特別強化選手に指定することの意味。 - 羽生結弦 成功への軌跡

特別強化選手に指定することの意味。


先日発表があったフィギュアスケートの来季の
特別強化選手、強化選手。

多くの方がとても疑問に思っていますよね。

yudu211.png

特別強化選手 
宇野昌磨(トヨタ自動車)
高橋大輔(関大KFSC)
田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)
羽生結弦(ANA)

坂本花織(シスメックス)
紀平梨花(関大KFSC)
宮原知子(関大)
三原舞依(シスメックス)
樋口新葉(明大)

強化選手A 
友野一希(同大)
島田高志郎(木下グループ)
鍵山優真(神奈川FSC)
壺井達也(中京大中京高)
木科雄登(金光学園)
佐藤駿(埼玉栄高)

山下真瑚(中京大中京高)
横井ゆは菜(中京大)
細田采花(関大)
荒木菜那(中京大中京高)
川畑和愛(N高東京)
白岩優奈(関大KFSC)

強化選手B 
山本草太(中京大)
山隈太一朗(明大)
中村優(関大)
三宅星南(岡山理大付高)
須本光希(関大)

三浦佳生(KOSE新横浜プリンスFSC)
松原星(明大)
渡辺倫果(青森山田高)
青木祐奈(横浜清風高)
長縄和奏(グランプリ東海ク)
岩野桃亜(関大KFSC)
松生理乃(グランプリ東海ク)


その中でもやはり、国際大会に出ないと公言している
高橋選手が特別強化選手に指定されているのは、
どうなんだろう?という疑問、不満を持たれている
方が多かったと思います。

もちろん、私も疑問に思うし、できればその分を
若手選手にしてあげてほしいと思います。

そもそも一体どこの組織が特別強化選手や強化選手を
指定するのでしょうか?

どうやら、JOC(日本オリンピック協会)からの指定と、
スケート協会からの指定の2種類があるようです。

特別強化選手になるための条件にはどういうものが
ありますか?

特別強化選手になるための条件

特別強化選手になるためには、日本スケート連盟が
定める基準を満たす必要があります。

・昨年度の全日本選手権で3位以内の選手
・今年のシニアGPシリーズに2戦派遣される選手
・上記の選手と同等のシーズンベストを持つ選手


ということですから、2018年の年末の全日本で2位の
高橋選手が選ばれるのは一見、基準には合っている
ことになります。

しかし、「今年のシニアGPシリーズに2戦派遣される選手
ということになると、今の時点では国際大会に出る
つもりのない、高橋選手を特別強化選手に指定するのは、
まったく意味のないことのように思います。

一応、スケート連盟としては「承認」したうえで、
「連休明けに本人がコーチらと話しをする」ようです。
日刊スポーツより。)

しかし、それもおかしな話です。

単に、特別強化選手に指定される権利を得たという
だけで、国際試合に出る意思のないひとを本当に
承認していいものなのでしょうか?

むしろ、彼の意思を先に確認したうえで、承認するか
どうか決めるべきだったではないでしょうか。

それでも選ぶというのなら、海外試合に出て活躍する
意思のない人を強化選手に指定する意味って何でしょうか?

スケート連盟は何のために選手を「強化」するのですか?

強化選手とは。日本オリンピック委員会(JOC)

【この制度は、オリンピック競技大会で実施される
正式競技の日本代表として参加可能な者をオリンピック
強化指定選手(以下「強化指定選手」という)として
認定しその自覚を促すとともに効果的な強化活動の
展開を図ることを目的とする。


JOCとしては選手を強化する目的は、はっきりと
五輪などの大会に参加する選手を強化するのが目的だと、
言っているわけです。

つまり、海外の試合に出るつもりのない選手はこの
目的から逸脱していることになります。

今度は選手の側から見た強化選手になる意味について、
考えてみます。

特別強化や強化選手になるメリット。

JOCから、フィギュアスケートの特別強化選手に
指定されると、1か月に20万円が支給されます。

強化選手は1か月あたり10万が支給されるようです。

この情報は3年ほど前のものなので、今はどうか
わかりませんが恐らくそんなに変わっていないと思います。

スケート選手にとって年間120万、もしくは240万円は
かかる経費に比べたら微々たるものですが、それでも
ないよりはありがたいことでしょう。

さらにスケート連盟から指定された場合のメリットは、
渡航費などが連盟から支給されます。

ただ、スケ連から個人に支給されるものはプライベートな
ものらしく、何にいくら支給されるのかということは
公開はされないということのようです。

これもね、どうなんだろう?と思いました。

日本スケート連盟は公益財団法人です。

公益財団法人とは、一般社団・財団法人法に基づいて
設立された一般財団法人で、公益法人認定法に基づいて
公益性を認定された財団法人のことを指します。

※内閣総理大臣又は都道府県知事の認定が必要となり、
特定公益増進法人の一つとして一定の要件を満たす
寄附金は、税額控除の対象となる。


ウイッキペディア参照

税金を支払わなくてもいい収入が一部、許されている
ということは、その使い道もおそらく透明にしない
可能性は大いにありますよね。

コメント欄で、ある方が普通は寄付された金額とか、
誰から寄付されたかを公にして、その使い道に関して、
ある程度、はっきりさせるものではないかと、疑問を
書かれていましたが、全くその通りだと思います。

ましてや、強化選手に支給する分配金に関して、
プライベートなものだから公にしないというのは、
公益性を考えるとどうなのだろう?と思います。

金銭面でのメリットのほかに、強化、特別強化に
指定されると、海外の大会に派遣されやすくなります。

海外の大会に派遣してもらうことで、経験を積み、
ISUの世界ランキングを上げることができます。

ランキングが上がれば当然ですが、大きな大会にも
出場しやすくなります。

さらに、これは初めて知ったのですが、中京大学の
スケートリンクが、学生でなくても使用できるように
なるということです。

色々なメリットを考えると、「権利」を得た選手が、
むざむざその権利を手放すとは考えにくいです。

結局のところ、国際大会に出る意思のない、それも
こういっては何ですが…決して若いとは言えない、
年長の選手が「世界で闘えるように強化する目的」で、
サポートをする対象に選ばれるというのはやっぱり
どう考えても異常なことであり、一般的に見ても
おかしな話であると結論せざるを得ません。

まだ年若く、多くの練習場所や環境を必要とする
選手はたくさんいます。

その中には、高橋選手よりも高い構成のプログラムを
組み、実行し、成功しているジュニアの選手もいます。

PCSというジャッジのさじ加減でどうにでもなる、
意味不明な基準により、加えて単なるジャッジの好みで
得点を上げ下げされてしまうため、点数的には
高橋選手よりも低められていたかもしれないですが…。

実力的には、未来も将来も高橋選手よりはずっと
期待ができる選手です。

冷静に考えていくと、おかしなことを平然と行える
スケ連ってやっぱり腐っているとしか思えません。

PCSというあいまいなものに助けられ、形だけ全日本で
表彰台に上った年長で海外試合に出る意思もない選手を、
やる気満々の若手よりも優遇しなければならない事情が
日本スケート連盟にはある
ということなのでしょう


スケ連の腐った上層部たちの私利私欲を満たすため、
特定の好みの選手を優遇し続けることにより、
ホントに優遇されるべき選手が冷遇され、未来ある
若手選手の成長が阻まれている、と思われても仕方のない
ことに思えます。

もしもスケート連盟が自分たちは何処からも誰からも
圧力を受けることなく、選定基準に沿って選んでいる、
と豪語できるのなら、きちんと記者会見などを開いて、
その理由や目的を発表するべきだと思います。

そして、今までも問題になっていた、強化選手に配る
分配金の用途についても可能な限り明らかにする
努力をしてほしいものです。


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村


2019-04-28 | Comment(11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん。いつもありがとうございます。

最近ノスケ連盟のやること、やり切れないおもいでいっぱいです。

珍バイトの件で調査していきたいと
やっと声明を出したのに、高橋のけんといい、宇野の最優秀賞といい、
羽生ノフアンたちよ、これが我々の答えだよと、ぐずぐずゆうなと威嚇してるように思えるよねと私たち仲間はショクを覚えています。
佐野、佐藤両氏も宇野の羽生越えを宣言とか、
パトリック、タラソワも織田も宇野になびき。羽生の味方は誰もいなくなるかすごい言い方です。
Posted by at 2019.04.28 13:56
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!

マリリンさん、連休に入って少しはゆっくりされてますか?
そんな中、毎日のブログ更新、本当に感謝いたします。
昨日も素晴らしい記事を紹介して下さり、こんなに海外で高い評価がされていること、改めて私たちはすごい選手のファンなんだと感激します。ゆづの演技は「芸術」「美」そのものであり、まさに「空中の聖霊」ですね! 素敵な表現にうっとりです。それに比べ、殆ど日本のメデイアはその芸術性に関する言及はありませんよね!エキシでもっと違ったジャンルのものを見たいな〜と思うこともありますが、やはりこのような演目でなければゆづの美は表現されないのじゃないかなとも思ってしまいます。

今回のスケート連盟の強化選手発表に対してとても詳しく説明して下さり、その上でマリリンさんのご意見ご感想を聞くことができました。全くマリリンさんのおっしゃる通り、私も今回の発表は当然納得のいくものではなく、全面的にマリリンさんに賛成です。
公益財団法人としての体を成していないと思います。誰のファンとかいう以前の問題であって、その理念に逆走するかのような選出には驚きでしかないですよね!こんなことではスケート界の将来性が危ぶまれます。これだけ、多くの人達に疑念を持たれていることは恐らく連盟の耳に入っていると思いますし、また、そうでなくても、しっかりと説明する責任があるでしょう。
フィンランドのスケート連盟は2018年度の活動報告をきちっと公表しているそうです。そこには昨年のGPSヘルシンキの報告もあり、大勢の観客(ゆづファン)が集まり、物凄い経済効果をもたらしたこと、また沢山のプーさんを施設へ寄贈したことなど、詳細に記されているとのことです。ほんと、日本も見習ってほしいものです。
それができないなら、色んな疑問を持たれても仕方がないと思います。そして何より若い才能の芽を潰すことはあってはなりませんよね! 
Posted by yukiko at 2019.04.28 15:22
マリリンさん、こんにちわ。

今回の特別強化選手選出についてのくすぶる謎に言及してくださり、感謝です。

きちっと規定についても調べて説明してくださり、フィギュアスケートに詳しくない人でも、何が問題視なのか、非常にわかりやすいのではないか、と思います。

マリリンさんなら、きっと書いてくれると信じていました。
他にも『蒼い炎のように・・・』のブロガーさんなども少し前に追求して書いてくださっていましたね。

高橋選手を擁護するファンは、このマリリンさんや、蒼い炎さんで問題視されている事柄を読んでいただきたい。
日本スケ連と高橋選手の間に、何やらいかがわしい癒着があることを認めるべきですね。

「世界選手権は若い人に譲る」と一見カッコつけて発言していた高橋選手は、その資格さえそもそも持っていません。
その選手が、高待遇を受けられる特強の恩恵だけはウハウハと受け取るわけですか・・・(汗)

自分さえよければいいという根性がますます見えて、ほんとにセコイ嫌な男です。

今は、フリーシーズンなので、連休明けに本人に国際大会に出場する意思があるか話し合うって?
笑わせてくれるじゃないですか。
特強の発表前に、意思を確認する機会なんて、あったでしょうに。
日本にいるわけですから。

「ボクは休暇中だから、今は応対できません。」とでも?

何、ちやほやされているんでしょうね、この人。
顔を見るのも、声を聴くのも、嫌です。

この年齢の選手に何を期待しているのか、橋本聖子氏に尋ねてみたいですね。
そもそも橋本聖子氏は14年も会長を務めているなんて、長く居座りすぎ!
だからこういうおかしな事がドンドン出てくるんです。

連休に入り、スケ連のこの件について、手紙を書いています。
明日には投函できると思います。

メールより、文書で投げかける方がインパクトあり、読んでもらえると思ったからです。

この件に羽生選手は一切関係ないので、高橋選手のみに言及させてもらいました。
上のマリリンさんの赤字のコメントは的確ですね。同じ言葉を加えたいと思います。

Posted by ジジ at 2019.04.28 18:28
マリリンさん、こんばんは。
今のスケ連のやる事に、すごく不信感を抱いています。今回の特別強化選手になぜあの出戻りさんがと思いました。あの方は国内だけの試合だけと言って居たのに「え?」と思いました。
スケ連は、どうもゆづ君に早く引退を迫っているように思えるのです。宇野にエースでもと考えているのでしょうか。宇野の尊敬する高橋と一緒にとでも思っているのではないでしょうか。
いまの宇野ではエースは無理でしょう。
あるブログに5回転はゆづ君が4回転アクセルが飛べたら5回転の練習をと書かれているのを読んで、思い出したのですが、確かに5回転発言をしたのはゆづ君です。
「人は5回転まで飛べると何かで読んだと」あるテレビ番組で見ました。それなのに宇野が自慢げに5回転をと言ってたけれど、その前後に4回転アクセルが飛べないから5回転でも、でもその後は撤回していたらしいですね。そのような事はさておいていかにも宇野が5回転に挑戦するようになって、佐藤信夫さん、佐野稔さんタラソワ、パトリック、織田君までも、絶賛しているのには呆れました。
ゆづ君はもし5回転を飛ぶなら、すべての4回転を飛べるようにしてから順序を踏んでやるでしょう。
宇野に関しては4回転も(自分では飛べていると思っているらしいけど)まともに飛べていないし、又4回転アクセルが飛べない人に無理だと思います。4回転アクセルよりも飛ぶのを高くばなくてはと思うのですが。

どちらにしても今のスポーツ関係の連盟はどこも一緒ですね。
Posted by ユキエ at 2019.04.28 21:03


>さん
こんばんは。コメントありがとうございます。

>最近のスケ連盟のやること、やり切れないおもいでいっぱいです。
>羽生のフアンたちよ、これが我々の答えだよと、ぐずぐずゆうなと
>威嚇してるように思えるよねと私たち仲間はショクを覚えています。

本当ですね(>_<)
やることなすこと、ゆづとファンに対して挑戦的というか、
神経を逆なでしてくれますね。

こういうやり方がいつまで通るのか、いつかスケ連は
手痛いしっぺ返しを食らうのではないかと思います。

>パトリック、タラソワも織田も宇野になびき。

そうなんですか?(/・ω・)/
織田君まで?日本でそしてフィギュア関連で生きて
行くためには、長いものに巻かれるしかないのでしょうかね。
Posted by マリリン at 2019.04.28 21:09
マリリンさん、オンリーファンの皆さん、今晩は。

 先日からのもやもやを、マリリンさんが連盟の在り方にも触れながら、非常に論理的に整理してくださったお陰で、改めて色んな事が見えてきました。まともなフィギュアファンは、みんなおかしいと感じていたのですよね。何年も前から。でも、その都度ごまかされ、まあいいか、しようがないかで諦めていたような気がします。

 たまたま、今日見た男子体操で、白井選手が珍しく採点に不満を漏らしていました。体操はフィギュア程の依怙贔屓はないと思っていたのですが、採点競技ならどこにも起こり得ることですね。白井君の意見は採点基準についてです。腐った組織についてとまでは言っていません。でも、選手個人が意見を出せるというのはいいことですね。白井君、よく言ったとほめてあげたいです。それだけ一生懸命練習しているのですものね。

 フィギュアの場合は、そんな建設的なことではなく、2人の選手への忖度問題です。その一人である出戻りについて、私の記憶するところをまとめてみたいと思います。

@ 2005年 全日本選手権
 トリノ五輪派遣選手の決定試合でした。枠は一人。織田信成選手が優勝し出場権を獲得し喜びの涙を流した後、採点ミスが告げられ、代表は出戻りに差し替え。あの時の織田さんの顔が忘れられません。

A 2013年 グランプリシリーズNHK杯
 ショートの演技で回り切っている織田さんの4回転が回転不足の判定。試合後の織田さんは満足感に溢れていたのに、キスクラで採点を聞いて蒼白に。
 一方、ビデオで見ても足りていないことがはっきり分かる出戻りの4回転は認められる。この時の解説者:本田さんは「回転は足りていると思うのですが、、、」と自信なさそうに発言し、わざわざ念押し。足りている時には解説者は何も言わないことが多いものです。それをわざわざ。
 結果、出戻りは金メダル。他の試合はひどい成績だったのに、このNHK杯で救済され、五輪候補の要件も有利に。その後、織田さんはファイナルに出場し、3位に入る。これでぐっと五輪候補に近づく。出戻りサイドから見ると、代表が遠のく。

B 2013年 全日本選手権
 皆さん、ご記憶に新しいところ。色々、採点を操作されましたね。5位の選手が代表に選ばれました。本人は試合後のインタビューで、みっともないぎゃん泣きをし、諦めたコメントを出していましたが、それが一転して代表に決まると、さっき泣いたカラスがもう、、、の状態に。27歳の男の情けなさに呆れました。

C 2014年 
 ソチで例のタコチュー事件(8月に文春によって暴露される)聖子は病院に逃げ込んでだんまり。高橋がなぜか一人で釈明会見。ここで聖子に大きな恩を売り、あとは好き放題。アメリカでほとぼりが冷めるまで遊びまくる。英語も何も身につけず帰国すると、なぜかウジテレビのナビの仕事が用意されていた。聖子のねじ込みは明らか。
 織田さんと比べてあまりの下手さに、苦情のメールがどんどん入るが、ウジ側は握りつぶし、取り巻きのお世辞コメントだけ載せる。
 しかし、本人もそれほど馬鹿ではないようで。自分が向いていないことに、2年で気づき、現役復帰を都合のいい理由にしてやり投げ。

D 2018年 全日本選手権の予選に当たる近畿大会のフリー演技 その得点は118点。女子かと思われるこの点数も、異常なPCS80点に助けられる。技術点はわずか38点、PCSが技術点の倍以上という不思議な採点がまかり通る。恥ずかしいジャッジである。まさに忖度ジャッジ。よく復帰したなと本人もみんなも唖然とする。 

E 2018年 全日本選手権
 異常に高いPCSに助けられ、(4回転構成の宇野とほぼ同じ)フリーの技術点は63点で、世界基準に足りていなくても、なぜか2位に入る。例の下品なタオルを振るファンは、他の若手選手を威嚇して応援する。お陰で若手が精神的にやられ、おまけにジャッジから厳しいPCSを出され、自滅する。
 恥ずかしいよれよれダンスでも2位に入り、本人ご満悦。世界選手権出場を打診され、その資格のミニマム点数が取れていないことを隠して、後輩に譲る美談作り。翌朝のテレビはその美談で持ちあげる持ちあげる。本人も浮かれる。

 まあ、数えきれないほどの疑惑にまみれた選手が、特別強化選手に推薦されたそうですので、しっかり頑張っていただきましょう。

 まずは、ミニマムを取ることが必要です。そして4回転入り乱れるハイレベルな世界に入って大恥をかき、身の程を知っていただくのもいいかもしれませんね。羽生選手の偉業がどれほどのものか。身をもって知っていただけるのも楽しみです。
 それとも、恥をかくのが怖くなり、いい口実を見つけてまたとんずらですかね。まあ、その方が有望な若手にお金が回るから絶対いいです。

 もう一人の忖度選手は、なぜ自分がこんなに忖度されるのか気づいてるのでしょうか。周囲のするがままでしょうか。
 最優秀選手賞を授与される時に恥ずかしかったでしょうね。記者さん達はみんな思っていますよ。羽生選手か紀平選手だろうになあ、、また連盟の忖度かよと。だからか、記者席はガラ空きでしたね。同じように選ばれた、スピードの高木さんとの落差が大きすぎて却って気の毒でした。ネットでは否定コメントがずらっと並んでいました。本人にというより、彼を選んだ連盟に対するものが多かったですが。

 さあ、今後の連盟の迷走ぶりを楽しみに見てみましょう。整合性のある答えが見つかるでしょうか。
Posted by フィギュアファン歴35年 at 2019.04.28 21:33

yukikoさん、こんばんは(*^-^*)
おかげ様で連休二日目も、のんびり過ごしてました。

>今回のスケート連盟の強化選手発表に対してとても詳しく
>説明して下さり、その上でマリリンさんのご意見ご感想を
>聞くことができました。

>全くマリリンさんのおっしゃる通り、私も今回の発表は
>当然納得のいくものではなく、全面的にマリリンさんに賛成です。

ありがとうございます^^
ちょっと前の記事でもこの問題に関して感想を書いたのですが、
その時は思ったままを書いたので、今回はじっくりと調べたうえで
やっぱりおかしいと思い、書かせていただきました。

>フィンランドのスケート連盟は2018年度の活動報告をきちっと
>公表しているそうです。そこには昨年のGPSヘルシンキの報告もあり、
>大勢の観客(ゆづファン)が集まり、物凄い経済効果をもたらしたこと、
>また沢山のプーさんを施設へ寄贈したことなど、詳細に記されているとのことです。
>ほんと、日本も見習ってほしいものです。

そうなんですか(/・ω・)/
海外、特にフィンランドはゆづにやさしいですものね。
きちんと活動報告もしてくれて、うれしいですね。

日本では逆にプーさんシャワーをさせまいと尽力したようで、
一体この差はなんなのでしょうか。ホスト国だったから、海外選手に
気を使ったとでもいうのでしょうか。

外国は日本と違って自国の選手を遠慮なく絶賛し、得点でも
ひいきするのが当たり前になっているのに、日本は変に控えめというか
ゆづに関しては特に!冷遇がはっきりわかるような扱い方しますものね。

ゆづが日本で冷遇されている分、海外では好待遇でよかったです。
Posted by マリリン at 2019.04.28 21:52


ジジさん、こんばんは(*^-^*)

この件は確かに他のブロガーさんも話題にしている人が
いたみたいですね。皆おかしいと思っていますものね。

>この年齢の選手に何を期待しているのか、橋本聖子氏に
>尋ねてみたいですね。

私情が入っているから、ちゃんとした答えはできないのでは
ないでしょうか。(^^; それでもうまくごまかすかしら。

>そもそも橋本聖子氏は14年も会長を務めているなんて、
>長く居座りすぎ! 
>だからこういうおかしな事がドンドン出てくるんです。

確かに長すぎますよね。もう本当に変わってほしいです。

>連休に入り、スケ連のこの件について、手紙を書いています。
>明日には投函できると思います。
>マリリンさんの赤字のコメントは的確ですね。
>同じ言葉を加えたいと思います。

お手紙を書かれているのですね。(*´▽`*)
私もメールをすることにしました。
私の言葉でよかったら、ご自由にお使いください。
お役に立てて光栄です。
Posted by マリリン at 2019.04.28 22:07
マリリンさんみなさんこんばんは。
マリリンさんおっしゃる通り、国際大会に出ないと言っている高橋を、特別強化選手にするのは世間からも疑問の声が上がっていますね。

全日本では十代の若手がTESで高い点を出しても、高橋氏のヨレヨレ演技にPCSを爆盛り。低レベルな内容なのに2位にねじ込み。あれじゃ〜、若手の芽を摘んでいるわ。
出戻り高橋氏、TESとPCSの乖離には失笑モノでした。ジャッジも身内採点だから、どうにでもなるのね。

ミニマムもクリア出来ない。ぬるま湯の国内大会なら、身内ジャッジが大盤振る舞いしてくれますから。お気楽な事です。

フィギュアファン歴さんの、出戻り高橋氏の忖度まとめ…とても分かりやすいです。聖子会長の寵愛を一身に受け、忖度の数々ですね?
高橋氏、おそらく特別強化枠は辞退して、また美談にさせるのでしょうね。

そして、台落ちタラレバ選手。
ワールドは台落ちなのに賞を貰って、世間の顰蹙をかってます。
(四大陸は、ネイサンも結弦くんも不在。ロシア・ユーロ勢も居ない大会です。ボーヤンが優勝とも言われてましたが…)
全日本三連覇とか言っても、宮原さんもしてました。でも最優秀賞は貰ってないですね。連盟が出す賞だから、USMへの忖度ね(呆)
表彰式では、記者数も少なかったそうで。紀平さんにあげれば良かったのに。記者さん達も呆れたでしょう!

結弦くんの仙台除幕式には、記者やカメラマンさんが大勢いましたが。
記者さん達も正直よね〜(^-^;







Posted by てるこ at 2019.04.29 00:19
こんばんは!

「連休明けに・・・」は高橋選手が言ったのでしょうか?国際大会は出ないってこないだ記事のタイトルにもなってましたけど。連休中なのはスケ連で、その間は電話してくれても出ないよってことか。承認するまでに聞いたらいいのにね。世界選手権終わってからでも1ヶ月あるのに。日本に居るんだしすぐに連絡つくと思うけど。本人が目指すものが違うのに勝手に強化指定するのも変な話だわ。ありがた迷惑かもしれん。
Posted by しま at 2019.04.29 01:10
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんにちは

 スケ連ってバカなの?いちいちクレームが殺到することばかり次から次へと。
 一度引退した選手に特別強化選手という待遇は甘やかしすぎなんじゃないかな。年齢的に将来を期待なんてできないでしょうに。もっと若手の育成にお金は使うべきで、若手が育ってこないと困るのは自分らでしょう?とあきれてしまいます。
 
 5回転について期待して称賛を寄せているのが、スケート経験者でコーチとかプロとかでなんか呆れています。だって無理でしょう?まだ誰も5回なんて回れやしないと思います。見ているだけでもそう思うのに、実際に滑ったことある人達がさももうすぐ出来るみたいに。希望的観測にも程があると思うのですが。
 なんせゆづの4Aが出てきてからにしてよね。そっちが先ですよ!って思っています。
Posted by えりえり at 2019.04.29 11:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます