最強の「チーム・ブライアン」に期待。 - 羽生結弦 成功への軌跡

最強の「チーム・ブライアン」に期待。


ゆづオンリーファンの皆様(^-^)
こんばんは。

メドちゃんがクリケットに行くというニュースが
世間を賑わせていますね。

メドベージェワ、移籍にロシアの重鎮が落胆
「残念ながら大きな過ちを犯した」

THE ANSWER編集部


ロシアの重鎮であるエレーナ・チャイコフスカヤ氏が、
メドベージェワ選手のカナダ移籍問題について、声を上げました。

『「残念ながらメドベージェワはトゥトベリーゼの元を
去ることで大きな過ちを犯した。今回のことは彼女に何一つ、
いいことを与えないだろう」

記事では、新たに師事するオーサー氏がロシアではプログラムの
演出に関してスケーターの意見を参考にしないと話したことを取り上げ、
反論している。

今回の移籍劇を巡っては、公式戦で女子初の2本の4回転ジャンプを
成功させたトゥトベリーゼの教え子、13歳のアレクサンドラ・トルソワ
について、オーサー氏が「トルソワは短期間の現象かもしれない」と
コメントし、トゥトベリーゼ氏は「オーサー氏からの私への何かの
しかの挑戦的なものでしょうか」と反応した
ことがロシアメディアに
報道されていた。

そうした背景もあり、チャイコフスカヤ氏にとっても成長を
願っているメドベージェワがオーサー氏の元へ移籍することは
心中穏やかではない部分もあったようだ。』

さらにナンバーwebの記事もご覧下さい。

メドベデワと羽生結弦が同門へ。
「最強チーム」で北京五輪に挑む。


yudu34.png

『これまで想像もつかなかったスペシャルチームが誕生することになった。

平昌オリンピックの銀メダリストであるエフゲニア・メドベデワが
5月7日、練習拠点をカナダ・トロントのクリケットクラブに移し、
羽生結弦のコーチであるブライアン・オーサーの指導を受けることを発表した。

4年後の北京オリンピックの金メダルを目指すという。
羽生とメドベデワが同門になることで、チーム・ブライアンは
男女の世界記録保持者を擁する最強軍団として、北京五輪に
向けての4年も勢いを増していきそうだ。

2015年12月のグランプリファイナル以降13戦連続で無敗だった
メドベデワだが、怪我から復帰した'18年1月の欧州選手権では、
急成長してきた同門のアリーナ・ザギトワに敗れ、2位に。
そして平昌オリンピックでは、ザギトワに総合1.31点差で及ばず、
銀メダルとなった。

キス&クライで得点を一緒に見守ったコーチのエテリ・
トゥトベリーゼは、メドベデワが敗れた結果に、一瞬呆然。
メドベデワの肩を何度もなでて、ねぎらいの言葉をかけていた。

悲しい表情を人前では見せなかったが……。

メドベデワは最終日のエキシビションにも参加し、最後まで
人前では悲しい表情も涙も見せなかった。

しかしトゥトベリーゼコーチによると、オリンピックの試合後に
会場を出た時にメドベデワが「ザギトワがシニアに上がってくるのを
1年延ばすことは出来なかったのか」といい、トゥトベリーゼは
「誰にでも平等にチャンスはあるべきでしょう」と返答した一幕が
あったという。

18歳の少女の隠さざる失望感をコーチに打ち明けた言葉で、
これを公表したコーチのモラルは疑われるが、本当だとすれば
メドベデワは相当の悔しさを笑顔の裏に押し込めていたことになる。

ひとり今後の進路について考え直した末、4月2日、羽生の
コーチであるブライアン・オーサーに、面会を申し出た。

4月末、オーサーと、メドベデワ、そして彼女の母親の3人は
韓国のアイスショーの空き時間を使って面会した。

メドベデワは「環境を変えたい」とだけ話し、「自分の練習環境や
コーチについて悪いことは言いたくない」と話したという。
オーサーは、彼女がこれまでのコーチ達への敬意の念を忘れない
姿勢に感銘し、コーチを引き受けることを決意した。

どんな選手でも受け入れる訳ではない。

オーサーは、「まずは自分の愛弟子であるユヅル達にとって、
新しい選手がどう影響を与えるか、ということを考えます。

またクリケットクラブは本当に家族のように仲の良い小さな村の
ようなチームなので、このチームに馴染める性格か、そして
他人を思いやれる人間性があるか、そしてジュニアの後輩達に
お手本となるような練習姿勢を見せられるかなどを考えて判断します。

多くのトップ選手から依頼のメールを頂きますが、実際に
受け入れるのはほんのわずかです」と語っている。

4回転の種類を抑えた方針で成功。

オーサーのコーティングの特徴は、複数のコーチによる
チーム制であることだ。

スケーティング専門のトレーシー・ウィルソン、ジャンプ
指導のジスラン・ブリアン、振付師のデイビッド・ウィルソンら
をはじめ、スピンの専門コーチや、ペア種目の指導者、
ジャンプの補助具ハーネスの専門コーチまでいる。

それぞれのコーチが自分の仕事に責任と誇りを持って
指導するスタイルのため、誰もがやる気満々。
オーサーは、各選手の方向性を見極め、総合指導をする。

現在、チーム・ブライアンが大成功している最たる理由は、
オーサーが現行の採点方式を熟知していることだ。

男子はここ2年、「真4回転時代」とうたわれ、多くの若者が
得点の高い4回転ルッツや4回転フリップに挑戦し、3種、4種
もの4回転に手を出すようになった。

しかしオーサーは頑なに「4回転はトウループとサルコウの
2種類で十分。むしろトータルパッケージが重要。
高い質のジャンプで加点(GOE )を積み増していくことと、
総合的な演技力が大切だ」と説いてきた。

その戦略は見事にあたり、4回転ループ、ルッツを封印して
2種類の4回転に抑えた羽生がオリンピック連覇、もともと
2種類だけを武器にやってきたハビエル・フェルナンデスが
悲願の銅メダルに輝いた。

まさにオーサーの手腕といえる愛弟子のダブル表彰台だった。

羽生「一番すごい所はピーキング」

またオーサーは、本番のここぞという場面で選手に力を
発揮させる“ピーキング”の名コーチでもある。

羽生自身も「ブライアンの一番すごい所はピーキング」と
言い切るほど。選手の日々の練習量と調子、身体の強さ、
性格などを見抜き、本番前の1〜2週間の練習メニューを決める。

実は、オーサーの手腕を期待して移籍するのはメドベデワ
だけではない。

平昌オリンピックで4位になった金博洋も、オーサーの
元への移籍を予定している。

中国スケート連盟代表であり、バンクーバーオリンピック
金メダリスト(ペア)の趙宏博は「この2年、他の一流選手も
ジャンプだけでなくスケーティングや演技力を高め、
演技構成点を伸ばしている。

技術の安定感、ジャンプ能力、演技の芸術性を高めていくには、
オーサーの右に出る者はいない」と中国メディアに語っている。


ルール変更でジャンプの質が重要に。

今後は、ジャンプの基礎点が下がり、そのかわり質の
良し悪しによる加減点が現在の7段階から11段階へと
幅広くなる。つまり、「4回転ジャンプをたくさん跳べば
高い得点を得られる」のではなく、「いかに質の高い4
回転ジャンプを跳んだか」のほうが重要になる。

「ジャンプの質の高さで得点を稼ぐ」のは、まさにチーム・
ブライアンの手法。

これまでフェルナンデスと羽生は、GOEで最高評価の「+3」を
得ることで高得点を得てきた。今後「+5」を狙っていくための
土台は、十分にできていることになる。

メドベデワ自身も「+3」を多く得てきた選手だが、今後、
「+5」を狙っていくために、新しくチーム・ブライアンの
練習手法を取り入れることは有益になるだろう。

すでにオーサーとメドベデワと振付師のデイビッド・ウィルソンは、
来季のプログラムについて話し合いを始めているという。
これまでロシアでは、選曲も振付もジャンプの種類も、すべてを
コーチが決め、選手の意見は聞かれなかった。

しかしオーサーは、「どんな曲を滑りたいのか」
「どんな音楽に興味があるのか」「どんな演技が快適なのか」
というメドベデワの意見を、毎日のようにメールで聞き出そうと
努めているという。

北京オリンピックでは22歳になるメドベデワにとっては、
彼女の自主性を重んじるやり方のなかで、より円熟味を
増した表現を磨いていくことになるだろう。

オーサーによると、メドベデワがトロントで練習を再開する
のは6月頃の予定だという。


才能ある少女とオーサーによる新たなタッグが、これまで以上に
魅力的なフィギュアスケートの演技を生み出してくれることに、
世界から期待が高まっている。

(「フィギュアスケートPRESS」野口美惠 = 文)』


ロシアの重鎮も落胆されたように、実際にはメドちゃんの
クリケット入りを残念がっているロシアファンもいると思います。

メドちゃんに対するロシアの期待も大きかっただけに、
落胆も大きいのかもしれないですね。

そして日本のファンは、ボーヤンのクリケット入りは歓迎!
という人が多いですが、メドちゃんに関しては心配する人の方が
多いような気もします。

正直、私もメドちゃんよりは、ザキちゃんの方が華があって
綺麗だし、好きなので今回の件は、ちょっとモヤモヤはしてます。

でも、ゆづが信用しているチーム・ブライアンが理解を示し、
彼女を受け入れると決めたのですから、信頼するしかありません。

オーサーをはじめとするチーム・ブライアンが、その手腕を
いかんなく発揮して、ゆづにもメドにも、その他の選手にとっても
より良い結果になりますように、と心から願うばかりです。


yudu36.png

PS:明日はいよいよ、「コンティニュー」の放送がありますね^^
CSの録画予約もしましたし、見るのがとても楽しみです。

yu899.png

それから、今日早速、ファミマに行ってFAOIのチケット代を
払い込んで来ました。

静岡なんて、初めてなのでドキドキしています。

yu900.pngyu901.png

やっぱりゆづが元気でアイスショーに出てくれると、
盛り上がりますし、ファンも嬉しいし、幸せですね(*´∀`*)

怪我した足の回復具合が気になりますが、出てくれると
いうのですから、良い状態になっていることは確実だと
思います。

「今度会うときはジャンプを飛んでいるからな」とゆづも
言ってましたよね。

4回転は無理でも、3回転は跳ぶかもしれないです。

ジャンプなんて飛ばなくても、ゆづがリンクにいるだけで
私たちは幸せです。

カッコよくて美しいゆづが見れることを楽しみにしてます。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ


2018-05-09 | Comment(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
うーんと、メドベはクリケットで成功しても失敗してもどっちになっても心配ですね。
成功したら、ロシア方式の否定になります。恐ロシアですよー重鎮達のー考えただけで私は恐すぎです。
で失敗したら、そりゃ言わなくても分かりますね、ハイ。
どっちに転んでも今後ロシアに戻るのは覚悟いりますね。それでもカナダに行って北京目指したいのでしょうねー。
Posted by ゆか at 2018.05.09 22:56
マリリンさん、こんばんは。

ロシアの重鎮さんご立腹ですね。
振り付けも選曲もきちんも選手と話し合い決めるそうですね。
WOWOWスペシャルではエテリとは絶対離れないと言いながら、数週間後にはこっそりオーサーとコンタクトして、エテリを全無視してる彼女は人としてどうなんでしょうか。
移籍の手続きもコーチ不在の時に済ませインタビューでは感謝してますってよく言うわ!と。
ザキドワを後1年ジュニアにしてくれたら私が金メダルのはずだったからの怒りなんでしょうが、そもそも自分の実力不足でしょ。
そんなセリフ一流のアスリートなら言わないでほしい。
四年後北京てもう無理でしょ。
ザギトワだってその頃19歳でも解らないのに。
リプちゃんを追い出し、こないだのフリー曲アンナカレリーナ?もポゴちゃんがEXで使うはずだったのを後から横取りしたり、欲しいものに手段を選ばない、そして自分が常に一番じゃないと気が済まないところが苦手です。
そんな人がクリケットでやってけるの疑問です。特に女子選手と。
この人、高橋大輔とかぶるんですよねー。
ロシアのスケ連会長のお気に入りだそうなので。やりたい放題。
そもそもメドが個人的にお願いして入れるもんじゃないでしょう。

これ悪口ですよね(;´д`)
でも言わずにはいられない( ̄▽ ̄;)
お目を汚して申し訳有りませんm(__)m

お陰で少しだけスッキリです。。。
Posted by ようにゃん at 2018.05.10 00:16
マリリンさんおはようございます。
私もメド移籍の話は朝からめちゃくちゃびっくりしました。だけど、オーサーって言葉の通じない外人である羽生氏に対しても性格や体調を判断出来るまで根気よく意思の疎通を図り続けた実績があるし、ハビみたいな嵌められやすそう(言い方は悪いですが)な選手が悪者になりそうになるのを庇ったり、本当に凄いコーチだと思うんです。で、メドは放牧状態でもあの感性と基本能力でしばらくの間は私は上にい続けると思います。
国籍を変えないのはしたたかだと悪口を言う人がいますが、メドが勝てばロシアの利益になるからそれは恩返し的な意味で合理的です。だから私は今回の移籍はメドにとって損なものではない、ただエテリのところにい続けるよりはずっとずっとマシ、という結果になると思います。
Posted by mono at 2018.05.10 09:08
マリリンさま、皆さま、今日は
メドベージュワ移籍のニュースで賑わってますね
此れもフィギュアの人気いえ、羽生君の人気による
関心が高いからでしょうね
ファンが色々と心配しているようですが
私は心配無用ではないかと思ってます
あの羽生君ですよ!心惑わされることはないと思います
オーサーだって何だかんだ言っても
羽生君は特別なんじゃないのでしょうか

さぁ、今日からCWWの放送楽しみです
Posted by at 2018.05.10 13:37
マリリンさま、皆様。
私は「メドちゃん」なんて呼べる寛容さは持てないほど嫌悪感を持っていました。ホテルの廊下を走り回り、シャボン玉をふき、ファンからもらったプレゼントと手紙を地べたに散らかして、批判されても居直り、反省しないふてぶてしさと、親の躾の悪さ。ザギトワ選手をはじめ、他のロシアの新旧有名女子選手はみんな好きです。ようにゃんさまには「よくぞおっしゃってくださった!」と、そして掲載してくださったマリリンさまに感謝しています。
Posted by youko828 at 2018.05.10 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます