羽生結弦に魅せられた記者が語る「羽生結弦。」 - 羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yudu36.png

羽生結弦に魅せられた記者が語る「羽生結弦。」


ゆづオンリーファンの皆さま、こんばんは(∩´∀`)∩
この企画、もう投票して見ましたか?

テレビ放送65年企画!プレイバックスポーツ名場面!
の投票ができます!

投票はこちらから。

yusu426.png
yusu427.png

ゆづの場面もありましたので、もちろん私は、
ゆづに投票しました(*^-^*)

ぜひぜひ、皆さまもゆづに投票してくださいね。

さて、夕べ遅くに見た記事ですが、もうすでに
ご覧になった方も多いかもしれません。

まったくフィギュアスケートに縁がなかった記者が、
フィギュアスケートの担当になり、羽生選手を取材するうちに、
羽生選手を取材することにはまってしまったという。

それから3年。残念ながら移動により、スポーツ担当では
なくなるのだそうです。

この方にとって、この記事が最後の取材となりました。

NHK NEWS WEB

yusu428.png

『常に厳しい勝負と向かいあい、勝つことを求められてきた
羽生選手。オリンピックから半年がたった今、どのような気持ちで
スケートと向き合っているのか。

3年間、羽生選手を見つめてきた担当記者が取材しました。
(ネットワーク報道部記者 松井晋太郎)』

トロントに向かって

『残暑も厳しい8月下旬、カナダのトロントに向かいました。

トロントは、6年前、17歳だった羽生選手が練習拠点を
移した場所です。世界の頂点という大きな夢を抱いた若者は、
この場所で一気にその階段を駆け上がりました。

頂点を極めた羽生選手がピョンチャンオリンピック以降、
どのようにスケートと向き合っているのか、私は、最後となる
羽生選手の取材に大きな興味を持っていました。

yusu429.png

プロ野球、巨人の担当記者だった私が、突然、フィギュア
スケートを担当するように言われたのは2015年の夏でした。

フィギュアスケートは、私にとって最も縁遠い競技の1つで、
実際に大会の会場に足を運んだこともありませんでした。

そんな私がフィギュアスケートの担当に、それも、すでに
ソチオリンピックで金メダルを獲得した羽生結弦選手の取材を
命じられたのです。

緊張で身震いすると同時に、正直、自分にできるかなあ、と
不安になりました。

この時は、自分が羽生選手の取材に、のめり込むことになる
とは想像もしていませんでした。

アクセルに魅せられて

初めて羽生選手に出会った時のことを覚えています。

番組出演で渋谷のNHKに来ていた羽生選手に時間を
作ってもらい、あいさつをしました。私が名刺を差し出すと、
20歳の羽生選手は「よろしくお願いします。まずは、
ジャンプの種類と回転数ですね」と、さわやかな笑顔が
印象的でした。

ジャンプの種類と回転数を覚えるのは、フィギュアスケート
取材では基本中の基本ですが、「踏み切る足は右足か? 左足か?」
「どのように助走したのか?」「スケートの刃のエッジはどちらに傾けた?」
担当になってからは、何回も何回も羽生選手の映像を見返しました。

yusu430.png

勝利への執念

羽生選手の魅力は、何と言っても強いことです。
それも圧倒的にです。
それは、アスリートとして人を
引き付ける重要な要素だと思っています。

羽生選手のその強さの秘密は、勝つ事への執念と現状に
満足しない向上心にあると思っています。
これまでの取材の節々でその場面をかいま見てきました。

yusu431.png

ショートプログラムとフリーの合計で世界で初めて300点を
越える完璧な演技をした2015年のNHK杯。

「今の自分の限界値だが、自分の最後までの限界値かと言われたら
そんなことはない。もっとできると思う。
限界とか、最強のプログラムだとか、そういうのってこの世に
存在しないと思う」

2016年の9月。カナダでの国際大会で世界で初めて4回転ループを
決めて優勝するも転倒などで点数が伸びなかった後。
「プログラムを完成しきれなかったことがいちばん悔しい。
次の試合で絶対にノーミスで演技します。それぐらい練習します。
そうじゃないと、そうじゃないと羽生結弦じゃない」

2017年3月。フィンランドの世界選手権でフリーでみずからの
世界最高得点を更新して逆転優勝した際。
「ずっと自分の記録にとらわれていたので、やっと一歩踏み出せた。
とにかくオリンピックで金メダルとりたいのでどんなすきもない
スケートを作りあげないといけないと感じた」

yusu432.png

ちなみに羽生選手は、4年前のソチオリンピック以降、
9回も世界最高得点を更新し、ルール変更になった今となっては、
永久に残る記録を持っていることになります。

最も印象深かったのがオリンピックシーズンとなった
去年11月です。

大阪でのNHK杯で挑戦の象徴と位置づけていた4回転
ルッツの練習で転倒して右足首のじん帯を損傷した時。

yusu433.png

診察を受けた病院で車いすに乗りながら
「何とか試合に出られないか。痛み止めを飲んだら出られるかな」
と最後まで試合への出場を諦めていませんでした。

医師の判断で欠場を余儀なくされて松葉づえ姿でインタビューに
応じてくれた時、「非常に不甲斐ない。ケガをするということは
まだ下手なところがある。もっともっと強い自分になりたい」。

私は少なくともこの3年間、羽生選手が勝った時、その成績に
満足して浮かれるような言葉を聞いたことがありません。

そして納得がいかなかった時や負けた時、まわりのせいにしたり
弱音を吐いたりしたのを聞いたこともありません。

常に自分と向き合って勝負にこだわり勝利に執念を燃やしていました。

涙の金メダルから半年 そして再始動

yusu434.png

羽生選手はオリンピック2大会連続で金メダルを獲得した直後、
「こんなにも本気でうれしく、達成感のあった試合、演技は、
今までなかった」と「達成感」という言葉を口にしました。

これまで常に高いレベルに挑戦し続ける羽生選手の姿を
取材してきた私は、少し意外でした。

しかし、今回のトロントでの取材でその答えがわかったような
気がします。羽生選手は、「今までは期待に応えないといけない、
結果を残さないといけないというプレッシャーがすごくあったが
勝つとか負けるとかに固執しすぎる必要は、ないのかなと思った」
と話しました。

そして「これからは、本当に自分のために滑ってもいいのかな
と思ったんです」と正直な気持ちを吐露したのです。

その言葉を聞いた時に思い出したのは、オリンピックでの
羽生選手の演技でした。本来、挑戦しようとしていた最高難度の
ジャンプ構成をケガの影響で回避してジャンプの種類を抑え、
勝負に徹して獲得したピョンチャンでの金メダル。

yusu435.png

思えば、羽生選手は金メダルや優勝という自分の夢を、誰かのために
滑るという思いを重ねることで、常に結果を出してきました。

その羽生選手が初めて語った「自分のために滑る」という言葉に
、私は、彼が使命感から解放され「究極の夢」を追いかけようと
しているのかなと思ったのです。

羽生選手 その次の夢 …4回転半

「究極の夢」とは、何か。

それは、クワッドアクセル=4回転半ジャンプのことです。
3年前、私が羽生選手にのめり込んだトリプルアクセルから、
さらに1回転。前人未到のクワッドアクセル。
まさに夢のジャンプで「氷上の王者」にふさわしいものにとなる
と信じています。

羽生選手は、子どもの頃に描いた金メダルという夢を信じて
努力を重ねて実現させてもなお、叶いきってない夢を追いかけ、
それを楽しみたいと話していました。

yusu436.png

いろいろなスポーツ選手を取材してきた私にとっても、
その姿勢こそが羽生選手に魅力を感じる最大のものでした。

羽生選手を取材させてもらった3年間、金メダルという夢に向かって、
勝負に挑む厳しい表情を常に見てきました。

これからは、大好きなスケートを自分のために目いっぱい
楽しんでほしいと思います。

トロントでの取材の最後に羽生選手に質問しました。
スケートをしていて楽しい時は、と。

yusu437.png

羽生選手は、「やっぱり練習している時です。
まだまだできないことがありますがそれを含めて楽しいです」
という答えが返ってきました。そこには、スケートを始めた
ばかりの少年のような笑顔の羽生選手がいました。

私はこの夏の異動でスポーツニュースの現場を離れることに
なりました。しかし、私にとってこの3年間は、フィギュア
スケートという競技の奥深さ、ドラマ性、おもしろさを
教えてもらっただけでなく、羽生選手とは何者なのかを考え続け、
その姿勢にみずからの生き方をかえりみた贈り物のような
3年間でもありました。

私は、羽生選手が自分のためにクワッドアクセルを跳び、
そして、それが多くの人たちにとっての夢の実現になることを
祈っています。』

ステキな記事だったと思います。(*^-^*)
取材を通して、羽生結弦という素晴らしいスケーターと出会い、
取材をするうちに、羽生結弦に魅了されて行った記者さん。

この方がおっしゃっているように、羽生結弦の魅力は、
何といっても圧倒的な強さです。

それこそがアスリートの目指すところであり、真の王者でしょう。

羽生選手は、五輪で金メダルを獲ってもなお、挑戦し続け、
王者としての地位に甘んじることなく、成長し続けてきました。

だから誰もなしえないようなあの、歴史的な最高得点も
打ち立てることができたのだと思います。

こういう、温かくてゆづのすばらしさを語ってくれる記者の方が
去るのはとても寂しいですが、羽生結弦という人に仕事とはいえ、
関わることができた貴重な3年間を大切にして、新たな分野で、
活躍してほしいと思います。

松井 晋太郎記者さん、とても素晴らしい記事をありがとう
ございました。_(_^_)_

それから、この動画、話題になっていたので、
私も見たいな~~と思っていたのですが、ゆづ友さんが
夕べ、教えてくれました。

https://youtu.be/60QL5IhQvOA


五輪の映像のBGMが何と、ニジンスキーに捧ぐ
なんですよね(*‘∀‘)

偶然?それともすでにわかっていたのか?
ホントに美しい曲ですね。

もう、早くゆづのOriginが見たくてたまりません(≧▽≦)

それから、この画像ですが…

yusu438.png

平昌五輪に一緒に見に行ったゆづ友さんが、テレビ画面を
キャプしてくださいました。

自分たちが写っているから(笑)

お席がB席だったからリンクからはかなり遠いのですが、
ピンクの結弦バナーが4枚、上の方に写っているのが見えますよね。

あそこに私たち4人が陣取って、ゆづにエールを送っていました。
今年の2月のことなのに、何だかとても懐かしいです。

PS:昨日まで大型台風の影響で大阪をはじめとする
関西・近畿地方の方がたの心配をしていたところに今度は、
今朝、というか明け方ですが、北海道での大地震という
ニュース!

遅くなりましたが、北海道の方がた。
このたびは本当に何と言っていいのかわかりません。
ただただ、お見舞いを申し上げることしかできません。

土砂崩れや家屋の倒壊などで、命を落とされた方も
いらっしゃいます。

朝方とはいえまだ暗い時間帯での大地震ですから、
逃げるにも恐怖と不安で、どうしたらいいか
わからなかったと思います。

食料や、燃料などの買い出しも列を作って長時間、
並んでいる様子がテレビで映りました。

東日本大震災の時もそうでしたが、こういう災害が
起きると必ず、そうなるんですよね。

物流もストップするから増々、必要なものが手に入り
にくくなると思います。

復旧までの期間を思うと、本当に大変だろうと思います。
どうか、頑張って生き抜いてください。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2018-09-06 | Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

またまた素敵な記事ですねぇ。なんか羽生くんに関しては男性記者の方が良い記事書いてくれるなと。女性は要注意人物多いですからね・ω・。男性記者達は羽生選手をよく知りたいという純粋な気持ちから入ってどういう人物なのか分かるころにはのめり込んでるという感じなのかしら。カメラマンさん達も被写体としても人物としても羽生くんを高評価してくれてますしね。

オリンピック会場、どこにマリリンさんがいるのか探すの諦めてました。世選の時は探さなくてもよ〜く分かりましたけど(´▽`*)。

今年の夏は次から次へと自然災害が多いです。暑さも異常でした。秋になってみなさんが平穏な毎日になってくれるのを祈ります。
Posted by しま at 2018.09.07 00:19
マリリンさん、ゆづオンリーファンの皆さん、こんにちは!

北海道での地震には本当に驚かされました。その地域にお住まいの方々に心からお見舞い申し上げます。まだまだ、ライフラインが復旧していない地域が多いですね〜 
大変なことと思いますが、一刻も早い復旧を願い、現地の皆様が心を強く持って過ごしていただきたいと切に願っております。私の友人、知人でまだ連絡がつかない方もいますが、電力復旧を待ちたいと思います。

さて、マリリンさん、今回も盛り沢山の話題、記事を上げてくださり、ありがとうございます。
投票、しました! 9月22日はゆづのSPとこの番組も楽しみですね!

NHK松井さんの記事はいいですね〜 長久保さんの記事といい、本当にゆづを心からリスペクトしているのが伝わってきますね! 
松井さんは担当が変わりますが、こういう記者、写真家の方々がいてくださって嬉しい限りです。誰でも傍で見ていると、ゆづの凄さに気づかされるのでしょう。(ある1部の下げ記事を書く人達を除いて)

マリリンさん、平昌での現地応援写真載せてくださって嬉しい!!
すごい、テレビに映っていたのすね。私も目を皿のようにして、どこかにマリリンさん達いらっしゃらないかと、探してみてたんですが・・・ もう1度見てみます。

あっという間にオータムが来ますね! 楽しみ楽しみ〜〜
Posted by yukiko at 2018.09.07 10:02
マリリンさま、ゆづオンリーファンの皆さま、こんにちは
NHK報道記者の松井さん
嘘も偏見もなく羽生君を語ってくれて素敵な記事です
羽生君にのめり込んで行ったのが感動的です
マガジンの山口さん、NHKの松井さんなどの良い記者が
フィギュアを離れてしまって寂しいです

マリリンさん、何処ですか〜、ピンクのバナーは分かるけど…
テレビに写っていたなんて見のがしました

私、羽生君に投票は毎日してますよ!
Posted by フレグランス at 2018.09.07 13:19
マリリンさん〜ゆづオンリーファンの皆さん こんにちは(^-^*)/

ユッコたん、しまたんのコメントに丸っと同意。←丸投げやん

私も投票しました。コメントが50字なんて短いわ! 2000字にしてよ。 これって何回も出来るのかちら???
しかし、ゆづって凄いなあ〜 だって今までの世紀の出来事の内の一人に選ばれているんだもん(^▽^笑)(^▽^笑)

王さんとかも入っているんだよ!
もお〜レジェンドだものね。 
こんなメガスター←眉目秀麗、頭脳明晰、スタイル抜群、世界中に人気者、
しかも沢山の寄付金、、、全てが【人間国宝】レベルなのに、日本では何故sagesageがあるのか、情けないわ(>3<)

嫉妬とかが殆どと思います。

NHKの記者さん??? プロ野球からの移動ってあるのですね〜
一からのお仕事は大変だったと思います。でも近くでゆづを見ていると誰でも虜になるでしょう! ねえ〜(*'‐'*)♪
でも3年で終わるのは惜しい(≧へ≦) 記者さんも内心はもう少し担当したかったと思います。

BBマガジンの山口さんといい、良い人がいなくなるのは寂しいです。
BBマガジンではその後の本は出てる?

確かに女性記者は悪質が多いでしょう! 他の人のオタなんかね?
公平に出来んかね〜
Posted by ゆづ子 at 2018.09.07 14:13
マリリンさん、皆さん、こんにちは。

つい先日の台風の被害も復旧していないのに今度は北海道で震度7の大地震を知ったのは昨日の朝のTVで知ったことです。

私事ですが、年下のいとこの娘が今年の春から北海道の大学に通い始めてます、寮生活です。

札幌にある大学で、その子は母親(私のいとこ)にメールでやり取りするもライフライン、特に停電しているので寮の中で友達と何とか過ごしているとメールにて、いとこから連絡をもらいました。

昨日の段階では停電のため携帯も電源をoffにしており節約しているとの事です。

北海道に家族や親戚、知人等がいらっしゃる方は本当に心配ですね。
(北海道に関係なくですが)

マリリンさんが載せていただいた、羽生選手の記事を書いていたらファンになっていただいた男性の方、異動や転勤は仕事をしている以上は避けて通れませんね。

異動になっても羽生選手のファンとして応援していただきたいです。
Posted by Rei at 2018.09.07 15:00
マリリンさん皆さんこんばんは。
 プレイバックスポーツ名場面投票しました。やっぱりゆづの五輪二連覇に決まってますよね!
 今日の記事は見応えたっぷりですね。ゆづの取材担当になったらゆづにはまってしまうのは当然のことですよね。人を引き付ける魅力が半端ないですもんね。異動されてしまうのが本当に残念です。
 それはそうとFaOI2018写真集、皆さん買われましたか?去年より少し安くなっていて、ゆづのページは多めだったと思います。今年のは実際に見た記念でもあるので迷わず買いました。アイショーの事が懐かしく思い出されていい買物でした。おすすめです。
Posted by えりえり at 2018.09.07 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます