不愉快記事をバッサリ。&リンクを貼ることについて。 - 羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yudu36.png

不愉快記事をバッサリ。&リンクを貼ることについて。


ゆづオンリーファンの皆様(*^_^*)
昨日、かなりムッと来た記事に対して、
極力理性的に書いたつもりでしたが、やはり
皆様もお怒りのようで、コメント欄が熱くて
驚いてます。(笑)

トミさんや、Cocoたんさんも言及しておられる
ように、私もゆづともさんから聞いて、先ほど、
音楽家であるErika SonoさんのGoogleプラスに
ある記事を読んで参りました。

まさしくおっしゃるとおり!と心から共感しました。

Erika SonoさんのGoogle プラスはこちら。

Ericaさんはまず、昨日のAERAdotの記事を引用したあと、
『音楽のことを何もわかっていないライターが頓珍漢な
ことを言っている。
』といい、「こんなことを書くのは、
日本人だけ もう、うんざりだ」
とバッサリと否定。

「ジャンプの数は宇野選手とゆづは互角」だと反論してます。

そうですよね。
ゆづは今は怪我の影響と、このあとに続く試合のために
大事をとって4lzをあえて封印しているのであって、
基本、4lo、4S、4T、4lzという4種類を美しく飛び分ける
ことができる有能な選手です。

そして、ジャンプの技術に関しても、羽生選手の方が
遥かにクオリティが高いとおっしゃっています。

さらに音楽表現という部分についても、
「ジャンプを音楽表現手段にできる羽生選手に対し、
ジャンプのみならず、フィギュアスケートの技術を
表現手段に昇華できない宇野選手は、全く勝負には
なりません。」
と書いておられます。

むしろ、宇野選手に関しては、
「宇野選手は、選曲は樋口コーチにお任せとのことで、
クラシック音楽とラテン音楽が多い。それに映画音楽などが加わる。
この選曲は、フィギュアスケートのプログラムとしては、
むしろ普通すぎる。

最も問題なのは、どんな曲を選んでも、その音楽の神髄を
抉り出すような振付や表現があったためしがないこと。
彼の演技は、ほとんど何も表現していない。」


とバッサリと斬っています。

私がいろいろ説明するよりも、Ericaさんの記事を
しっかりお読みになっていただいた方がいいですね。

Ericaさんはご自身が「音楽家」ということもあり、
特に「音楽表現」に関してはとても考察が深くて、
関心いたしました。

これに反論できるスポーツライターはいないのでは?
と思います。

素人である読者は嘘記事で騙すことはできたとしても、
芸術家や音楽家の目はごまかすことはできません。

あの週刊朝日の記者さんたちは、何を根拠に
宇野選手が羽生結弦よりも実力も音楽性や表現力も
上だと言い張るのでしょうか?

まさに「根拠を示せ」と言いたいですね。

Ericaさんの記事の中で、宇野選手について、
「メドヴェージェワ選手の音楽を無視した演劇的な
演技と同じ」
と書いてあったのが、興味深かったです。

私も以前、メドべに関して「あのパントマイムのような
顔芸が表現力と言えるのか」と書いたことがありましたが、
同じように思っておられたことを知り、ちょっと嬉しく
なりました。

日本の元フィギュアスケーターで、現在は解説などに
携わっている方々の多くは、語彙に乏しいのか、
知識が乏しいのかわかりませんが、なぜか、宇野選手や
高橋選手に関しては「色気が」だの「表現力が」だの、
判で押したように同じ言葉を繰り返して称賛しています。

私たちはそんな抽象的で、曖昧な解説が聞きたい
のではありません。

むしろ、後ほどプロトコルを見たときに私たち素人でも
その採点の意味が理解できるように、彼らのどこの、
どんな部分が音としっかりあっていて、素晴らしい
「表現力」なのかを解説してもらいたいのです。

しかしそういう専門的な解説が出来る元選手は、
ほとんどいません。

メドべのようにパントマイムをすればそれは確かに
「ああ、女優まがいの演技をしているな」ぐらいは
見ていれば誰でもわかります。

それがどれほどプログラムの意味や音とあっているのか、
宇野選手のあの表情と振り付けに関しても同様に、
そういうところを教えて欲しいのです。

そういうことには一切触れず、ただただ「色気がー」
「雰囲気がー」「表現力がー」では、「あなたの解説は、
最低ですね」と言いたくなるだけです。

日本のフィギュア解説も、マスメディアもそう言う
意味では物足りないですし、能(脳)も足りていない、
と言わざるを得ません。

最後にEricaさんのこの言葉、多くのゆづファンはきっと
共感するでしょう。

彼女は「仮に羽生選手が現役引退したとしても、
宇野選手は、今の羽生選手にとって代わる存在にはなりえない。

羽生選手が引退さえすれば……と言わんばかりの記事を
書いても無駄である」
と前置きし、

『むしろ、羽生選手が引退したら、羽生選手に惹かれて
フィギュアスケートを観だしたファンは一斉に離れて、
フィギュアスケート界の低迷に繋がると思う。

フィギュアスケートが、なぜ日本ではこんなに人気上昇し、
海外の試合にまで多くの日本人ファンが駆けつけているのか…

それは偏に、羽生選手の存在が大きいから。
その羽生選手を貶めることは、逆に宇野選手にとっても、
逆風となって跳ね返ってくる可能性がある。』

さらに、『今、宇野選手を売り出すために羽生選手を
貶めている宇野選手周辺の取り巻きやライター達は、
逆に墓穴を掘ることになる」
と警告しています。

とても小気味のいい記事でしたね(*^_^*)
私は直接、Erica sonoさんとは交流したことはないですが、
時々、覗かせていただいており、共感しております。

本当に週刊朝日と、この記事をネットで嬉しそうに
公開したAERAdotが、恥をかきますように祈るばかりです。

さて、今日はもっと楽しい話題を…と思ったのですが、
最後にいくつかいい記事を載せたいと思います。

羽生結弦選手の連続技で高視聴率か産経新聞より。

4日のフィギュアスケートGP男子フリーでは、
ショートプログラム1位の羽生結弦選手が世界初
となる4回転トーループ−トリプルアクセルの
連続技を成功させ、今季世界最高得点で優勝。
高視聴率に結びついた。

羽生結弦を絶対王者たらしめる勝者のメンタリティー
〜ビジネスパーソンの実践的言語学


yuduru118.png

そのほか、ゆづを尊敬し、ゆづに憧れている
韓国のジュンファンや、須本君のことも記事になって
いたので、興味のある方はご覧になってください。

羽生結弦と「韓国のユヅ」、不思議な距離感と共通点
リンク先はNewsポストセブン。

yuduru119.png

ジュンファンの記事は、決して悪い記事では
なかったです。

ジュンファンは“どうしてもオーサー氏に指導して
もらいたい”と自ら志願し、2015年から指導を受けて
いる
ことや、キムヨナというより、羽生結弦への
憧れが強かった
ことなど。

ジュンファンのことはゆづも気にかけている
(おそらく可愛い後輩であるという意味で)
ようですね^^

ハビが抜けたあとの、トップスケーター同士、
よい仲間になるのではないでしょうか。

須本光希 スケートを始めたきっかけは!?

ゆづのガチオタとして有名なフィギュアスケーター
須本君に宮本賢二さんがインタビューしている
記事でした。(KENJIの部屋でしょうかね^^)

須本君にもジュンファンにもこれから、ゆづを見習って
頑張って欲しいです。

PS:以前から、「リンクを貼る」ということについて、
ゆづファンの方々から、お願いとか、提案・苦言などを
いただくことがあるのですが、もう一度ご説明させて
いただきたいと思います。

いくら記事の出処を示すためとはいえ、読んで
不愉快に思った記事のリンクをブログに貼るのは、
ゆづファンの方々にとっては嫌なものだろう…と
いうことは承知しています。

ですが、私も「ブログを運営するもの」として、
守らなくてはならない事柄があるということを
皆様にもご理解して頂ければと思います。

細かいことを言えば、本来、WEBにあるもの、
(画像や、テキスト(文章))などを無断で
自分のブログに転載することは「著作権侵害」
になります。

ですが、多くのサイトは見つかっていないのか、
あるいは見つけても見逃してくれているのか。
救われている部分も多いのです。

私たちが普段、ネットで見ているものを注意深く
ご覧になるとわかると思うのですが、必ず記事の
出処をテキストリンクなどで表示されているのを
見かけると思います。

それは、著作権侵害にならないよう、きちんと
こういうルールを守っているからなのです。

著作権侵害をしない!ブログでの正しい引用と
転載の方法&画像の利用方法


特に個人ブログでは自分以外のメディアの記事を
紹介することが多くなりますので、「どこから引用(出典)
したのかを明記する」
ということは、必須になります。

著作権法の48条で「出所の明示」が定められており、
出典元(出典元)はどこかを明記しなければいけません。


なので、記事元のサイトや出版物の好き嫌いに
かかわりなく、私がブログを運営し継続していく上で、
できる限り良心的にこうしたことを守っていこうと
思っています。


再三、ご説明いたしているように、決して皆様に
不愉快な記事元にアクセスして欲しくてリンクを
貼っているわけではありませんので、そこのところは
どうぞ、ご理解して頂ければと思います。

あくまでも「ブロガー」として最低限のルールを
守っているにすぎませんので。

どうぞよろしくお願いいたします。_(_^_)_

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ


2018-11-08 | Comment(14) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん皆さんこんばんは。
私も毎度のこととは言え、あの記事には不快な思いしかないです。
宇野サイドは天に唾を吐いたも同然ですから、それ相応の仕打ちが返ると思っていますよ。
とりあえず、NHK杯は一切見ません。

Erikaさんは音楽の専門家ということで流石の分析力ですよね。以前彼女の所にも脅しのようなコメントが来たようですが…。負けないで貰いたいですよ。

結弦くんが現役を引退したら、ファンたちは結弦くんのショーやイベントに足を運びますよ。美しいものが好きなだけですから。

ジュンファンくんや須本くん。ゴゴレフくんは結弦くんリスペクト。
彼らはスタイルも良いし、正統派ですからね。彼らが次の五輪を頑張るでしょう。
ジュンファンとゴゴレフは、メダル争いも可能だと思います。結弦くんも関係者として、会場にいるかも?(^-^)

とにかく来週のロステレは、清々しい大会になるでしょうから、今週はフィギュアはお休み♪
闇を祓いたいと思います!
Posted by てるこ at 2018.11.08 21:54
マリリンさん、みなさんこんばんは。

マリリンさん、「不愉快な記事をバッサリ」の記事を紹介下さりありがとうございます。そうだそうだと思いながら気持ちを入れてじっくり読ませていただきました。

最近は「表現力」という言葉自体が好きでなくなりました。
「表現力のある・・」と褒められる選手は他に褒めようがないから・・みたいに思えます。表現力アレルギーかしらん。

ブログ運営のルール?も丁寧に説明して下さりありがとうございます。
リンクを踏まなくてもマリリンさんの記事で内容は把握できますしありがたいです。

NHK杯が爆盛大会になりませんように、見ないけど祈っています。
ロステレコム楽しみです。また皆さんと一緒に羽生選手の2つのプログラムを全力応援します。4T3Aが加点付きで決まります様に!
Posted by あき at 2018.11.08 22:17
こんばんは!

Cocoたんさんもerika.sonoさんの記事よまれたのですね。書かれた発端はだれもが羽生選手の素晴らしさがわかってないから、記事にした。と、友人から聞きました。友人がすっかりsonoさんのとりこになりどんどんよい記事をコピーして持ってきてくれます。私もすっかり好きになりました。音楽家のsonoさんが絶賛してるんです。そう思ったら下げ記事が出ても怒る気がしませんでした。分かる人には分かってるんですね🎵
Posted by トミ at 2018.11.08 22:20
安藤美姫や八木沼が宇野絶賛で、OPのあと、世界が
晴明に魂をゆすぶられると絶賛してるのに、宇野のfsの振り付けが素晴らしい、荒川さんのより素晴らしいと力説してたのには
ドン引きでした、

宇野はすべてあのコーチにまかせきりで、いちいち教えてもらって覚えていくから人の倍かかるそうです。
ショウのとき、群舞にうのがついていけずおたおたしてましたね。
顔芸。変な色気、クラシックデモタンゴでもみな同じ。振付師を変えたほうがいいといわれてますが、

教えてもらってできるのだから変えられそう。

編曲、振り付けにも、選曲にも携わる羽生、まず根本的に

羽生が5としたら宇野は1だと評したひとがいましたね。
Posted by うらら at 2018.11.08 23:06
マリリンさんゆづオンリーファンの皆様こんばんは。

 今日の記事、心がすく思いで読ませてもらいました。Erika Sonoさん素晴らしい物言いですよね。ゆづの崇高さをサッパリと語られてます。熱烈ファンのように評価して下さっていて、バカヤロー記事に怒り心頭だったのがクールダウン出来ました。やはりプロフェッショナルな人には見る目が備わっているものですよね!素人でもわかるクオリティーなのですから。

 話は変わりますが、切手セット届きました。しかし皆さんはガッカリされませんでしたか?私は何よりゆづのメッセージが楽しみだったのですが、残念ながら広告の様な手紙形式のものではありませんでしたね。まさにメッセージでしたね。チョット寂しかったです。

 そして世選の二次チケットも勿論落選…。はぁ〜転売屋さんは当たるのにな〜。最後の望みの全日本チケット二次にかけるしか無いや。
家族はもう慰めに、アイスショーの方にしたら?と言ってます。ほぼほぼそれしかないでしょう…。はぁ〜。
Posted by えりえり at 2018.11.09 00:02
マリリンさん、おはようございます 。
erikaさんを取りあげてくれてありがとうございます。彼女のブログがもっと浸透してくれると良いな、と思います。フィギュアスケーターだった人がまともな技術解説も出来ず語彙力も乏しいって、例えば野球だったら即首、交代ですよね。人材豊富だから。いつまでY沼さんの「色気がー」につきあわされるんでしょうね。

トミさん、その経緯しりませんでした。ネットフラフラしてたら「鬼のように詳しいひとがいる」という文言にぶちあたり、覗いてみたら今回の如く「そーなの!そーなの!」と超スッキリしたのでした。専門用語満載で難しい時もありますが、欠かせないブログです。マスコミのみなさん、お勉強してくださいね。
Posted by Cocoたん at 2018.11.09 09:45
マリリンさん、出典元に紐付きの件了解です。
(下記コメントの人物名は敬称を略させていただきます)
私はネット記事に関しては枕が宇野になってるのはクリックしません、必ず羽生下げの付録が付いてますからね、でもこの頃は枕が羽生になっていても宇野上げの付録が付いてますから要注意です(ため息と笑い)
テレビを見てたわけでもなく、記事を詳しく読んだわけでもないのですが選手の何方かが「夢は無い」「(NHK杯)に思い入れは無い」と言ったとか・・・ご立派な方ですねと思いながら「別に ⤴ 」と言ってマスコミからネット民から叩かれて一時期消えた女優さんを思い出しました、さすがこの選手は「愛され〇〇〇」と言われるだけのことはあるのかネットは相変わらずアゲアゲです、この選手のポリシーだからとやかく言う事では無いですが、シンボルアスリートとしては2千万に値する仕事をしてないと思います、JOCには一考して欲しいです。
Posted by いち子 at 2018.11.09 14:11
マリリンさん〜皆さん こんにちは(^-^*)/

Erikaさんの記事はよく拝見していますが今回のは今から読みます。
今日の朝の『ビビット』はN杯の宇野君を特集???してましたね〜
結構長くやってたような。興味無いんで他のチャンネル変えたけど。
今日のN杯放送は女子が4時過ぎ〜男子はゴールデンタイム。

平日の4時過ぎって可哀相やな〜。録画しかないし。男子のゴールデンタイムは宇野君メーンで視聴率取れると思ってんのかチラ????
あの、ヘルシンキ大会の視聴率を見たんかな? NHK。

所で、ヘルシンキ大会SPのスポーツニッポンの記事今頃見たのですが、ISUテクニカルスペシャリスト、【岡崎真さんの目】って言う記事。
『ジャンプの完成度が高い羽生にとって、新ルールは追い風だ。自分自身が本当に100点満点と感じる演技が出来た時に、いったいどんな点数が出るのか空恐ろしくなってきた』と言うのがメッチャ嬉しいo(^-^)o

皆さん知ってたらゴメン!
Posted by ゆづ子 at 2018.11.09 14:49
こんばんは(゚▽゚)/

前記事のコメントでごめんなさい!

たをりさんのコメントに丸っと丸っと同意です。
ゆづが公式で誉めているのは、ボーちゃん、ジュンファン位ですよね?
ハビは別にして、、、。
平昌OPの会見でも馬鹿記者のネイサンがとか、宇野君がとかの質問にも本当に嫌みも無くむしろ笑いを誘ってしまう見事な回答には凄い絶賛の嵐でした。
宇野君に対しては『アクビ』『寝る』等バッサリ言ってくれたのは痛快丸かじり(^▽^笑)(^▽^笑)(^▽^笑) でしたよ!

最近も【試合によってジャッジにバラツキがある】発言にも痺れましたね〜
本当は、、、選手によって と思っているかもしれない。私達ファンが思っているのですから。
世界最高峰の羽生選手が公言したのを受けて、真剣に考えて欲しいです。

Posted by ゆづ子 at 2018.11.09 18:17
マリリンさん、結弦選手オンリーの皆様🙇💕

私 n杯一切見て居ません。

やっぱり 馬鹿盛りあったのでしょうか❓

Posted by V.Y at 2018.11.09 21:07
マリリンさん、皆さん、こんばんは。

みなさんNHk杯、みられましたか?

転倒してコンボつけられなくて92,49納得できる点数ではないです。真知子コーチもいましたね。ロビー活動でもしてるのでは?と、疑います。それに4Fのジャンプもちゃんトゥをついてましたか?演技構成も44.58? 疑問だらけです。
Posted by トミ at 2018.11.09 21:14
ゆづこさん、コメントありがとうございます。
私はいやだけどNHK見てました。宇野君転倒、ぐるりとした着氷に加点、コンボ無しで92ってなにそれ。PCSも重大なエラーがあるのに高すぎます。
山本選手夢のようなスケーティング、絶品スピンですがジャンプが惜しい怪我さえなければ間違いなく日本の二番手になっていたのに。こういう美しいスケートの、ついでに容姿も美しい選手が羽生選手の後継者であってほしいです。解説も言ってましたが、ボロノフさん本来は圧勝でしたね。会場の熱狂もすごかったです。この結果残念です。
Posted by たをり at 2018.11.09 21:49


>V.Yさん

それはもう、ひどい点数操作ですよ。
コンボ抜けの転倒で、92点。
PCSも日本ジャッジは恥ずかしげもなく
9点台を乱発しています。
ボロノフくんが圧倒的演技で1位なのに、
得点が出るまで長くまたされた挙句、2位に落とされました。
宇野特別ルールはやっぱり存在するようです。
どう見ても4Fも回転不足でしたけどね
>
Posted by マリリン at 2018.11.09 22:45
明日の男子フリーは視聴率はかなり下がるでしょう。こんな茶番劇はもう、見たくないです。こんな結果が日本の大会で起きるのは我慢の限界です。公共放送で流されたから疑問を持つ人も大勢いたことでしょう。
Posted by ゆきな at 2018.11.09 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます