中国メディアは羽生結弦を絶賛! - 羽生結弦 成功への軌跡

中国メディアは羽生結弦を絶賛!


羽生結弦、スケーター・オブ・ザ・イヤーに選出
読売新聞より。

『東京運動記者クラブのスケート分科会は2017〜18年
シーズンの「スケーター・オブ・ザ・イヤー」にフィギュア
スケート男子で五輪2連覇の羽生結弦を選び、特別賞にスピード
スケート女子の小平奈緒と高木美帆を選出したと26日、発表した。』


ゆづ、おめでとうございます(*^▽^*)

そして、今日は中国のネットニュースからいくつか、
ご紹介したいと思います。


「汚れない純真な心」「翼は大きく開いたが心は故郷に」
=中国メディアが1000万円寄付した羽生結弦を絶賛!

レコードチャイナより。

yu842.png

『羽生は22日に故郷の仙台市で凱旋パレードを行い、ソチ五輪の時を
上回る10万8000人が詰めかけた。

また、羽生は東日本大震災の復興支援のために宮城県と仙台市に
それぞれ500万円ずつを寄付した。

これについて、中国のスポーツメディア・騰訊体育は24日、
「最高の羽生!故郷に何度も寄付、これほど善良な彼に心温まる」
と題する記事を掲載。


「平昌五輪の金メダルで受け取った報奨金の1000万円をすべて被災地のために寄付した」「海外のファンへメッセージを求められると、東北の被災地に足を運んでほしいと訴えた」などと伝えた。

さらに、「震災当時16歳だった羽生は、60回ものアイスショーの
収益を全て寄付した。19歳で五輪を制した後、ためらうことなく
報奨金の600万円を寄付し、自叙伝を出版して得た2500万円の印税も
(地元のスケートリンクに)寄付した」と紹介し、
こうした行為は人の心をとても温めるものだ。
今や、羽生の翼は大きく開いたが、心は同じように故郷にある。
自身の微力をもって、国や社会に模範を示している
」と伝えた。

この他、網易体育も「イケメンで心優しい!羽生結弦が故郷の
被災地に1000万円寄付し人々の心を温める」と題する記事で、
「ソチ五輪後の寄付から4年後に再び寄付し、汚れのない純真な心を見せた。
大きな成功を勝ち取って故郷に恩返しをする。
このような羽生に“いいね”をしなければならない」と賛辞を贈っている。


中国のファンやマスコミは本当に羽生結弦をそのまんま、高く
評価して報道してくれますね^^


こちらの記事もどうぞ。

羽生結弦の凱旋パレード、中国・韓国のファンも徹夜で場所取り
=現場では中国語の歓声も―中国メディア

レコードチャイナ。

『2018年4月23日、捜狐体育は、仙台市で行われた羽生結弦の
凱旋パレードについて、「現場では中国のファンが中国語で叫んでいた
と報じた。

22日に行われた五輪連覇を祝う凱旋パレードには、およそ11万人の
観客が詰めかけた。記事は、「沿道の観客からは熱い思いがあふれていた。
パレードには日本以外の国のファンも駆けつけ、現場では中国語の
『加油(頑張れ)』という声も少なからず聞かれた」とその様子を伝えた。

また、「パレードが行われた通りでは、前日の夜から場所取りを
するファンが大勢いた。主に20〜60歳の日本人女性のファンで、
他に中国や韓国のファンも夜を徹して並んでいた」と伝えている。

記事はこの他、羽生の写真や衣装、スケート靴、メダルなど
約200点が展示される「応援ありがとうございます!羽生結弦展」
が日本の5つの都市で開催されることに触れ、
日本で巻き起こっている“羽生旋風”はまだ続きそうだ」と報じている。』

徹夜での場所取りを非難する声もなくはないですが、
ファンとしては、その気持ちは痛いほどわかります。

中国や韓国のファンも徹夜で場所取りを頑張ったのですね。
せっかく遠くから来たのですから、最前列で見たいと思った
のでしょう。

日本の若い女性ファンも徹夜で場所取りしていました。
色々言う人もいますが、それだけみんな必死だったということ
だと思います。

ゆづの人気のすごさを改めて感じたパレードでした。

そしてね(*^-^*)
この記事がとてもうれしかったんです!

中国・金博洋、羽生結弦のライバルから「弟弟子」へ、
オーサーコーチに師事か―中国メディア

レコードチャイナ

yu843.png

『2018年4月20日、騰訊体育は平昌五輪で4位だった
中国のジン・ボーヤンが羽生結弦と同じコーチに指導を
仰ぐ予定だと伝えた。


記事は「フィギュアスケート中国代表のジャオ・ホンボー監督は
先日、金博洋が著名なコーチであるブライアン・オーサー氏に
師事する予定であることをメディアに明かした。

実現すれば、キム・ヨナ、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス
の弟弟子になる」とした。

そして「金博洋は2016年、17年の世界選手権で銅メダルを獲得。
この2年間、あらゆる面で進歩したが、他の一流選手たちもジャンプ
技術以上にスケーティングや演技力を高め、プログラムの構成点で
優位に立っている。

技術の安定、ジャンプ能力、演技の風格や雰囲気などを強化
するうえで、オーサー氏の右に出る者はいない」と説明している。

また、羽生やフェルナンデスなどの「兄弟子」について
「オーサー氏に師事する前からある程度の成績を収めていたものの、
オーサー氏の指導を受けたことでさらなる進化を遂げた」と指摘。

「2人のかつての状況は、今の金博洋と似ている。
羽生やフェルナンデスのほか、ネイサン・チェン、宇野昌磨、
ミハイル・コリヤダ、ヴィンセント・ジョウなどが虎視眈々と
北京五輪でのメダルを狙うなかで、中国国内で伸び悩みつつある
金博洋が国外の名コーチと組むのはベストチョイスだ」
と好意的に伝えている。

記事によると、現時点では金博洋の「弟子入り」は擦り合わせの
段階だというが、趙監督は金博洋がオーサー氏の指導のもと、
2人の「兄弟子」の輝きを受け継ぐことを望んでいるようだ。』

ボーヤンがクリケットでゆづと切磋琢磨するのは大賛成です。(*^▽^*)
ゆづも自分がハビに歓迎してもらったように、きっとボーヤンのことも
歓迎してくれるんじゃないかと思います。

ハビエルからサルコウを学んだように、ボーヤンの4LZをまじかで
見ることで刺激を受け、もっと高確率で成功させることができる
様になるかもしれません。

ゆづが若手の中で折に触れてジャンプのすばらしさを褒めているのは、
ボーヤン君ぐらいですし。きっとリスペクトしていると思います。

実現してくれるといいですね^^
大好きな選手が二人ともクリケットにいるなんて…!
想像しただけで幸せな気持ちになります。

ゆづがもしも北京五輪を目指さないのであれば、ぜひ、
ボーヤン君に金メダルを獲ってもらいたいです。

ゆづとボーヤン、これからも頑張ってくださいね(*^▽^*)

PS:ブログを書いている途中で、ビッグニュースが飛び込んで
来ました。

ゆづ、ファンタジーオンアイス幕張と金沢に出る???
ということです。

ジャンプを跳ばないで滑るのかな?(/・ω・)/
それとも少しはジャンプもできるのでしょうか。

いずれにしろ、足首にあまり負担のないようにお願いしたい
ところですね。

今後、詳細がわかり次第お伝えしたいと思います。

あ…それから、AERAの「完全版」届きました。
気絶するほど悩ましい…という歌がありましたがまさにそれ!

蜷川さんが撮り下ろした青いバラに囲まれたゆづが
美しすぎて気絶しそうでした。!(^^)!
どうします?こんなに美しいスケート選手。

yu844.png

羽生結弦 連覇の原動力【完全版】(初回限定特典付き)

載せたいけど、載せられないのでぜひぜひ、お買い求めください。
朝日新聞の号外が封筒に入っていて、これもうれしかったです。


明日からGWに突入します。カレンダー通りではありますが。
連休、やっぱりうれしいですね^^

ではまた。

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-04-27 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

FAOIのインフォメーションは地味なお知らせの仕方しましたね。何人かの追加メンバーのお知らせの後、そして・・・ってなんか付け足したようなついでのような、今日発表する気はなかったけどもう言っちゃうか〜みたいな。普通羽生くんの出演なんてビッグニュース、もっと大々的に発表するでしょ。紀平さんも最初四ケ所だったのが、今日もう一ヶ所追加発表されてたので羽生くんも追加されるでしょう。ていうかして貰わないと(´;ω;`)ウッ…。トークショーで神戸に来るのは来るんでしょ。

なんかいろいろと賞を貰いましたね。いくつかの賞を羽生くんと小平さんと高木さんでバランス良く最優秀と次点を分け合った感じ?

エブリだったかで菅官房長官も羽生くんの傍にスルスルよって行って声かけてましたね。是非とも喋ってみたい感があったけど。
Posted by しま at 2018.04.28 01:12
マリリンさん
いつも記事ありがとうございます。

ブログ拝見しています。私もオンリーファンですので。
中国での羽生選手への記事や報道は本当にありがたいですね。
自国の選手ではないのに アスリートとして、人として認めて取り上げてくれる。
日本では羽生選手がずっと続けている寄付のことなど、特にファンというほどでない人は知らないですよね。
あまり背負いすぎないでという気持ちもありますが。

日本でも今後、悪意のある週刊誌や〇ジTVなど アンチのような取り上げ方はしないでほしいです。
Posted by eno at 2018.04.28 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます