平成のヒーローはやっぱりゆづでした。 - 羽生結弦 成功への軌跡

平成のヒーローはやっぱりゆづでした。


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは^^
今日の夜、放送された番組ですが、テレビ朝日の
【平成ニッポンのヒーロー総選挙】のスポーツ部門で、
羽生結弦選手が1位に輝きました(*´▽`*)

yudu232.png

yudu233.png

Twitterに動画をアップしてくださっている方が
いらっしゃいましたので、ご紹介いたします。




ただ、惜しいことに総合では羽生選手は2位でした。
1位はスマップ。解散したとはいえ、やはり
平成を代表する大スターでしたものね。

ゆづはまた令和でも活躍する選手ですので、
新しい時代でもヒーローになることでしょう。

こちらにはこんな記事も出ていました。

羽生結弦、女性たちを虜にした「平成の完売王」は
誰よりも日本を熱くした!
アサジョ

yudu234.png

『日本人アスリートの偉業といえば、やはり
イチローの功績に言及しておく必要があるだろう。

平成16年に262安打というシーズン最多安打
記録を樹立し、メジャーリーグの歴史に名を刻むと、
通算安打世界記録保持者としてもギネスワールド
レコードに認定されている。

圧巻の演技と艶のオーラすら感じさせる“氷上の
プリンス”羽生結弦も外せない平成の主人公
だ。

平成30年の平昌五輪では怪我の影響が不安視
された中、他を圧倒するパフォーマンスを披露し、
実に66年ぶりとなる五輪連覇を達成。

熱すぎる“羽生フィーバー”は彼を表紙に据えた
某雑誌が次々に売り切れるという社会現象を
巻き起こし、週刊誌としては異例の大増刷に
至った
ことも。』

日本だけでなく世界的に人気があり、これほど
カリスマ性を持ったアスリートは他にいないと
思います。

”羽生結弦”という名前は時代が新しくなっても、
未来永劫、語り継がれていくことでしょう。

さらに、羽生選手は競技は違っても五輪を目指す
若い選手たちにとって良い手本になっています。

卓球界の若きエース、張本君も羽生選手や内村選手の
ような選手になりたいと、リスペクトを明言して
いました。

張本、平成のレジェンド羽生&内村に学ぶ 
心境にも変化…今回の負けを教訓に

デイリースポーツ

『28日に閉幕した卓球の世界選手権で、
男子シングルスで4回戦敗退に終わった張本智和が
28日までに現地で取材に応じた。

今回は日本勢40年ぶりのメダルへの期待が
プレッシャーになってしまったが、
羽生選手や内村選手だったり、五輪で期待がある中で
金メダルを獲っているので、そういう選手になりたい

と平成のレジェンドたちに学ぶ姿勢を示した。

令和の怪物になるべく、平成のレジェンドたちに
“王道”を学ぶ。羽生や内村の強さについて
「気持ちの強さだと思う」と改めて敬服。』

張本君も宮城仙台の出身ですから、同じ仙台出身の
羽生選手のことは本当に尊敬しているみたいです。

彼は勉強も熱心で、成績優秀なところも羽生選手と
共通点がありますね。小学生時代、常に学年で3番以内、
学習塾の模試でも地元・宮城県内でトップ30位以内に
入るほど、成績優秀だったそうです。

目標は「金メダリスト東大生」 張本智和は勉強も
できる天才だった


スポーツでトップになる人は確かに頭もよくないと
ダメだと思います。これ本当です。

勉強も卓球もトップになれるよう、頑張って
欲しいですね。(*^-^*)

ところで、河北新報にちょっと面白い記事が出ていました。
「近所のおっちゃん」

フィギュアスケートの羽生結弦選手が今月、
久々に故郷に戻ってきた。

冬季五輪2連覇をたたえる記念碑のデザイン発表会。
その会場で仙台市出身のプロカメラマン能登直さんと
顔を合わせた。

昨年の平昌五輪以来、何かとお世話になっている。
羽生選手を撮り続ける能登さんはファンの間でも有名。
ジュニア時代から追い、(羽生選手にとっては)
「親戚のおっちゃんに撮られている感じですかね」。
こちらはうらやましい限り。

今や羽生選手はスポーツ界でも別格の存在。
当然、マスコミは写真の出来栄えを競う。

能登さんのアドバイスは「決めポーズが少ないので、
表情を見逃さないよう一瞬たりとも目を離しては駄目」。

3年後の北京五輪。
もし幸運にも、能登さんの言い付けを守って
いい写真が撮れたら「実は私、羽生選手の家の
近所の泉区で育ったおっちゃんなんです」と話してみたい。』

この写真部の川村公俊さんって本当に近所のおっちゃん
なんですかね($・・)/

ゆづは故郷仙台に対する思いが深い人だから、
同郷だと知ると、きっと親しみを感じてくれる
でしょうね。

ぜひ、ゆづのいいお写真を撮れるように頑張って
欲しいですね。

PS:平成最後の日、ブログを更新することができず、
ちょっと残念でした。(^^;

朝は仕事に行ってしまったのと、午後からは都内で
行われた藤澤ノリマサさんのコンサートを聴きに
いってきたため、帰宅が22:00を過ぎてしまいました。

私が藤澤さんに惹かれたのはファンタジーオンアイスで
彼の歌を聞いたからです。

羽生選手が欠場した2016年のfaoiで、初めて聞いて、
なんて歌の上手い人だろうと驚きました。

歌手だから歌がうまいのは、当たり前っちゃ当たり前
なんですが、ポップスオペラという新ジャンルで
活躍している唯一の方だということで、圧倒的な
歌唱力がとても魅力的な方です。

今日のコンサートも最高でしたよ(*^-^*)
オープニングが「ダッタン人の踊り」で、
その後もfaoiで歌ってくれた歌もいくつか歌って
くださいました。

藤澤さんは北海道の札幌のご出身で、昭和58年
生まれの現在36歳。(うちの息子より1つ上でした)

お父様が声楽家、お母様も歌の先生をしている
という音楽一家のようです。

ご自身も武蔵野音大声楽科で学ばれたそうです。

曲も作られるし、ピアノの弾き語りもされますし、
歌はポップスでありながらオペラのようであり、
その声量と歌唱力に、会場にいるお客さんたちも
心から魅了され、惜しみない拍手を送っていました。

アカペラでマイクなしで歌ってくれた時もありました。
本当に素晴らしいコンサートでした。

デビューが2008年の4月30日ということで、奇しくも
今日(2019/4/30)がデビュー10周年の日でした。

会場のお客さん全員に配られた「10周年おめでとう」
というバナーが、サプライズで振られたことで、
とても驚いていらっしゃいました。

ファン層は若干、いや、かなりかな?
やっぱり女性の方が多かったでしょうか。

しかし、シニアの男性、女性、若い男性も来られて
いました。ご夫婦で聴きに来られているという方も
多かったみたいです。

今日がコンサートツアーの最終日だったようで、
会場には多くの大物歌手の方からのお祝いのお花も
たくさん届いてました。

ペンライトとは違いますが色が何色にも変化する
あれはなんていうんだろう?(/・ω・)/

会場内では多くのファンの方が振る、そのライトが
色とりどりに光っていて、とても綺麗でした。

今日のコンサートは5/19(日)WOWOWで放送される
とのことです。

ですが、うちはWOWOWに加入してないので、
見れないです。(^^;

WOWOW

https://youtu.be/hhe49or68-I



また都内で開かれるときは都合が合えば聞きに
行きたいと思っています。


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2019-05-01 | Comment(7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、オンリーファンの皆さん、おはようございます。と言ってもお昼になりそうです。

 マリリンさん、お疲れのところ、早速沢山の記事を上げてくださり有難うございます。ここのところ、つまらないことでもやもやが続いておりましたが、昨夜のテレ朝特番は一気にそれを晴らしてくれました。フィギュア村の狭い世界にいると見落としがちなことを、昨夜のテレビはきちんと思い出させてくれました。

 これが世間のいや日本の評価なのですよね。スポーツにおいて、ベスト10の方々には、ほぼ納得しました。私の推したい人ばかりで嬉しかったです。自分にも少しは見る目があるなと自信を持ちました。
 大谷選手はキャリアの短さで12位だったかなと思います。確かに凄いけど、積み重ねてきた実績はまだ少ないですから。これからでしょうね。

 やはり皆さん同じ考えでしたね。よく見ていらっしゃる。これが総意でしょう。
 序盤でユヅの特集を組んでいるのを見ても、これはベスト3間違いないとは思っていましたが、引退記念特典でイチローさんがトップかなと思っていました。しかし、それをも超えたユヅは凄いですね。やはり本物でした。国民栄誉賞に誰よりも値する人でした。

 出ているコメンテーターには大いに不満があります。まさに七光り以外に何もない一茂がうざいという声を沢山聞きました。ご意見番を気取っていることにも理解不能です。
 確かに、現役時代の実績では、修三さんも一茂さんも大した差はないと思うのですが。その存在感は全く違います。修三さんは日本のテニス界では間違いなくその当時NO1でした。一茂さんの方は、何の実績もなく尻すぼみした一選手に過ぎません。長島の息子でなければ今はプータローでしょう。修三さんに対してお前呼ばわりをする権利はありません。まあ、修三さんがあの場のトークでも勝ちましたからいいですけどね。

 ミッツも七光り。この人、蝙蝠です。大したコメント力はないのに、仕事がもらえるならどこにでも行って誰にでもなびきます。あの元AKBタレントに至っては、誰でも言えるつまらないコメント連発でした。不要でしたね。もっとスポーツを語れる人にいてほしかったです。部門ごとにコメンテーターを分けるとかしてほしかったです。

 最後の3人決戦による一位というのは、方法としてはリアルで作為的なことが出来なくてよかったと思います。
 スマップは納得ですが、よくよく考えてみると、スマップは5人いるのです。ユヅと宮崎監督は一人です。この価値についてあの中で伝えてほしかったですね。でも総合二位は凄いこと。一位になっていたら、歯ぎしりする人達がもっと増えて、邪悪な風がもっと吹き始めるかもしれないので、よかったと思いますよ。

 ユヅのCMギャラ評価ランキングがもっと上がりそうですね。ご家族の方針で、CMの数を押えていらっしゃるようですが、短いスケート人生ですので、私的には今のうちに沢山稼いで、将来自分のやりたいことのために役立ててほしいと思っています。

 最後に一言。
 出戻りがぎりぎり入っていたのを見て驚きました。でも、下に流れるテロップには一言のコメントも出なかったですね。まあ、彼に触れる時間も短かったですが。
 荒川さんよりも浅田さんというのは妙に納得しました。実質活躍したキャリアで皆さん見ているのでしょう。

 これからも益々ユヅを応援し支えていきたいと思う令和の始まりです。ユヅにとって。オンリーファンの皆様にとって、素晴らしい御代になりますように。
Posted by フィギュアファン歴35年 at 2019.05.01 12:10
マリリンさん、連休中も欠かさずにブログをアップして下さってありがとうございます。
私もテレ朝特番を見ていて言いたい事が山ほどあり、ゆづがスポーツランキング一位で大変嬉しいですがモヤモヤが消えません笑。フィギュアファン歴さんの的確かつ、胸のすくコメントを読ませて頂きスカッとしました!!本当にありがとうございます。

コメンテーターの選出もどこかピント外れで現場に活気がなく、ゆづが番組に絡んでなければ見なかったかチャンネルを変えてたと思います。司会の羽鳥さんはいいのですが、宇野びいきのミッツや各分野全般興味なさそうな元AKBの人では場が盛り上がらない!!なんかお通夜みたいだよ〜〜(>_<)
私個人の意見では、古田敦也さんとか落合博満さん、東山君とか出てほしかったです。平成最後の人気ランキングなのに一寸残念でした。
Posted by チーコ at 2019.05.01 14:46
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!

今日から令和の時代が始まりましたね!
新天皇即位、改元ということで、日本がとてもお祝いムードに包まれているようですね〜 
マリリンさんには昨晩遅くお帰りになってもブログ更新して下さり、ありがとうございます。とても嬉しい記事ばかりで気持ちも爽やかです。
昨晩は私もテレ朝の総選挙見ていました。やはり、これが国民の総意なんだなと、もう最高に嬉しかったです。総合で2位というのも素晴らしいですね〜 私も30秒のデーター放送投票に参加しました。36、000以上の票獲得ですから、すごいです。SMAPはほぼ平成の時代を駆け抜けたメンバーですから納得です。ただ、フィギュア歴さんもおっしゃってますが、コメンテーターはどの人も???でしたね〜 
あの中国での衝突事故を何故?と思いましたが、ゆづの諦めない不屈の精神があったから、怪我をしながらも平昌で2連覇を果たすことができたという風につなげたかったのでしょうね。コメンテーターが何か違う方向に話を持って行こうとしているのが気になりましたが、流石、修造さんは脳震盪ではない、ドクターストップがかかった訳ではないとはっきりフォローしてくれたのが良かったです。
アサジョの記事も嬉しいです。他の選手のように持ち上げられている訳じゃなく、事実そのものですからね! ゆづのアスリート魂、人間力は色んな若いアスリート達をも刺激しているようですね!

マリリンさんはコンサート楽しまれたようで何よりです。藤澤さんはポップスオペラというジャンルなんですか。私も大好きです。声量とともに声質が何とも心の琴線に触れるような美しさと華やかさと暖かさを感じます。(語彙力がなくてうまく表現できないです。) そう、まるでゆづの「春よ、来い」を彷彿とさせてくれます。
やはり、芸術性の高さが光ってますね!

マリリンさん、いつも沢山の情報をありがとうございます。
Posted by yukiko at 2019.05.01 15:17
マリリンさん、みなさん、こんにちは。

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?私の方はようやく娘家族が帰りゆっくり平成の総選挙を見る事ができました。 私も投票しましたよ。 スポーツ部門で1位、総合2位になったのは改めてゆづの人気の高さを認識しました。 マオちゃんが3位も凄いことですね。 修造さんも「勇気」「逃げない」またぶれない精神力を熱く語ってくれました。 オーサーもメントール賞の時、成功の要因は「勇気」であったと言っていましたね。 ジャンプ発言は珍しく間違いがありましたが・・ww 中国杯の衝突映像を流したときはフラッシュバックして可哀想で見るのもいやでした。 まだ衝突瞬間は流さなかったのでよかったです。

話しかわって 仙台のモニュメントの時のインターでやる気発言。 今季を終えた今、これまでで一番やる気に満ち溢れている。挑戦する喜びを改めて感じているので自分が行けるとこまで いきたい!と言ってます。ハビもゆづは「戦士」身体が動く限り戦うだろうといってます。 ファンはハラハラ ドキドキですが、ゆづの事だから戦うでしょう!ただ足に爆弾を抱えているのでファンは見守り、祈るしかないです。やはりネイサンに負けた事で火がついたのかな?

藤沢ノリマサさんの歌声、Faolで生歌聞いて高音がキレイでユウチューブで何回も聞きました。 ゆづと藤沢さん、接点があったのですね。 以前、仙台で「希望の歌」をテレビで中継で歌ってるとき羽生選手が中継先のリンクで観ていて羽生選手から聞いてビックリし、覚えてくれていて嬉しかった!!と言っておられました。

昨日、宇野選手、NEWS ZEROにでたそうですね。私は見なかったのですがお飾り程度で大したことなかったって!友人が教えてくれました。エンドゲームのネタバレがあった。と 書いてありましたが、あまり出ると恥をさらすことになりかねないので、でない方がいいと思いますよ
Posted by トミ at 2019.05.01 15:29
令和初日も既に16時過ぎです。
こんにちは、マリリンさん、皆さん。

昨日のテレ朝番組、ゆづくんが22万票以上の得点でスポーツ部門1位!は素直に嬉しかったです。私の投票も少しは役にたったかな?総合では2位はイヤイヤ相手スマップですもん、大したものです。
またまたフライデーが恥ずかしい記事あげていましたが、最近嬉しいのはそれらに対してゆづくんファンが理路整然と反論、間違いを指摘していることです。こんなやり方では本は売れないよ、いい加減気付きなさいと大人の対応。頼もしく嬉しいです。
しかし、スケ連は動きませんね。自白なのかしら。愚かだなー。

嬉しいことがもう1つ。婦人画報羽生結弦版、完全に出遅れた私は2つの大型書店を周るも通常版しか無くがっかりでした。今日買い物のついでに近くの個人書店に立ち寄ってみました。諦めをつけるために、、そしたらば!棚に一冊あるじゃーあーりませんか!!あー地元を侮って申し訳無かったーーーと思いつつ即購入!噂通りの素晴らしいお写真の皆さん。記事はゆっくりゆっくり味わいたいと思います。
Posted by Cocoたん at 2019.05.01 16:46
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは

 今書いてたコメントがぶっとびました。どこ行っちゃったんだろ?

 なのでもう一度書きます。

 私は昨日の番組に納得がいってません。総合だってゆづが1位じゃなきゃ。スマップに何の興味も無いので、1人TVにブーイング入れてました。

 モニュメントデザイン発表式の録画は6ニュース分も撮れたのに、除幕式のは1つしか撮れませんでした。ニュースとして放送しなかった番組が2つも。(;_;)/~~~

 今日は昨日手に入れたフィギュアスケートマガジンをしっかり読みました。世選の良い記録になるいい雑誌で買って良かった〜。永久保存版がまた一つ増えました。
Posted by えりえり at 2019.05.01 22:08
マリリンさま、ゆづオンリーファンの皆様、こんにちは。
令和もよろしくお願いいたします。

「平成ニッポンのヒーロー総選挙」は、私も事前のインターネット投票と放送中のdボタンによる投票に参加し、リアルタイム視聴しました。
ゆづの順位には納得していますが、一部のコメンテーターが私的感情をむきだしにして不快だったのと、現在は視聴率を持っているわけでもない人の特集が長々と続いたりして、楽しい番組ではありませんでした。
スポーツ部門でゆづが1位、総合では宮崎駿監督を上回ったと、正しく扱ってくれたことに関しては、テレ朝に感謝しています。

マリリンさまは藤澤ノリマサさんのコンサートを楽しまれたのですね。よかったです。よい音楽は人を幸せにしますものね。もし趣味がフィギュアスケート観賞だけだと、理不尽な世界ですので、ストレスをためてしまうと思います。

ゆづが来季のプログラムの音楽も楽しみですね。
私は持ち越しでも構わないですが(´∀`)
Posted by youko828 at 2019.05.02 13:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます