
場面が多くて、世界一のスケーターである、
ということを強調してくれたような内容だった
ことは、とてもうれしく思いました。

宇野選手のファンの方には、ちょっと
もやもやが残ったかもしれませんね。

逆にいえば、羽生選手には「ドラマ」がある。
ドラマチックなアスリートだから、こういった
ドキュメンタリーには、いいのかもしれません。

ファンはドキドキハラハラさせられっぱなし
ではありますけどね(^-^;

今日は、ちょっと「アスリートの魂」を
見比べての感想でした。

宇野選手のことを書くと、また「待ってました」と
「自称まともなゆづファン」の人がすっ飛んで
コメントしてくるかな?

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2017-03-20 | Comment(31) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘルシンキの準備、進めています。


ゆづファンの皆さま、今日もブログにきていただき、
ありがとうございます(*´▽`*)

昨日は更新ができなくて申し訳ありませんでした。

世界選手権まであと1週間。

出場する選手はもちろんのこと、その関係者、
さらには現地に応援に行かれるファンの方も、
忙しい日々を過ごしておられると思います。

そんな中、昨日はまた、ゆづ友さんたちと
最終確認を行うために埼玉の某所で集まりました。

今後、海外試合観戦に行かれる方のためにも、
参考になればと思い、今回は準備としてどんな
ことを行ったか、さらに気づいたことなどを
書かせていただこうと思います。

まずは、世界選手権のタイムテーブルです。

こちらは一緒に行かれるお友達のユミイさんが
LINEで送ってくれました。

PDFにエクスポートいたしましたので、
ブログをご覧の皆さまにもダウンロードして
いただくことができます。

nittei.pdf

yh64-1.png


これをもとに、公式練習の時間を確認して、
当日の行動の予定を立てたりしていました。

また、メインリンク以外で行われる練習は
見ることができないこともわかりました。

エキシビションに関しては、練習は今の
段階では公開されないとのことでした。

昨日の段階ではまだ、HISさんから、ツアーの
案内書が届いてないということもあり、
わからないことはその場でチケットを購入した
ところに電話で確認したり、ツアー会社に電話で
確認したりしました。

※ヘルシンキ世界選手権の詳細はこちらから、
確認することができます。


ぐぐスポ

あちらの気候を調べたり、それに伴う
持ち物の確認・・例えばどんな服装がいいか、
ビニールのかっぱなどは保温性に優れて
いるので持って行った方がいいね・・とか

ホテルから会場までの交通手段、距離、
歩いていけるのか・・など。

あちらに行ってから慌てることのないように
前もって調べておくことは大切です。

それから、ユーロ紙幣への両替も当日、
成田で行うよりは前もってしておく方がいいと
いうことで、昨日はみんなで駅近くの
トラべレックスに行きました。

現金はあまり持たず、支払いの多くは
クレジットカードで済ませるつもりです。

私は日本円で5万円分に相当する金額を
あちらの紙幣に交換しました。

昨日の時点でユーロは126円でした。

なので410ユーロに替えていただきました。

yh65.png

写真に写っているのはユーロ紙幣と
観戦チケットと、プレゼントのぷーちゃん
タオルです。(笑)

こちらのぷーちゃんタオルは凛凛香さんが
見つけて、みんなの分を購入してきてくださいました。

チケットはA4サイズの大きさが17枚届きました。
それをこんな感じに折り曲げておきます。

チケットはすべて英語表記です。

説明文などは、カナダに住んでいたことのある
娘さんのいる、はやさんがすべて翻訳したものを
紙に書いて来てくださいました。

ユーロ紙幣や硬貨についても、はやさんが
詳しく書いてきてくれました。

こういうお友達のお力はほんとに助かりますね。

そういえば私は何にも貢献できていないな(;´・ω・)
皆のお荷物にならないよう気を付けなくては。

なので、あちらでも日本のテレビニュースを
動画で見れるようにと、パソコンを持参して
皆さまに貢献するつもりです。

パソコンがあればブログも書けるしね。
動画もアップできると思います。

Wi-Fiのことなども話題に上がりましたので、
今日このあと、私はAUショップに行って色々
聴いて来ようと思います。

ホテルの設備とか日程とか色々と細かいことは
HISに聞くこともできましたので、助かりました。

自分では気づかないことも、みんなで話すと
「調べておく方がいいね」ということが色々
わかって、とてもいいですね。

最後に思ったこと。

二人はひとりに勝る。

聖書の言葉ですが、今回のツアーに関して、
みんなと打ち合わせや相談をすることで、
気づかされた点、助けられたことが多々、
ありました。

一人よりも数人で行くことの利点、価値の
大きさに、改めて感謝の気持ちでいっぱいでした。

特に、海外にいったことのない私にとっては、
他の3人の方は海外経験者ということもあり、
大いに助けられました。

そして、ここからは単なる余談なのですが・・

2月の後半からヘルニアの痛みが再発。

ヘルシンキに間に合わせようと、毎週金曜日に
ブロック注射を打ちに行っていたのですが、
17日は神経に針がふれたらしく、凄い激痛が走り、
直後に胸から下がしばらく麻痺して全く、
動くことができませんでした。

もちろん、薬のせいなので、一時的な
ものではありますが。

医者は何度もお詫びしてくれて、その日の
注射代は要らないといわれましたが、
あのまま下半身不随になったらどうしようかと
凄く不安でした。

神経に触れたせいか、昨日は一日中、
腰痛に悩まされました。

皆にも心配をかけてしまい、
「今日はブログはダメよ」と、くぎを
刺されてしまいました(^-^;

春先ということもあり、一緒に行くゆづ友さんも
めまいだとか、皮膚のただれに悩まされている
方がたもいらっしゃり、いささか不安な中での
ヘルシンキ行きとなりそうです。

そんなこんなで夕べは更新をすることが
できませんでしたが、痛み止めを飲みながら、
何とかヘルシンキ旅行を無事に終えることが
できるようにと願っています。

ゆづもさと子ちゃんも怪我に悩まされながらも
試合のために頑張っているのですから、、
ヘルニア程度で、辛いなんて言っていたら
ダメですね。(;´∀`)

あ、女子ジュニア選手権、真凛ちゃん、
頑張りましたね!

ノーミスで200点越えの銀メダルはとても
立派でした。

坂本選手も銅メダル。

yh66.png

日本の女子の未来は明るいです。

さと子ちゃんのケガ心配ですが、世界選手権、
出場するようなので、あちらで応援させて
いただこうと思います。

追記:本日は地上波にてゆづの「アスリートの魂」
が放送されます。


3/19 NHK総合。24:10〜

テレBeing番組表。


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2017-03-19 | Comment(14) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年3月のスポーツ紙より。


ゆづが大好き、ゆづ命!の、ゆづファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ
今日もブログにきていただき、ありがとうございます。

今日はこんな記事ですが、ご紹介しちゃいます。

あんまり好きじゃない「日刊スポーツ」です。(^-^;

だけど、今のものではなくて4年前の
3月17日の記事の復刻版なので、今よりは
マシな記事だと思います。

羽生結弦4位 日本、ソチ五輪3枠死守/復刻 -】

『プレーバック日刊スポーツ! 過去の
3月17日付紙面を振り返ります。

2013年の終面(東京版)は、羽生結弦が
ソチ五輪の国別出場枠がかかった世界選手権で、
ショートプログラム9位から4位に追い上げ、
最大「3」枠を確保したことを報じています。 』


yh52.png


<フィギュアスケート:世界選手権>
◇第3日◇15日◇カナダ・オンタリオ州ロンドン

強行出場した羽生結弦(18=東北高)が
日本の窮地を救った。左膝、右足首痛に耐え、
フリーは169・05点の3位。
技術点1位の演技でショートプログラム9位から
合計244・99点の4位と追い上げた。


ソチ五輪の国別出場枠で、上位2人の合計順位が
「13」以内で決まる最大3枠確保が命題の大会。
SPの不振で危機のなか、手負いの全日本王者が
驚異の精神力をみせた。


高橋大輔(27)は合計239・03点で6位、
無良崇人(22)は8位、チャン(カナダ)が
3連覇を飾った。

もう体力はなかった。
心肺の酷使で乱れる呼吸、うずく両足の痛み。
フィニッシュで高く上げた両手を振り下ろし、
膝を折って四つんばいになった。

額を氷に付け、激しく体は震える。
「どうしょうもない状態」で浮かんだ言葉は
「ありがとう」。羽生は静かにつぶやいた。

羽生 やり切った。
体調が悪い中で、たくさんの方が体と心の
ケアをしてくれて、本当に感謝でいっぱいだな。
終わってへたり込んで、氷にもすごく感謝!

演技中、いつ倒れてもおかしくなかった。
4大陸選手権後にインフルエンザで10日間休養。
さらに練習を再開した先月末に左膝の腱を負傷していた。

痛み止めの注射を打ち、薬も服用。
指圧師が寝ずの治療をしてくれたが、回復具合は
30〜40%。追い打ちをかけるように、
朝の練習で右足首も捻挫…。

この半月まともに練習できず体力の不安も
あるなか、「痛みよりも感覚を取りました」。

痛み止めの量を抑え、激痛にむしばまれていた。

「すっごく不安」で、わずかな感覚が頼り。
冒頭の4回転トーループから4回転サルコーへ。
手をついたが、降りた。

そこから「体力を残しておきたかった」と
スピードを抑え、終盤へ。

いつもの疾走感はないが、「枠取りなのに
日本代表として申し訳ない。
しっかりと最後まで滑りきろう」。
使命感が痛みを超えた。

演技後、思った。

羽生 1年間やってきたことは1カ月
くらいじゃなくならないんだな。

故郷仙台を離れ、10年バンクーバー五輪
金メダルの金妍児を育てたオーサー・コーチに
師事するため、カナダのトロントに渡ったのは
昨年5月だった。

アパートで母と2人暮らし。
地下鉄を乗り継ぎ練習場へ通う日々は
戸惑いもあった。
幼少期からぜんそくを抱える。
ハウスダストなど呼吸器への影響を避ける
マスクは日本では欠かせなかった。

だが、カナダでは文化がなく「変な人に見られる」。
冷たい視線も浴びた。通学は出来ず、通信教育。
休みでも遠出はせず、練習と勉強に没頭した。

悩めば、帰宅後も「家族会議」で母と
映像を見て改善点を探した。
時は過ぎていま、第2の故郷で積んだ
1年間は、裏切らなかった。

SP終了時で、上位2人の合計順位が、
3枠確保に必要な「13」以内ギリギリ
だった日本男子。


救った18歳はソチ五輪への道を自ら広げた。
1年後、その舞台の頂点に立ち、再び言いたい。
「ありがとう」と。』

※記録や表記は当時のもの

4年前の記事の復刻版ですが、当時の状況が
よくわかるいい記事でした。

ゆづはこの世界選手権の時は、初の全日本王者
として、重責を担っての出場でした。

インフルエンザを発症し、思うような練習も
できないまま、臨んだロンドンカナダの世界選手権。

やはりSPでは、調子が上がらず9位と出遅れて
しまいます。

情けなさに涙するゆづ。

yh53.png

こんなかわいい泣き顔が話題になりました。

yh54.png

しかし、フリーでは渾身の演技を見せ、
満身創痍の中、4位まで順位を上げました。

ゆづの頑張りで、日本男子はソチ五輪の切符、
最大3枠を獲得することができたのです。

yh55.png


当時のことを報道した動画があります。

http://dai.ly/x16stm2

3枠獲得への覚悟  羽生結弦 投稿者 yusu01207


日本男子3枠獲得にまさかの黄色信号。

きつい練習のし過ぎで足の腱を痛めて
しまった羽生結弦選手。

yh56.png

全日本王者としてこのままでは終われない。

yh57.png


「2人の先輩方(高橋、無良)に少しでも、
力を何か上げられるような応援ができたらな・・と。」

yh58.png

yh59.png

先輩二人を見つめる羽生。

yh60.png

高橋大輔は6位。

yh62.png

羽生結弦は4位。

yh61.png

無良崇人8位。

yh63.png

その結果、五輪出場最大3枠を獲得しました。

さすがゆづですねヾ(*´∀`*)ノ

ノーカットの日本語解説版はこちらから
見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=IhonzZox9nw



私はこの時自宅で、リアルタイムでゆづの
活躍を見てました。

2013年の3月は母を亡くしたばかりでした。

家には親族がきていて、落ち着いてテレビを
見ることができなかったのですが、好きだった
フィギュアスケートを見たくて、この時は
テレビをつけていました。

「羽生君、頑張って」と心の中で応援しながら
ゆづの演技を見守っていました。

表彰台に上ることはできなくて残念でしたが、
日本選手では最高位の4位に、当時、隠れて
応援していた私は、親族の手前、堂々と喜びを
表すことができなくて、心の中で万歳をしていました。\(^o^)/

今年のゆづには「全日本王者」の肩書きは
ありません。

インフルエンザのため、昨年末に行われた
全日本選手権に出場できなかったからです。

それでもゆづは日本の絶対的存在です。

きっと最大3枠を獲得してくれることでしょう。

今年の世界選手権は、ヘルシンキに行って、
会場でゆづを応援したいと思います。

ゆづが表彰台のど真ん中に立ってくれる
ことを信じて。

yh15.png

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2017-03-17 | Comment(10) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます