平昌五輪の羽生選手は、まさにダイヤモンド級。 - 羽生結弦 成功への軌跡

平昌五輪の羽生選手は、まさにダイヤモンド級。


ゆづオンリーファンの皆さま。こんにちは
暑いですね〜。
そのくせ毎日、お掃除ばかりして汗をびっしょりかいています。
水分補給しなくては危険ですね。💦

さすが羽生結弦選手です。
もっとも美しいお顔100人にノミネートされています。

羽生結弦、「アジアで最も美しい顔100人」に選出 
海外反響「メイクもケアも不要」

THE ANSWERより転載。

恒例企画のアジア版に日本人アスリートでは唯一選出

『フィギュアスケートの五輪連覇王者、羽生結弦が、「アジアで最も美しい顔100人」にノミネートされた。米批評サイトを運営するTC Candlerの主観による選出で、高い知名度を誇る。

「世界で最も美しい顔100人」は1990年より世界の女優やモデルを対象に選出されていることが知られているが、今回は男女を交えたアジア版。羽生は錚々たる女優や俳優、モデルに交じり、昨年に続いてノミネートされている。日本からは菅田将暉、古川雄輝、宮脇咲良、板野友美、モモ(TWICE)が選ばれているが、アスリートでは羽生が唯一だ

同サイトの公式インスタグラムがノミネートの100人を顔写真つきで発表。

 TCCアジアのインスタグラム

haniu655.png

スポーツ選手ではただ一人選ばれているってすごいですね
青年になってから増々、美しくなっている羽生選手です。
特に演技をしている時の表情は、絶世の美男です。

昨日届いた「通信デラックス」の中にも、キリッとして
美しい羽生選手の画像がありましたが、美しくてかっこよくて
思わずため息が出てしまいました。

余談ですが、ファンの方には申し訳ないけど、菅田将暉さんて
美しいですかね?(´・ω・`)

個人的な感想ですけど、美しいという感じではないような気が
するのですけど…。

さて、今日の午前中は、久しぶりにアナザーストーリーズの
録画を見返していました。

この番組は大好きで、何度見ても感激しますね。

今回は、バトン氏の言葉を取り上げながら、いかに羽生選手が
他に類を見ない素晴らしいスケーターであるか、ということを
お伝えしたいと思います。

羽生結弦 Yuzuru Hanyu [1/2] 『オリンピック連覇〜メダリストたちが語る最強伝説』
https://www.dailymotion.com/video/x71igbc


haniu658.png

haniu661.png

ディック・バトン氏は1948年と1952年の五輪で連覇を果たした
アメリカの元スケーターです。
世界で初めて3回転ジャンプを跳んだ人です。

haniu659.png

毒舌解説者として有名なバトン氏ですが、羽生選手に
関しては大絶賛しておられましたね。

haniu660.png

以下、バトン氏の素晴らしい言葉を書き興して見ました。
今のスケート界、特に能無し忖度ジャッジ達には両方の耳を
かっぽじって聴いてもらいたいことばかりです。

「結果なんておまけだよ。私の評価基準は演技がちゃんと劇場になっているかどうか、それだけだ。独創的でお客を呼べる劇場にね。
羽生結弦の演技はそういう意味では最高だ。皆をうっとりさせる。満員御礼間違いなし
だ。


「今の選手はスケート界を変えるという気概が足りない。採点に縛られて窮屈で新しい技をやろうという選手は全然いない。」

羽生選手は違います。4Loを始め、世界初の技を実現してきました。

結弦がソチ五輪の後に言った言葉に強い感銘を受けたんだ。うまく滑れなかったと言ったことにね。
今のルールでは転んでも点数が付くけど、私はああなった時フィギュアスケートは死んだと思った。
フィギュアスケートは採点スポーツである以前にお客を魅了するものなんだ。オーケストラが1音でも飛ばしたら台無しだし、バレエでダンサーが転んだらしらけるだろう?おなじだ。お客をがっかりさせちゃいけない、いけないんだ。
だから結弦の言葉に感銘を受けたんだよ。若いの、わかっているじゃないか!ってね。」

近年では、4回転ジャンプを武器にしている選手が台頭してきました。
アメリカのネイサン・チェン。中国のボーヤン・ジン、日本の宇野昌磨。

haniu662.png

しかし、バトン氏の評価はとてもて厳しいです。

「4回転4回転…って、だからなんだっていうんだ。どいつもこいつも点数目当てにぞうきんを絞るみたいなジャンプばかりして
あんな見苦しいものは見たくない。私が見たいのは例えばジャネット・リンだ。彼女は軽やかに飛躍していた。距離を跳んで静かに着地する
それが本当のジャンプだ。ジャネットの演技には切れ目がない。1つの表現としてコントロールされていて、ジャンプも音楽に乗ってシンプルに跳ぶ。彼女のスケートこそ、まさに劇場だ。
もう一人忘れてならないのが伊藤みどりだね。彼女はジャネットとは別の意味で最高の劇場だった。とにかく皆、目を奪われたよ。あんなに空高く跳ぶ選手はいない。そして浅田真央。彼女はゴージャスだったね。まさに名女優。他の選手にやれと言っても絶対にできないパフォーマンスだった。そうした名選手と比べても羽生結弦は別格。破格の存在なんだよ。
結弦はどこかで見たような演技はしない。今見逃すと二度とみられないような演技。それだけが価値があるんだ。
どんなに難しい技だろうがその選手独自の表現になっていなくちゃ、皆似たようなジャンプじゃ点数だけで感動はない。


バトン氏は確かに感動を重視してきたスケーターでした。
バトンは新たな技を加えることにまい進しました。
世界初の3回転ジャンプ。
フライングキャメルスピンも、バトンが発明した技でした。

キャメルスピンとかをやったのも、見る人の心をうごかすためさ 優雅でゆったり滑るだけだったスケートにダイナミズムを加えて目をくぎ付けにしたんだ。要は点数を超越した感動を与えられるかどうかだ。結弦にはできる。五輪の前に怪我があったけど、彼が戻ってくることだけを願っていた。本物のスケーターをね。

haniu663.png

haniu664.png

彼のジャンプで見るべき一番重要なところはスピードだ。ジャンプに入るときと出るときのスピードが変わらない。そんな選手はまずいない。見たかい?跳びましたよ、なんてアピールはまずしない。他の選手はジャンプを跳び終わると、終わった感が出ちゃうけど、彼は切れ目なく、シンプルに演技を続けている。よく尻もちつかなかった。成長したね。大けが明けだろう?本当によく堪えている。1回くらい尻もちついても正直、点数では勝てるはずだ。だけど彼はお客を魅了し続けることの大切さを知っているんだ。彼もやっと満足できたね。気持ちはよくわかるよ、いや本当に素晴らしかった。 (ソチ五輪の時より)はるかに人を引き付ける演技になっていたね。よりシンプルなのにより伝わるものがある。点数なんて関係ない。この大舞台で魅せうる最高の劇場を見せてくれたと思うよ。これぞ金を超えてダイヤモンド級の演技だね。」

haniu666.png

haniu669.png

五輪二連覇の大先輩から大絶賛を受けた羽生選手。

人を感動させるような演技をするどころか、点数を取るために
雑巾を絞るようなジャンプばかりを数多く跳ぶスケーターが多い中、
ジャンプの質はもちろんの事、人の心を動かし、魅了する演技が
できる、本物のスケーターが羽生結弦
なのです。

それなのに、羽生選手に対する評価が下がるばかりなのが
腑に落ちないですし、甚だ疑問です。怒りでいっぱいです。

何がいけなくて五輪二連覇の王者を酷評するのでしょうか。

それがある特定の国の選手に金メダルを獲らせるための策略
なのだとしたら、絶対に許せないです。

バトン氏も認めるこんなに素晴らしい、史上最強で最高の
スケーター羽生選手を、貶めるような採点をし続けてきた恥ずべき
愚かななジャッジは今すぐ、ジャッジをやめるべきだと思います。

次回はプルシェンコ氏の言葉をご紹介したいと思います。

【ファンタジー・オン・アイス 2018】
<静岡公演 最終日>■8月16日(日) ひる12:00〜 ※副音声:会場音のみ

【ファンタジー・オン・アイス 2019】
<幕張公演 初日>■8月22日(土)午前10:30〜 ※会場音のみ
<幕張公演 2日目>■8月23日(日)ひる12:00〜 ※会場音のみ
<幕張公演 最終日>■8月23日(日)午後3:00〜 ※会場音のみ
<神戸公演>■8月29日(土)ひる12:00〜 ※会場音のみ

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村



2020-08-15 | Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさんゆづフアンの皆さんこんばんわ。
いつもはっきり書いてくださりありがとうございます。
羽生下げはフィギュア界全体の価値を落とすことになるのですけど、目先の思惑、欲にとらわれて全体が見えなくなっています。
バトン氏に賛同される関係者も少なからずおられると思っています。
口を開いてほしい。トヨタの子をスケ連が担ぎ始めたころからフィギュアは上半身のタコ踊りと顔芸重視になってしまいました。アメリカのトヨタの子もタコ踊りと顔芸で高得点をはじき出しています。
そしてジャッジはそれらの芸を喜びもてはやしているように思える。レベル低すぎ。なぜ羽生選手が世界規模で人気があるのか考えてほしいのですけど、今のフィギュア界を牛耳っている人達は今の自分の欲得しか考えていないのでしょうか。
Posted by tama at 2020.08.15 21:43
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

 アジアの美しい顔100にゆづがまた選ばれたのですね。アスリートで唯一とはなんて素晴らしい事でしょう。女優俳優、モデルに混じってとはいかにゆづのお顔はレベルが高いかですよね。
通信DXの中も素敵な写真があったそうで、もう早く手に入れたいです。楽しみー。

 デックバトン氏のゆづへの評価は高く、まさに大絶賛ですよね。経験者にこれ程まで認められ評価されている、私等がゾッコン惚れ込んじゃうのも当然ですよね。ゆづの演技はまさに劇場、他とは格が違いますもんね。
 私ももう一度じっくりこの録画した番組が見たくなりました。
Posted by えりえり at 2020.08.15 22:59
マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今日は。
田舎に住んでいても高温には変わりなく、ちょっと動くと汗ダラダラという感じです。でも長雨の頃と比べて湿度が下がり、不快ではなくなりましたね。

羽生選手のこのランキングイン、もう数年続いているようですが、今年の写真はまた格別ですね。これは5年前の家庭画報の時の分でしょうか。
仙台広報や国民栄誉賞の時の黒紋付も素敵でしたが、羽生選手は青や紺も似合う人、こちらも素敵ですね。気品が溢れているのは、やはり私生活の美しさと崇高なアスリートスピリットの所以かなと思います。

しかし、もしこのニュースがあのUSM兄弟に関するものだったら、事務所を上げて大騒ぎでしょうね。まあ万に一つもありませんが。
菅田さんに関しては、私も彼の人気が不思議でたまらない人間の一人です。芝居は上手いと思いますが、どこをとっても普通です。事務所の売り方が上手いのでしょうね。でも、ごり押し感はないから、あの兄弟のような不快感はありません。

アナザーストーリーは、私も何度も見返しています。バトンさんの言葉がこ気味よくて。本当におっしゃる通りです。
自分の受賞と引き換えに魂を売ってしまったのかと言われたカートブラウニングと違って、アメリカスケ連への忖度は全くないこ気味よさでした。
五輪二連覇の英雄は、そんなこと恐れる必要がないのでしょう。長生きしていつまでもご意見番でいて欲しいものです。アメリカスケ連には耳の痛い存在でしょうね。
Posted by フィギュアファン歴37年 at 2020.08.16 16:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます