羽生結弦というメガスターがいなくなったら…。 - 羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yudu36.png

羽生結弦というメガスターがいなくなったら…。


ゆづオンリーファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ

この記事、本当に的を得ていました。
やはり、今のフィギュア界にはスターは羽生結弦
しかいないということはわかっているんですね。

「ポスト羽生結弦」不在のフィギュアスケート人気の危うさ
記事元はダイアモンドオンライン。

文・星野三千男(ライター、ジャーナリスト)from VICTORY

yusu976.png

羽生結弦が出るかどうかで
視聴率は大きく変わる


『五輪連覇を果たした“絶対王者”羽生結弦がリンクに帰ってきた。
11月3日から5日のグランプリシリーズ第3戦フィンランド大会で
圧倒的な強さで優勝。次は11月16日からの第5戦ロシア大会に挑む。

フィギュアはテレビ界においてはドル箱。ゴールデンタイムでも
安定した数字が期待できます。浅田真央さんが現役だったころは、
20%超えも珍しくありませんでした
し、それ以降は多少落ちたとはいえ
平均15%は超えています。

宇野昌磨選手らもがんばってはいますが、羽生選手が出るかどうかで
視聴率は大きく変わる。いまでも羽生選手の演技の瞬間だけは20%を
軽く超える
んです。日本での視聴率は、業界全体のスポンサー収入に
直結する。今回、羽生選手が参戦したことで放送するテレビ朝日や
スポンサーは大喜びしたことでしょう」
(広告代理店関係者)

プロ野球の人気カードでも数字が取れず、ゴールデンタイムの
地上波放送はほとんど実現しない現在のスポーツ界。

フィギュアスケートの視聴率は、W杯前のサッカー日本代表戦に
も匹敵する。
当然、関係者の誰もが今の人気を維持したいと考えて
いるのだが、フィギュアの取材を続けるあるスポーツ新聞の記者は、
その最大のキーマンである羽生の様子が気にかかっているという。

「試合後のインタビューでは勝利にこだわる姿勢をアピールして
いましたが、五輪を連覇したことで、モチベーションが下がっている
のではないか、と思います。

今大会でも勝つためだけなら必要ないレベルの難易度の高い
プログラム。もはや彼の関心は、自分フィギュアを完成させること。
今回はまだ未完成ということでやりませんでしたが、次の目標として
公言している、公式戦で4回転アクセルを成功させたら、その先の
目指すところはどこになるのか、プロに転向もあるのではないかと
囁かれています」

羽生や高橋大輔が出場しないと
完売にならない選手依存の弱点


浅田真央や高橋大輔、羽生結弦の活躍で大人気となったフィギュア
スケートだが、日本では長年マイナースポーツとして扱われてきた。

“数字をとれる”人気スポーツとなったのは、2006年トリノ五輪で
荒川静香が金メダルをとって以降のことだ。

「もともとフィギュアはヨーロッパやアメリカで人気のスポーツ。
シーズンオフに行われるアイスショーには大勢の観客が訪れます。
ただ日本と異なるのは、ヨーロッパにおけるフィギュアのメインは
男女で行うアイスダンスだということ。日本ではシングル競技が
メインのように思われていますが、ヨーロッパでは氷上の華麗な
ダンスを楽しむファンのほうが多いんです」

 実は、そこに日本フィギュアの問題点が隠されている。

「欧米にはフィギュアという競技そのものを楽しむ文化がありますが、
日本の場合、選手個人のファンが多い。

競技に復帰した高橋大輔も羽生結弦もメインのファンは、おばさま方で、
はっきり言ってしまえば、ジャニーズや演歌歌手の追っかけと同じ(笑)。

だから羽生や高橋が出るアイスショーはすぐに完売になりますが、
それ以外の選手だとなかなかチケットがさばけない。


浅田真央も引退後に自身でアイスショーをプロデュースしていますが、
大きな会場を埋められるほどではない。彼女は視聴率は持っているけど、
動員はそれほどでもない。テレビで応援したいタイプの選手
なんです。

華やかさでいえば、羽生以上の存在はなかなかいません。
選手個人ではなく競技自体の人気がもっと上がらなければ、
羽生の引退で一気に人気が落ちる可能性もあります」(テレビ局関係者)

羽生の次のスターが誕生しないと
再びマイナースポーツに逆戻りも


スポーツがひとつの文化を形成していくために欠かせないのは、
その競技の経験者だ。リトルリーグや野球部の出身者がプロ野球の
ファンになり、サッカー部の出身者がJリーグのファンになる。
だが、フィギュアスケートの経験者は、それらに比べると
悲しくなるほどに少ない。

「本格的にフィギュアを始めたいと思っても、練習場や教えられる
コーチの数が限られているんです。常設のリンクは東京、横浜、
名古屋、仙台、福岡などごくわずか。

しかも競技を続けるには、莫大な金がかかる。
練習場所を確保し、コーチや振付師を雇い、音楽や衣装を用意し、
さらに海外への遠征費もかかる。最低でも年間1000万円は必要
です。

いまその資金をスポンサー契約料でまかなえるのは、男女あわせても
羽生と平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨くらい
でしょう。
他の選手は、アイスショーなどのギャラでなんとか競技を続けて
いる状態です」

競技自体の人気上昇が望めないとなると、やはり頼みは個人の人気。
フィギュア人気を支え、維持するための“ポスト羽生結弦”の候補は
あらわれるのか?
 男子なら宇野、女子なら宮原知子や坂本花織、
本田真凜など次の「北京五輪世代」も奮闘しているが……。

浅田真央の物語性や羽生の圧倒的な華やかさ。
若い選手たちには、まだそういうスターの要素が欠けている。
演技や勝利だけではないドラマティックな要素が必要だと思います」

荒川静香が火をつけ、浅田真央・高橋大輔が盛り上げ、
羽生結弦が大きく育てたフィギュア人気。
彼らに並ぶようなスターが早く出てこなければ、再び
マイナースポーツへと逆戻りする可能性もある。』

この記事に大方賛同しますが、強いて訂正させていただくと
したら、高橋大輔さんが出演しても、チケットは「完売」には
ならないと思いますよ。(^-^;

4年ぶりの現役復帰に世間ではちょっと話題にはなって
いるようですが、彼が引退した後、いくつかショーにも
出演されていましたが、チケットは完売ではなかったように
思います。

羽生選手がソチ五輪で金メダルを獲るまでは、確かに
高橋選手の方が、人気は高かったとは思いますが、
それでも浅田真央さんほどの人気はありませんでした。

しかし、今ではその浅田真央さんさえ、羽生結弦選手の
人気にはかなわないでしょう。

この記事にもあるように、今、羽生選手より下の世代が、
確かに頑張ってくれてはいます。

女子も実力のある選手がたくさん育ってきていますし、
大技を決めて「日本女子は強い」ということを世界に
知らしめてくれた紀平りかさんなど、将来有望な存在
だと思います。

それでも、あの浅田真央さんブームの時のような、
ブームにはなっていないような気がします。

そして男子ですが、五輪2連覇、世界選手権2度の優勝、
グランプリファイナル4連覇、全日本選手権4連覇、
そして世界最高得点記録保持者でもある羽生結弦選手は、
日本だけでなく、今では世界中からも「大人気」なのは、
今更言うまでもありません。

彼は強いだけでなく、美しいプロポーションに加え、
東洋一の美少年(美青年)と言われるほど、ルックスも美しく、
氷上では誰よりも華やかであり、オーラがあります。

実力、容姿、人間性、実績。そして人気。
そんな全ての要素、条件がそろった羽生結弦選手のような
スター性を持ち合わせたスケーターは、過去にもいません
でしたし、これからさきも出てくることは恐らくないでしょう。

私たちファンよりも、テレビ関係者や、スケート連盟、
雑誌社、広告代理店などは、羽生選手が現役を退いたあとの
フィギュア界の衰退ぶりを想像すると身震いがするのでは
ないでしょうか。

だからなのでしょう。スケート連盟もマスコミも
大スターである羽生選手が引退した時のことを考えて、
「スター選手」を作ろうと必死になっています。

恐らくそのために白羽の矢が立ったのが宇野選手や、
本田真凛選手なのかもしれません。

彼らを「真央越え」だの「羽生越え」だのと謳って、
実力以上に持ち上げているのは、スター不在のフィギュア界を
作りたくないという、危機感の表れなのでしょう。

しかし、マスコミやスケート連盟のやっていることは、
スターを作るどころか、「アンチ」を増やしているに
過ぎません。

先日のNHK杯での不可解な異常ともいえる「えこひいき採点」
を見て、それによってトップに立った選手のことを、誰が本気で
「素晴らしい」とか「かっこいい」と思うでしょうか。

スケート界やマスコミはそれをもくろんでいるのかも
しれませんが、私たち一般人はそれほど愚かではありません。

特に、羽生選手を愛するファンである人たちは、それこそ、
「超一流のスケーター」の演技をいつも見て、目が肥えて
いますから、それよりもレベルの低い演技を見て
『羽生を超えた」と、アピールされても、それを信じる
ことなどできませんし、むしろ嫌悪感さえ感じてしまいます。

そこまで「嘘」や「誇張」をしないと誰からも注目して
もらえないなんて、必死過ぎて返って白けてしまいます。

完璧に『羽生選手に次ぐ第二のスケーター」を作ることに
失敗しましたよね、日本のフィギュア界は。

マスコミが喉から手が出るほど欲しい「ポスト羽生」は、
そのような方法では決して作られることはないでしょう。

無理やり「羽生を超えた」と煽ったり、羽生選手と
比べるのではなく、常に「王者」をリスペクトしながら、
ともに成長しているという姿を見せたほうが、彼のファンも
増えただろうと気の毒にさえ思います。

そしてこのフリージャーナリストさんが書いているように、
大スターである羽生結弦選手が引退した後は、フィギュアスケートは
以前のようにマイナーなスポーツになり、チケットも売れず、
スケ連は大赤字で、衰退の一途をたどることになるでしょう。

羽生選手を大事にしていない日本のスケート界の
自業自得だとも思いますけどね。(^-^;

そうならないためにも、これからさきの試合では、
スターを作ろうとしておかしな採点をして実績を作る
お手伝いをするのではなく、公正にフェアに採点をして
全ての選手が実力に見合った結果を得ることができますように。

それがフィギュアスケートの未来を作ることになると
私は思います。

PS:この間はひどい記事を載せていた、AERA。dotですが、
今度はわりとまともな記事を載せていましたね。

羽生結弦が世界を驚かせた今季初戦 演技構成の裏の“狙い”〈AERA〉

『フィギュアスケート男子の羽生結弦が、今季世界最高得点で
GPシリーズ初戦優勝を飾った。五輪連覇の王者は、史上初となる
大技も決め、世界を再びあっと言わせた。

2位との差は、約40点。次元の違う圧倒的な実力を見せつけて、
羽生結弦はリンクを支配した。

グランプリシリーズ・フィンランド大会。
自身にとってはGPシリーズ今季初戦だったが、ショートプログラム、
フリーとも今季世界最高点をたたき出し、合計297.12点をマークした。

「やっぱり、勝たなきゃ自分じゃない」

試合後、負けず嫌いの性格をそのまま言葉に乗せて、
優勝をかみしめた。

この一戦の羽生を語るには、開幕前を振り返っておく必要がある。

「『結果を取らなくては』っていうプレッシャーがすごく
あったのが、今は外れていて。自分のために滑ってもいいのかな」

2月の平昌五輪で、連覇を達成。重圧と得点のしがらみから
解放された心境を口にしたのは、新シーズンを目前にした8月の
ことだった。

「自分らしく」に力点を置く今季。だからこそ、プログラムの
曲には、憧れのスケーターが使っていた曲を選んだ。
SPは元全米王者ジョニー・ウィアーの「秋によせて」。

フリーは、ロシアのエフゲニー・プルシェンコの代表プログラム
「ニジンスキーに捧ぐ」のアレンジ版を演じる。
いずれも小学生のころから憧れを抱いてきた伝説的な選手だ。

ただ、9月下旬、カナダで挑んだ今季初戦オータム・クラシックで
感じた悔しさが転機になった。

合計263.65点で優勝はしたが、内容は低調なものに。
「めちゃくちゃ悔しい」と漏らした通り、例えばSPの足を替えての
シットスピンは規定要素を満たせず、無得点に終わった。

「やっぱり勝たなきゃ意味がない」

不満の残る演技が、王者のプライドを刺激した。

「五輪後、ある意味でちょっと抜けていた気持ちの部分が、
また自分の中にともった」

そこから約1カ月。羽生は攻めのプログラムを携え、
フィンランドに乗り込んできた。

カギは、ジャンプにあった。まずは11月3日にあったSPだ。
ジャンプ要素は三つ。最後の一つを演技後半に跳べば、
基礎点は1.1倍になる。

ところが、オータム・クラシックでは全てを前半に跳んでいた。

「曲調に合わせて前半にジャンプを跳んで、その後、
盛り上がるところでスピンとステップをやりたい」

得点よりも流れを優先させる。そんな狙いからだった。

だが、今回は最後の4回転−3回転の連続トーループを以前より
約10秒後ろにずらし、「演技後半」と見なされる1分20秒過ぎに
もってくるプログラムに変えた。

ステップとスピンを全て後半に詰め込む構成は壊さないよう、
振り付けと編曲を改めて練り直したという。

本番。冒頭の4回転サルコーで4.30点の出来栄え点(GOE)を
引き出す衝撃の滑り出し。後半に組み込んだ4回転−3回転も含め、
三つのジャンプをほぼ完璧に降りると、スピンは当然のように
全てが最高のレベル4と判定された。

翌日のフリーで、世界はさらに驚くことになる。

国際スケート連盟の公認大会で成功者のない史上初の大技
「4回転トーループ−3回転半(トリプルアクセル)」を着氷したのだ。

助走なしで3回転半を跳ぶのは、極めて難しい。
ただ、着氷から3回転半へ向かう途中で、足を一度踏み替える
必要があるため「連続ジャンプ」にはならない。
結果、至難の業の割に基礎点は0.8倍に。
それでも、羽生は「僕らしいジャンプ」と言う。

実は、構成上2回転ジャンプを跳ぶ必要がなくなるため
得点増が見込める。「自分のために」というポイントは
保ちつつ、したたかに高得点を狙う戦略がにじむ構成だ。

フリーも七つのジャンプ要素を全て着氷し、超高難度の
プログラムを鮮やかに滑りきった。

シニアデビュー9年目。数々の勝利を手にしてきた羽生だが、
GPシリーズ初戦を制したのは意外なことに、今回が初めてだった。

「GP初戦としてはよかったと思います。全部立てたことは大きい」

ただ、この程度で満足はしない。

特にフリーは、勝負の4回転トーループ−3回転半で着氷が乱れ、
GOEがマイナス評価。
他にも二つのジャンプで回転不足の判定を受けた。

「試合っていうのはすごく自分を成長させてくれるんだなと
改めて思う。課題も見つかって、心の灯に薪が入れられた状態。
しっかりこれからまた練習して良い演技をします」

GPシリーズ2戦目は11月16日から、ロシア・モスクワで。

これ以上の演技をするっていうことは、挑戦しがいのあるところ。
また楽しみたいなって思います」

目指す場所はもっと先。得点を求めつつ、自分らしく──。
頂点を極めてなお、羽生は攻める。
(朝日新聞スポーツ部・吉永岳央)

※AERA 2018年11月19日号より抜粋』

このほかの記事にも 「羽生結弦「終わったから言うんですが…」 
今季初戦の裏側告白〈AERA〉


yusu977.png

というのもありました。
ゆづが回転不足になるなんてめったにないことなので、
やはり氷の状態が関係していたと知って、ちょっとホッと
しましたよね^^

ロシアでは、氷も体調もよい状態で臨んでほしいと思います。

yusu978.png

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ


2018-11-13 | Comment(9) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは。

 ゆづの後を担う人材がいないこと、確かに失敗しているポスト羽生作り、ゆづが引退したら間違いなく日本のスケート界は低迷することでしょう。ゆづを大事に扱わないスケート連盟の自業自得だと私も凄くそう思います。まずゆづファンの皆さんはゆづと一緒に移って行ってしまいますよね。多分プロのアイスショーの方へ。かなり困った事になるんじゃないでしょうか。今から準備しておくことがスケート連盟には必要なようです。私はその後の事なんて少しも興味ないですね。今ほどは一生懸命にTV視聴もしなくなるでしょう。真央ちゃんの時のようにゆづも中々自分の思う時期での引退はさせてもらえないかもしれませんね。ちょっとゆづが心配です。

 ロシア大会、ゆづの言うように楽しみながら挑戦して更なる高みへ突き進んでくれるよう、祈るだけです。
Posted by えりえり at 2018.11.13 21:53
マリリンさん皆さんこんばんは☆
マリリンさんのおっしゃる事に、本当に同感します!
結弦くんのような素晴らしい選手は、そうそう出て来るわけないのよ。

メデイアや連盟は、結弦くん引退後を心配しているようですね?
私はいっそ、フィギュアがマイナー競技に戻るのも悪くないと思います。
一度、落ちてみればいいと思う。
そして、結弦くんのありがたみを知る事ですよ。

女子は紀平さんが有望ですね。女子の層は厚いと感じます。
日本男子は、ジュニアに良い選手が出て来そうですね!

男子は海外に良い選手が伸びて来ます(^-^)ジュンファンやゴゴレフなど。
この前のNHK杯の疑惑で、男子は見る気も失せました。一切見たく無いわ。
海外選手に申し訳ないですね。

メデイアは結弦くん引退後、野球やサッカー、体操や水泳を推して下さい。
真剣勝負のスポーツを報道して欲しいです。
日本のスケート連盟も、役員含め解体するくらいでなきゃ。もう腐敗し切っていますから。

今週はロステレ。美しい結弦くんの演技を応援します( ^ω^ )
Posted by てるこ at 2018.11.13 22:14
マリリンさんゆづオンリーの皆様今晩は
マリリンさんのおっしゃる通りだと思います。
メディアや日本のスケート連盟は羽生選手の引退後のポスト羽生を作る為に捏造記事で羽生選手をさげ、押しの選手を持ち上げたり、八百長まがいの採点で盛上げ、羽生越えといって人気を上げようとすれば羽生選手のファンはそんな選手を応援するどころか見る気もなくなります。
こんなにも多くの羽生選手のファンがいるのに逃がしてどうする気なんでしょうか。
世界1の記録保持者であり、かつてないほどスター性のあるスケーターを粗末に扱うようでは衰退しても仕方ないですね。
そうなりたくなければ今いるファン全てを逃がさない方法を考える事です。
そして誰の選手のファンが一番多いか、わかるならそのファンが引きつづきフィギュアスケートを愛せるよう卑怯な方法で失望するようなことはやめさせるべきです。
もうほとんど嫌気がさしていますが、
でも私は羽生選手を好きになる以前もフィギュアスケートという競技を見るのが大好きだったのです。
本当に今回のU選手と取り巻く人々の一件で
今は汚い世界を見るような目でフィギュア界もみてしまい限界に近づいています。
特に日本のスケート界などどうでもいいと思うようにもなっています。
選手には申し訳ないけど。



Posted by フェイス at 2018.11.14 01:38
お疲れ様です。。唯一無二の存在〓羽生結弦さんの後継者ですか… 敷居が高過ぎますねぇ(笑) スケート界から国民栄誉賞〓レベルが違うんですよ⁉️
Posted by 七北田在住 at 2018.11.14 03:19
14日の朝、おはようございます。
先週泣きそうな声でゆづくんへの酷い記事を伝えて来た母が昨日は鼻で笑うような口調で「ちょっと、今度は手のひら返しておべんちゃら記事書いてるわよ」と言ってきました。親子揃って「お馬鹿さんよねー」で母との絆が深まりました(笑)

通常のフィギュア村関係の所ではないメディアの方が、どこぞからの圧がないぶん真実に近い事が書けるってことなんですかね。当たり前だけどきちんとライター名も記されていて納得の記事でした。(久しぶりに)
一点??な所が残念、そう云う所きっちり指摘してくれるマリリンさんが大好きです。

「スターは作られる」と連盟のどなたかが言ってた記憶があるんですけど、今進行中のスタープロジェクトは大失敗でよろしいか?それは、素材の見極め失敗するといくら煽っても持ち上げても逆に反感買うんだってねー。普通にしていれば良かったのにねー。
Posted by Cocoたん at 2018.11.14 06:45
毎日、素晴らしい記事をありがとうございます。
AERA、羽生選手を上げたり下げたりと好き放題やっていますよね。ちょっと、おちょくられているようで素晴らしい記事が上がっても素直に喜べない自分がいます。
上げ記事を読んでいると、マリリンさんも指摘されておられましたが必ずと言って良い程、高橋、宇野両選手を持ち上げています。さりがなく??いや堂々と・・・ですね(苦笑)
事実なら腹ただしくもないのですが、余程一般人を騙まくらかしたいのでしょうね。
AERAはもう一生買う事ないなー。小学館も!!!

誰かさんのせいでストレス溜まりまくりですが、マリリンさんのブログに随分と癒されているし、心救われています!!
皆様の羽生愛にも励まされる思いで、羽生選手を最後まで応援していきたいと思います。
Posted by チーコ at 2018.11.14 10:51
引退後のユズが、時を経て、日本のクリケを作り、新たな次世代のスターを誕生させる!
コーチユズ&生徒の姿を再びオリンピックで!
都築先生と約束したのは、そういう事なのかな?
Posted by つばき at 2018.11.14 11:37
日本ノマスコミってほんとにおかしいですよね。

ななかでなかったNHKでの視聴率、女子が14%男子が10%なのに、今日NHK杯の視聴率14%とでてますね。女子と明記せずに。

NHKも宇野持ち上げに失笑されてました。
ロシアあと二つ寝ると羽生君にあえる!

そのロシア、羽生君、警備を強化して全力で守ると。
日本ももっと羽生君をまもってほしいとおもいます。
Posted by urara at 2018.11.14 13:03
マリリンさん、皆さん、こんばんは。

マリリンさんのブログ読んで頷いて読みました(^-^)

実力、容姿、人間性、実績、そして人気。 大スターである羽生選手が引退した後は、衰退の一途をたどるでしょう。←同感です。

Erika.Sonoの記事を友人持ってきてくれたので読んでみたらマリリンさんの書かれたことと同じようなことが書いてありました。 北米でも人気が低迷しているフィギュアスケートが、なぜ日本ではこんなに人気上昇し、海外の試合まで多くの日本人ファンが駆けつけるのか、わからないのか?それは羽生選手の存在が大きいから。 羽生選手を貶めることは、逆に宇野選手にとっても、逆風となって跳ね返ってくる可能性がある。いま、宇野選手を売り出すために羽生選手を貶めている宇野選手周辺の取り巻きやライター達は、そのことで墓穴を掘ることになりますよ。 自分で自分の首をしめている。愚かだとしか言いようがない。(スカッとしました。)Sonoさん、もっと、もっと言ってほしいわ〜

それから、宇野選手が樋口コーチの元をはなれない理由が振り付けの覚えの悪さにあり、手取り足取り樋口コーチに教えられ、練習量でなんとか月並みな振り付けをこなすしかできないのだとしたら限界があります、とまで言ってます。

去年のアイスショー見てもわかりました。キャッアイやってても曲に遅れてるし、足の運びもおかしかったもの、群舞は苦手だし、羽生選手のリズム感とは月とすっぽんでした。もっと日本はゆづを大事にしないとスケート会の損失になりますよ。

もうすぐゆづの最新の姿がみられますね(^-^)明後日から楽しみ✨です。
Posted by トミ at 2018.11.14 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます