今頃ですがメモリアルの感想を。 - 羽生結弦 成功への軌跡

今頃ですがメモリアルの感想を。


ゆづオンリーファンの皆さま(*^-^*)
まず先に、かなり経ちましたが、メモリアルの
記事で気になったことを少しご紹介したいと思います。

hn731.png

フィギュアスケートMemorial

この雑誌は今季のスケートカナダを特集した
ものでした。

後ろの方のページに、優勝後の公式記者会見の
様子がちょっとだけ書き起こされていたのですが、
ちょっとこの部分を転載してみます。

『ショートもフリーも1位の羽生結弦。
ショート後の記者会見で、SPの演技について
問われると、「完璧に心から幸せだったとは
言えないんですけども、今日できるベストは
尽くしたかなと思っています。

演技が終わった後、プーさんが投げられてる
光景だとか、そういうったものが幸せに感じられ
ました」と返答。

また、ショート2位のカムデン・プルキネンの
ことを「パワフルなスケーター」だと通訳を介して
褒めると、プルキネンは「本当に?」とばかりに
羽生に直接確認して、嬉しそうにしていたのが
印象的だった。

フリー後の記者会見では「久しぶりに心の中から
自分に勝てたなという風に思える演技でした。
(中略)自分のこのプログラムに関しては、まだ
30%とか20%かなと思っています。

やっぱり最終的にはこのプログラムに4回転
アクセルを入れたいなと思いますし、より高い
ものを目指していきたいなと思っています」と言い、
他にも、スケートカナダで優勝したい気持ちが
強くあったということを語った。

目標についての質問には、「新しいステップを
踏んでいかなくてはいけないなと思ってはいる

んですけど、まずは何が必要で、何が自分の
武器なのかっていうのを、改めて確認しながら
練習を進めていきたいと思っています」と話した。

新しいステップについては、恐らく第1戦の
スケートアメリカにてネイサン・チェンがコレオ
シークエンスで満点評価の加点2.50を得たことも
関係していると思われる。

(今大会、羽生の小リオの加点は1.86だった。)

4回転アクセルに新しいステップを搭載した
「Origin」の完成形が、羽生には見えているのだろう。
今季世界最高点で勝っても、彼の理想にはまだまだ
遠いようだ。』

この、羽生選手が言った「新しいステップを
踏んで行かなければいけない」という言葉を私は、
新しい段階を…という意味でとらえていたのですが、
この記者さんは、「コレオシークエンスでの加点」
と結びつけて考え、スケートのエレメンツの
「ステップに新しいものを入れてくる」という風に
解釈していたのが、興味深かったです。

なるほど、そうとも取れるか…(´・ω・)

ゆづ友さんが昨日、分析してくださいましたが、
羽生選手のコレオシークエンスには、オータムでは
0人、カナダ大会では1人だけだったのに対し、
NHK杯では4人のジャッジがGOE5を付けていました。

確かに加点は試合を経るごとに1.80→1.86→2.21と
高くなっています。

ちょっとしたことでしたが、同じ言葉を聞いても、
受け取り方が私と記者さんとでは違ったのが、
面白いところでした。

そう思うと、フィギュアスケートという競技の
採点も、特に演技構成点に関してはジャッジの
主観や好みがまだまだ反映されている部分なので、
加点にばらつきがあるのかな?とも思いました。

でも、そういった旧式の採点方式が問題になった
から、現在の採点方式が取り入れられたわけですから、
ジャッジは極力、自分の好みやナショナルバイアスに
左右されるのではなく、しっかりした基準に則って
評価をしてほしいものです。

この「新しいステップ」という羽生選手の発言の
真の意味を知りたくて、マガジンの記事をもう一度
読み返して見たのですが、特にそこだけクローズ
アップして何か注釈を書いているようなことも
ありませんでしたね。

ついで…と言っては何ですが、羽生選手はスケカナで、
久しぶりに「ぷーさんシャワー」が降り注いだ光景を
見て幸せに思ったと喜んでいましたが、同時に、
スケカナの運営者側の努力と尽力にとても感謝して
いたことがわかりました。

これは「マガジン」からの抜粋です。
↓↓↓

あの…音階、運営してくださっている皆さまが、
あの…プーさんの後かたづけだったりとか、あの…
ナムが自分の後の滑走でしたけれども、ちゃんと
時間を取ってくださって、普通のスケーターと同じ
ように滑る時間を取ってくださったりとか、また、
シュミレーションとかしてくれていたみたいなので
ホントにこのスケートカナダを運営してくださった
スケートカナダに感謝したいなって思います」


過去3回にわたり、辛い採点されたカナダの
運営側にも、感謝の気持ちを忘れない羽生選手。
とても立派です。(*´▽`*)

私だったら、もしかしたら次に滑るのが地元
カナダのナムだったから、スケカナ運営側は特に
頑張ったんじゃないの?(/・ω・)/

って思っちゃいますけどね。(笑)

そこはさすが、羽生結弦は素直で素晴らしいです。

今回のメモリアル…裏表紙まで入れると97ページ中
55ページ分が羽生選手のお写真でした。

お写真はスケカナでの楽し気な羽生選手だったり、
お美しくてかっこいいOriginsさまだったり、
幸せになれるものばかりでした。(●^o^●)

記事自体は大したものはなく、記事が読みたい方には
不向きだと思います。

ゆづ成分は56.7%と、最近のフィギュア雑誌の
中では少なめと言った印象を受けました。

ファイナルも控えているので、無理に購入する
必要もないのかなと思います。

スプートニク日本でもスケカナ後の記者会見が
このように要約されていました。

『表彰後にのぞんだ記者会見では羽生選手は、
大会開始前に感じていたプレッシャーや、
プログラムに今後、かつて誰も大会では跳んだ
ことのない4回転アクセル、ジャンプを入れる
プランについて語った。

「久しぶりに心の中から自分に勝てたなと思える
演技でした。ショート、フリーともに揃う
(首位を占める)ということが長いことなかったので、
そのこと自体がまず嬉しかったなと思います。

それとやはり、試合に来る前にすごくプレッシャーを
かけていて、『スケートカナダ』で優勝したい
という気持ちがすごいあって、ブライアンと
ジェスラン にも『スケートカナダだよ』と言って、
『それを言っちゃだめだよ』と冗談を言われるくらい、
すごいプレッシャーをかけてやってきました。

だからこそ、そのプレッシャーに最終的に勝って、
パーフェクトではなくても、ふたつともまとまって
いい演技を出すことができてよかったと思っています。

周りへの気配りを忘れない羽生選手は、
「スケートカナダ」の運営スタッフが自分が普通に
滑ることができるよう、ぬいぐるみのプーさんの
片づけなど、シュミレーションをしてサポートして
くれたことへ謝意を表した。

また羽生選手は、プログラムの改良についても
何度も口にし、新たな演技要素、特に4回転
アクセルを導入することで今あるものにさらに
磨きをかけようとしていると語っている。

「自分の本プログラムに関してはまだ30パーセント、
20パーセントかなと思っています。

やっぱり最終的にはこのプログラムに4回転
アクセルを入れたいと思っていますし、
もしかしたらルッツを入れたいと思うかもしれない
ですし、それはまだわからないんですけど、
せっかくこういう演技ができるようになっている
からこそ、より高いものを目指していきたいなと
思っています。」

羽生結弦

さて、最近拝見した動画をいくつかご紹介して、
とりあえず、いったん記事をアップしたいと思います。

動画はすべて人様が揚げてくださったものを
お借りしております。_(_^_)_

スポーツ内閣


羽生選手の
4T-EU-3Fがいかに難しいかを本田さんが実演して
解説していました。

羽生選手がやると簡単そうに見えるのですが、
かなり難しいのですね。

一流の人は難しいことを簡単そうにやってのける
ものなのですね。

紀平さんは慌てて4回転を入れなくてもまだ
勝てる見込みがあるのでは?という安藤さんの
ご意見に私も同意です。

北京までにはもしかしたら4回転は装備する
必要も出てくるのかもしれませんが、何と言っても、
SPでの今季世界最高得点をたたき出したのが、
3Aを武器にしているコストルナヤであることを
思うと、まだ3Aだけで闘えると思います。

フリーはミスさえなければ、質のいいジャンプと、
豊かな表現力が評価されれば、なんちゃってクワド
ルッツ女子よりも、紀平さんのが上に行ける気が
しますけどね。

でも、コストルナヤはすごい!
伊藤みどりさんの3Aを彷彿とさせる高さのある
ジャンプですから、久々に感動しました。

紀平さんのジャンプより高いと思います。
ちなみに伊東みどりさんの3Aは70cmだった
そうです。

羽生選手と変わらないですね。

それから、こちらはファンカムでしょうか。

NHK杯のエキシビションフィナーレのゆづが
めっちゃ可愛いです。(*´▽`*)

羽生結弦 2019 GP Exhibition Finale


最後の「ありがとうございました!」を言う
タイミングで、場内アナウンスされて思わず、
笑い崩れるシーンが何とも( *´艸`)

可愛すぎて鬼リピです。(笑)
素晴らしい動画を本当にありがとうございました。

こちらは情報番組のサンステ。
YouTubeリンクを貼らせていただきます。

動画:191124サンステ羽生結弦

hn1188s.png

hn1179.png

<グランプリファイナル 放送情報>

【地上波】テレビ朝日系

12月6日(金)午後8:00〜9:54[録画](男子ショート)

12月7日(土)午後7:54〜9:54[録画](女子ショート、男子フリー)

12月8日(日)午後9:00〜深夜0:40[録画](女子フリー、エキシビション)

【BS】BS朝日

12月8日(日)午後1:00〜3:00[録画](男女ショート)

12月9日(月)午後0:00〜1:55[録画](男女フリー)

12月9日(月)午後9:00〜11:24[録画](エキシビション)

【CS】テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ

<2019NHK杯フィギュア 放送情報>

【地上波】NHK総合

11月30日(土)午後4:20〜6:00「総集編」

【BS】NHK BS1

11月30日(土)午後10:00〜10:50「スポーツ酒場”語り亭”」

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-11-29 | Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさま、ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは。
お忙しい中、たくさんの更新をありがとうございます。
今日、山口さんの本が届きました。読むのが楽しみです。
メモリアルの感想や、他のゆづ表紙雑誌の紹介もありがとうございます。美麗でときめく表紙でも、他選手のお名前が目立つところに大きく入っていると萎えてしまいます。私もアイスジュエルズに目を光らせていますが、ポスターなどの評判を確認してから購入しようと思います。(前にそれをやって売り切れになってしまい、定価より高いお値段で購入したことがありました笑)
また、バンケットのゆづと紀平選手、さわやかですね。これから全日本までの連戦、頑張ってほしいです。ジャッジや氷の具合を監視していかないといけないですね。
そして、スポーツ内閣とN杯エキシフィナーレとサンステの動画もありがとうございます。最近はゆづと紀平選手を一緒に扱い、USM兄弟がねじこまれなくなって快適になりました。本田武史さんはゆづの高い技術を称えてくださり、安藤美姫さんもゆづに嫌なことを言わなくなってよかったです。番組動画を視聴していて、ゆづは自分を律する力が高いのだと、改めて思いました。
エキシフィナーレのゆづは可愛いですね。
ゆづの心の負担にならないようにと、単純な応援の言葉だけをハガキに書いて、プーさんのシールを貼ってファンレターを送りました。
味の素さんの冷凍食品のゆづキャンペーンと、西川さんの羽毛布団のゆづキャンペーンの懸賞ハガキも一緒に送りました。
Posted by youko828 at 2019.11.29 20:09
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんばんは!

マリリンさん、次から次へと本のご紹介、記事のご紹介ありがとうございます。
また、貴重な動画とっても嬉しいです。

ゆづ表紙本が多すぎて購入に悩んでしまいますが、こうしてマリリンさんから内容の一部を教えていただき、とても参考になります。
以前よりもさらに増えたように感じますが、出版社も新聞社も気合いが入っていますよね。こちらで見せていただいたスポーツ紙もどれも美しいゆづで心が満たされます。
こうしてゆづのインタビューを聞いていて、試合前後、大変な状況の中、これだけの会見をこなすというのはどれほど負担がかかるだろうかと思ってしまいます。特にNHK杯ではインタビューが多かったようですね。これはメガスターならではの宿命でしょうか。それだけ注目度が高いのですから。
しかも、ゆづの会見はありきたりではなく、とても誠実に言葉をかみしめながら語ってくれる、本当に希なアスリートだとしみじみ思います。こんな素晴らしい選手を応援できるって幸せですね。
エキシフィナーレの動画、ゆづ可愛いですね〜
もう、天使のようであり、また観客を喜ばせるエンタテーナーですよね。
マリリンさん、TV情報もありがとうございます。
録画予約しておきます。
Posted by yukiko at 2019.11.29 20:45
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

雑誌の紹介、全部を買えるわけではないので、いつもとても有り難いです。立ち読みもいらないくらい、詳しくて嬉しくなります。買ったのと同じくらいの満足感も。ありがとうございます。

NHK杯のエキシビションのありがとうございましたも微笑ましいのですが、新聞にも載ってたドーモ君の口に頭を突っ込んでるのもすごくお茶目で好きです。(^^)ファイナルでも優勝してこんな風にリラックスしたゆづが見られるといいな。
もうすぐきっと見れますね!楽しみです。

Posted by えりえり at 2019.11.29 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます