羽生結弦。変な報道をきっぱり否定。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦。変な報道をきっぱり否定。


ゆづの幕張公演の初日が無事に終わりました。

ファンの皆さま、ゆづがメドちゃんとのうわさを
きっぱり否定したというニュースが上がっていましたよ。
心配していた方、よかったですね^^

羽生結弦、メドベージェワと“親密な関係”自ら否定

『ショーの後に応じた取材では、自ら
「変な報道がありましたけど…」と、メドベージェワとの
“親密な関係”を記した一部報道について切り出し、
「僕は関与していません。ビックリしました。
羽生結弦って知らない(別の)世界の人もいるんだな
と思いました」
と、笑いながら否定した。』

ホントに週刊誌は変な報道してましたよね〜〜(;^ω^)
ゆづは人気者だから色々書かれちゃいますけど、
きっぱり否定してくれてよかったです。

yu989.png

羽生結弦 新ルールでも問題なし
「勝負の世界にいる以上トップになりたい


『公演後の取材では、現状について明かした。
五輪後は右足首の治療とリハビリに取り組み、4月の
アイスショーでは演技を披露したものの、ステップと
スピンだけだった。

「ジャンプはまだ制限してやっています。
アクセルとトーループとサルコーをリハビリとして
練習させてもらってる。高難度のものはまだ目処が立っていない」
と、それぞれ3回転まで跳んでいることを明かした。

まだ右足首に負担の大きいルッツ、フリップは
跳んでおらず、ループも1回転までとした。

6月に決まる新ルールでは、GOEがこれまでの
7段階から、11段階、4回転ジャンプは1種類1回
という変更が予定されている。

「実際決まっているわけではないので、明確な
コメントはできない」としつつ
「勝負の世界にいる以上、トップになりたい。
どんなルールでも適応して、勝てる自信をつけていきたい」
と、力を込めた。』

そうですとも!(∩´∀`)∩
それでこそ五輪王者。絶対王者です。
どんなにゆづに不利になるようなルールをもって
来ようとも、さらに上を行くのが羽生結弦ですから。

どんなルールになっても、トップに立ち続けると思います。

羽生結弦、新シーズンのSP&フリーの曲決めた!
詳細は「コメントを控えたい」


yu990.png

『新シーズンのショートプログラムとフリーの曲を
決めたことを明かした。詳細については
「コメントを控えたい」とし、タイミングを見て
発表することになりそうだ。

オープニングで、3回転半を見事に成功。
公の場では平昌五輪エキシビション以来89日ぶりの
ジャンプに会場は沸いた。

ショーではおおとりで登場し、ケミストリーのナマ歌
「Wings of Words」をバックに、羽を
イメージした衣装で華麗な滑りを披露。

トリプルアクセル、3回転トウループを跳んだ。

右足首に負担がかかるルッツ、フリップは
「1回転も跳んでいない」状態。

4回転においては、いずれの種類も跳んでいないと言い
「高難度のジャンプのめどはまだ立っていない」と話した。

6月に決まる新ルールについては「まだ実際完璧に
決まっているわけではないので、明確なコメントは
控えたい。ただ、どんなルールになってもフィギュア
スケートが好きだし、トップに立ちたい」と口にした。』

すでに来季の新プロの曲も決まっているようですね^^
どんな曲だろう?ワクワクします。


yu991.png

yu992.png

「羽生結弦って知らない世界の人もいる…」一問一答

『−久々に公の場でジャンプを跳んだ。今の足の状態は

ジャンプはまだ種類を制限したまま、アクセル、トーループ、
サルコーをリハビリとして練習している。
難しい入り方、降り方には着手していない状態。ループ、
ルッツ、フリップに関しては、五輪の時に痛みを感じていた。
それをやっていない限りは(痛みは)感じていない。

−新たに挑戦するとしている4回転アクセルは

後々できれば、と位置づけている。まだリハビリの段階で、
きちんとした練習ができているわけではない。
ショーやイベント等で練習ができていない状況。
高難易度のジャンプのめどは立っていない。

−6月にルールが変更される

まだ決まっていないので、明確なコメントは控えたい。
どんなルールにおいても、フィギュアスケートを好きな
気持ちは変わらない。

やはりフィギュアスケートをやっている限り、勝ちたい、
トップに立ちたいという気持ちはある。
ルールに適応し、その中で勝てる自信をつけながらやっていきたい。

−現在どの程度ジャンプができているか詳しく

ルッツ、フリップは1回転だけでなく、上がるだけの
ジャンプもやっていない。ループは軸を取る練習とか、
1回転などをやっている。

少しずつ、毎日1回か2回、やるようになってきたところ。
アクセル、サルコー、トーループは3回転まで出来るようになった。

−新しいプログラムは

曲は、決まっています。まだコメントは控えさせていただきたい。

−SP、フリーも

はい。

(質問終了後に自ら切り出し)

変な報道がありましたけど…(メドベージェワとの
親密さを報じる一部記事について)。
びっくりしました。羽生結弦って知らない世界の人も
いるんだなと思いました。』


フィギュアスケートは新シーズンになると、
またルールが改正?改悪?されますけど、ジャンプの
基礎点が下げられるということです。

その分、出来栄え点の幅が増えるわけですが、
高い出来栄え点さえ取れれば、基礎点が低くなっても
従来の得点よりも高い得点が望めるようです。

ジャンプ基礎点を引き下げ=4回転半は2.5点減

『国際スケート連盟は24日、フィギュアスケートで
2018〜19年シーズンに適用するジャンプの基礎点や
技の出来栄え点に関する規則改正案を発表し、
6種類ある4回転ジャンプの基礎点は0.8〜2.5点
の幅で全て引き下げた。6月に開催する総会に諮る。

羽生結弦が史上初の成功を目指すクワッドアクセル
の基礎点は2.5点減の12.5点。
ルッツは11.5点、フリップは11.0点、
ループは10.5点、サルコーは9.7点、
トーループは9.5点。

3回転もフリップを除く5種類で引き下げ、
トリプルアクセルは0.5点減の8.0点になる。

GOEは従来の3点からマイナス3点までの7段階から、
5点からマイナス5点の11段階に拡大。

規則改正で4回転の基礎点は下がるが、GOEで
最高の5点を得れば、ジャンプの得点はこれまでより
高くなる。質の高いジャンプを評価するのが狙い。』

コロコロとよく変わるフィギュアのルール。
対応する選手たちも大変だと思います。

基礎点下げる前に、離氷、着氷時のエッジエラーや、
回転不足、プレロテなどを見逃さないようにしたり、
そのような演技に対しては、加点を付けないなど、
厳しく採点すればいいのにな・・と思います。

ISUは本気でやる気あるのかな?(/・ω・)/

ゆづは王者らしく、どんなルールになってもトップを
目指すだけですが、正しく跳んでいる選手に不利に
ならないよう、ジャッジは公正に採点をしてほしいものです。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-05-25 | Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん ゆづオンリーファンの皆様おはようございます

羽生君メドちゃんとの報道は否定してました
ファンの方達も安堵したことでしょう
女性週刊誌は捏造記事出すのもいい加減にしていただきたいものです

このルール改正はどうなのでしょうか
4Aと4Lzの点数が一点しか変わらないのは おかしいと思います
選手がバンバン跳んでいる4Lzとまだ誰も跳んでいない未知の4Aが点差ないなんて
それでも羽生君だからルール通りにしたがってクリーンにジャンプするのでしょう
ルール改正しても審査するジャッジが公平にジャッジしてくれなければ何も変わらないがジャッジがどうだろうと応援するのみです




Posted by みどりん at 2018.05.26 07:40
みどりんさん、こんにちは^^
このルール改正はひどいですよね。
そもそも、GOE満点取ればいいでしょ、って感じの基礎点修正ですが、
4LZや4AにGOE満点取れる人なんてそうそういないと思うんですけどね。

それに何で3フリップだけが基礎点下がらないのか?(/・ω・)/
それならアクセルやルッツの価値が下がってしまいますよね。

ホントこういうルール改悪って誰の得になるのか?
アメリカ?日本のスケ連推しの選手のため?
甚だ疑問です。
Posted by マリリン at 2018.05.26 08:43
マリリンさん、皆さん、おはようございます。

私も、メドちゃんとの事を週刊誌の見出しで知り思わず本屋さんで立ち読みしてしまいました。

報道ではメドちゃんが、ゆづが大好きで仕方なくメドちゃんの方から積極的にアプローチしている!とのような記事でしたかね。

メドちゃんも平昌が終わり今シーズンからコーチをゆづと同じオーサーに変えたことも加えて、そのような話?に流れてしまったようですが。

ただ過去にロシアの選手がコーチをカナダの方にコーチを変更するということはあり得ない話だったようで、メドちゃんも思い切った決断をしたようですね。

でも、ゆづがきっぱり否定してくれたのでモヤモヤ感が吹っ切れました!

5/28のBS朝日で幕張公演が放送されたので録画しました、これからゆっくり楽しみます。

ザギトワ選手にも秋田犬がプレゼントされましたね、可愛がってくれるでしょう。

個人的な事ですが私の両親は秋田犬の発祥の地、秋田県出身です。
Posted by Rei at 2018.05.29 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます