羽生結弦 現役を続ける覚悟。後輩は見習うべき。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦 現役を続ける覚悟。後輩は見習うべき。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは。
すでに皆さま、ご覧になっていると思いますが、
オリンピックチャンネルにスケカナ後のゆづの
インタビューが出ていましたね。

YouTubeにそれが上がっていましたので、
もう一度見て見たいと思います。

https://youtu.be/JGWWzYUlGIE


羽生結弦が目指すものは常に「質の高さ」

今、自分に足りないものは「表現」の仕方、
プログラムとしてのオーラ、雰囲気。

ん〜、そうなんですかね?(/・ω・)/
結構オーラは凄いと思うけどな。

NHK杯に向けてのコメントは、
「NHK杯はNHK杯で考えようと思っている。
ファイナルに行くために必要な試合という
位置づけではあるが、(NHK杯から)
ファイナルまでの期間が短いからこそ、
慎重にやらなくてはいけない。

2戦目で怪我をしやすいということを頭に
いれつつ、やっていかなければいけない。
色んなリスクと化を考えながら、その上で
最大限自分ができることをトレーニングとして
積んできたうえで試合に臨みたい」

羽生結弦

去年のオータムクラシックの時はふわふわ
した状態でやっていて、アクセル跳んで
早く辞めたいという感じのところが若干あって。
競技を続けることがどれだけ大変かというのを
覚悟しなければいけないと思っているし、
今、競技を続けているうえでいろんなものを
削ってやっている
と思っている。

だからこそ、削っているうえでそんな中途半端な
ことはしたくないと思った。

スケートカナダが終わった段階で、やっと自分が
したいスケートと、自分が目指したい理想のスケートと
高難易度ジャンプ、アクセルだとかルッツだとかが
やっとイコールになってきた状態。
だからこそ、それも含めて質の高い演技をしたいな
と思っている」

羽生結弦

五輪を2連覇している『最強の王者』であっても、
このようにまだ、さらなる高みを目指している
って、本当に並みの努力ではないと思います。

そんな王者も、さすがに五輪後のシーズンは、
ふわふわした気持ちでやっていたことや、
モチベーションが4回転半アクセルしかなかった
といっていたように、それを決めたら辞めたいと、
思っていたことなど。

昨シーズン当時の本音を話してくれたことは、
嬉しかったと思うと同時に、「そうだよな」と
思いました。

だってもう、少年の頃に描いていたシナリオ
の通りに、「ソチで金、平昌で金」をかなえた
んですもの。いつやめたっていいぐらいです。

それでも、覚悟して競技を続ける道を選んだ
羽生選手。

続けるからには「必ず勝つ!」という気持ちを
抱き続け、それに向かってさらに努力を惜しまない
というのですから、本当に頭が下がる思いです。

ついこの間のフランス大会で、8位に沈んだ、
五輪銀メダリストさんは、羽生選手のこの言葉を
よ〜〜く噛みしめるとよいでしょう。

ゲームにはまり、動画配信に熱中するあまり、
夜更かし三昧、食生活も乱れていると思われる
ような太り具合。

自分だけなら「自業自得」と冷めた目で見て
終わりですが、後輩の若い選手たちをもそんな
自堕落な遊びや生活に巻き込んでいたらしく、
「先輩」として、フィギュアのトップ選手と
しての自覚や責任は貴方にはないのでしょうか?
と、彼に質問したくなりました。

ゲームにはまったり、動画配信そのものが悪いとは、
誰も思わないし、言わないかもしれません。

しかし、それに使う時間が多すぎたり、
スケートの練習や試合に影響を及ぼして
いるのであれば、悪しき習慣として即刻、
正すべきだと思います。

自分を律することができないのであれば、
この先、ゲームを取るかスケートを取るか
決めなくてはならなくなるかもしれませんね。

日本のスケート界を担ってくれるであろう、
後輩たちがそんな体たらくだと、羽生選手
ひとりに負担がかかり、気の毒です。

正直、私は羽生選手には、「もうこれ以上
現役を続けなくてもいいよ、平昌五輪で
引退して、後は好きなようにして欲しい」と
思っていました。

メディアやプル様が「北京五輪で3連覇を」
というのを聴くたびに「無理強いしないで」
と思ったり、「煽るのはやめて欲しい」と
何度も思いました。

だって現役を続けるということは、羽生選手の
インタビューからもわかるように、
「競技を続けることがどれだけ大変かというのを
覚悟しなければいけない」わけですし、
「今、競技を続けているうえでいろんなものを
削ってやっていかなければならない
」のです。

それがわかっているからこそ私は
「ゆづに北京に出てほしい」などと我儘は、
言ってはいけないと思っているのです。

ファンが「羽生選手の闘う姿をいつまでも
見ていたい」という気持ちは羽生選手もきっと、
わかっていると思います。

でも、いくらゆづでもいつまでも続ける
わけにはいかないでしょう。

いつかはやめる時がくることも私たちは
覚悟していなければいけないと思います。

今シーズンも羽生選手は強敵、ネイサン・
チェンに「負けたままでは終われない」と
思ったのか、現役を続けてくれています。

来季もあるのかな?五輪にもう一度出て
くれるのかな?ファンもメディアも期待して
いるかもしれません。

羽生選手の「中途半端な気持ちではいけない」
という覚悟がどれくらいのものなのかは、
私たちにはわかりませんが、誰かのためでは
なく、自分自身のために自分が決めたゴールまで、

頑張ってくれたらいいなと思います。

この動画、ファンの方が現地で撮影したもの
でしょうか?とてもいいアングルです。

お借りして貼らせていただきます。(^o^)

https://youtu.be/cZ4qI3ItEcA


https://youtu.be/DncAoaA0yLY


テレビ放送では見れないアングルから見ると
また新鮮でいいですね。

動画を上げてくださった主様、ありがとう
ございました。_(_^_)_

何か他にも色々書きたいことや、紹介したい
物などがあったのですが、また次回にしたいと
思います。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-11-06 | Comment(8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、皆さん、こんばんは!

私はピョンチャンで2連覇して4Aさえ跳んだら引退してアイスショーを中心になるんだろうなぁ〜と思っていました。都築先生と「引退後は環境作りに従事して欲しい」との約束があります。ゆづは3年待って下さいとの事でした。でも今のフィギュア界はゆづとネイサンが突出してて続く者がいないような状況です。期待された宇野選手もゲームの配信に夢中でおそらく樋口コーチ、山田コーチに注意されたと思います。結局ゲーム配信を取ったのですから戦績の結果は当然です。同情の余地はありません!食生活、トレーニングの努力もしないのですから、お腹がでて3Aなんてお腹を打ち付ける転倒です。得意な3Aが全くダメになってます。私もYOU TUBEでみたのですが宇野君の声でした。たぶん拡散されてますよ。早くやめて私生活もきちんとしないと見放されてしまいます。 ゆづは転倒シーンをず〜と流されてたのに💢宇野選手は経済新聞に全くフィギュアはのらなかった。事務所の差止めなんでしょうかね、中途半端な事はしたくない!と言うゆづの爪の垢を煎じて飲んで欲しいと思います。

NHK杯は優勝は確実と思われるのでカナダ杯のジャンプ構成で世界最高点が狙えるので無理をしないようにしてほしい。ファイナルに力を蓄えて!

今季ネイサンに勝ち健康で終われば北京に行く気がします。とにかく中国のオファーもすごいですしゆづの意思だけではいかないようにも感じます。私も競技から解放してあげたい気持ちと戦う姿をまだみたい気持ちとで複雑です。
Posted by トミ at 2019.11.07 00:42
マリリンさん、オンリーファンの皆さん、おはようございます。マリリンさん、毎日奥深い記事をありがとうございます。

トミさんが、私の言いたいことを全て書いてくださっていますので、もう賛同のみです。

ユヅがもしここで引退したら、フィギュア界は真っ暗になりそうですね。伊藤みどりさんが引退してからソルトレークぐらいまで、日本は世界に通用しませんでした。その間、フィギュアファンは、キャンデロロなど、外国選手に夢中ではありましたが、今ほどのことは全くありませんでした。
宇野選手は堕落の道をまっしぐらでしょうし。女子も厳しくなりそうです。ユヅがいかに特別な存在であるか。伊東フィギュア部長は今頃頭を抱えているでしょう。
今、旅の空から書いています。またゆっくり感想を書かせてください。
Posted by フィギュアファン歴36年 at 2019.11.07 08:08
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!

マリリンさん、とても心に沁みる記事をありがとうございます。
私もマリリンさんと同じ気持ちです。そしてトミさん、フィギュア歴さんにも賛同いたします。
マリリンさんの記事にもありますように、ゆづのインタビューを聞くにつけ、現役を継続していくことがどんなに覚悟が要ることなのか、強烈に伝わってきます。
実際にゆづがどこまで続けるかは本人にしか分かりません。自分の気持ちだけで決めることができないということもあろうかと思います。そして、彼が背負うものの大きさ、更に戦うべきものの大きさを思う時に、やはりどんな人間も弱い者ですから、それに押しつぶされないだろうかと心配ばかりしてしまいます。
ただ、ファンとしてどんな道を選択しようとも、ずっと応援してきたいという気持ちに変わりありません。今、ゆづの演技が観られるという幸せを感じながら、応援します。
ゆづの少年の頃の夢、4回転アクセルの成功を祈っています。
スケ連にはこんな世界のスーパースターをもっと大事にしてほしいです。
そして、マリリンさんがおっしゃるとおり、こんなすばらしいお手本がいるのに後輩スケーターは何も学ばないのかと残念です。
Posted by yukiko at 2019.11.07 10:41
マリリンさんゆづフアンのこんにちわ。
オリンピックのマラソン、競歩の北海道移転で橋本さんのカジノ利権がらみのスキャンダルが報じられていますが、これは前々から噂になっていた事、大臣になったら大きなスキャンダルが表に出てくると言われていましたが、高橋さん伊東さんの名前も出てきています。これを機に橋本さん伊東さんが失脚してくれればと正直思っています。徹底的に暴いてほしいと思っています。ゆづ君が心おきなく自分の思うままに滑ることができますように。定めた道を歩むために身を削る覚悟を決めた人と、組織に守られ、チヤホヤされて生きている人の違いをつくづく実感します。
Posted by tama at 2019.11.07 13:37
マリリンさま、ゆづオンリーファンの皆様、こんばんは。

宇野選手にはまず常識と最低限の教養を身に着け、栄養指導も受けて、炎上芸人にならずに生きていける道を模索してほしいと願います。昨年のアスリート報道量4位で知名度はありますから、たちの悪い勢力にもうこれ以上利用されないようにと。

そしてゆづ。私は存在を知ったのがソチ五輪、ネットで情報を追うようになったのが2015年、CwWに1日行って、さいたま世界選手権でフリーとエキシを観戦しただけなので、長く応援している皆様に混じって意見を言うのは恐縮ですが、ゆづはジャンプ無しの演技でも充分すぎるほど魅了してくれます。本人がやり切ったと思えるまで続けてくれるなら、悔いが残らないのかなと思います。「ぶざまな姿は見せたくない」、その言葉を信じています。不正採点や会場を高温にして氷を溶かすなどの不正運営がなくなるようになってほしいです。そして現役引退後になるかもしれませんが、ゆづが人としての幸せもつかんで、心からの笑顔で生きていってほしいと願っています。
Posted by youko828 at 2019.11.07 17:31
マリリンさまゆづオンリーファンの皆様、またお邪魔します。
デイリーによると「博報堂アスリートイメージ評価調査」の総合1位が羽生結弦選手です!
2位はラグビーのリーチ・マイケル主将、3位は大谷翔平選手、4位は大坂なおみ選手、5位は錦織圭選手です。ゆづおめでとう!すごいですね!
Posted by youko828 at 2019.11.07 18:15
マリリンさん、こんばんは!

フィギュア歴さん、yukikoさん、賛同して頂いて有難うございます。宇野選手、ロシア杯でどれだけジャンプを戻してこれてるでしょうか? 歴さんは旅行なのですね。お気をつけてね。
Posted by トミ at 2019.11.07 19:05
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

連日録画番組を編集してDVDにダビングしてたからでしょうか?それとも今日工事で停電があったから?レコーダーがリモコン操作が効かずにウンともスンともいわなくてあわや故障かと思うちょっとした事件がありました。取説読んでコードをプラグから抜き🔌、暫く置いたら復活しました。安全装置が働いたらしいです。もうすぐNHK杯なのに故障じゃなくて本当に良かった(&#3665;>&#9697;<&#3665;)。NHK杯が録画出来なきゃ泣いても足りません。

ゆづの現役続行の為の覚悟、感動しました。あらゆるものを犠牲にして今の姿が有るのですよね。貴重な奇跡的な期間、大切に記録保存出来ればと思います。レコーダーいつ寿命が来るかわからないので、おなじものを買って手元に置いておこうかとamazonで調べてみました。早急に手に入れようかと思います。
Posted by えりえり at 2019.11.07 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます