25歳。今季の全日本が最後だった選手。 - 羽生結弦 成功への軌跡

25歳。今季の全日本が最後だった選手。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは
箱根駅伝、駒大は8位でしたね。(^-^;

それから、コメント欄でご指摘があったように、
仙台出身の中村大成君、復路の6区でしたね。

たまたま駒大に同じ名前の選手がいたらしくて、
間違えてしまいました。

1区9位の人は中村大聖君でした。

駒大にはまた、来年に期待しましょう。

皆さまが応援していた学校はいかがでしたか?

見ていて思ったのですが、陸上競技は嘘やごまかし
がない、スピード競技なのでいいですね^^

フィギュアのように採点の疑問が出るような
こともなくて。だから勝ったチームに対しても、
純粋に「すごかった」と言えるところがいいです。

フィギュアスケートはどうしても感情を持つ
人間の「目」をいったん通して採点されるので、
そこに「えこひいき」だとか「忖度」だとか、
本来ならあってはいけない要素が採点に入り込むので、
さわやかさを感じないのです。

もちろん、『忖度しています』なんて堂々と認める
ジャッジはいないと思います。

ですが、特定の選手だけがいつも劇アマに採点
されていれば、そこに何かしらの力が働いている
ことぐらい、誰だってわかりますよ。

ある意味、分かりやすくて「バカだなぁ」と思います。

だからSNS等で質問されたら、まともに応える
ことができずに逃げちゃうわけでしょ?

(別に岡部さんがそうだとは言わないですけどね)

汚いことをしている政治家とやっていることが
おんなじですよね。

汚いことをしている政治家は、世間の目が厳しくなり、
追及され始めると「説明します」と言っておきながら、
「入院」という形をとって雲隠れしたりします。

そして、世間のほとぼりが冷めるころ、のこのこ
出てきて何食わぬ顔して政治家を続けるという。

汚いジャッジやテクニカルもおそらくそうなので
しょうね。

一般人からの質問や追求なぞ、まともに応えるつもりなど
さらさらなくて、適当にあしらっておけばそのうち追及も
やむだろうと、高をくくっているのでしょう。

思うんですけど、ISU公認のジャッジの数が少なすぎる
のが問題だと思うんですよ。

だから、どんなひどい採点をしたとしても、彼らを
使わなくてはならないわけで。

ジャッジの数が少ないから、悪質でもクビになることは
ないので、癒着する人も出てくるのだと思います。

それならば、どんどんジャッジを増やせばいいではないか?
とおもいますよね?

まぁ、無報酬だし、その割には資格を取るのも簡単では
ないので、そんなにすぐには増えないのかもしれませんが、
それでもきっとやりたい人はいると思います。

これだけ、色々な不満が出ているのですから本当なら
「人が少なければ増やす」ということを考えると思うのですが、
恐らくですが、人を増やさせないようにという何らかの「力」が
働いているのかもしれないですね。

つまり、人が増えるとそれまで美味しい思いをして来た
人たちにとっては都合が悪いのでしょう。

悪事も癒着もばれるからだろうね、きっと。

新しい風を入れたがらない、閉鎖された世界なのかも
しれません。

これはあくまでも私の思っていることなので、スケ連に
取材したわけでもないですから、鵜呑みにしないで
くださいね。

ただ、「立派な人たち」だとされている政治の世界でさえ
そうなのだから、人間の組織のやることなど大して変わらない
でしょうし、ある程度は想像がつくということです。

つらつらとそんなことを考えて書いてしまいましたが、
えーと、今日書きたかったことはなんだったっけ?(笑)

そうそう今日はね、やっとCS放送の「もう一度見たかった
あの演技」を見ることができました。

それで感じたことを書こうと思っていたのですが長くなるので、
次回にしたいと思います。

■今季の全日本で引退した鈴木潤君。

朝日デジタルに出ていた記事でしたが、あまり
知られていない選手ではありますが、以前は仙台で
羽生選手と同じリンクで練習していたこともある人
だったのですね。

羽生と同い年、万感のビートルズ 迷い越えありのままに

『全日本選手権の男子シングルに、1人の大学院生がある決意を胸に挑んでいた。17位の北海道大学大学院工学院の鈴木潤選手(25)。4歳から始まったスケート人生の最後と決めた、全日本だった。』

有料記事なので、全文をご紹介することはできないのですが、
かいつまんでご紹介したいと思います。

鈴木選手は仙台市出身だそうです。

羽生選手とは同じ年で、同じリンクで練習していた時期も
あったとか…。

2008年(当時中学一年)全国中学大会は1位が羽生選手で、
2位が日野龍樹選手。鈴木選手は3位でした。

hn1748.png

しかし中学2年の冬、当時拠点にしていたリンクが
閉鎖してしまいます。

彼は練習環境を求めて札幌市に移りました。

勉強にも真正面から取り組み、道内屈指の進学校である
札幌南高に進学。

高校2年の時、強化指定選手に選ばれたものの、
大学受験に集中し、強化指定からは外されることに。

北海道大学に進み、再びフィギュアスケートに戻って
来ましたが、来年の4月からは大手企業のエンジニアとして
働くそうです。

人口知能(AI)など、取り組みたい研究はたくさんある
そうです。

ぜひとも、フィギュアに役立つAIの研究に励んで
いただきたいですね。

フィギュアスケーターとしての最後の舞台は3月に札幌で
行われる、「全道選手権」だそうです。

経験を生かして指導者としても活躍してくれるといいですね。

ゆづも幼いころからともに闘った同士たちと再会できて
嬉しかったことでしょう。(*^-^*)

hn1745.png

もうみんな25歳なんですね。
佐藤君、鈴木君の2人が現役を退いてしまうという
ちょっと寂しさを感じる全日本でしたね。

日野君も田中君も羽生選手も、いつまで現役を
続けてくれるのでしょうか。

できればもっとずっと長く見ていたい選手たちです。

セカンドキャリアについても考える年齢でしょうし、
まずは大学を卒業することも考えないとならないでしょうし。
ゆづもこれからまだまだやらなくてはならないことが
たくさんありますね。

ファンはいつでも、ゆづの決断を応援しています。

今日もひとり増えました。我らプー兄弟です。(笑)

hn1749.png


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2020-01-03 | Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん皆さんおはようございます。
今季で引退の選手たち、結構いるようですね。
25歳ということで、セカンドキャリアを考える年齢になりますものね。

佐藤くんは指導者に進むのかな。鈴木くんは、大手企業に就職ですか。良かったですね〜。
日野くんは、来季は強化から外れそうだとか?刑事選手は要領が良さそうなので、同期の中でも一番長く現役を続けたりして(^_^;)

我らが結弦くんは、今シーズン後にどういう判断をするかな…?
全日本のシード権は獲得してるので、シーズン前半は部分休養して卒業論文を仕上げたり、足首を休ませても良いと思うのですが。
(ファンタジーのアジア開催や、東京五輪にも絡むと思うし。)

もちろん、プロ転向の可能性もあるかもです。ファンは結弦くんに付いて行くもんね(*´∀`*)

※連盟や岡部らジャッジ連中見ると、もう競技とは距離を置いて欲しい気もしますが…。結弦くんにはなにか考えが有るのかなぁ。
Posted by てるこ at 2020.01.04 09:00
マリリンさんゆづフアンの皆さんおはようございます。
全日本でゆづ君はスケ連、スケ連とつるんでいるジャッジに叩きのめされました。海外からはジャッジのおかしさは指摘されていますが、スケ連は何食わぬ顔で知らんふりです、いつものことですけど。ジャッジには説明責任を義務づけてほしいと思っています。いつもあの選手だけ爆盛り見逃し忖度は少しは改善されるのではと期待していますが、やはり無理でしょうか。しかし岡部さん墓穴を掘りましたね、お気に入り選手との癒着爆盛り見逃しを認めたようなものですけど、でもスケ連からしたらだから何今までもそうでしょう、これからも変わりませんよ、ぐらいなのでしょうね。選手は誰しも最後があります、だからこそいかなる選手にも達成感を持って最後を迎えてほしいと思っています、そうゆう意味でスケ連、ジャッジとそれにのかっておいしい思いをしている選手を許せません。
Posted by tama at 2020.01.04 09:15
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

 確かに去年の全日本は今回で最後、引退するという選手が多くいましたね。これまでもこれで最後とアナウンスされる選手を見てきましたが今年は多かったような。そういう選手達にとっては全日本は1年取り組んで何とか出場出来たという大きな大会で、改めてゆづの様に出場するのが当たり前という選手の凄さを知りました。才能がモノをいう世界は努力だけではどうにもならないのでしょうね。フィギュアはお金もかかる競技だから支えられたご家族にも感心しました。

 ゆづは世界選手権が終わったらその後はどうするのだろう?これまでは感じなかった不安がよぎります。理不尽な採点にこれ以上傷ついて欲しく無いし、かといって引退となると穏やかではいられませんし。新たな道を進むのかもしれないと気にしながら今シーズンの終わりまでただ待つだけしか出来ない…。今の心境を雑誌なんかで知ることできないのかな?まぁ区切りを付けるなんて先もって教えてくれるわけないか。初めて味わうこの物悲しい気持ち3月まで持ったままでしょうね。
Posted by えりえり at 2020.01.04 23:25
こんばんは!

全日本でたくさんの選手と写真が一杯上がってたので、3年間羽生くんが出られなかったからみんな待ってたんだろなぁと嬉しくなりました。この5人組の写真もいいです(*´Д`)。佐藤くんは気になる存在です。DOIのボレロが忘れられん。

てるこさんのコメントを見て、来季の前半は・・のところ私も同意です。長く続けるならやはりそういう選択もありだと思うのです。

えりえりさんのコメントの出場するのが当たり前、というところで、
今東京五輪の出場権かけて各競技選手が頑張っているけど、羽生くんは北京まで続けていたら普通に出場間違いないというところが凄いなと近頃思っていたところなんです。普通は代表になれるかどうか直前までドキドキするところだろうけど確実に代表になるだろうと見通せる実力があるのが改めて凄い。全日本出てなかった時でも、羽生くんよりこの選手、というのが居なかったらからこその選出でそれまでの成績が抜群なので圧倒的な実力があるからこそよね〜。
Posted by しま at 2020.01.05 00:09
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、
明けましておめでとうございます (*^-^*)

マリリンさんのブログで、新しい羽生くんが現れるたびに嬉しくてなりません。
連日の更新、ありがとうございます。

羽生くんの同期の写真は、私もほっこりしました。
幼い頃の表彰台の写真と思わず見比べてしまいました。
アスリートとして毎日ストイックな生活をしている羽生くん。
懐かしさもひとしおだったことでしょう。
鈴木くんはAIの研究を是非進めてほしいです。

マリリンさんの「ジャッジに新しい風を」に、大賛成です。
試合後ジャッジ内の検討会も開いてほしいし(すでに開かれていますか?)、
上位選手には、ジャッジのプレボスもしてほしいです。
ジャッジにAIを導入しないなら、これなら実現できそうですよ。
ジャッジには説明責任を果たしてほしいと願っています。

プーさん応援団、可愛いですね。
初詣でおみくじ引いたら、「金」運招来、
「願望 叶いにくく利なけれど後自然成就す」
今年も羽生くんを全力応援です。

Posted by なおポン at 2020.01.05 11:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます