羽生結弦「圧倒的に強い自分で」NHKのWEB記事より。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦「圧倒的に強い自分で」NHKのWEB記事より。


ゆづオンリーファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ
いつもブログに来ていただき、ありがとうございます。

ロッテオンラインショップ、全然つながらないです。
羽生結弦人気を見くびりすぎ?

前回のクリアファイルが比較的不評だったので、
油断したのかなあ?

良いものを出せば、ファンは正直だから絶対に
欲しいと思うはずなんですよ。

しかし、毎回思うのは「ファミマ限定」とか、
「イオン系限定」とかって、やる意味があるのかな?

限定にしてしまうから、集中してしまうのであって、
ファミマでもイオン系でも、オンラインでも同じものを
配布してくれれば、集中しないと思うんだけどね。(-.-)

大人の事情?なのかもしれませんが、限定ものを
扱うのであれば、日本中のファンが殺到してもいい
ぐらいのシステムにして対応してくれないと、今後も
こういう状態になるのは目に見えています。

なんせ、羽生結弦の人気は凄いのですから。

ロッテさんは羽生選手のおかげで売れに売れて、
笑いが止まらないだろうな。
しかし、第二弾が思いやられる。💨

今日は、ネット記事に上がっているものの中から
良いものをご紹介したいと思います。

羽生結弦の現在地 そして未来へ
NHK WEB

hn1841.png

その視線は、力強く鋭い時もあれば、優しく穏やかな時もある。
発することばは、常に真摯だ。
聞き手の問いかけを正面から受け止め、みずからの考えを正確に表現しようとする。
そのことばは、時に私たちをハッとさせ、時に深く考え込ませる。
イタリア・トリノでのグランプリファイナルを戦い終えた羽生結弦選手。
今シーズンの彼のことばから「羽生結弦」の現在地と、少し先の未来を探る。
(スポーツニュース部記者 田谷亮平)

“羽生結弦になれない−”

今シーズン羽生は、たびたび、幼い頃に思いをはせた。
9歳の時の“自信の塊”みたいだった自分が、今の羽生結弦を励まし続けている。そして今の“泥臭い自分”が、その思いに応えようとしていると。

hn1842s.png

子どもの頃、心から好きで自信があることにすごく素直でいられた。
その時の自分に“お前、まだまだだろ”と言われている。
僕の根源にあるのは、本当に自分の心からやりたいこと、自信を持てるものをスケートで出したいということ。
今の大人になった自分と、小さい時に何でもできると思っていた自分が融合したら、最終的に“羽生結弦だ”と言える。
それが僕の理想像ー」

hn1843s.png

本当に泥臭い人間で、昔から、器用に自分の中で納得できるというところまでぱっとできる人間ではなかった。
何回も何回も積み重ねて、磨き続けて、何とかここまでやってきている。
究極に磨ききれた羽生結弦っていうのを、自分では想像はできるけれど、体現はできていない。
なかなか羽生結弦になれないなと思いながら過ごしている」

“圧倒的に強い自分でー”

羽生はオリンピック連覇を達成しながらも、常に成長を目指し、高いモチベーションを維持して自分と向き合い続けている。
そのモチベーションの根本にあるものは、何なのだろうか。

hn1844s.png

結局、勝ちたいのだと思う。
(昨季の)いちばん大きな試合である世界選手権で負けてしまって、そこそこ自分も出し切れたと思う状態でフリーでも勝てなかった。
その悔しさが今、自分のモチベーションになっている。
その悔しさを、なんとか晴らしたい。
圧倒的に強い自分でいたいと常に思っている」

自分の夢は、ソチの金であり、ピョンチャンの金であり、そこから先を描いていなかった。
いま本当にこうやって強くなろうと、現役として最強でありたいと圧倒的でありたいと思えるのは、皆さんの期待のおかげ」

“プレッシャーがあるから…”

リンクに立ち、戦い続けることには苦しさが伴う。
オリンピック連覇を成し遂げた選手であれば、そこに周囲からの大きな期待やプレッシャーが加わる。

だが、そのプレッシャーがあるからこそ、苦しさに向き合うことができると言う。

つらくて、逃げたいとか、こぼしかける時もある。
本当につらい、これ以上の努力はできないと思う
くらいまで追い込むので、できなかったときにやっぱり苦しくなる。
それでも、その苦しみを越えてでも、ノーミスしたいと思ってしまう。
その原動力が周囲の期待なんだと思う」

hn1846s.png

続きはWEBサイトでご覧ください。(*^-^*)

何か、羽生選手が現役を続ける苦悩を語る部分に
胸を締め付けられる思いがしました。(/ω\)

本来なら平昌五輪で終わりたいと思っていた…けれど、
続けることを選択した羽生選手。

「リンクに立ち、戦い続けることには苦しさが伴う」ことや、
「周囲からの大きな期待やプレッシャーが加わる。」こと、
「つらくて、逃げたいとか、こぼしかける時もある。」ことなど。

五輪を連覇した後の方が、現役を続ける苦しさが
倍増したんじゃないかなと思います。

その苦しみを覚悟したからには、どんなに辛くても
逃げることはできないと、きっと自分に言い聞かせて
いるのでしょうね。

それでも、もうこれ以上続ける意味がないと思ったら、
いつでも身を引く覚悟はあるんだろうと思います。

今はまだ、続ける意味もモチベーションも目標もあるから、
続けていけているのでしょうね。

この記事、とても素敵なお写真と簡潔なゆづの言葉で
綴られていたところが素晴らしかったです。

是非、お時間を取ってごらんになってください。

その他にもちょっと時間は経過しましたが、
先月には良い記事も出ていましたので、
また次回にでもご紹介できたらと思います。

Twitterに上がっていた動画です。



「サッカーを応援します!」という羽生選手の映像。
4年前と現在の映像を見ると、やっぱり大人っぽく
カッコよくなっているのがわかりますね。

Twitterの皆さんは、本当に熱心で、頭が下がります。

ところでTwitterではこんなハッシュタグで盛り上がって
いましたよ。

野生とベイビーの理想的同居

ゆづの野性的でかっこいい画像と、甘くソフトな可愛い顔と
2通り楽しめるのがいいですね(∩´∀`)∩ワーイ

こちらの企画もぜひ参加していただければと思います。

#羽生結弦選手の幸せ願う千羽鶴メッセージ

私も参加しようと思っています。
まずは折り紙買ってこなくっちゃ!

夜勤の時、暇な時間ができるのでその時、
折ろうと思います。

私がTwitterを積極的に使い始めたのは、昨年あたり
からだと思います。

アカウントはゆづファンになる前に取っていますが、
ゆづファンになってからしばらくはブログ記事の
リンクを貼っているだけで、ほとんどひとと絡む
ことはありませんでした。

hn1847.png

それも、あのバッシングで私のTwitterが拡散されたのを
きっかけにしばらくやめていました。

それに加えて私のブログは始めた当初から「ゆづオンリー」
でしたので、お花畑さんからはあまり良く思われていなかった
こともあり、積極的に自分の書いた記事を広めようとは
しませんでした。

昨年、LINE仲間の方がツイッターを始めたことで、
私のTwitterをフォローしてくださってから、
ゆづファンの方が、少しづつフォローしてくださる
ようになりました。

その影響で私もちょくちょくTwitterを見るように
なりました。

その時、Twitterにはかなり多くの「ゆづオンリーファン」
の方がいらっしゃることに気づきました。

そしてその多くの方がたは、アンチのTwitterに
憂慮していること、採点に疑問を持っていること。
スケ連や日本のメディアの羽生選手に対する扱いに、
憤りを持っていることなどなど…。

私たちと同じ思いの人がたくさんいたのです。

私のブログで少しでも、オンリーファンの想いを
伝えられたらいいな。

オンリーファンの率直な嘆きや訴えを取り上げる
ことで少しでも何かが変わっていけばいいな。

Twitterでは楽しい話もたくさん拡散されていますし、
楽しい企画も催されますし、情報も早いです。

そんなTwitterの利点を生かしながら、ブログでは
シッカリした記事を書くことで、皆さんに共感を
伝えていきたいと思いました。

これからもゆづへの熱い思いを皆さまと一緒に
語っていきたいと思います。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2020-01-09 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、皆さん、こんばんは!

オリンピック2連覇、本当は平昌でやめてプロになってお金を稼いでと未来への青写真を描いていたんでしょうに、あまりにも環境が変わりすぎて自分が思い描いていた環境とかけ離れ、いろんな方々に支えられすぎて期待に応えられる演技がしたい!というのが強いと思いす。スケートをやっている根底にはその支えてもらってる方々への感謝、期待に応えたい!そのような思いでしょう。
平昌終わってフワフワしてGOEがマイナスでも4Tー3Aをやったり、4アクセルもやるか、みたいな感じで始めてしまった。結局行き着いた所は勝ちにこだわる所に戻ったゆづ「圧倒的に強い自分でいたい」

ゆづには明確なゴールがあるように思います。その目標に向かっていってほしい!もちろんゆづは人より怪我するリスクが高いので怪我なく順調にトレーニングできていることを願ってます。
Posted by トミ at 2020.01.09 23:55
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

 昨日から1日半もかかって悪戦苦闘したゲームの続き、とうとう操作上自分には無理と息子に操作して貰い先に進めました。自力クリア出来ないのは悔しいですが、先に進むため仕方ありません。数日前からゲームにはまってます。久々にクリアに向け燃えてまーす。

 さてゆづのことですが、今回のクリアファイルは人気絶頂ですねー、オンラインは繋がり難いのですね流石の人気。私は自分で買い回るのしかしたことない、うちのボロPCではまず繋がらないだろうしオンラインはちょいとお高いし。でも限定がありますからねー。魅力的ですな。

 現役続行の苦悩というか色々を今回知ることができ、ゆづには改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。引退してても不思議は無い中あくまでも進化を目指してタイトルにも勝ちに行く姿勢で本当にただただ偉いなぁと。もっと有り難く今の姿が見られる事に感謝を忘れてはいけないと思うのです。
 今も自分を追い込んで、逃げ出したくなる程の苦しみとともに練習に明け暮れてるのでしょうか。頭の下がる思いです。積み重ねた努力がゆづを裏切らず報われる様願うばかりです。どんな結果でもいいゆづさえ見れたらと考えつつもゆづの望みなら全部優勝であって欲しいとも思います。ゆづの希望が叶いますように。

Posted by えりえり at 2020.01.10 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます