羽生選手のステキなMAD。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生選手のステキなMAD。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは
2,020年の2日目。箱根駅伝を見ていたのですが、
注目していた駒大、最終的に往路8位という
残念な結果でした。

羽生選手と同郷の中村大成君は、往路1区に起用
されたのですね。頑張って欲しかったのですが、
9位でのタスキリレーとなってしまいました。

駒大は、1年生の田澤廉選手が凄かったですね。
来年の活躍に期待が持てそうです。

それにしても、箱根駅伝は年々、新記録が出ますね。

年々高速化していて、人間の限界っていったいどこ
なのだろう?と思ってしまいます。

フィギュアスケートもそうですが、誰かが凄い記録を
打ち立てれば必ず、そこに挑む人が出てきます。

そうやって偉人が打ち立てた記録というものは、
破られていくのかもしれません。

今日はハードディスクの容量を空けるために、
少し整理をしていました。

DVDに残そうかどうしようかと、迷う試合も
いくつかありました。

オータムは優勝したものの、採点に不満と疑問が
残った試合でしたし、ファイナルと全日本はゆづが
久しぶりに出場し、王座奪還を信じていただけに、
とても残念な気持ちが残りました。

それでも、マガジンを読んだことで、ファイナルの
録画をあとで見直してみようと思いました。

ところで、菊池さんの著書を連載しているのかな?
この間も出ていましたよね。

羽生結弦のトレーナーとして――本番前の仕事術

選手が気づかない違和感をみつける

『トレーナーとして試合に帯同するときは、結弦から《何月何日の飛行機××便で来て下さい》というメールをもらい、大会の数日前、カナダからやってくる結弦とほぼ同時に現地入りします。

試合が終われば、結弦はトロントに帰って練習に戻る。僕は仙台に帰り、接骨院で通常の仕事をするという感じでした。
選手とトレーナーは、必ずしもつねに一緒にいる必要はありません。たまに会うからこそ、微妙な変化に気づくこともあるのです。

そんな微妙な違いを見極めることも、専属トレーナーの僕にとって重要な仕事でした。

僕は、いつも試合会場に向かう前に、ホテルの結弦の部屋でテーピングを巻きます。ただ巻くだけではダメなんです。
テーピングをきつく巻きすぎると足の可動部分が狭くなり、演技に影響を及ぼします。反対に緩すぎると、今度は、足首の安定を欠いてしまうのです。

まずは部屋に入って「おはよう」と挨拶したときから、彼の様子を見ていきます。

いつもなら「おはようございます、先生、いつもありがとうございます」と笑顔を見せますが、ときどき同じ言葉でも、少しトーンが低いときがあるんです。

「何かあったのかな」などと思いながらテーピングをしていきますが、そんなときほど「もう少し強く巻いてください」と注文が多くなるんです。「もう少し上にお願いします」と言うことも。でも、「上」といってもたった1ミリ、2ミリぐらいの違いですよ。研ぎ澄まされた感覚を持っていますよね。

結弦の感覚の鋭さは、日々進化していきます。彼が口では説明しにくい理想の感覚にどれだけ近づけられるか──。
それが僕に求められていることでした。

トレーナーはいつだって、誰にだって「秒単位」

ウオーミングアップも練りに練りました。

欠かせないのは、技を成功させるだけでなく、人を魅了させる流れる動きができる体に仕上げることです。
結弦の表情、会話、しぐさ、呼吸などから、その日の体調や感覚の情報を仕入れて、ウオーミングアップを微妙に変更していました。

結弦の場合、秒単位の調整が必要でした。僕はウオーミングアップ中は、いつもストップウォッチとにらめっこです。
一度、結弦に話したことがあるんです。「お前のトレーナーをやっていたら秒単位だ」と。あの子は笑っていましたけどね。

それは、フィギュアスケーターに限ったことではありません。
結弦が国民栄誉賞を受賞した2週間後、僕は「全日本一輪車競技大会」に出場する岩手県遠野町の「遠野一輪車クラブ」に帯同していました。
オリンピックだろうが、全国大会だろうが、地方大会だろうが関係ありません。がんばって練習している子たちを、全力で応援していきたいのです。』

こうやって少しづつでも、羽生選手をサポートしていた
当時のお話を聞くことができるのは、うれしいですね。

こちらのMAD、とても素敵でしたので、ご紹介
したいと思います。(*´▽`*)

https://youtu.be/rne_IVf6GWo


羽生結弦、2010年代支配した「冬の五輪選手10人」に
米NBC選出「4回転時代の先駆者に

THE ANSWER

という記事がありましたね。
アジア勢で唯一選出されたのが羽生選手でした。

彼は15歳でジュニア世界選手権を制して以来、
4回転時代の先駆者となり、男子シングルで
五輪史上2人目の10代チャンピオンになったのです。

2010年代、ほとんどトップスケーターとして、
走り続けた羽生結弦選手。

そんな羽生選手の10年間をまとめてくれた動画
でしたね。

Twitterにとてもかわいくて懐かしいゆづの動画が
出ていました(∩´∀`)∩



私は16〜17歳の頃のゆづがとても可愛くて大好きです。
今ももちろん、大人になってカッコよくなって好きです
けどね。

でも、このころの可愛さは格別です。

hn1725.png

今年の4大陸では、ぜひとも金メダルを
四大陸の銀は3つもあるので、銀はもう要らないでしょう。

明日は見逃した「もう一度見たいあの演技」の
羽生結弦特集を見ようと思います。

あ、箱根駅伝も見ます!

あと少しでマガジンを読み終わるので、そしたらまた
雑誌の紹介もさせていただこうと思います。

それではまた。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2020-01-02 | Comment(8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

菊地さんが帯同しなくなって今は試合に帯同してくれる別のトレーナーさんがいるのでしょうか。あまり目に留まらないけど。菊地さんの文章を読むと大事な役割なので居ないわけないわな。テーピングとか自分で出来ないもんな。菊地さんも実際は見た目ほど年取ってないし(失礼)羽生くんの最後の試合まで付き合って欲しかったな、と。

四大陸選手権楽しみですね。もう出ることはないと思っていた試合なので、ホントに嬉しいです。羽生くんの試合が確実に一つ増えたんだからね。もう一つ一つの試合を大事に応援したいと思ってます。現地入り報道からしっかチェックしてニュース録画しまくります。しかしフリーの日は試合時間的にライスト応援になるんか、あらら・・・。

1月はまたちょっとHDDの整理を頑張らねば。
Posted by しま at 2020.01.03 00:55
ことしもブログ楽しみにしています。昨日1区を走った駒澤大学の中村選手は同名でも違います。後輩選手の大成選手は今日6区をかけ抜けて順位を上げましたよ。良かったですね。 
少年時代の羽生君は初々しくて若さ溢れて凄く好きです。毎年毎年努力修練を積んで凛とした素敵な大人になりました。お顔が全て語っていますね。羽生君の希望がかないますように、健康で過ごせますように、お祈りします。
Posted by yuzuruouenn at 2020.01.03 09:45
こんにちは❗️私もHDD整理していると、切なくなります…ファンが元気にならないとゆづも元気になれない⁉️ゆづを応援するため、パワー送りたいから元気になります‼️
スケ連の願い通りの結果だったかもしれませんが、後輩達もかわいそうです。ガンディさんの分析見るとメチャクチャ❗️これをお手本にして行くのですから💢正しくジャッジして貰わないと自分の欠点に気が付かないし、直す練習もしないでしょう❗️これは全選手に言えますからね。正に衰退するばかりです!日本のスケート界は💢
ゆづの四体陸✨スカッと素晴らしい演技を見せて、今度こそ金メダル獲得してくれるでしょう🎵
Posted by のりか at 2020.01.03 14:20
マリリンさん皆さんこんにちは。今年もマリリンさんのブログを楽しく読ませていただきます(*´∀`*)

全日本の録画は総集編など、全消ししました。MOIも結弦くんの部分のみ残したいのですが、ちょこまかと他の選手も映るので、結弦くんの演技や練習インタを残して消去ですよ。
全日本はテクニカルの岡部を思い出すと、腹わたが煮え繰り返ります(苦笑)

菊地先生は、平昌までの契約だったのかなぁ。四大陸は韓国で近いし、先生に来て欲しいんだけど…。(高齢で負担は有るかもしれませんが)
練習の時も、いつも居たしね。
今はトレーナーの人は、帯同してるのかしら?
練習の時など、バックステージにそれらしきトレーナーさん見ないけど。

カナダには理学療法士さんや、整体の先生がいるようですが。試合にも来て欲しいです。
メンタルも落ち着くと思うし。

クリケットにも、もっとしっかりして欲しいわ(*´ー`*)

Posted by てるこ at 2020.01.03 15:01
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!

マリリンさん、お正月もブログ更新ありがとうございます。
マリリンさんは箱根駅伝見ていらしたでしょうね〜
やはり、青学は強かったです。マリリンさん応援校、駒大は8位と大健闘でしたね。とにかくシード権を獲得したんですから。こういう駅伝にも色んな熱いドラマがありますが、はっきりと順位が分かる競技っていいな〜と、ついフィギュアの採点と比べて羨ましくさえ感じます。
今季、残すは4大陸と世戦のみの競技となりましたが、正しい採点をと願うファンの多くの声が少しでもISUに届いて欲しいと心から願っています。

ご紹介いただいた動画MADは素晴らしいですね〜 もう何度もリピートしました。ゆづの10年間という物凄い軌跡に、胸がいっぱいになりました。ゆづよく頑張ったね!って言葉をかけたいです。あどけなさが残る可愛いジュニアの15才から今日まで、より美しく、逞しく、賢く、優しく成長してくれましたね〜
また、貴重な菊池さんの記事を紹介してくださり、ありがとうございます。
本当に平昌までゆづに帯同して下さって有り難かったですね。今も試合に帯同するトレーナーの方がいらっしゃるのでしょうか? そうだと安心ですけど・・・
お正月3が日もあっという間でしたけど、マリリンさんが少しでもゆっくり出来ていたら嬉しいです。
Posted by yukiko at 2020.01.03 17:04
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

 家族が冬休みに入ってから毎日HDDの編集、削除をして私も録画容量を増やしました。皆さんもそれぞれされてるようで、はや四大陸の準備万端といったところでしょうか。

 十代の頃のゆづ、確かに可愛いですよね。初めてゆづを見た時の気持ちを思い出しました。あの時は今の様にゾッコンになるなんて思いもよりませんでしたが。

 今のゆづの試合で帯同しているトレーナーさんはいらっしゃるのでしょうか。奥にいるのかな?これから先のゆづの試合をしっかり支えてくれるといいですね。ゆづの活躍がかかってるから頼れるどなたかがいてくれる事を願うばかりです。

 四大陸ではどんなゆづに会えるでしょう?準備万端整えて最高のパフォーマンスを見せてくれると信じてます。初優勝のゆづにもうすぐ会えますよね!楽しみです。



 

 
 
Posted by えりえり at 2020.01.03 21:08
マリリンさん、今晩は。
先程、書きかけのコメントを誤って投稿してしまったかもしれません。
申し訳ありません。
まだ、よくすいこうしていないので、廃棄して下さいませ。
どうぞ宜しくお願いします。
Posted by さくら at 2020.01.03 23:31

>さくらさん、
そうなんですか?
コメントは届いてませんから、
安心して下さい(*^^*)
わざわざありがとうございました。
Posted by マリリン at 2020.01.03 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます