羽生結弦が挑む新シーズン。「見とけ!世界。」 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦が挑む新シーズン。「見とけ!世界。」


ゆづオンリーファンの皆さま、こんにちは

今日は昨日の記事の続きであるオータムクラシック後の
羽生選手のインタビュー記事パート2が出ていました。

羽生結弦、王者の本能
「スケートやってて勝ちたいなって思ったんですよね凄い」


羽生結弦

スポニチアネックス

『羽生結弦が今季初戦のオータム・クラシックを終え、
合同取材に応じた。昨季の世界選手権では2位となり、
再出発を切った今シーズン。勝利を渇望する絶対王者が
語る今、そして未来への青写真とは――。

――3月の世界選手権では2位。ネーサン・チェンとの
点差を埋めるために考えたことは。


「結局、ベースバリューを上げるしかないかなと
思っています。やっぱりGOE取ってナンボだと
思っているので。ただ、その中でやっぱりGOEの
限界もありますし。うーん、そこにはやっぱり
人の評価軸というものが存在するので。
結局、難しいものを跳んでナンボなんだなという
感じはしています」

――4回転5本の構成と言ったが、チェンに勝てる構成という意識か。

「というよりも、自分ができ得る最大限の構成を常に
考えている
という感覚ですね。
もちろん、あの世界選手権の構成が彼の全てではないですし。
もっと上げようと思えば、いくらでも上がると思うので。
その時に、彼が最大限にやってきた時に、やっぱり勝てる
状態じゃないとダメだなとは思います」

――昨シーズン、4回転トーループー3回転半を入れるとなった時に、
GOEがマイナスでもやりたいものはやりたいと言っていた。


「ふふふ。だから、本当にやっぱり平昌五輪が終わって
フワフワしてたんだなと思います。ただ、実際に4Tー3A
やってみて、しっかりきれいに決めたいっていう気持ちは
強くありましたし。それで、最終的に先シーズン中に
きれいに決められたというのは、自分の中でやっぱり、
ずっとショーでもやってきてたんで。
それを公式記録として初めて決めた人間になりたい
という気持ちは強くあって。そこは納得できたというか、
消化できたかなと思っています」

――そして、結局、勝ちにこだわるところに戻った。

「そうですね。もちろん勝ちたいっていう気持ちは強く
ありますし。それで勝てればよかったですけど、
そんなことも言っていられないなと思ったので。

やっぱり武器としてのアクセルは早く手に入れなきゃ
いけないと思ってますし。その前の段階として、別に
段階を踏もうとは思ってないですけど、まずはルッツを。

だいぶ使える感覚ではあるので。順を追ってというか、
その時々で必要か、必要じゃないか、やるべきか、
やるべきじゃないかを踏まえた上で入れていけるようには
したいなとは思います」

羽生結弦


――ぶざまな自分にはなりたくない、と言っていたが。

「だって、なんか、“あー、羽生結弦終わったな”みたいな
感じで言われるのは絶対、嫌なんで。だから、今日も、
何て言うんですかね。自分の中で頑張ったな、とは
思ったんですけど。ああいう点数とか見ると、
かっこ悪いなとか、すっごい思ってるんで。もう、
本当に、もっと練習します」

――自身が思うぶざまな自分とは

「なんか毎年オータム・クラシックとスケートカナダは、
ぶざまだなと思っています(苦笑い)。かっこ悪いなあと
思ってやってますけど。でも、やっぱり自分は元から
いい時と悪い時の差が凄い激しかったですし。
いいものはいいって言えますし、悪いものは悪いって言う
タイプなんで。自分自身に対しての評価が一番厳しいと
思っているので。今回はまず悪かったなと凄い言えますし。

やっぱり、うーん。あのSEIMEIとバラード第1番の時の
ノーミスした感覚は今でも追い求めてたりとか。
あとはヘルシンキのワールドのホープ&レガシーの感覚を
追い求めてたりとか。

あの完璧だった自分をさらに超えたいっていう欲がもの凄く
あって。それができた時にやっと、かっこよかったなと。
かっこよかったなと言うのは変だけど、アスリートとして
いい形だったなって思えるようにはなるんじゃないかな
と思います。それ以外は全部、かっこ悪いです」

――やりたいことがいっぱいありそうだが、今シーズンと
いうよりも、どんどんシーズンが過ぎていく感じがあるが。


「まあ、やれることをやって、という感じですかね。
とにかく、できることっていうのは、その時々で限られて
いるので。それをやりつつ、結果としてそうなったら
という感覚でいます。

とにかく、まだ成長できる余地があるなと凄い感じながら
練習しているので。一時期、厳しいなって思った時も
あったんですけど。アクセルの壁があまりに分厚かったので、
これ、できるようになるのかなと思ってたけど、意外と
できそうだなって今なってきているんで。
いろんなことを試しながら、いろんな情報を得ながら強く
なれたらなと思います」

――「一時期」とはいつ、どんな壁だったのか。

「やっぱり、去年のオータム前とかオータム後とかですかね。
アクセルやってる場合じゃないなみたいになった時があって。
やっぱりアクセルもほど遠かったので。ハーネスでは降りて
たんですけど。ハーネスなしで回る気配がなかったので、
ただ、やっと回り始めて。昨年の試合期間中はアクセルの
練習なんてしてる場合ではなかったですし、もちろんケガも
していたので、世界選手権に合わせることでいっぱいいっぱい
だったんですけど、フタをあけてみたらトレーニングに
なっていたのかなと思います」

――22年という話も出た。実際、どれくらい明確に22年を思っているか。

「そこ聞きたいんですよね…。
でも、なんか、自分の中では競技生活の延長線上にあるくらい
ですかね。本当に、とりあえず今のところ、猛烈に出たいとか、
猛烈にそこで勝ちたいという気持ちでいるわけじゃなくて。

とにかくアクセル跳びたいって。
何だろう。アクセル跳べた上でのOriginを完璧にしたいって
いう気持ちが一番強いです」

羽生結弦

 ――今のゴールはアクセルを跳んでOriginを完璧にすることか。

「まあ、それが3年間か、4年間になるかもしれない
ですけど(笑い)。とにかく体が壊れないように、
というのを意識しながら徐々に徐々に、ですかね」

――ゴールに到達した先は。

「うーん、なんか昔は考えていたんですけど。
あまりにも環境が変わりすぎて。自分が思い描いていた
環境とは、結構かけ離れていて。というのも、あまりにも
いろんな方々に支えられすぎているっていうか。

こうやってB級の試合だったかもしれないですけど、その中で
B級だからといって手を抜く人がいるわけではないですし。
やっぱりサポートメンバーの方々はもちろんなんですけど、
試合のスタッフの方とか、セキュリティーの方とかも含めて
なんですけど。凄いなんか、普通の選手ではあり得ない待遇を
たぶんさせてもらっていると思うので。
それに応えたいっていう気持ちが、うん、一番強いんですかね。

自分がこうなりたいとか、ああなりたいとかってなんか…。
本当は平昌オリンピック獲って、辞めて、1年間プロになって、
しっかり稼いでってことを、小さい頃はずっと思っていたんですけど。

うーん、何か…。もちろん平昌終わってアクセルやるか、
みたいな感じで、なあなあな気持ちで始めてしまって。
結果、今めちゃくちゃ勝負楽しいって思ってスケートやって
るんですけど。今の自分の根底にあるのは、もちろん
アクセルとか、Origin完成させたい、オトナル完成させたい
っていう気持ちももちろんなんですけど、支えてもらっている
方々に対して期待に応えられる演技をしたいっていうのが、
強いかなと思っています。
それがどこまで続くのか、分からないんですけど」

――世界選手権の時に「負けは死も同然」とも言った。
勝利への欲は今、どれくらいあるのか。


「今回の試合はあんまり勝つ負けるということは考えて
いなくて。割とノーミスしたい、とりあえずこの構成で
完成させたいっていう気持ちが強くあったので。
その点に関してはやっぱり、うん。達成できていないな
っていう。ああ、もっとこうだったかな、ああだったかな
っていう、なんだろう。課題を凄い感じている段階ですかね。

とにかくなんか、うん…言葉にするのが凄い難しいんですけど。
まあ、やっぱり世界選手権で本当に届かないなっていう感覚で
負けて。なんていうかな。スケートやってて勝ちたいなって
思ったんですよね、凄い。さっきも言ったように、平昌というか、
平昌とも思ってなかったんですけど。

とりあえず、なんか19歳でオリンピック出てみたいな、
23歳でオリンピック出て両方とも優勝して、辞める!み
たいな感じで、本当に幼稚園くらいの時から思っていたんで。

だから、その後、あまり勝利への欲っていうのがなかったんです。
ただまあ、去年のグランプリシリーズでやっぱり勝ちたいって
いうのは思っていたとは思うんですけど。

まあ世界選手権、実際にその差を、ノーミスしてたらどうなって
いるか分からないんですけどね。もちろんそうなんですけど、
まあ実際の演技が実力だと思うので、その時点で実力の差を
感じて負けたっていうのが、また何か…。

凄い勝ちたいってなっています。だから、今回の試合は
もちろんそれを抑えつつみたいなところはあったんですけど、
それ関係なく今回は自分の演技を完成させたいみたいな
ところはあるんですけど。

でも、やっぱり今の自分がスケートをやっている根底には、
その支えてくださっている方々への期待への感謝、期待に
応えたいみたいなところと、やっぱり、あの時、負けた
悔しさが両方あって、うん。
今シーズンは特に頑張れているのかなっていうのはあります」

――4回転アクセルのために生きているってどういう日々か。想像できない。

「修行僧みたいな感じですね(笑い)。本当になんか、
パパラッチの方とか来ても面白くないんだろうなって思って。
だって、リンク行って、練習して、帰ってきて、ご飯食べて、
トレーニングして、お風呂入って、寝るみたいな(笑い)」

――そんな中で、リンク以外に楽しみとかは見つかったか。

「凄い悲しい人みたい…(笑い)。
そうですね、特に外行かないですけど。外に行くことに対して
楽しみを知らないので、小さい頃から。まあ別にそれに対して
いいなとか、悪いなっていうのは特にないんですけど。
ただ、やっぱりファンタジーの期間で、アーティストの方々と
触れ合えるっていうのは、凄い自分にとって刺激ですし。
うん、表現者として、こういうことがあるんだ、ああいうことが
あるんだ、っていうのを学べる機会ですし。

楽しさじゃなくなるかもしれないけど。そういう刺激があって
凄い楽しかったなって思っています。だからまあ、それはもう
ファンタジーはファンタジーでその時に楽しんだって思って
いるので。もちろん、かなり削ったは削ったんですけど、足も。

だけど、まあそれがオフシーズンに自分がたぶん、ある意味での
心の休養みたいな。頭のリフレッシュみたいな感じにはなりましたし、
今年は全然休養を取ってないんですけど、でも、凄いスケートに
集中している日々ですね。まあ、ゲームは楽しいですけど(笑い)」

――今、右足首はどういう状態か。腱が少ないという話もあった。
同じようなケガをしたらどうなるか。


「どうなるんですかね。
どうなるかはよく分かんないんですけど、簡単に捻挫するな
とは思っています。ほんとにロシアの時もそんなに腫れると
思ってなかったんですけど、凄いなんか、パーンって
腫れちゃって、本当に靴入るかなって思ったんですけど。

うーん、何なんですかね。でも注意しながらやんなきゃ
いけないのは確かです。でも痛みとかは特に今ないので、
右に関しても左に関しても。

ただ古傷みたいな痛みはもちろんちょっとあるんですけど、
朝起きたときとか。まあそれぐらいですかね。競技に支障は
ないかなと思います。ただ、ケガするリスクが人よりも
明らかに高いよっていうのは思っています」

――ありがとうございました。

別に全然引退しないですからね、まだ!

――ゲームは具体的に何をやっているか。

「今はファイアーエムブレムをやっています。
(ハードは?)スイッチです」

――アクセルを楽しみにしている。

きれいなの跳びますよ、僕。
本当にきれいなの跳んでやるからな。見とけ世界っ!
」(終わり)


羽生結弦

ネイサンに負けたことで、今はもう絶対王者じゃないと
意地悪を言う人もいますけど、存在感というか、この
受け答えを聴いているだけでも、やっぱり羽生結弦は
「王者」だなぁ(*´▽`*) と思いました。

1度や2度、ミスや何かで点数的には負けることはあっても、
フィギュアスケートを進化させることにおいて、さらには
自分自身を進化させることにおいて、ここまで貪欲な人って
見た事がないですよね。

普通のアスリートは五輪で金メダルを取ったらもう、
ある程度は満足して引退したㇼとか、別の道を歩む人も
多いですが、羽生結弦は違うんですものね。

最高難度の技、4回転半アクセルに挑み続け、今はその
ジャンプをやるためだけに生きている…
修行僧のように
なっていますから。(^-^;

なので、パパラッチさんたちに「俺のところに来ても
何も出てこないぞ」と、遠巻きにけん制したような
形になりましたね。(笑)

北京五輪を楽しみにしているファンの方には怒られる
かもしれないけど、私は今は五輪に出たいとか、
そこで勝ちたいと猛烈に思っているわけではない
という羽生選手の言葉に少しホッとしています。

もうね、本当に五輪で2回も金メダルを獲ってくれただけで、
私は「十分頑張った!あとはアクセルに集中してね」という
気持でいっぱいです。

もちろん、その間に出なくてはならない試合があれば、
勝つためにゆづは頑張るでしょうから、応援しますけど。

その中に北京五輪もあるのなら、うーん(*ノωノ)
もう、それこそ、「無様な姿」とゆづが言うような、
負ける姿は私も絶対に見たくないので、出ないでほしい
と思ってしまいます。

本人も毎年、オータムとスケカナ(に出たときは)は
カッコ悪い、無様だ…と思っているんですね。

羽生結弦にとってどんな試合も「ミスして負ける」のは
カッコ悪いことなのでしょう。

ファンにとっては、ゆづがそこにいる、試合に出ている
姿を見れるだけでも至福の時ですけどね(^^♪

もちろん、現役でいる限り、ゆづにはいつも
「強くてかっこい羽生結弦」でいて欲しいです。

長いインタビュー記事でしたけど羽生選手の本音が聞けて
楽しかったですね。

僕。本当にきれいなの跳んでやるからな。見とけ世界っ!

もう〜〜〜この一言にしびれましたわ

見とけ!邪ジャッジ達。
見とけ!日本。


と、私は言いたいです。

そして、人気ブログランキング上位にいらっしゃる
「みみゆんさん」のブログ記事には思わず拍手して
しまいました。(*^-^*)

『何故日本は誤審問題をスルーするの?」
みみゆんさんのblogより。

こういう情報を上げてくださることは本当に
感謝ですね

素晴らしいです。
もうね、世界中の人に見てもらいたいです。

このブロガーさんとは全く交流もないですけど、
(…ってか私はほとんどどのブロガーさんともお付き合い
していないです。お花畑さんには嫌われている
と思うので)

余りにも中国のゆづファンの方がたの行動力の
すばらしさに感動しました。

検証動画もしっかり作って拡散してくれています。
検証動画、わかりやすいです。




不正が発覚したから大騒ぎになると思ってSNSを
閉鎖して逃げているというテクニカル。

羽生結弦と、そのファンを見くびるな!です。

中国のゆづファンのおかげでほんと、スカッと
しましたね(*´▽`*)

私たち日本のゆづファンも、良識ある態度を保ちつつ、
声を上げていきましょう!

こんなインチキ、絶対許すまじ
二度と審判席に座らせないようにしてほしいです。

普通は、ある程度時間がたつと怒りって収まる
ものなんだけど、今回ばかりは怒りがなかなか
収まらないですよ。 いくらでもこの件は記事に
してやりたいです。

ただ、知識と情報に乏しいのであまり書けないですが。
感情ならいくらでも書けるんだけどね。(^-^;

また、書きます。自分の思ったことなど。

PS:あ、どうでもよい余談ですが…
珍しくYahooに「宇野超え」なる記事が
出ていましたね。( *´艸`)

まぁ…一応超されるまではJGPの世界記録もって
いたからだね。

おめでとうございます。
「◯◯超え」の対象になってよかったね。


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


人気ブログランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-09-20 | Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、こんばんは。
私もマリリンさんと同じくいつまでたっても怒りが収まらずに困っています。
頭から離れない感じです。
一応、IOCには現状を伝えお願いしてみましたが。
オータムの採点にはもちろん腹立たしいのですが、この件を放っておいたらこれからの試合でも同じようなことをされるという不安がぬぐえません。
中国のメディアはニュースにしてくれましたが、
日本のメディアは、やれ4回転半だ5回転だのの報道しかしないし
田村明子氏は回転不足と言い切ちゃってるし
日本のスケ連は相変わらずスルーだし
「回転足りてる」言ってくれたのは佐野さんくらいで。
どうにもこうにも・・・
オーサーコーチは動いてくれてないのですかね。
ファンが声を上げ続けるしかないのがもどかしいです。

「宇野超え」デビューですね(笑)これは本当のことなのでノープロムレムですね^^
Posted by ゆきこ at 2019.09.20 23:09
※違う記事に訂正コメントしてしまったみたいです←本当ドジですみません💦

回転不足を言い切ったのは田村明子さんじゃなくて野口美恵さんでした。
訂正してお詫びいたします。


Posted by ゆきこ at 2019.09.20 23:23
 マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今晩は。
 ユヅの正直な言葉の数々、素敵ですね。強さも弱さも自然に出せる人って魅力的です。今頃は心を落ち着けて練習に明け暮れている頃でしょうか。世界中のファンの愛を受け止めて、エネルギーにできているといいなと思います。なんたってこれだけ心強いファンがユヅのためにできることをと一生懸命考えて行動しているんですもの。

 ところで、オータム以来、今シーズンの試合の動画を目を皿のようにして見ています。ジュニアもシニアもです。ジャッジの能力と信憑性を見極めたくて。

 山本草太選手の演技、ここまでリカバーできたんだなあと彼の努力に敬服します。4S3Tがこんなにきれいに跳べるようになったとは。今までだと想像もできませんでした。
 ところで、決して本人に責任はないことなのですが、例えば彼の3A、普通の入りで普通に飛べています。しかしこのジャンプに4をつけたジャッジがいます。オータムでのあの超難しいユヅの3Aも4が3人いました。問題はこのばらつきなんです。試合が違うから同じジャッジではないということもありますが、でもGOEの出方はは普遍的でないと公正ではありませんよね。
 ビンセントの4Lu3Tですが、オータムのこともあり、これを見逃してはと、あえて回転不足を取ったようにも感じます。これまでだったら、ユヅはもちろん、このビンセントもOKではないでしょうか。超スローで見たわけではないので自信がないのですけど。それなら、これから出てくる選手達の回転不足も厳しく見てもらわなければと思います。

 どちらにせよ、ファンは今まで以上に回転不足に厳しい目を向けるぞということを、ISUジャッジ達に知らしめたことだけは、今回の少ない収穫の一つだったと思います。それでも好き放題なことをするかどうか、マリリンさんがおっしゃるように、こんな〇〇〇〇許すまじ!です。
 
 ネーサンのトヨタスポンサーの件ですが、本当なら宇野選手も見くびられたもんですね。お前じゃもう羽生には勝てないと。引導を渡されたようなもの。
 もし、ユヅが所属するANAが、ユヅのライバルとなるアメリカ人選手を迎えるとしたら、それはユヅに期待しないということを表します。それとも宇野選手は、ぼくちゃん、ネーサンが一緒にいてくれると虎の威を借りる狐になれるからいいやといった心境ですかね。自分より年下なのに。
Posted by フィギュアファン歴36年 at 2019.09.20 23:41
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんにちは


見とけ、世界!かっこいいですよね。こう言い切れるのだから4Aの御披露目はもうすぐそこかな。一体どんなジャンプになるのかなと想像してみますが、大きくて速いカンジ?怪我のリスクが高く衝撃も凄まじいけど、出来ることならゆづの成功で見届けたい。夢のジャンプです。

インタビュー、その2まで。ゆづ多弁でしたね。色々思いが溢れてくるのかな。思い通りの試合が出来るシーズンになるといいのになと心から思ってます。4A成功させる迄は引退は無いのかな?22年が来てしまえばそりゃ五輪も出るかもね。でもやはり私も北京はゆづにどうしても出て欲しいとは思わないですね。ゆづはもう十分やってくれましたし。
すごく思い詰めてる感があるのですが、フワフワしてると思わないので、ゆづにはどこか心に余裕を持ってゆったりやって貰いたいです。その方が怪我もないかも。

とにかく今季もゆづの取り組みたい様に頑張る姿をただ全力応援するだけですね!次はスケカナ。元気な姿に会いたいです。

Posted by えりえり at 2019.09.21 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます