新ルールが選手に及ぼす影響。 - 羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yudu36.png

新ルールが選手に及ぼす影響。


ゆづオンリーファンの皆さま(^o^)
今日もブログに来ていただき、ありがとうございます。

来季からフィギュアスケートに新ルールが導入される
ことになりました。

新ルールが選手に与える影響について、野口美恵さんが
スポーツナビにコラムを書いていたので、ご紹介したいと
思います。

フィギュア新ルールは選手にどう影響?
演技の質を重視、4回転競争は沈静化も


yu1177.png

新ルールが求める方向性は「今まで以上に、質の高い演技」。
1つでもミスをすると大幅に減点される一方で、質の高い演技は
大きな加点をもらえる
ことになった。

「ルール変更点の詳細」

場合によっては3回転だけで優勝可能

(1)男子は演技時間とジャンプ本数が減少

フリースケーティングの演技時間が4分30秒から
4分になった。ジャンプは8本から7本に。

演技時間が短くても、「体力的にはむしろキツくなる」
というのがコーチや振付師の意見だ。

男子は複数の4回転を跳ぶため、助走でスピードを
つける時間や体力回復のための間合いを考えると、
演技中に息を整える場所がなくなる。

これまでのような「演技中盤でスローパートを入れて
体力を回復させる」という手法が使えなくなり、
ジャンプの配置が難しくなるという。

2)ジャンプの基礎点とGOEの変更

「基礎点」は全体的に削減され、そのぶん出来映えに
よる加減点「GOE」の幅が広がった
従来の「+3」〜「−3」から「+5」〜「−5」へ。

1段階上がる、もしくは下がるごとに10%増減で設定。
+5だった場合、基礎点の50%ぶん加点を得られる。

例えばトリプルアクセルは、基礎点が8.50点から
8.00点に下がった。

これだけ聞くと、ジャンプの得点が抑えられたように
感じるが、そうではない。

これまでは、最高に素晴らしいトリプルアクセルを
跳ぶと「+3」で、転倒すると「−3」だったため、
得点幅は「11.50点〜5.50点」。

改正後は、質が良ければ最大「+5」(4.00点)、
転倒すると「−5」(−4.00点)となり、得点幅は
「12.00点〜4.00点」となる。

つまり素晴らしいジャンプが決まれば今までよりも
高得点が狙えるし、転倒すれば一気に得点を失うことになる。

こうなると重要なのは、どのジャンプを入れるかの戦略だ。
転倒するリスクのあるジャンプは避け、4回転競争は沈静化
する可能性がある。

一方で加点を得るために、4回転ジャンプでも
「単にクリーンに降りる」だけでなく、質を磨く必要がある。

今回示された「プラス」の条件は、
「高さと飛距離がある」
「踏み切り、着氷がきれい」
「無駄な力を入れない」
「ステップや独創的な助走から跳ぶ」
「踏み切りから着氷までの姿勢が良い」
「音楽に合っている」の6項目。

これまであった「空中での姿勢変化」の項目が
なくなったため、「手を上げて跳ぶ」というジャンプを
取り入れる選手は、一気に減るだろう。

面白いのは「きれいな3回転」と「ミスした4回転」では、
3回転のほうが高得点になること。


※1たとえば3回転ルッツで「GOE+5」なら8.85点になり、
※24回転ルッツで着氷が乱れ「GOE−3」なら8.05点、
※3転倒は「GOE−5」で5.75点となる。

※1(基礎点5.90点の50%を加点、5.90+2.95=8.85点)
※2(基礎点11.50点の30%を減点、11.50−3.45=8.05点)、
※3「GOE−5」で5.75点。

得点にはその「努力と勇気」は反映されない。

そのため試合によっては、男子で「4回転を1本も入れず、
3回転をすべてきれいに決めた」という選手が優勝し、
女子で「3回転+3回転」を跳ばなくても表彰台に乗る、
という可能性がある。

4回転を4本跳ぶためには3種類が必要

3)コレオシークエンスがより高得点に

今回のルール改正で、コレオシークエンスの得点が上がった。
これまでは「基礎点が2.00点で、最高4.10点」だった。
しかし今回の改正後は、「基礎点が3.00点で、最高5.50点」。

ジャンプだけでなく、滑りそのものや演技力を磨くことの
重要性が示されたことになる。

(4)同じ4回転ジャンプの制限

これまで「3回転または4回転」では、「同じジャンプは
2種類まで」だったが、改正後は「そのうち4回転ジャンプでの
繰り返しは1種類のみ」となる。


つまり「4回転トウループ2本、4回転サルコウ2本」と
いうような戦略はとれなくなり、
「4回転を4本跳ぶためには3種類が必要」となる。

今まで以上に出来栄えが重要になる

(5)選手たちの動向

この「技の質を高め、演技全体を磨く」という方向性は、
五輪連覇を果たした羽生結弦が最も体現してきた選手だ。
コーチのブライアン・オーサーも常日頃から「トータルパッケージ」
という言葉を口にしている。

師弟は、平昌五輪では冷静に「4回転2種類」という選
択肢を選び、演技全体の世界観を大切にする滑りで優勝した。

その手腕を期待してか平昌五輪後、世界各国のトップ選手が
オーサーコーチのもとに集結している。

エフゲニア・メドベージェワ、五輪4位の金博洋、
ジェイソン・ブラウンらである。

彼らは今後は「GOE+5」の連発を目指すことになるだろう。

一方で「4回転ルッツは得意でも、GOEで加点を稼げない」
というタイプだった金は、オーサーのもとでジャンプの質を磨く
ことが今後の課題だ。

そして演技派のブラウンは、3回転ジャンプの質をより高め、
素晴らしいコレオシークエンスを披露することで、才能を
開花させていくことになる。

こうした選手たちに対し、宇野昌磨やネイサン・チェンは、
よりアグレッシブな方向に進むことになる。

例えば4回転フリップを最高の質(GOE+5)で降りれば、
1本のジャンプで16.50点。

守りに入ることなく、大技のアドバンテージをいかに
生かすかが、今後の戦略になる。

そして最後にもう1つ重要なのは、本番で力を発揮する
メンタルだ。

今まで以上に、本番1発の出来映えが重要になる。

ジャンプへの緊張感が高まるなか、自分の心と身体を
コントロールできた者が勝利する時代になるだろう。

いずれにしても、ISUが求めるフィギュアスケートの
理想は「難しい技を、きれいに演技する」ということ。』

美しい演技に高い得点を与えるというのは、当たりまえの
ことです。それには異論はありません。

気になるのは「正確に跳び分ける」ということに
あまり重きが置かれていないように感じます。
当たり前すぎて、あえて書かれていないのでしょうか。

正確なエッジで跳ぶことや、回転をごまかすのではなく、
空中でしっかり回り切っているか、
ということについては
どうなのでしょう。

見た目が綺麗に飛んでいるように見えても、実際には
エッジエラーだったり、種類の異なるジャンプを飛んだ
つもりでも実際には同じ種類のジャンプになっている
という選手もいます。

そういうことにもしっかり目を光らせてもらわないと
正しく跳んでいる選手がかわいそうです。
今回のルール改正により、4回転ジャンプに挑戦する選手の
意気をくじくものにならなければいいのですが…。

ゆづは恐らく4回転を4本跳ぶために、3種類の
4回転をいれた構成で臨むと思うのですが、あまり
無理をしないでほしいですね。

3回転でも質が高ければ、質の低い4回転よりも
得点が稼げるわけですし。(^-^;

でも、どんなルールになろうと、現役でいる限りはゆづが
世界チャンピオンであることは変わらないと思います。

ゆづ、新シーズンの活躍、心から期待しています。

ところで、今回のルール改正を受けて、日経の
腹真子が今回は割とまともな記事を書いてました。

ジャンプはより高く美しく フィギュア規則改定

『もともとジャンプの美しさに定評のある羽生…
その羽生に勝つためにこの4年間、積極的に4回転ジャンプに
挑んでいた若い選手たちはいったん立ち止まる必要があるかもしれない。

ジャンプの種類が多く成功もするが、着氷が詰まったり着氷しない足の
さばきが美しくなかったりして、質に疑問符がつくものも多かった。

表現力を磨くのか、あくまで4回転ジャンプにこだわり続けるのか。』

原は、あまりにもクレームが多くて、少しは心を
入れ替えてまともな記事を書くようになったのかしら。

ゆづが仲良しのスケーターとツーショット!

こんな2人をずっと見ていたい!? 羽生も幸せそうな笑みで…
アレックスが公開した“友情10年記念日”2ショットの一枚


yu1178.png

アレックス・シブタニ選手のインスタにアップされたものです。
10年間の友情とありますが、ゆづが13歳の頃から?
この方と親しくしているということなのですね。

先日、何かと騒ぎになった某国の某男子スケーターが
撮影したツーショット写真よりもゆづの笑顔が幸せそうに
見えました。^^

有隣堂さんが「夢を生きる」をレビューしていました。
良かったら見てみてください。

本の泉

PS:今月のカレンダーの写真が、ホプレガゆづなんですよね。
嬉しそうに笑うゆづがとてもかわいいです(^o^)

この動画、あの世選のフリーの時の演技をスローにして
くれていました。

正確で美しい、まるでお手本のような演技です。
神戸公演まで、美しいゆづの動画で目も心も癒しましょう。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31195583



記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキング

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2018-06-12 | Comment(12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、皆さん、今晩は。

ジャンプの得点改正について、色々と出ているので、見てはいましたが、
今日、載せて下さった、野口美恵さんの、解説。 凄く分かり易いですね。
さっそく、プリントして 良ーく お勉強したい、と思います。
特に、Cが、私には、分かりにくいので、良ーく、把握したいと、思います。
一見、ゆづには、良い様に思いますけどね。
大体。ジャンプは、今までも、ゆづの様に、きちんと正確に回転して、降りる選手は、どれだけいたのかしら? 
ゆづ以外に、完璧に美しく ジャンプしていた選手は、いたのかしら?
これからは、ゆづの、ジャンプ、特に、3Aには、GOEが、いきなり、「5」が、付かなければ、おかしいですよね。そして、勿論、ゆづ以外に、「5」が付く選手は、居ないはずですよね。
話が、ズレました。良ーく、読ませて頂きますね。

世界選手権の、ホプレガ! スローの、動画!素晴らしいです。ね。
美しい演技が、よーく分かります。この様に見れると、感動が倍増です。
ゆづ、だからこそでしょうね。
もしかして、他の選手だったら、スローでなければ見えない……が、素人にも、見えてしまうかしら?
スローに、耐えられる演技は、ゆづ以外には、無いでしょうね(*^-^*)

もう直ぐ、神戸公演ですね。
ゆづ、体調は 大丈夫かしら?   トークショーの、チケットが、オクションで、凄い事になっていて、ビックリ!しました。
行かれる方!羨ましい(*^▽^*)です。
Posted by はや at 2018.06.12 22:17
マリリンさんこんばんは!
田村明子さんも長い間あまりいい印象が無かったのですが、ここのところ変わりましたよね。なんとなんと、原真子さんも?嬉しいですがまた近いうちにガッカリさせられたりして・・油断はできませんね。

ルール変更でざわざわしていた心がチョット浮上する野口さんの記事ですね。ご紹介ありがとうございます。
でもマリリンさんの仰るように、回転不足やロングエッジや着氷の詰まり、フリーレッグの氷の接触をしっかりと見極めて、平等に厳しく判定していただきたいですね。
そうすれば羽生選手やクリケットチームに勝算がありそうです。
Posted by あき at 2018.06.12 22:25
はやさん、こんばんは(*^-^*)
この野口さんの記事、わかりやすくてよかったですね。

元々美しくて質の高い演技に良い点をつけるもの
だったのが、最近、跳べば高得点をもらえているという
ジャンプ大会になってきていましたものね。
それも正確でもないものにまで、高得点がついたり。
おかしいですものね。

世選の時のホプレガはいつみても美しいですね^^
スローで見るとなお、その正確で完璧な演技がよくわかりますね。

もうすぐ神戸公演です。どんな演技をしてくれるか
今から楽しみです^^
Posted by マリリン at 2018.06.12 22:55
あきさん、こんばんは(*^-^*)
田村さんも良くなりましたよね。
ゆづは五輪連覇して、完全に他のスケーターとは格が
違うということが分かったのでしょうね。

原も少しはまともな記事を書かないと、さすがにやばいでしょ。
日経も。

新しいルールガチャンと正しく機能するかどうか、
私たちもしっかり見届けましょう^^
Posted by マリリン at 2018.06.12 23:02
こんばんは!

GOEはプラスは限りなく美しいジャンプに+4〜5であとは今までの感覚でつければいいと思うけど、マイナスが問題よね。おっとっと〜ってなった着氷、−2なのか3なのか4なのか。

男子は3回転はほとんどコケないでしょ。3アクセル以上で転倒するから上位陣が転倒したら確かに3回転しかできない子が上位に躍り出るわねこれは。しかし転倒であまりにも低くなりすぎないか。減点1も今まで通りなの?回りきってこれなら回転不足の転倒ならえらいことやん。
Posted by しま at 2018.06.12 23:35
マリリンさん〜 ゆづオンリーファンの皆さん こんにちは(^-^*)/

はやちゃん、しまたん皆さんルールに詳しいですね!
私も一応読むのですが、、、。見た目でジャンプが綺麗とか、助走が短いとか、繋ぎとか、でホボ予想点数を勝手に付けているレベル。
ジャンプが本当に綺麗なあ〜の選手は、
当然も当然、断トツ羽生選手です。ハビも力強い正確ジャンプだな。
ムラさんもハビちゃんタイプでしょうか?

助走が短い、繋ぎも含めると、、、羽生選手がぴかイチ(^▽^笑)
IOCが羽生選手を認めるのは当たり前だ!

GOEで稼げるゆづが、、、やはり有利。
新プロ楽しみですよね〜 ユーレイズミーアップ、ローズをエキシビションで見たいです。
嗚呼! 何でもエエわ〜  ゆづの顔見てるだけでビールが進むわ。

Posted by ゆづ子 at 2018.06.13 11:12
マリリンさん、皆さん、おはようございます。

マリリンさん、ルール改正の詳しい内容をありがとうございます。
ゆづにとっては有利かな?とは思いますが、これでまた、チームと構成を練り直すんでしょうね〜
でもマリリンさんが気にかけておられるように「正確に跳び分ける」はどれだけ重きをおいているかですよ!!
ゆづのようにトータルパッケージで挑んでいる選手はどれだけいるのでしょうか。それをきちんと評価してもらえる採点になるよう、願うのみです。
ゆづの目標は「パーフェクトパッケージ」、頑張って!!

それにしても、ゆづはやはり先見の明がありますね〜 オーサーコーチはこれで充分勝てると言って反対していたループやルッツを取り入れた。(平昌では怪我のため2本でしたが) これから、徐々にジャンプを戻していってまた、トライするのではと期待はします。足の完治を心から祈っています。

そして、マリリンさん、ホプレガのスロモーション動画、いいですね〜 ゆづの一つ一つの動きの美しいこと、うっとりうっとりです。
まさに生ける教材ですね〜 ステップシークエンスやスピンきれい!! 勉強になるけど、色んな技の名称は覚えられないわ。

ゆづのこれからの競技生活が幸せで満たされますように!!
そして、神戸公演も楽しんでくれますように!!
Posted by yukiko at 2018.06.13 11:16
マリリンさま、皆さま、こんにちは
野口さんの「ルール変更」についての記事、どうしても
羽生君下げ宇野選手上げに思えるのは私だけでしょうか
「〜こうした選手たちに対し、4回転ルッツや4回転フリップなどの「超ハイリスク・
ハイリターン」技を持つ宇野やネイサンはよりアグレッシブな方向に進むことになる〜」
ネイサンは頷けるとして、なぜか宇野選手もネイサン同様4回転が跳べてるような印象操作
野口さんも最近何かなぁ〜
とにかく、マリリンさんが言われるように
エッジエラー、回転のごまかしをしっかり見て欲しい
1選手にだけの特別ルールはやめて欲しい!それだけです
Posted by フレグランス at 2018.06.13 14:29
マリリンさん、皆さん、こんにちは。

再び、済みません。
いえね、休憩時間に、世界選手権ホプレガ!の スローモーションを、見たのですよ。
もう、昨日から何回見ても、美しくて、美しくて❤❤❤❤❤
スタイルが、完璧!が、まず、基本ですけど、もう、スピンも、ステップも、こんな感じなのですね。流れて、流れて、自然で! 美しくて! どうにもならないです。
ジャンプの高さも、飛距離も、凄いね。
スローモーションでないと、分からない感動ですよね。
言葉で、なんと表現したら、良いのかしら………分からない…

ゆづの、滑りは、お手本!ですから。

ジャッジさん、ゆづの、加点は、オール「5」で、お願いします。

マリリンさん、本当に、素晴らしい動画を、あらためまして、有難う(*^-^*)ございます。<m(__)m>
Posted by はや at 2018.06.13 17:39
マリリンさん、ゆづオンリーの皆さん、こんばんは(*^-^*)

ルール改正を分かりやすく教えていただき、ありがとうございます。
試合が始まるまでは、age記事やsage記事が飛び交いますね。
こんな時、「羽生くんを見くびらないでほしい」です。
他の選手には及ばない、彼のできる最高の演技を魅せてくれると信じています。
新しいプログラムで新しい自分を表現したい・・羽生くんにワクワクです。

スローのホプレガ。Yukikoさんやはやさんと同じく見蕩れました。
羽生くんは、フィギュアを心から愛しているんですね。
全てを、徹底した基礎・正しい技術で表現。こうしてスローで見るとよく分かります。
実際は凄いスピードでこれをこなしていたなんて・・
これこそが、芸術。
いつも命がけで高みをめざす真のアスリート羽生くん。
羽生くんと同じ時代に生きる幸せ、応援できる幸せを感じています。
マリリンさん、素晴らしい動画をありがとうございました。
Posted by なおポンより at 2018.06.13 22:47
はやさん、こんばんは(*^-^*)

>休憩時間に、世界選手権ホプレガ!の スローモーションを、見たのですよ。
>もう、昨日から何回見ても、美しくて、美しくて。

スローで見るとよくわかりますよね。ゆづの完璧な演技。
ホプレガはほんとに難しい構成でしたね。それをミスなく滑るって
すごいことだと思いました。
これを一緒に現地で見たのは、素晴らしい思い出ですね^^

>ゆづの、加点は、オール「5」で、お願いします。

いいね(^o^)
ゆづは加点もオール5ね。
成績も確かオール5でしたものね。
Posted by マリリン at 2018.06.13 23:38
なおポンさん、こんばんは(*^-^*)

>試合が始まるまでは、age記事やsage記事が飛び交いますね。

そうですね。(^-^;
マスコミはタイトルで釣ろうとするから、ほんとに失礼極まりない
記事がこれでもか!と出回るので、嫌です。

>スローのホプレガ。Yukikoさんやはやさんと同じく見蕩れました。
>全てを、徹底した基礎・正しい技術で表現。こうしてスローで見るとよく分かります。

局が美しいですし、演じているゆづも美しく、妖精に見えるので
ホントに好きなプログラムです。

技術の高さがスローで見ると、ホントによくわかりますね。
検証動画は、ありがたいです。^^
Posted by マリリン at 2018.06.13 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます