仙台公演、そろそろ終わるかな。 - 羽生結弦 成功への軌跡

仙台公演、そろそろ終わるかな。



仙台公演、もう始まっていると思いますが、
toshiさんのblogを見ると、羽生選手から萩の月の
差し入れがあったことがわかりました。

toshiさんのblog

そのことが記事になっていました。(笑)

羽生結弦 アイスショーで「萩の月」差し入れ
デイリースポーツ

羽生結弦

萩の月は仙台の銘菓です。



ゆづも萩の月が大好きなんでしょうね。
私も何度か仙台に行ったので、お土産に購入
しましたけど、とってもおいしかったです。

toshiさんも喜んで食べてくれたことでしょう。

これ、幕張公演の時のですね。
ザギちゃん可愛いです。ゆづも可愛い

ザギトワ選手のインスタ
Faoi幕張

3人とも五輪の金メダリストです。(∩´∀`)∩
豪華な3ショットですね。

仙台公演でもきっとこういうなごなごした
シーンがたくさん見られることでしょう。

仙台公演の日程は以下の通りです。

yudu458.png

今頃仙台公演に行っている友達は、きゃあきゃあ
言っているんだろうなぁ…

羽生結弦らの“生みの親” 男子フィギュアに
「美の革命」起こした伝説の男

AERAdot

羽生結弦

『1976年インスブルック冬季五輪の金メダリスト、
ジョン・カリーは、当時は優雅さを求められて
いなかった男子シングルに革命を起こした
スケーターの一人といわれる。

常に美しいポジションを保ち、高貴な雰囲気を
漂わせるカリーのスケーティングは、まさに
“氷上のバレエ”。

しかし当時、カリーの優雅さがすんなりと
評価されたわけではなかったようだ。

インスブルック五輪でカリーが優勝する前は、
ジャッジに評価されるようになるまでに4、5年を
要したとも振り返っている。

一定の評価を得られない時期にも、自分が美しいと
信じる演技を貫き続けたカリーを支えたのは、
会場の喝采だったのかもしれない。

物語の幹の一つとなるのは性的少数者としての
カリーの苦悩だが、競技者・あるいは表現者としての
人生に限定しても、カリーは「男らしさ」という
固定観念との闘いを強いられたといえる。

「男子の滑走フォームは、両手を真横、水平に
上げてバランスを取りながら、というのが主流」
という当時のスタイルの中で、バレエの基礎に基づく
優美な動きを氷上で見せ続けるには、自分の
スケーティングに対する強い信念が必要だ。

まして、先駆者のいない新しいスケートに対して
採点上で疑問符がつけられるのであれば、
その道は究めて険しいものになる。

それでも、舞台芸術としてのスケートのカンパニーを
創るという夢のため、カリーは競技者として勝利を
目指した。

弱点だったジャンプとコンパルソリーフィギュアを
克服し、インスブルック五輪で金メダルを獲得。
アマチュアの頂点に立ったカリーはプロに転向し、
念願のカンパニーを創設する。
世界最高峰のオペラハウスであるメトロポリタン
歌劇場での公演を実現するなど、舞台芸術の
分野でも頂点を極めた。

ステレオタイプの「男らしくあれ」という要求に
カリーがもし屈していたら、男子スケーターは今も
華やかな存在ではなかったかもしれない。

そしてスケートを観る私たちにも、未知の美しさや
選手一人ひとりの個性を尊重する姿勢が求められる。
スケーターの内面まで見えるのが、フィギュア
スケートの魅力なのだから。(文・沢田聡子)』

とてもよい記事でしたね(*^-^*)
このカリーさんについて書かれていることを読んでいると、
「まるで羽生結弦選手のことを言っているみたいだ」と
感じたのはきっと私だけではないと思います。

まさにこのカリーと同じように絶賛されているのが
「羽生結弦」です。

氷上の王、ジョン・カリー』監督が羽生結弦を
絶賛する理由とは?


羽生結弦

『エルスキン監督は「今、アイススケート界で
惹かれるスケーター」に羽生結弦選手の名前を
挙げている。

エルスキン監督は、英ガーディアン紙の記事で
羽生選手のことを知ったという。

「羽生はアスリートとして極めて優秀であり、
アーティスティックな面で卓越している」とし、
「カリーの優美さと偉大さをタイムリーに想起させた」
と振り返っていた。

また、「天才スポーツ選手でも、カリーや
羽生のような『 観客が単純にすごいと感心する
だけではない、見ていて共感を覚えるような
魅力を兼ね備えた選手』はなかなかいない」と話し、
その優美さをたたえ、カリーさんとの強い親和性を明かした。』

カリーというスケーターは映画になるほど素晴らしい
スケーターだったのでしょう。

そのカリー氏を想起させるスケーターとして「羽生結弦」
の名前を出し、羽生選手のすばらしさを語ってくれる
ことは、とてもうれしいですね。

それも海外の映画監督が絶賛してくれているのですから^^
日本の映画監督でこういう言葉を言える人はいないですものね。

羽生選手はまさに超一流のスケーターであり、不世出の
大スターです。

いつか、羽生選手のことも映画になるといいですね。

そろそろ仙台1日目が終わった頃でしょうか。
何を滑ったのか、聞いたら追記しますね。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-05-31 | Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんばんは!

マリリンさん、とても良い記事を紹介してくださり、ありがとうございます。
ジョン・カリーの映画は観てみたいですね〜 マリリンさんが仰るように羽生結弦はカリー氏を想起させるスケーターだと私も確信します。3月の世選からさらにブラッシュアップしたと思わせる今回の2つのプロ、今までで最高傑作と思わせる芸術作品、すべての動きが完璧でしたね。こんな素晴らしい選手を応援できるって幸せですね! 
仙台公演初日終わったようですが、すごい熱気だったらしいです。そしてプロはマスカレイドだったんですね!マリリンさんは明日、う〜ん、何とか続けてマスカレイドを!とお願いしたいところです。
Toshiさんもゆづに関する情報をいち早くブログで紹介して下さってとても優しい方ですよね〜
明日は早いのでしょう? 天気も良さそうですし、もうゆづ帰仙でお祭りのように賑わっているそうですから、公演とともに色々楽しんできて下さいね!!
Posted by yukiko at 2019.05.31 21:13
 マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今晩は。
 始まりましたね。仙台から遠い所に住んでいるのに、すぐ近くでやっているような興奮を覚えます。地元だからすごいことになっているのでしょうね。私の大好きなテサモエが出ていると聞き、余計に嬉しくなりました。神戸に彼らは来てくれるのでしょうか。

 マリリンさんは仙台は明日ですね。ユヅが気を利かして、明日もマスカレードを続けてやってくれることを願います。でも、そうすると、神戸の三日目は定石通りにいかなくなるのかなとか、勝手に心配しています。まあ、私はどちらも好きだからいいのですが、マリリンさんには是非マスカレードを見せてあげたい。

 ところでジョンカリーというスケーターについて名前だけ知っていましたが、詳しくは今回のことで初めて知りました。私は1984年のサラエボ五輪からスケートにはまったのですが、1980年前後のロビンカズンズまでは分かります。
 この監督さんが、現代に通ずる選手として、一も二もなく羽生選手の名前を上げられたというのは嬉しいことです。でも至極当然ですよね。これだけアーティスティックな選手は他にいません。世界の評価はまっとうですから。

 例の超ナルシスト町田先生が、例のごとくわざと難しい言葉を使ってことさら難しく解説されたようですが、そんなもの全くいりません。邪魔です。世界選手権の予想もまともにできず、ウジの言いなりに言わされた人ですから。あれだけご注進の選手は見事台落ち。この先生、グランプリシリーズの試合を全く見ていないこともばれ、役立たずの解説で終わった方です。
 つまらない先入観なくこの映画を楽しんでみたいなと思いました。でも残念ながら私の近くには来てくれません。

 明日はいよいよですね。仙台の様子を聞かせていただけるのを楽しみにしております。今日は珍しく雨だったようですが、明日はとても良い天気のようです。さすがマリリンさん、持っていらっしゃる。
Posted by フィギュアファン歴36年 at 2019.05.31 22:24
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

 ジョン・カリーさんっていたんですねー。インスブルック五輪の頃の選手はほとんど知りません。映画DVDレンタルになったら借りて見てみたいな。ゆづに似てる(ゆづが似てる?)なんて気になります。随分今のフィギュア界に貢献したとのこと、氷上のバレエというならかなり美しいのでしょうね。名前も知らなかったなんて後悔することになるかも。

 さて仙台公演、初日はマスカレイドですか。仙台のお客さんも悩殺しちゃったんだろうなぁ。ゆづは罪な男ですね!
Posted by えりえり at 2019.05.31 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます