佐野さんの「4回転トーク」。とても的確でした。 - 羽生結弦 成功への軌跡

佐野さんの「4回転トーク」。とても的確でした。


ゆづファンの皆さま(^o^)
こんばんは。今日は寒かったですね。

カナダに行っていたゆづ友さんたちも今日、
無事に日本に帰ってきました。

紀平さんと同じ飛行機だったらしく、
成田空港はすごい報道陣だったそうです。

yusu1092.png

一方、羽田に着いたゆづ友さんからは、
宇野選手がいた、という報告がありました。

だいたい選手の方がたも同じような時間の
飛行機に乗って帰ってきてるのでしょうね。

皆さんがご無事でよかったです^^

さて、この間の記事に宇野ファン(or兼オタさん)の
方からクレームがきてしまいましたが、またまた、
お怒りを覚悟で、こちらの記事をご紹介したいと
思います。

佐野稔先生のおっしゃっている言葉が載せられて
いる記事です。

佐野稔の4回転トーク 18〜19シーズン Vol.H 
またしても銀メダルに終わった宇野昌磨。
気になるジャンプの着氷


News Opedより。


●ジャンプの乱れで、ネーサン・チェンのミスも
味方にできず

『「また銀メダルかぁ」と、多くのファンが嘆いた
ことでしょう。

去年の「世界選手権」から「グランプリ・ファイナル」、
今年の「四大陸選手権」「平昌五輪」「世界選手権」、
そして今回の「グランプリ・ファイナル」と、
宇野昌磨はこれで主要国際大会6試合続けての2位。

「シルバー・コレクター」の称号を返上できません
でした。

「グランプリ・ファイナル」2連覇を達成した
ネーサン・チェンも、4回転ルッツで転倒したり、
連続ジャンプの予定が単発になったりと、完璧な
内容ではありませんでした。

ただ、それに輪をかけて、宇野の演技も良くありません
でした。なんとかこらえたような着氷が相次ぎ、フリーで
跳んだ7度のジャンプは、4つがGOEでマイナスの評価。
これでは勝てるはずありません。

もちろん五輪明けのシーズンだったり、‘絶対王者
’羽生結弦が右足首のケガのため欠場したりと、
緊迫感に欠ける要素はあったかもしれません。
が、女子シングルと較べると、物足りない優勝争い
になりました。

今シーズンずっと失敗の続いていた4回転トゥループが
決まったかと思ったら、今度は4回転フリップ、4回転
サルコゥが回転不足。

どこかジャンプにズレが生じているようです。

いまに始まったことではないのですが、宇野は
ジャンプの着氷をする瞬間に、右腕をぐるっと
膨らんだように回して降ろす癖があります。


これは回転のしすぎで左方向に流れていきそうになる
身体を、踏み止めようとしている表れ
だと思うのです。

今回も本来なら「4回転トゥループ+3回転トゥループ」
を跳びたいところを「4回転+2回転」に抑えていましたが、
最初のジャンプの着氷でバタバタしてしまうため、
2つ目のジャンプの踏み切りにスムーズに入ることが
難しくなっているのです。

宇野のジャンプの「回り過ぎ」について、気合いの
入り過ぎですとか、本番までのコンディションの
合わせ方などが取り沙汰されていました。

ですが、これだけ同じようなことが続くのであれば、
それは技術の問題です。


着氷が乱れるのは、着氷だけに原因があるのではなく、
踏み切りや回転軸の課題に行きつくはずです。
 
いまのままでも世界2位。

演技構成点ではSP、FSどちらも、優勝したチェンを
上回っていたのですから、その実力に疑いようは
ありません。

ですが、世界の頂点に立つためには、自身のジャンプ
について、一度じっくり見直す必要があるのでは
ないでしょうか。』

佐野さんはとても的確に宇野選手の特にジャンプ
技術について苦言を呈していましたね。

爆盛りだのなんだの言われていても、それでも
日本では羽生選手の次に強い選手であり、世界でも
表彰台の常連になっているのですから、やっぱり
それなりの「力」はあると思うんですよね。(´・ω・)

マスゴミから嫌というほど『羽生超え』だの、
羽生を超える逸材だの言われ続けて早3年、
もうすぐ4年になろうとしています。

彼を祭り上げていたマスゴミさんたちも、
いい加減しびれを切らして、イライラしている
かもしれません。

もちろん、私たちの愛する羽生選手は、相手が
宇野選手だろうと何だろうと、負けることは
ありません。

なので、宇野選手が羽生選手に勝つ日はもしかしたら
こないかもしれません。

今日、たまたまファイナルを終えた宇野選手と
紀平選手が帰国しましたが、宇野選手自身も
紀平さんのことを
「表現が僕にないものを持っている。紀平選手は
1つ1つが写真で取れるようにきれいに見える」」
と絶賛しつつ、自分の演技についてはっきりと
「僕は1つ1つのポーズがあまりきれいじゃなくて、
雰囲気でやっている。」と認めています。

yahooニュースより。

ジャッジは拙い技術に関してはえこひいきするのではなく、
公正に厳しく採点すべきです。

結果としてそれが、選手のためになるのですから。

スポルティバに新しい記事が更新されていましたが、
次回にしたいと思います^^


PS:今日のTBSのテレビ、録画だけしてまだ
見ていません。後で見てみようと思います。

今日から土曜日までCSフジでやっている過去の
全日本が面白いので、そちらを録画して見ています。

今日は2011年のショートとフリーでした。
(男子のみ)

ゆづはこの年の全日本では3位になり、翌年の
世界選手権の出場権利を獲得しました(*^-^*)

そして、あの「伝説のニース」が生まれることに
なったわけです。

2011年の全日本。
羽生選手はフリーでは1位でした。

https://youtu.be/t_WvRwIXzo0


https://youtu.be/ucTD24eAWa8


https://youtu.be/JEvm3spoByI


明日はゆづが初めて全日本王者となった2012年が
放送されます(*^-^*)

その当時のものが見れるのがすごく楽しみです。

12月12日(水)の放送予定。

2012年全日本男子ショート。
CSフジテレビNEXT 朝6:00〜

2012年全日本男子フリー。
CSフジテレビONE 午後6:00〜

12月13日(木)の放送予定。

2013年全日本男子ショート。
CSフジテレビNEXT 朝6:00〜

2013年全日本男子フリー。
CSフジテレビONE 午後6:00〜

12月14日(金)の放送予定。

2014年全日本男子ショート。
CSフジテレビNEXT 朝6:00〜

2014年全日本男子フリー。
CSフジテレビONE 午後6:00〜


12月15日(土)の放送予定。

2015年全日本男子ショート。
CSフジテレビNEXT 朝6:00〜

2015年全日本男子フリー。
CSフジテレビONE 午後6:00〜


記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-12-11 | Comment(13) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさんみなさんこんばんは。
佐野さんの記事紹介ありがとうございます。
佐野さん、結構踏み込んだ内容の記事なんですね?驚きました。
でも指摘するのは、遅すぎたように思います。もうシニアで4年もやってる選手なのに…。

着氷の時に右手グルンと、氷上で降りたあとのオーバーターン。
これはずっと以前から言われてた事。
今に始まった事じゃないですね?これまで関係者は目をつぶってた?

佐野さんは、宇野の踏み切りや空中姿勢にも問題があると。まさしくその通り。これまで言えなかった事が言えるようになったのかしら…。
紀平さんというスター候補が現れた事も、苦言を言えるようになった原因かもしれないわね。
癖を直すなら、十代のうちに矯正すべきでした。
欠点を隠す為に、事務所やメデイアが持ち上げるしか無かったのかも…。
結局、本人の為にならないですね。

*CS過去の全日本、結弦くんのジャンプの綺麗さとスタイルの良さに、今見ても驚きますね?
(^-^)高校生にして、やはり結弦くんは目を引きますし、スターオーラ全開です!やっぱりトップに立つ選手は、高校生の時から違うのね♪
美少年だわ〜(〃ω〃)



Posted by てるこ at 2018.12.11 23:11
こんばんは。皆さま。

ようやく佐野さん本当の事が書けるようになったと思います。
前から、宇野君の名前は出さなくとも、ごまかしジャンプの選手が存在してるってテレビで言ってましたものね。それにしてもこの記事、的確過ぎるくらいはっきり宇野君のジャンプの欠点を指摘してますね。これまで世界中からさんざん言われていたのに何で今まで日本では言えなかったんでしょう。羽生選手のことは、なんでもかんでも言いがかりや捻じ曲げて嫌がらせし放題の記事をでっちあげるくせに、宇野君に関する当然の事実さえも書けないマスコミ情けなさすぎます。ゴロツキゴシップ週刊誌かと思えば最近は大手の新聞系や出版社の系列の週刊誌も羽生選手捏造悪意の塊記事を出してますね。
少し前にここにいらした羽生ファンを名乗っていた方、あなたが本当の羽生ファンならばまず羽生選手のため、そういうマスコミにぜひ大きな声で抗議して、あなたの正義感を発揮していただきたいですね。

宇野君のジャンプはマリリンさんの仰る通り劣化していると思います。
それとも前と違って新ルールになってから正確に回転不足を取られるようになったかわかりませんが、佐野さんが根本的に技術に問題があることは明らかですね。ようやく佐野さんがきちんとまとめてくれて私もすっきりした思いです。シルバーコレクターの汚名は返上できなかったと佐野さんは堂々と書いてますね。

そもそも何でショートの後で愚痴を言うのでしょう。そんなこと言う競技者は全アスリートで初めてです。100歩譲って心に思うのは自由ですが。でも人前で言うべき言葉ではありません。情けないです。
羽生選手ならば、どんなにうまくいかない時でもそんな事おくびにもだしません。うまくいかなくとも最後の0.1まで全力で戦うのが羽生選手です。そういうアスリートを尊敬してます。
Posted by たをり at 2018.12.12 00:16
マリリンさん、ゆづ君オンリーの皆様🙇

マリリンさん、ビビビックリ😍⤴
佐野さぁん 大丈夫ですか?
素人さんても薄々?感じている?
あのジャンプ技術?例え回りきっていた?としても、全く美しい?とは思えない?

日本人選手として恥ずかしい😅
n杯の演技、さすがに気になっていた?のでしょうか?
少しでも正確なジャンプ技術に−
色々あったみたいですから−
私はどちらも全く見ておりませんジャッジの件、気になっていたのでしょうか?
そんな感じもしないでもありません。想像ですみません🙇

あの方は捨て置き、
佐野さんのほうが気になります🙇

独り言です。
Posted by V.Y at 2018.12.12 00:32
こんにちは。マリリンさん、みなさん。
よし!とガッツポーズしたくなる記事をありがとうございます。女性誌のアホ記事読んでムカついていたのでスッキリしました。(でもその記事ヤフコメでフルボッコでした)
佐野先生、よくぞ言ってくださった!ど正論です。出来ればもうすこし早くお願いしたかったですが、なにか重しがとれましたかね?
空港に到着した紀平さんの映像見ていて空気が潮目が変わった、と感じました。age記事はあるもののU選手の扱い少なくなってますよね。弟引っ張り出しての本だ、握手会だ、も不発みたいだし、ようやくまともになってゆきますかね?????(希望的観測)
Posted by Cocoたん at 2018.12.12 11:25
マリリンさん〜皆さん こんにちは(^-^*)/

佐野さん、日本スケ連の理事でしたよね? ←違ったらゴメン
この発言は当然の事なのですが、今まで黙っていたのにって言うか羽生選手sageもあったかと思いますが、羽生選手の後の次期エースを期待していたのに今回の本当にチャンスだったファイナル。
いい加減腹が立ったのでしょうか?

佐野さんこの頃変わった? 今年のCwWで共演してからゆづには優しくなったような、、、。

宇野選手はコーチ変わった方がいいかも。本田マリン選手も意を決してアメリカへ出て頑張っているみたい。
ラファコーチって結構厳しそうだし、ネイサンと一緒に練習した方がいいかも。
又怒られそうだけど、主要大会で優勝したかったら環境変えてスケーテイングから見直しする必要があると思いますよ。

英語が出来なくても弟さんが出来るみたいだし、一緒に行けばいいと、、、。
テレビでは紀平選手ばっかり報道されています。当たり前でしょう?
【スカートを穿いた羽生選手】って、ここまで言われて凄い!

アイスショーでスカートを穿いたゆづの映像見たけど、ゆづは可愛い!けど
女装は似合いません。そのまんまで美しいからね〜

フジのCS全日本有難うございます!
忘れてました(≧∇≦)(≧∇≦)
Posted by ゆづ子 at 2018.12.12 15:20
マリリンさん、皆さん、こんにちは(^-^)

GPファイナル、男子はゆづの不在で寂しい大会だったし、女子は風向きが変わった大会でした。 やっと日本でハッキリ言う人が現れました。佐野さん!よくぞ言ってくれました。 海外の解説者のマッシミリアーノさん、アンジェロさんなどは前から厳しい指摘がありました。 ちょっと回りすぎた3回転!でも4回転ジャンプとして認定されている。 4ループは実質フリップと同じジャンプ! ジャンプの跳び分けができてない!・・とね

自分の演技動画を見て綺麗なゆづのジャンプと明らかに違うことに気づかないほどコーチをはじめ鈍感なのでしょうか?

佐野さんが言われるように世界の頂点に立ちたいのであれば一度見直す必要があると思います。 銀メダリストとして日本を背負っているんですからいままでのように「試合を楽しむ」だけでなく結果が求められますから・・・

今季からは立ち位置が違います。責任感、期待、重圧が加わります。万年2位と言われないように綺麗なジャンプを跳ぶ姿を見せて下さい。
Posted by トミ at 2018.12.12 16:13
マリリンさん、オンリーファンの皆さんこんばんは。

宇野選手のお手々ぐるりんの役割も分かって納得しました。転ばないようにバランスをとっているのかしらと思っていましたが回転を止める働きがあったのですね。カッコ悪いけど必要だったのですね。ジャンプの踏切りから修正しないとお手々ぐるりんも止められない、大変そう。
今までにありそうで無かった記事の紹介をありがとうございます。佐野さんはやっぱり専門家だなと見直しました。

それより試合がつまらなくなったとか何の冗談よ!と思いましたよ。
Posted by あき at 2018.12.12 17:45
マリリンさん、皆さん、こんばんは!

佐野さん、多分、ずーっと言いたかったでしょうし、フィギュアファンがずーっと指摘して欲しかった事を、ついに記事にしてくれましたね。佐野さん、GJです!

宇野ファンがまたまたコメ欄に来られたのですか?そんな目くじら立てるような内容では無かったですよね、マリリンさんが書かれてるのは事実だけです。今回のもそうですが。
マリリンさんもお相手するの大変ですね。

2011年の全日本!最後のジャンプ以外ほぼノーミスの演技なのに、幼い顔ですごく悔しがる姿がとても印象に残ってます。
この頃はまだプレゼントを手渡し出来たんですね。今では考えられませんが。
それにしても、何時のゆづも、それそれ素敵ですね。
Posted by あややん at 2018.12.12 20:27
マリリンさん、結弦くんファンの皆さん、今日は。

佐野先生のご指摘、成る程と思いました。やはりジャンプ技術に問題があるのですね。夏にはアメリカだかカナダだかのジャンプコーチに見てもらっているのに何故よくならないのでしょうね。
宇野くんのことは心配ですが、それはさておいて。
夕べ羽生くんの出る番組があったので嬉しくて、テンション上がってます!
「前と後」は最初と最後だけフィギュア関係で真ん中は別な話というあからさまさでしたが、おおむね面白かったです。
サンボ70の取材なんてよく出来たなと感心しました。
でも一番良かったのは、羽生くんの目力の話です!あの世界最高得点のSEIMEIで観客やジャッジ一人一人を見ていたと聞いて、身震いするほど感動しました。目と目が合うって心が繋がっている感じがします。羽生くんは見ていて皆と心を通わせていたのですね。だからあんなにも素晴らしい演技が出来たのですね。
番組では触れられていませんでしたが、「和」の曲だったということも重要だと思います。元々欧米のスポーツであったフィギュアで、クラッシックでもミュージカルでもなく、外国の方々には未知の曲を使って、文化的背景知識が0の方にも平安の幽玄を垣間見せた圧倒的な説得力。なんと革新的なことでしょうか。羽生くんはフィギュアの歴史を変えました。羽生結弦と同じ時代に生きて、新しい歴史の創造を目撃できたのはとても光栄で幸せだと思います。
Posted by まいまい at 2018.12.12 20:31
マリリンさん、こんばんは。
宇野選手をいつも褒めていたTSLでも、GPFでの演技でのジャンプは厳しいことを言っている。佐野さんとほぼ同じような内容です。
シカゴでの合宿に関しても一週間では身につかない。何度も見返しをしなければならない・・・とまで言っています。
メンタルだけの問題ではないことは一目瞭然です。
こんな状態の選手のために羽生選手を誹謗中傷する記事を掲載されたかと思うと情けなくなります。

Posted by あき at 2018.12.12 20:42
マリリンさん〜皆さん こんばんは(゚▽゚)/

全日本2012年男子フリー録画しながら見てました。
いや〜面白かったです。初めて全選手??←違うよね?最後に近いグループからと思うけど。
この全日本は色々と羽生選手ファンにとっても思い出に残る試合でした。
ここからが羽生選手にとって【苦難の道】の始まり。

表彰式では笑顔が無かったけど、写真撮影では笑顔がありましたね〜
やはり、ゆづは笑顔が似合うなあ〜

今年の全日本、ゆづの出場の発表はまだ無いけど、怪我の治療を最優先して
回避して欲しいです。
高橋さんと宇野選手で頑張って下さいな。
友野君、、、優勝してね!
Posted by ゆづ子 at 2018.12.12 20:43
こんばんは たくさんの情報をありがとうございます。

GPF女子、紀平・タクタミの3Aとザキトワ選手他の対決、見応えがあって楽しかったです。
男子は・・・ボロノフくん4LO挑戦・ジュンファン君台頭はありましたが、オリンピックメダリスト宇野選手にがっかりした人は多かったと思います。

マリリンさまの記事を厳しいとおっしゃっていた方もおられましたが、
オリンピックメダリストになったからには、期待もされるし、責任も追うのは当然です。
羽生選手は、ソチ金メダリストになってから、重責を果たし、スケート未来のための挑戦もし続け、本当に立派です。

イェール大学に進学したばかりのネイサンのジャンプが、いわゆる守り構成なのは仕方無いと思いますが、若くスケート1本なメダリスト宇野であれば、今までに無いジャンプ構成で勝ちに来るプログラムを観たいと願うのは、いけないのでしょうか?(金メダル二連覇・ケガ明け24才羽生選手は、今季4Tー3Aを成功させています)
守りのジャンプが失敗ばかり。。辛口のコメントは仕方ないと思いました。

メダリストになって、すぐ引退しないのであれば、新しいスタートが始まっているのですから、宇野選手はメダリストとして泣き言を言わず、責務を果たし、レベルアップして欲しいと思います。
人気が沸騰、著書写真集が大好評、キャーキャー騒がれ、CMに引っ張りだこ、まるでアイドルの様・・なのは一端で、アスリートとしての根本がしっかりしているからこそ
間違えてはいけないと思います。

男子の1番印象に残っているのは、ネイサンFS冒頭、曲が流れず遅れてしまったことです。
ヒヤリとしましたが・・ネイサンはフッとクールに笑って、すぐ集中・・流石でした。

カナコちゃんが現役のGPSの時も、そんなことがありました。
はてなの仕草をして、調子が狂わされました。

SP1位で折り返して迎えたFSでのネイサンの笑み・・
こんな小手先なことをして、ライバルは余裕がないんだなという笑みでしょうか?

音楽がすぐ流れないことが、意図した事であったなら・・
世界選手権も気をつけねばなりませんね。
Posted by 結花 at 2018.12.12 21:14
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは。

 佐野さんの宇野選手へのジャンプの評価、分かりやすかったです。手を回す癖の理由とか何処から直すべきなのかとか。私は素人目で見応えが無いとしか表現出来ないのですが、こういう細かい所の指摘で見る側のこちらが勉強させてもらえました。
 これからジャンプの矯正に取り組むでしょうか?優勝目指して頑張ろうとするかもしれませんね。ゆづに挑むならクリーンなジャンプを身につけて欲しいものです。

 TV番組の内容は微妙でしたよ!凄く良いというものではなく…。一度見たらもういいや。くらいでした。
 ゆづそろそろ全日本の出欠発表ですかね?痛みが引いてるといいなぁとか少しでも良くなってるといいなぁとか毎日考えない時がないです。今の具合も知らせてくれませんかね。ほんの少しでも。後は大事に過ごしてもらいたいです。
Posted by えりえり at 2018.12.12 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます