正しい技術で挑む演技にしか感動は生まれない。 - 羽生結弦 成功への軌跡

正しい技術で挑む演技にしか感動は生まれない。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんにちは

中国杯で見事、GPSで優勝したボーヤン君。
あの素晴らしい4LZが戻ってきてくれて、
私はとてもうれしかったです。

ボーヤン・ジン


いつもなら、羽生選手の時しかドキドキしない
のですが、今回は何としてもボーヤン君に
優勝してもらいたかったので、見ていて
力が入りました。(^-^;

ただ、私はボーヤン君が好きだから盲目的に
ルッツを褒めているわけではなく、いや
むしろ、私が彼を応援するきっかけに
なったのは、2015年のNHK杯でボーヤンの
あの素晴らしいルッツに惚れたからなのです。

今は4回転ルッツを跳んでいる選手が増えて、
ロシアの女子やアメリカのアリサ・リウも
跳んだとか話題になりましたが、申し訳ないけど、
全然凄いとか思わないのですよ。

だって、そんな簡単にマスターできるような
ジャンプであれば、もっと以前から多くの
選手がトライしていたはずでしょ?

でね、やっぱりどうして初めて見た時、
ボーヤン君のルッツには感動し、ロシア女子の
ルッツには、「えー?((+_+))」と思ったのか。
まさにこれだと思いました。



https://youtu.be/VziXOiM8Jaw


本物とまがい物の違いだったのです。
はっきり言って、ロシア女子の4LZは本当の
4回転ではありません。

高さを見比べてもその違いは歴然としています。
ボーヤンのは正確な技術でしっかり離氷し、
空中で4回回り切ってから着地しています。

ロシアのこの選手の4Lzは下で回っています。

1回転近く違いがあるジャンプなのに、どうして
4回転ジャンプとして認められてしまうのでしょうか?

シェルバコワ選手のは、4回転ルッツと申告
しているだけで、3回転よりは少しだけ多く
回転しているように見えるからそう判定して
いるとしか思えません。

私はド素人だから、スローで見ないと詳しい
ことはわからないとはいえ、それでも、
あの当時のボーヤン君の4Lzには拍手し、
スタオペしましたからね。^^

誰が見ても「素晴らしい!」と思うような
ものじゃないと、高いGOEを付けたり、
下で回っているジャンプに対して、上で
回っているものと同じジャンプだと認めては
いけないんじゃないのかなあ?

ボーヤン君のあんなハイクオリティな4回転
ルッツにGOEが3.45しかついてないというのも、
おかしいですよね。

金博洋プロトコル

これは今後もどんどん拡散させていき、拙い
ジャッジやテクニカルの判定や評価基準に
声を上げ続けていかないとならない問題だと
思います。

ルールに則り、高いGOEをもらえるように
努力しているボーヤン君や羽生選手のような、
正しい技術を持つ選手たちが、悪質なルールや
ジャッジ達に苦しめられるままにしておくべき
ではありません。

ロシア女子の拙い、いわゆる4Lzが「凄い」だとか、
「異次元」だとかいう前に、本当に正しい技術で
跳んでいるのかをもっと検証するべきだと思います。

羽生選手がプログラムに4Lzを入れないことで、
腹だたしいことに、「4Lzを入れてこないのは、
本当は跳べないからだ」とか言うアンチもいますが、
いやいや…まがい物で勝負したり、つなぎを
入れずにただ跳ぶことだけでいいのなら、
とっくに入れていると思いますよ。


ボーヤンのジャンプに驚嘆し、脅威さえ抱き、
ボーヤンのルッツしか褒めない羽生選手が
目指しているのは、彼のような4Lzを習得し、
さらに自身の信念に基づいて、出や入りに
工夫をして跳び、高い質で成功させたいので、
慎重にしているだけですから。

私たちが羽生選手やボーヤン・ジンを応援する
のは、正しい技術に基づき、しっかりした
信念を持ち、それを貫いているからです。

これからも彼らの努力が報われるよう、応援
し続けていきたいと思います。

PS:今はメンテナンスをするためにあえて、
人の目につかないようにしている「新ブログ」
の10/21の記事で紹介させていただいた素晴らしい
エッセイ、皆さまは読んでくださったでしょうか?

素晴らしいエッセイ。あの世界選手権の
羽生結弦を見て。


11/1にこのブログにも同じ記事をコピーして
掲載したので、埋もれてしまったかもしれませんが、
とても素晴らしいエッセイでした。

11月1日に再掲した記事。

そのエッセイを執筆された太田様から夕べ、
自分のエッセイを紹介してくださり、
ありがとうございました」
というお礼のメールを
頂き、大変驚いたのと同時に大変うれしく
思いました。

あのように、羽生選手のことをよく理解し、
ファンが日頃から感じているようなことを
率直に書いてくださった素晴らしいエッセイを
読ませていただき、私の方が感謝をしたい
ぐらいでしたのに。

さらにブログでご紹介したのをきっかけに、
私のブログを読んでくださっているということも
おっしゃってくださいました。

こんなド素人の書くブログをお読みいただいて、
本当に恐縮ですが、とても光栄に思いました。

太田さま、本当にありがとうございました。_(_^_)_

是非、原文はもちろん、私の記事でもいいので、
この機会にもう一度、皆さまにお読みいただければ
嬉しく思います。

太田さんのエッセイ原文が掲載されているのは
こちらです。

鬼たちに捧ぐ  羽生結弦に幽玄を見た日
太田龍子 2019年10月21日 02:10


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-11-11 | Comment(7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
太田さんのエッセイ早速読みました。素晴らしいですね!紹介して下さって有難うございます。アンチの人や無理解な記事を読むと胸がつぶれたような気持ちになりますが、こういう文章を読むと本当に嬉しいです。世界中の羽生ファンに読んでもらいたいです。
Posted by Pepita at 2019.11.11 13:33


Pepitaさん,早速太田さんのエッセイをお読みいただき、
ありがとうございました(*^-^*)
とても素晴らしいエッセイでしたよね。

>アンチの人や無理解な記事を読むと胸がつぶれたような
>気持ちになりますが、こういう文章を読むと本当に嬉しいです。
>世界中の羽生ファンに読んでもらいたいです。

本当にそうですね。
是非もっと多くのファンの人たちに読んでいただき、
広めてほしいと思います。
Posted by マリリン at 2019.11.11 14:15
マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今晩は。

 ボーヤンのルッツは本当に気持ちがいいですよね。なぜなのかと思っていたのですが、マリリンさんが解説してくださった通りですね。
 あの高さ、あの踏切り、プレロテやグリ降りの一切ない潔さ。なのに、GOEが低いのは私も疑問です。PCSもそうですが、ボーヤンは低くて当たり前といった予断が、ジャッジに刷り込まれているのじゃないでしょうか。それに腹を立てた中国ジャッジが、平昌五輪では報復の意味で無理上げしたのかと思うほどです。中国側の気持ちもよく分かります。アメリカジャッジのずる賢い操作より、よほど潔いと思いました。
 ボーヤンは元々高いジャンプ力と底力がある選手です。どこかの似非ジャンプを跳ぶ銀メダルコレクターとは違うので、今後、北京に向かって確実に伸びてくると思います。ユヅの正当なライバルとして成長してほしいです。二人が正しい技術で堂々と戦う姿を見たいです。
Posted by フィギュアファン歴36年 at 2019.11.11 22:17
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

記事掲載のお礼が届くなんて凄いですね。マリリンさんのブログは今や太田さんの様な知名度の高い方も訪れるかなりメジャーなブログだということですよね。素晴らしいです。

今回の記事では4回転を跳んでいても、いわゆる下で回ってるロシア女子がすごくないことがわかって為になりました。なかなかボーヤン選手のようなしっかりした4Lzは跳べないということですよね。ボーヤン選手は凄いです。

ゆづが今のところプログラムに4Lzを入れないでいるから跳べないんじゃないかとアンチが言ってるのですか?なんか腹立ちますね。入れなくても凄い得点が出せてる事とかは無視ですかね。完璧な加点の高く付くジャンプになるよう仕上げてるだけですよね。失礼だと思います。今に見てろよって言ってやりたい。
世界選手権あたりで出してくるんじないかな。ネイサンに勝つ為に。別に私は急かすつもりはないですが。次も必ずゆづの繋ぎの多い、前後に高難度な技を加えたスケーティングのジャンプが認められ高得点が出ると信じてます。
まがい物じゃない技を身につけた選手だけが正しい評価を受けるべきです。素人でもわかるごまかしはアスリートととして恥ずべきです。



Posted by えりえり at 2019.11.11 23:49
こんばんは!

確かにトゥジャンプでトゥをいつまで突いてんねん!というジャンプですね。突いたらすぐに跳び上がらないと。でも最初からこういう風に跳んでるのならずっとコレでいくのでしょうね。一瞬のことなのでスローにしないとわからないですもん。この跳び方だと跳びやすいのは当たり前だと思うな。

アメリカジャッジ、今回はボーヤンに良い採点でしたよ。確かJ7ではなかったでしょうか。

NHK杯は申し込まなかったし、全日本は落選でMOIはもし試合も行けたら連泊ムリなので申し込まなかったよん・・・。(;ω;)
Posted by しま at 2019.11.12 00:02
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆様、おはようございます。

太田さんのエッセイ、ブログで一回読みましたが、今回、全文を読ませていただきました。
世選の細かな描写。記憶がよみがえります!
能のお話も普段全く観ないものとしては、難しいそうで、わかりやすい、ってなんとも言えない気持ちです。
そんな描写や文章が、太田さんの文章力なのでしょうね。
もっと太田さんのエッセイ、読みたくなりました。羽生君の演技について、また是非書いていただきたいです。
マリリンさん、ご紹介くださり、ありがとうございました( ^ω^ )

ボーヤンの正統派ジャンプ、観ていて、おぉ〜ってなりますね。もっと得点出てもいいのにと思います。
Posted by ルルゴールド at 2019.11.12 07:59
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!

マリリンさん、いつも目の覚めるような素晴らしい記事をありがとうございます。
マリリンさんの更新タイトル「正しい技術で挑む演技にしか感動は生まれない」まさにその通りと100%同意いたします。マリリンさんの記事に拍手!です。
私もボーヤンの今回のダイナミックで美しいルッツに感激しました。そういうことなんですね〜 何故、感動するのか、それは正しい技術で挑むから。
いつも思い出すのは、ゆづが2連覇後、記者会見で「芸術というのは明らかに正しい技術、徹底された基礎によって裏付けされた表現力、芸術であって、それが足りないと芸術にはならないと思っている」ということばです。だから、最近、ロシアの女子の4回転が盛んに取り上げられていても、ジャンプを見て美しいとは思いません。やはり、本物とそうでない物との違いだったんですね〜
今、盛んにルッツに関心が集まっているようですが、デイリースポーツに註カ選手のループに関してとても良い記事が載っていたようです。本田武史さん「ループは右足だけで跳ぶため回転力がつけにくい。註カ選手は実戦で最も難しい4回転をいれていることになる」と称賛しています。つまり、ルッツが、さも凄い4回転と言われていても、実際ループを跳んでいる選手は少ない、しかも試合で成功したのが註カ選手を含め、数人しかいない。それほど氷に左右されやすいジャンプだから、みんながやりたがらないというのが事実です。だからこそ、ゆづはループを大事にしているんじゃないかな〜と個人的に思っています。
太田龍子さんのエッセイは本当に何度読んでも素晴らしいです。
こうして著名なエッセイストの方に本物のアスリートである註カ選手をこのように評価していただけて嬉しいですね〜 そしてマリリンさんブログも読んで下さっていることも一読者の私も嬉しくなります。
Posted by yukiko at 2019.11.12 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます