チートジャンプは減点すべき。 - 羽生結弦 成功への軌跡

チートジャンプは減点すべき。


ゆづオンリーファンの皆さま(*^-^*)

もう、昨日のことになってしまいましたが、
水曜日の夜、ベストヒット歌謡祭がやって
いたのですね。

Twitterに出ていたので知りました。

TOSHI君が「残酷な天使のテーゼ」を
歌ってくれたらしいです。

YouTubeに動画が出ていましたので、
お借りしてご紹介したいと思います。

https://youtu.be/mAxVaIUjasg




これを聴くとファンタジーオンアイスでの、
羽生選手の熱演を思い出します。

ちょっと自分がFacebookに載せた動画で
申しわけありませんが…(^-^;

Faoi 残酷な天使のテーゼ

これは本当にかっこよかったです。

久しぶりにかっこいい「残酷な天使のテーゼ」を
見ることができて酔いしれることができました。
TOSHIさん、ありがとうございました。

ところで、話しはガラッと変わりますが、
ここ最近…というか今季のGPSは五輪王者の
羽生選手がジャンプに関する疑問について
問題提起をしてくれたこともあってか、
特に4Lzの跳び方に関して、かなり深い
論議がされるようになってきました。

もう一度、羽生選手のコメントをここに
書き出してみたいと思います。

4回転ルッツが本当に難しいのかと言われたら、
やろうと思えばみんな跳べるのかもしれない
ですし。
それはもうタイプによりけりですし。
僕はどう頑張って練習しても下で回ることが
できない
ので。
昔からそういうジャンプじゃなかったので。
なかなか4回転ルッツに対してのルッツの
ジャンプじゃないのかもしれないですけど。


前にもブログで取り上げましたけど、
羽生選手は今の、恐らく女子が跳んでいる
4Lzのような跳び方のことを頭に描いて
発言していると思うのですが、
そのような)4Lzが本当に難しいのかと
言われたら、やろうと思えば皆跳べるのかも
しれない。
といっています。

つまり、彼女たちが跳んでいるようなやり方の
4Lzであれば、本当に難しいとは言えない。
誰でもできるだろう…
といっているように
私には思えます。

それは何故なのか?

自分はどう頑張ってもその跳び方はできない」
という跳び方で、彼女たちは跳んでいるから
です。

その跳び方とは?

「下で回る」という跳び方です。

それは下で回るという跳び方が難しい
跳び方である、という意味ではありません。


恐らく羽生選手が幼いころ、
「ルッツジャンプとはこうやって跳ぶんだよ」
と、教えられた跳び方とはあまりにも違うので、
そのような間違った跳び方はできない、
という意味だと思います。


万が一、その跳び方をやってみようとした
としても、上手な人の場合、下手な跳び方など、
覚えたくもないでしょうしね。

この話を先に進める前にまず、ルッツジャンプ
について正しい知識を勉強してみましょう。

「ルッツジャンプとは」

『後ろ向きの助走から左足のアウトサイドエッジで
跳び上がり
のモーションに入り、離氷の瞬間に
右足のトウを突き回転及び踏み切り
の補佐とする
ジャンプをルッツジャンプという。

※トウとはスケート靴のつま先部分のこと。

ルッツジャンプは、ISUがジャンプ要素として
認めている6種類のジャンプの中で唯一、
「助走のときに体にかかっている回転の力の方向」
と「空中での回転方向」が逆になるジャンプである
(これをカウンタージャンプという)。

そのためルッツジャンプは、6種類のジャンプの
中で2番目に難易度が高いとされており、
基礎点もアクセルジャンプに次いで2番目に
高く設定されている。』

エッジ判定

『ルッツジャンプの際にインサイドエッジで
踏み切ってしまい、実質フリップジャンプと
なってしまったジャンプや、反対にフリップ
ジャンプの際にアウトサイドエッジで踏み切って
しまい、実質ルッツジャンプとなってしまった
ジャンプはGOEの面で減点されることになる。

明らかに不正、もしくは明らかな不正とは
言えないまでも不正確なエッジでの踏み切りが
行われた場合、技術審判はエッジエラー(e)
を宣言する。

この時、演技審判はエッジの不正確さ加減を
各自判断し、GOEにおいてこの宣言を考慮
した評価をしなければならない。

ルッツとフリップ両方のジャンプでエッジ
エラーが宣言されることも有り得る。
また、エッジエラーのルッツはフルッツ、
エッジエラーのフリップはリップと呼ばれる
こともある。』

ウイキペディアより。

こちらのブログに図解入りでわかりやすく
書かれていますので参考にされてください。

ルッツジャンプって何?

ルッツジャンプは踏切りが難しいため、
多くの選手が後ろ向きに長めの助走をとります。
長めの助走を取るため、スケートリンクの
コーナーからコーナーに向かって滑り
ジャンプに入るケースが多く見受けられます。

ルッツはトウを使用するジャンプですが、
6種類のジャンプがトウ系かエッジ系の
どちらになるのか区分けしてみます。

トウを突くジャンプ。

トウループ
フリップ
ルッツ

トウを突かない(エッジ系)ジャンプ

サルコウ
ループ
アクセル


本来のルッツジャンプであれば、その基礎点から
考えても、それが高難度なジャンプであることは
容易に理解できます。

それなのに、この1~2年の間に男性よりも
筋肉の少ない、それも少女たちが「4Lz」を
跳んでいる、というのですから、普通は
びっくりしますよ。

恐らく羽生選手もびっくりして、動画などを
見たことでしょう。

そして気づいたのは下で回ったり、一旦は
アウトエッジにするけれど、跳びあがる時は
トウではなく、エッジを内側にスライドさせて、
エッジで跳びあがっていたり
…。

ん〜(*´Д`)
これ、ほんまもんのルッツとちがうやん!


って、ゆづが言ったかどうかはわかりませんが、
そこはトップスケーターですから、動画で
確認すればすぐに「違い」に気づいたことでしょう。

まあ、私の下手な説明よりも、とても素晴らしく
このお話を専門家の解説を入れながら書いて
くださっている方がいらっしゃいましたので、
是非、読んで欲しいと思います。

「ルッツについて」
ロンドンつれづれさんのblogより。

この方の記事を読むと、(動画もありましたね。)
いかにこの4Lz問題は単なる特定の選手の
いちゃもんとかいう問題ではないことが
よくお分かりいただけたと思います。

残念ながら、ロシア女子の4Lzのほとんどが、
大きなプレロテが見られるということです。

男子選手の、それもかなりのハイレベルな
トップ選手でさえ、苦労しているような
高難度ジャンプを、少女にしては良い筋肉を
持っていたり、運動能力に秀でているとしても、
そんな簡単に習得できるはずがありません。
正確なルッツは特にね。

クワドルッツを現在、クリーンに正確に
跳ぶ選手は、ボウヤン・ジン、羽生結弦、
ネイサン・チェン、ミハイル・コリヤダ。

だそうです。

この方の記事の中にもありましたが、ある
ロシアのスケートコーチは、「大きなプレロテの
あるルッツはもうルッツと認定してはいけない」
 
と言っているようですし、シェルバコヴァ選手の
4Lzに関して、「もはやアウトエッジから跳ぶ
ルッツとは違うジャンプを彼らは作り出して
しまった」
と、て話したそうです。

さらに、
「このジャンプの得点はトウループとサルコウの
中間あたりにするべきだ。これはルッツとは
まったくの別物だ。」
とも言っているようです。

本当にその通りだと思います。

これが本当の4回転ルッツと変わらない基礎点
をもらえるのは、納得がいきません。

下で回った挙句にトウで跳びあがることも
せず、アウトエッジと見せかけて実際は
インサイドエッジになったところで、
エッジで跳びあがるのですから。

まやかし、ごまかしもいいところです。

そのようなチートジャンプに高得点を与え
続けるなら、正しい技術でルッツを跳ぶ選手が
「絶滅危惧種」になる日もそう遠くはない
かもしれません。

近い将来、もはや本物のルッツジャンプを
跳べる人がいなくなった時には、ロシア女子の
チートルッツが「ルッツ」と呼ばれるように
なるでしょう。

だけど、簡単に跳べてしまうのですから、
基礎点は思いっきり下げないとね。

そうなると、基礎点の高い順番も変えて
もらわないといけません。

基礎点の低い順に並べ替えてみました。
あくまでも私の願望ですが。(^-^;

トウループ
チートフリップ
チートルッツ
サルコウ
ループ
アクセル

これがベストな順番です(^o^)

しかし、チートがはびこっている現在でも、
正しい技術で跳んでいる選手たちがいる
ことを考えると、ルッツやフリップに限らず、
チートジャンプに正規のジャンプと同じ
点数を上げるというおかしな採点ルールを
早急に改善するべきなのではと思います。

羽生選手やボーヤンのように、正確な
ジャンプを跳ぼうとして努力をしている
選手たちが報われないのは、あまりにも
不公平です。

不正確なジャンプを跳ぶ選手が採点の
せいで、正確なジャンプを跳ぶ人に
勝つようなことは、断じて許しては
いけないと思います。

許すまじ


私たちは、何度でも試合が行われるたびに、
ISUのテクニカルやジャッジ達を監視して、
おかしな採点には、どんどん糾弾していく
つもりでいます。

今はまだ小さいかもしれませんが、やがて、
これが大きな波となり、ISUを動かすことが
できると信じています。

しつこいようですが、これからもみんなで
声を上げ続けていきましょう。


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-11-14 | Comment(8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん皆さんお早うございます
プレロテに関する文章大変説得力があり分かりやすかったです。有難うございます!あの羽生選手の一問一答の内容も本当に的確で
配慮のある表現だったのだなと再確認できました。色々なことを言う人にもちゃんと反論出来そうです。




Posted by Pepita at 2019.11.14 08:45
マリリンさん皆さんこんにちは。
トシくんの残テ、見ました〜!凄い迫力で素敵ですよね。ファンタジーでの結弦くんの演技思い出したわ(*´∀`*)
また結弦くんに、残テを滑って欲しいですね♪

そしてボーヤンくんとロシア女子のルッツ比較。拡散されています。
エッジとトウの付き方を見ると、別物なんですよね。回転も違いすぎ。

海外コーチの中には、最初からプレロテでのなんちゃってジャンプを教えるコーチもいるんだとか…。
だってその方が楽して点数取れるなら、そっちでやろうとする連中も出て来ますものね(怒)

※氷で一回転近くも回ってから、やっと離氷とは。それは3回転じゃんか!と言いたいですね。(特にアメリカジュニア女子)

このやり方でゴリ押し認定させた、後輩くんの例を皆さん見てるからね。
まあジュニア女子などにあそこまでプレロテチートが広まるとは、ISUも想定してなかったのかな?

なんちゃってジャンプは所詮、なんちゃってのまがい物です。体型変われば飛びにくくなるんですから( ̄▽ ̄;)
キチンと基礎を学ぶべきなんだけど。だってアマチュアスポーツなんだしね〜(嘆)


Posted by てるこ at 2019.11.14 12:35
マリリンさん〜ゆづオンリーファンの皆さん こんにちは✨😃❗

昨日トシさんのがあったのですね❗見てなかったけど、動画で拝見させて頂きました。しかもテロップで【羽生結弦選手】が、、。日テレだよね⁉️
何コレ、トシさんが『残テ』リクエストしたのかチラ。嬉しいですよね🎵
トシさん、ゆづの事本当に好きになってくれてますね😃
トシさんファンの方々も暖かいコメント下さり有り難う❗です。

マリリンさんのジャンプ評価番付、笑っちゃいましたよ。

トゥループ
チートフリップ
チートルッツ
サルコウ
ループ
アクセル

この間に
正統派 上族フリップ
正統派 上族ルッツ
が必要だわ。

4アクセルの基礎点の引き上げ、5回転の基礎点を早く決めないと❗
ゆづ、ネイサン、宇野君もチート準備してますよ。

明日からロシア、色んな意味で楽しみやわ❗
Posted by ゆづき at 2019.11.14 15:54
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!

マリリンさん、いつも貴重な記事を上げてくださり、ありがとうございます。
としさんがベストヒット歌謡祭で残酷な天使のテーゼを歌ったんですね〜 あのFaoiの時を思い出しますね。しかもきちんと羽生結弦という名前まで出してくださって、としさんって本当に律儀な方ですし、やはり羽生結弦をリスペクトしてくださっているそのお気持ちが嬉しいですよね〜
マリリンさん、ルッツの解説、とても分かりやすくまとめてくださり、ありがとうございます。大変だったでしょう!
飲み込みの悪い私は何度も読ませていただいてようやく理解できました。
あらためてジャンプの複雑さ、そしてそれを正しく取得することの難しさが感じ取れます。でもスローで見たら、はっきり違いが分かりますが、やはり普通の速度だと判断が難しいと思います。
ジャッジの方々はスロービデオは見ないと聞いていますから、そうなると本当に正しい判定は可能なのかと思ってしまいます。
だからこそ、AI導入や高精度カメラ導入が叫ばれているわけですが。これ程、歴然とした違いがあるルッツをどうして同じルッツとして採点できるのか、見逃しとしか言いようがないですよね。
マリリンさんの言われるとおり、ISUには今回の指摘をシリアスに受け止め、ルッツとチートルッツを区別して判定をするルールを作ってほしいです。
ゆづの語った一つ一つのことばから、ゆづはすべてを把握していますね。
これは大問題です。所詮、楽な方に流れやすい訳ですから、難しい正規の跳び方で跳ぶ選手が少なくなってくれば、マリリンさんの言われるように、近い将来、絶滅危惧種になりかねないですものね。
今までフィギュア界の長い歴史において、このようなチートジャンプを見逃すというか、認定してきた事実があるのでしょうか?(後輩のフリップは?)
プル様などはどう思っているんでしょうか?聞いてみたいです。

マリリンさんやこちらの読者さんとご一緒にこれからも臆することなく、声を上げていきたいです。
ロステレコム杯もしっかり見ますよ。
Posted by yukiko at 2019.11.14 15:56
 マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今日は。
 マリリンさん、本当にタフですね。睡眠は取れていらっしゃいますか。素晴らしい分析有難うございます。

 自分の話で恐縮です。私は36年間フィギュアが好きで見続けていますが、ジャンプの種類をきちんと覚えたのは、1994年のリレハンメル五輪の時です。25年前ですね。それまではいい加減に見ていました、アクセルと他のジャンプの違いだけは理解していました。
 しかし、回転不足やエッジエラー、プレロテやグリ降りについては全く無知で、ジャッジの判定をそのまま受け入れていました。特に昔は回転不足と言う考え方がほとんどなく、成功か転倒かと言う判断でした。浅田さんや安藤さんも今の基準で行くと、回転不足だらけです。キムヨナさんも。まあ、ほとんどの選手がそうでした。エッジエラーもかなり甘かったのだなと今は分かります。

 そこで思うのが、羽生選手はいつも正しい技術を身に付けようと、自ら頑張っていたのだなと言うことです。一時期、羽生選手でもフリップのエッジエラーを取られることがありました。いわゆるフラットエッジだったのでしょう。

 こうして、きちんと説明していただけると、安心感があります。世界のスケートファンの目が厳しくなっていることも好材料ですね。今日からのロシア杯に、ジャッジの厳しい目が向くことを期待したいです。
 また、エッジ系のジャンプが4回転では特に難しいことを解説できる人達が増えてきたことも心強いです。ループにこだわり続ける羽生選手の努力が報われると嬉しいです。
Posted by フィギュアファン歴36年 at 2019.11.14 16:47
マリリンさん、皆さん、こんにちは!

トシさんの残テ素敵でした。またまた Faoiを思いだし胸熱になりました。

マリリンさんのジャンプの解説、勉強させていただきました。なんとなく分かってきたように思います。ルッツもロシア女子とボーヤンとの比較映像をみるとよくわかりますね。 ハビもやめる前、離氷をよくみてほしいと発言していましたよね。 宇野選手の4Fは「トゥを突く過程で回転を稼いでいる」離氷のさいブレードが氷にべったりついている。フリップでなくループである←マッシさん2018年のピョンチャン後に指摘しています。繰り返し違反となり4本のクワドのうち一本は跳んではいけないもの。 ハビも悔しかったのでしょう! 本当は銀メダルだったのですから、ゆづもオーサーも分かってますよ。 2018年頃マッシさんはゆづが他の選手よりやっている事が凄いのにそれ相応の加点をもらえてこなかった、自分の演技に対して十分な評価をもらってなかった、と指摘しています。 ずーとモヤモヤしながらきてロシアの女子が4Lzを跳びはじめ、まがい物がまかり通っていることにゆづの影響力を考え、カナダ杯の大量得点のタイミングで言った事の反響は大きくよかったと思いました。チートジァンプに歯止めがかかればいいのですが・・それよりAIを導入してほしいと思います。そしたらまがい物が防げるのではないかと思うのですが、早くAIの導入を望みます!!
Posted by トミ at 2019.11.14 17:16
マリリンさま、ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは。

すばらしい記事をありがとうございます。
お気に入りに追加して、いつでもすぐに読めるようにしました。
私たちは好きな選手の点数を高くしろと要求しているわけではなく、正しい跳び方をしている選手が評価されるよう改善してほしいのですよね。
日本のメディアは相変わらずジャンプの基礎点を煽り、ロシアのクワド女子をスターにしたいようですが、無駄に終わるとみています。
ザギトワ選手ほどの美貌と風格の持ち主なら日本の優良企業のスポンサーがつくのかもしれませんが。
ロステレは採点監視のために録画予約しておきました。ボーヤン選手がGPFに進出して、ゆづと交流できるよう願っています。
Posted by youko828 at 2019.11.14 18:08
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

今回も素人目しか無い私でも良く理解出来る詳しい記事を有難うございます。スタンプも又又ツボです。なんとも言えない良さ‼。
(//∇//)

皆さんのおっしゃるように採点はスロー再生してチートジャンプを見極めるべきですね。AI導入も急いで欲しいですし。ロステレコム杯はトゥルソワ選手ですね。ジャンプの時しっかり見張っていようと思います。

通信DXをじっくり眺めています。ゆづ友さんとても大きく載ってましたね。こんな近さでゆづが見られるなんて至福ですねー。裏山です。
ゆづのOriginの衣装って透け感が半端ないですね写真だと。よりセクシーです。私は62Pがとても好きです。❤64Pも。後パリ散のPも良すぎです。❤。
Posted by えりえり at 2019.11.14 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます