グランプリシリーズ。今週は中国杯。 - 羽生結弦 成功への軌跡

グランプリシリーズ。今週は中国杯。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは
フジテレビの27時間テレビの中で放送された
ようです。

動画:野辺山合宿
羽生結弦

野辺山合宿に参加していた小学生の時の
羽生選手がかわいいです。

羽生結弦

この7年後に初めて出場したソチ五輪で
金メダルを獲るんですものね。

こんな可愛らしい少年が金メダリストになる
ことをこの時、誰が予想できたでしょうか。

でも、この野辺山合宿に参加していたという
ことがすでに、将来有望だとみなされていた
訳ですからね。

この中からオリンピアンが誕生することは
当然期待されていたでしょうから。

ところでこの話題、うれしいですね。(^o^)

羽生結弦選手などが所属する
「トロント・クリケット・スケーティング・
アンド・カーリングクラブ」が令和元年度
外務大臣表彰を受章

TORJIA

『令和元年度外務大臣表彰受賞のトロント・クリケット・
スケーティング・アンド・カーリングクラブの表彰
伝達式が、9月18日、同クラブ内のメインラウンジ
にて行われた。

同クラブは1968年から日本人スケート選手を
受け入れて指導を行ってきた他、日本への指導者の
派遣を行うなどと日本スケート界の発展に寄与してきた。

トレーシー

日本人選手らを指導するウィルソン氏は、
同クラブで一緒に指導に携わるブライアン・
オーサー氏との目標である「スケートの隆盛と、
競技を通じた国際的な友好関係の構築」に
言及した。

オーサー氏は羽生結弦選手やハビエル・
フェルナンデス選手など世界トップレベルの
選手を指導するコーチとして知られている。

もともとフリースケーターであったウィルソン
氏は、初めて同クラブを訪れた際に出会った
日本人選手たちの姿に感銘を受けたという。

当時の日本人スケート選手は、多くの大会で
スタンディングオベーションを受けるほどの
技術の高さを武器にしており、そんな彼らと
一緒にスケートができたことは大きな刺激に
なったと述べた。

同氏は日本と同クラブの盛んな交流をこれからも
続けていきたいと話し、若い日本人スケート
選手に羽生選手を越えるぐらいの活躍を期待
していると語った。同クラブで現在指導を
受けている日本人若手選手らも式に出席して
おり、参列者は彼らにあたたかなエールを送った。』

羽生結弦を超えるぐらいの活躍…って簡単に
言うけど、それはかなり難しいでしょうね。

トレーシーもそれがわかっているからこそ、
あえて羽生選手の名前を出したのかもしれません。

クリケットクラブに移籍したことで、羽生選手も
日本にいたときよりも格段にスケーティング技術が
上がりました。

これからもクリケットクラブでしっかり練習を
積んで、前人未踏の大技を成功させてほしいと
思います。

そんな羽生選手の衣装が「オートクチュール」と
称賛されていました。

羽生結弦、海外で「まさにオートクチュール」
と称賛された王者の“美しき衣装”とは


THE ANSWER

羽生結弦

米デザイナーが高評価「オートクチュールの
ようなスケーターにぴったりだ」


『王者がまとう衣装も専門家を魅了していた。
定期的に世界のフィギュア選手の衣装を評論し、
フィギュアファンにも知られるベレオス氏。

様々なコスチュームが氷上を彩る新シーズン、
自身のブログで直近の大会に出場した選手を
ピックアップし、ショートプログラム、
フリーに分けて批評を展開している。

羽生について取り上げた項目ではフリーを高く
評価した。昨季に続き「オリジン」を演じる
プログラム。寸評では「ユヅル・ハニュウが
まとう素晴らしいコスチューム」といきなり
高く評価した。

「パープルの絶妙な濃淡に美しくカーブした
ゴールドのラインストーンのデザイン、
ソリッド感と透明感の配置、3D効果を生み出す
刺繍……」とポイントを挙げた。

「全てのディティールが、まさにオートク
チュールのようなデザインを生み出している。
オートクチュールのようなスケーターにぴったりだ」
と粋な称賛。スケートカナダは圧巻の演技で
同大会初優勝を飾ったが、美しき演技を彩る
美しき衣装もまた海外から高い評価を受けている。』

オートクチュールとは高級衣装のお店のこと。
このOriginの衣装がまさにパリの高級衣装店で
あつらえたような素晴らしいものに見えたと
言うことなのでしょう。

羽生結弦

本当に素敵な衣装ですよね(*^-^*)
身に着ける方が品があって美しいので、
増々お衣装が映えます。

いつか近くでこの衣装を見ることができたら
いいですね。

グランプリシリーズも3大会が終わり、現在の
ポイントランキングが出ています。

ポイントランキング

hn739.png
hn740.pnghn741.pnghn742.png


今週の金曜日からは中国大会が始まります。

テレビ放送予定

11月8日(金) 深夜2時20分〜 (※テレビ朝日 関東地区・
       東日本放送) 男女ショート
11月9日(土) 深夜3時〜 (※テレビ朝日 関東地区・
       東日本放送) 男女フリー


注目の選手はもちろん、ボーヤン・ジン選手です。
頑張って欲しいです。(^o^)

hn743.png

中国杯は録画してボーヤン君の演技を見たいと
思います。

女子はさと子ちゃん、真凛ちゃんが出場
しますね。

ぜひ頑張ってください。真凛ちゃんは事故の
影響がなければいいのですが…。

PS:お仕事が変わって今はシフト制なので、
平日でもお休みすることができます。

その代り、土日も祝日でも出ることがありますが、
お休みさせてほしい時は休ませてもらえるので、
まあ…仕方ないのかなと(^-^;

今日はちょっと昼間にブログを書くことが
できなかったですが、昼間に時間が取れるのは
嬉しいです。


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-11-05 | Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今晩は。

 マリリンさんは時間のやりくりが本当にお上手な方ですね。多分、一分一秒を計算しながら、沢山のことを同時進行されているのでしょう。私も現役時代はそうでした。いつも時計とにらめっこで、あれしてこれしてと、一度に複数のことをこなすことに生きがいを感じたりしていました。でも退職したら、あまりにも時間があることに気づき、すっかりぐうたらになってしまっています。
 マリリンさんのご様子を想像しながら、やはり時間を大切に無駄のない生活をしなくてはと思います。

 今夜も嬉しい記事を沢山上げてくださり、本当に有難うございます。
 野辺山合宿のユヅは本当に可愛いですよね。すでにこの頃から躾の良さが見て取れます。体育座りをして話を聞く様子もいいですよね。子供の時から清潔感が溢れていて、女の子かと思うほど。
 この合宿の様子を作文に書いて、宮城県の作文コンクールで表彰されたという話を以前聞きました。実際にその作文が載っていて読みましたが、知性あふれる勢いのある文章でした。さすがユヅと思ったものです。

 ユヅの衣装がオートクチュールと絶賛されるのもよく分かります。着る人が素敵でスタイル抜群だからでもあるのですよね。
 やはり、今回の衣装は秀逸です。背中を丸めるシットスピンの時に、背中で蝶が舞っているように見えるらしいですね。伊藤さんはここまで計算したのでしょうか。試合を生で見るのはとても勇気が必要ですが、このコスチュームだけは、是非生で直に見てみたいです。

 ところで、中国杯は本当に楽しみです。ユヅが出場していないので、ドキドキせずに気楽に見られるからかもしれません。
 そして、この4つ目の試合で、今年のジャッジの傾向が大体掴めるかもしれません。と言っても、本当に出鱈目ジャッジが多いことが嘆かわしいですよね。
 
 そして、マリリンさんと同じく、大好きなボーヤン。彼の4ルッツこそ、もっと高く評価されるべきです。アメリカ大会の時が調子悪かったので、今度こそ最高のボーヤンが見たいです。北京のためにも自国での試合は練習になるでしょう。

 しかし、中国で驚くのはユヅの人気ですね。2015年の世界選手権以来、ユヅは中国での試合に出場していないのに、これほどの人気です。中国という国は不思議です。本来なら外敵に当たるユヅを排除するどころか、北京に来てほしいとラブコールするぐらいです。アメリカとえらい違いですね。結局、中国自体がユヅの人気を認め、それを自国の五輪成功に結び付けようとしています。日本の連盟とえらい違いです。

 そのスケート連盟は今後どうする気なのでしょう。このままでは2021年の世界選手権はまた二枠になります。そうすると、北京五輪の出場枠まで心配なことに。もしユヅが引退したらどうするのでしょう。今度は土下座でもして、ユヅに引退しないようにお願いするのでしょうか。こんな話、冗談ではなくなっていることに、いかに無能な連盟でも気づいているとは思いますが。

 長くなってすみません。最近私は、ユヅがコーチになってキスクラに座る姿をよく想像します。指導する該当選手の姿は今は浮かびませんが、ユヅコーチ素敵だろうなと。細身のスーツを身にまとい、気品ある姿勢で選手を褒め称える姿が。
 ユヅ引退後は、フィギュア自体の人気は落ちるかもしれませんが、ユヅのコーチ姿を見たいとテレビの視聴率は維持できるかもしれません。
 ずっとずっと先でいいので、そう言う場面を見てみたいです。そうすると、やはり私はフィギュアから一生離れられないのだろうなと一人にやっとしてしまいます。
Posted by フィギュアファン歴36年 at 2019.11.05 22:26
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

今夜放送のフランス大会女子フリーを見ました。樋口選手も白岩選手も残念でしたね。坂本選手は後ちょっとの又4位で。やはりコストルナヤ選手と今年シニア上がりのトゥルソワ選手、シェルバコワ選手の3人は怖い存在ですね。今のところザキトワ選手や紀平選手でも勝てる気がしません。あんなに安定感のある4回転や3回転半ではね。3人の独壇場になりそうです。

次は中国大会ですね。ボーヤン選手の調子の良い所が見たいですね。美しい4Lz見せて欲しいです。女子は宮原選手と本田選手ですか。頑張ってくれるといいな。楽しみです。

クリケの表彰、ゆづの衣装の称賛と良い記事が多くて嬉しい限りです。やっぱゆづには称賛がお似合い。けなすとこないですからね。

そうそう、郵便局の切手セット家にはまだ来ないです。待ち遠しーい。チャームを早く手にしてみたくて。二週間以内って結構幅あるよね。申し込み初日にしたのになぁ。
Posted by えりえり at 2019.11.05 23:36
こんばんは!

オトナルとオリジンの衣装もいつの日か羽生結弦展のような展示で間近で見てみたいです(*´Д`)。今までの衣装ばかりの衣装展でもいいです。

中国杯、ボーヤンに頑張って欲しいですね。自国で優勝して欲しいわ。田中くんもチャンスですね。でも同じような有力選手も多い。楽しみだわ。放送はBSで見ます。さとこちゃん初戦なのね。お久しぶりですって感じする。
Posted by しま at 2019.11.05 23:57
おはようございます、マリリンさん、みなさん。

オートクチュール、素敵な例え。ていうかゆづくん自身が特別なオートクチュールですからね。前記事の中国といい、イタリアのマッシさんやママン達といい、そして今回の米のデザイナーの方といい、海外の方々はご自分の美意識と言葉をしっかりと持って称える時は讃え、苦言を呈する時は
愛情を持って語ってくださる。日本のライターさん達、勉強してねーと何度も何度も思います。
宇野選手のゲーム配信を捏造だとしたいような書き込みをみるにつけ、この惨敗ぶりをきちんと批判する事をしないスケートマスコミにはあきれるばかりです。かわいそう路線で行きたいのか?そんな甘やかしは宇野選手の為にならないです。コーチのことにしたって頭を下げてお願いしなければいけない立場なのに勘違いしてますよ。うんざりです。

マリリンさん、慣れないお仕事のなか、素敵な記事たくさんありがとうございます。次はボーちゃんですね。がんばれーー。ゆづくんと一緒にファイナル行こう!!


Posted by Cocoたん at 2019.11.06 10:19
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!

マリリンさん、お仕事の合間を縫っていつも素晴らしい記事を上げてくださり、ありがとうございます。
次々と註カ選手を称賛する記事が出て嬉しい限りですね〜 明らかに今のスケート界において中国ではないですけど、「スケート界の神」とまで言わしめる別次元のところにいるスケーターです。
この野辺山合宿の可愛いゆづがオリンピック2連覇を果たすと誰も想像できなかったでしょうね〜 ゆづの才能を見抜いてくれた最初のコーチや都築コーチにも感謝ですね! 
GP4戦目中国杯は私もボーヤンを応援します。ボーヤンのダイナミックなジャンプが好きです。スケーテイングも滑らかになりましたよね。何とか調子を取り戻して持てる力を発揮してもらいたいです。2015年のNHK杯でのゆづとの表彰台がとても懐かしいです。
今年のファイナルはネイサンとゆづ以外は誰が来るのか、正直分からない所ですが、是非ボーヤンに出場してほしいです。
今も毎日ゆづのスケカナの圧巻の演技観ていますが、どの雑誌のタイトル等を見てもSPは今季最高得点となっていますが、FSも今季最高得点であるはずが、パーソナルベスト更新となっているのにとても違和感を感じます。
何故、去年のネイサンの最高得点との比較ばかりなのか!と。マスコミは何が何でもネイサンを最強としたいという意図が見え隠れします。
それでも、そんな憂いを一気に吹き飛ばしてくれる註カ選手、NHK杯は全力応援ですね。
Posted by yukiko at 2019.11.06 13:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます