羽生結弦を応援できる幸せ。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦を応援できる幸せ。


ゆづファンの皆さま、こんばんは(*^-^*)
感動の五輪からもう2週間がたったのですね。

続々とゆづ本(雑誌類)が発売され、今日はAERAの
増刊号が届きました。


yu499.png

AERA(アエラ)増刊 「羽生結弦 ~連覇の原動力~」

表紙を入れて100ページがまるまるゆづでした。
まるでフィギュア雑誌かと思うぐらい。

最後の96,97ページのお写真が、あの蜷川実花さんが
撮影した美しいゆづが追加されていました。

ホントに美しいです。

本の内容です。

yu500.png
yu501.png
yu502.png

表紙をめくると、あの雄叫びを上げたゆづの
お顔が飛び込んできました。(*^-^*)

私はあの時のゆづのお顔が大好きです。

yu504.png

画像引用元

有限実行の絶対王者 羽生結弦という異次元のアスリート
というタイトルの写真が、SEIMEIを滑っている
超かっこいいゆづなので、これも好きです。

さらに、小学生の時から2013年までのゆづの
軌跡を写真と記事で振り返ることができました。

そしてソチ五輪で金メダルを取り、「羽生時代」へ。
その中では、ソチ五輪以降のゆづの軌跡を見ることが
できました。

さらに今回は、過去に3度登場したAERAの表紙と、
蜷川実花さんが撮影したスペシャルな1枚も
掲載されていて、お得感がいっぱいでした。

これはゆづファンには、お勧めできる雑誌だと思います。

昨日はこちらが届いたので、すぐに読みました。

yu505.png

フィギュアスケートマガジン 2017-2018
オリンピック男子特集号


これも記事も写真もとてもよかったです。^^
五輪の時のゆづはとにかく笑顔がかわいかったですね。

怪我明けだったので、固い表情なのかな…と思っていたのに、
韓国入りしたときから笑顔で、いい雰囲気でしたね。

そのせいか、どの画像もほんとに可愛いです。

まだまだ出るであろう、ゆづ本ですが、良いものを
厳選してご紹介できればと思います。

そしてこちらはナンバーウェブの記事です。

羽生結弦、圧巻の演技と感動の輪。
平昌ボランティアも涙した熱狂。


yu506.png

文・松原孝臣 写真・Asami Enomoto

『ああ、やっぱりそうなんだな。
羽生結弦にまつわる、現地韓国の人々の姿、言葉を
見聞きしてのことだ。

メインプレスセンターでは、総合案内、交通案内、
テクノロジー関連の受付などで多くのボランティア
スタッフが働いている。

受付に立ち寄ると、若い女性ボランティアが
日本語で話しかけてきた。

「羽生さんの演技、きれいだなって」

「羽生さんはどのような感じですか?」

聞けば、羽生結弦が好きなのだと言う。

「映像でしか観たことがありません。羽生さんの
演技を観ていると、きれいだなって思います。
怪我したと知って心配です。大丈夫でしょうか?」

彼女だけではなかった。
別のボランティアスタッフもまた、羽生について
話しかけてきたのである。

羽生への関心の高さ、人気は昨年の2月、四大陸選手権を
取材した際にも感じたことであった。

あのときは地元韓国の人々のみならず、中国、さらには
香港やシンガポールからも、羽生を観たくて駆けつけた
ファンが数多くいた。

 拍手、歓声、ボランティアまで……。

ボランティアの人たちが話しかけてきたとき、
そんな1年前をあらためて思い出すことになった。

そして羽生が平昌の地に足を踏み入れた後の
熱狂を予感させことにもなった。

日本、韓国、そして他国の人々の高い関心。
その中で2月11日、羽生は韓国入りし、16日には
ついに試合の日を迎えた。

拍手、歓声、羽生がリンクに現れたときの
現地の熱狂は忘れがたい。

あまりにも完璧なまでの2分50秒が終わった
あともそうだ。

その熱狂はフリーでも再現された。
いや、フリーではそれ以上だったか。

記者席から見えたのは、リンクに見入る
ボランティアの人の姿だった。

入口に立つスタッフは、本来、リンクというよりも
扉に目を向けている。でもそのときは、役割を忘れ、
リンクに熱中している姿が見てとれた。
なかには涙をこらえ目頭を押さえる人もいた。

羽生の求心力は日本を越えていた。

韓国の人々も含め、数多くの視線が集中する先に
羽生はいた。羽生の求心力は、日本を越えて多くの
人を惹きつけていた。

その求心力を生み出したのは、むろん、
羽生の圧巻の演技にほかならない。

昨年11月、NHK杯の公式練習中の負傷以来の
過程を考えれば、感嘆のほかなかった。

治療とリハビリを経て回復を図り、短期間の練習で
滑りを取り戻したのは、羽生ならでは、と思った。

常人では成し遂げられなかっただろう。

そんな感慨は、フリーを終えての囲み取材や
記者会見で羽生から語られた言葉に、打ち破られる
ことになった。

韓国の地に足を踏み入れてから見せてきた表情、
しぐさ、動作、公式練習での滑り、それらに対して
抱いていた印象が覆る思いがした。

そして羽生の真骨頂をあらためて知ることになったし、
その場に立ち会えたこと、その時間を忘れることは
ないだろう。』



羽生選手の人気と注目度の高さは、どこに行っても
感じているようです。

韓国でも同様でした。

会場に入るまでの間、並んでいる時も、中国の若い
女性のゆづファンの人たちがいました。

ゆづ友さんが手作りしたキーホルダーや、ロッテの
クリアファイルを上げると、とても喜んでいました。

皆ゆづが大好きなんだなぁ…と思いました^^

フリーの演技の後、ゆづが雄叫びを上げて何か
言っているのは私たちの席からもわかったのですが、
そのあと、氷の上に膝をついてしばらくゆづが
立ち上がらなかったので、ゆづは足が痛いのかしらと、
心配になりました。

右足に感謝をしていたのだと、あとで知りました。

五輪という特別な大会で、稀代のスケーターである
羽生結弦の演技を見れるというのは、最高に贅沢な
時間だったのではないかと。そんな風に思います。

怪我明けの試合が金メダルを競い合う、五輪の舞台
だなんて、ゆづはあまりにもドラマチック過ぎます。

4か月ぶりに見る氷上の羽生選手の姿を、ひと時も
逃すまいと、自分の目と心に焼き付けるのに必死でした。

ゆづが最高の笑顔で終われることだけが願いだったので、
ホントに今回の五輪は、ファンにとっても幸せでした。

私たちが韓国に行っている間に、ゆづ友さんたちが
一生懸命、私たちの分までスポーツ紙を買ってくれて、
郵送してくださいました。

サンスポ。

yu510.png

裏面

yu508.png

日刊スポーツ

yu509.png

裏面

yu507.png

自分のことで精いっぱいだと思うのに、人の分まで
手に入れるなんて、大変なことだったと思います。

ホントにホントにありがとうございました。m(__)m
感謝の気持ちを書くのがとても遅くなってしまって、
申し訳ありませんでした。

その後も、ちゃんと録画できていなかった私のために、
一生懸命、ダビングしてくださったゆづ友さんもいました。

いつもいつもありがとうございます。

私たちが五輪を現地で楽しめたのは、こうした
お友達の存在があったからこそです。

ゆづファンの方がたのご親切に助けられて
きたことを忘れることなく、これからの自分も、
ゆづ友さんたちのために、惜しみなく力を
注いでいこうと思いました。

これからも皆様と一緒に、大好きなゆづを熱烈に
応援していきたいと思います。

yu413.png

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ

2018-03-01 | Comment(13) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!

私もこの2冊は買いましたよ。あとほとんど写真のメモリアル。たくさん本出てるけど、ほぼ羽生くんというのはそれくらいかな、今のところ。まだこれから羽生くん率高そうなのが出るからよく吟味して買わないとね。羽生結弦著の本も今日発売だったはず。

またDVDも出るかしら、出るよね〜間違いなく。楽しみだ〜。

遠征に行くとそりゃあニュース番組とかあんまり録画出来ないでしょうね。予約しすぎて肝心の試合が残量不足で取れてなかったら泣くに泣けませんもんね。でも番組ちゃんとダビングして貰えたんですね。スポーツ新聞も羽生くん何回も1面に出て嬉しかったわ。優勝の翌日は買いまくったわよ、記念だもの。新聞はどうやって保存しといたらいいんだろ。古新聞と間違われんように。
Posted by しま at 2018.03.02 01:26
おはようございます。

マリリンさん〜〜。嬉しいニュースが飛び込んできました♪
国民栄誉賞授与へ。
有権者の意見を聞いたうえで決定。
また勲章が増えました。まだまだオリンピックの余韻に浸りビデオ、
本(マガジン) を読んだり・・と、幸福を感じていました。♪
日本、世界が認めているアスリート、人間的にも素晴らしい人です
から(^^)
しっかりケガをなおして、またみんなを魅了してほしいです。
Posted by トミ at 2018.03.02 07:22
記事、楽しく読ませていただきました。
ありがとうございます。

実は、私はこちらに2度目のコメントです。
以前は自分の考え方と違う部分があり、苦情のコメントを送りました。
それはその時の私の本当の気持ちで変わるものではないです。その応援の形は……と引っかかることが自分の中で大きかったですが、同じように羽生選手を大切に思い純粋に一生懸命応援されてることも理解できていました。

私が何を言いたいのかというと…羽生選手は本当に本当に本当にすごい!!!!!!ということです。
彼はいろんな立場のファンがいる、いろんな考えのファンがいることをしっかり理解した上で、どの人も大切なのだということを発信してくれました。
これは人種差別やいじめ、人間の抱える問題の答えだと思います。
彼の言葉は解決は難しいであろう問題の正しい方向性を示してくれます。
いろいろな違いを受け止めつつみこみ、正しい方向に背中を押してくれる。

さらにすごいのは、包容力だけではなく、いけないことはいけないという正しさを持っていること。居眠りやタラレバに言及された選手をスルーすることもできたでしょうが、それは絶対にその選手のためにならない。おもしろおかしく取り上げてもらってる間はいいかもしれませんが、試合で負け始めたら…それはすごいバッシングとなって返ってくることも見えているのでしょう。

とても思慮深く、何時間でも彼の話を聞いていたくなりますね。
もし彼が高橋さんがしてきたような言動をとってきたら後輩選手はすごいことになっていたでしょう 笑
また、コラントッテのコメントも回り回って羽生選手とそのファンを称賛しているものだと思います!自慢げに中傷のコメントなどない愛される選手ってのせてますが、それは羽生選手のファンがそういう嫌がらせをしない人達だということです。デーオタとはえらい違い 笑笑

今回の金メダルは選手としてのすごさと人間としてのすごさが際立ったものでしたね!
羽生選手、おめでとうございます!
そしてマリリンさんや私たちの応援も届いてうれしいですね!
Posted by るる at 2018.03.02 09:27
おはようございます!

平昌での熱い歓迎っぷりが・・温かい歓迎かな・・実感できる記事をありがとうございます!
平昌入りの時からずっと羽生選手の表情は穏やかに光り輝いていました。今にして思うと後光が差していたなと。

その上、まだマリリンさんやこちらの皆さんとこの先も羽生選手を見守って応援していけるなんて・・むねあつ。

国民栄誉賞、是非とも受けて頂きたいですね。
羽生選手にとって今後の活動の力になると思います。
私たちも幸せですし。
Posted by あき at 2018.03.02 09:54
こんにちは。

朝からゆづの国民栄誉賞を報じてますね。
受賞となると、冬季オリンピック出場選手、スケート界でも初らしいです。素晴らしい!

とくダネで珍しく小倉さんが素直に褒めてたので、そうそう!改心しなさい!と見てたら後半、ゆづが受賞するとなると素晴らしいとしつつ、でも、ゆづ以上に金メダルを取った柔道の野村選手、体操の内村選手などを挙げ、この選手達には何故与えない?で終わるところはやはりフジと小倉(ーー;
確かに国民栄誉賞に値する選手ばかりで、受賞されるのも当然だと思います。
でも、別に今、言わなくていいじゃない。

ゆづはアジア人初のフィギュアスケートでの金メダル、しかも二連覇!
お家芸と言われるスポーツではなく、今まで西洋人が席巻してたフィギュアで、アジア人が頂点に立てたのが凄いことなのです!
しかも全世界から愛され、リスペクトされてる選手。今までもそういった選手がいたのかも知れませんが、
ゆづは規模が違うのです。
そこのところも説明して欲しいな〜
Posted by あややん at 2018.03.02 10:22
再び失礼します。
予想通りの反応ですね。テレビでもツイッターでも・・・。
でも「国民栄誉賞」は「スポーツ大賞」ではないもの。メダルの数だけでは無くて、復興支援とか海外との架橋とか、何よりも国民に希望と歓びをくれた結果の「国民栄誉賞」です。堂々と受け取って欲しいな。
Posted by あき at 2018.03.02 16:08
羽生選手に国民栄誉賞授与とは嬉しいですね!早く正式決定して欲しいです。
それから、小倉さんや安藤さんが番組内でイヤミを言ったらしいのですが、それも織り込み済み。今まで散々宇野上げを必死にしていたからね。色々な意味で「事務所」の力というものを知ったし、TVや新聞等こんなに信用出来ないものだと羽生君のファンになってから良く分かりました。
そして活発化している超悪質の方々。以前私はTVでフィギュアをやっていれば見るぐらいだったので、ソチの時はどちらかというと高橋元選手を応援していました。
それが今では吐き気がするくらい大嫌いです。悪質デーオタの存在を知ったからです。
羽生選手のファンになると誰もが一度は通る道。
マリリンさんにお願いがあります。超悪質行為が活発化している今こそ、以前書かれたデーオタについての記事をもう一度上げて欲しいのです。お考え下さるようお願い致します。
Posted by at 2018.03.02 19:35
しまさん、こんにちは(*^。^*)

ゆづの本が多くてうれしい悲鳴を上げています。
どれも素敵なのでみんなほしくなりますね。

DVDも出るといいですね。

録画も整理しないとハードがいっぱいになってきました。
でもちゃんと録画できていないものもあって、あわてました。

スポーツ新聞、なかなか買いに行けないので、ほんとに助かりました。
お宝になりました。
Posted by マリリン at 2018.03.03 11:32

トミさん、こんにちは(*^。^*)
いつもありがとうございます。
ゆづが国民栄誉賞!ほんとにうれしいですね。
ソチの時は辞退したそうなので、今度はきちんと受賞してほしいですね。
怪我を治してまた試合でゆづの演技を見たいですね^^
Posted by マリリン at 2018.03.03 11:40
るるさん、2回目のコメントなのですね。
ありがとうございます^^

>以前は自分の考え方と違う部分があり、苦情のコメントを送りました。

そうでしたか。覚えていなくてすみません(^_^;)
クレームコメントは時々いろんな人から頂くので。

>その応援の形は……と引っかかることが自分の中で
>大きかったですが、同じように羽生選手を大切に思い純粋に
>一生懸命応援されてることも理解できていました。

ありがとうございます。
いろんな人がいるし、応援の仕方もそれぞれですよね。
私も時として、これはどうなの?って思うファンの言動を
知ると、苦言を言いたくなることもありますよ。

たとえば、妄想小説やエロなどは大嫌いですから(^_^;)

るるさんがおっしゃるように、羽生選手はほんとにすばらしいひと
だと思いますし、何よりも人を築き上げ、愛し、尊敬することが
普通の人よりもできる人だと思います。

特に後輩選手の言動に関しては、将来的なことも考えての
発言だと思っています。

決して自分の正義感を押し付けようとしているものでは
ないと思っています。

私は宇野選手の発言すべてに疑問を持っているわけではないです。
たとえば「もう少し楽をさせてもらいたい』という言葉。

そこだけ聞くと『なんて厚かましい』と思う人もいるかもしれませんが、
羽生選手ともっと闘いたい、まだ現役でいてほしい、特に今季は
自分ひとりに注目を浴びることも経験したうえで、やっぱり
羽生選手の存在は自分にとっても大切なんだな…と実感したからだと
思うので、そんなに腹立たしく感じてはいません。

宇野君らしい、ゆづの現役続行を歓迎した言葉なんじゃないかな
と思いました。

ゆづと宇野君の間では、公の場でゆづが宇野君のだめな部分を
指摘することも、それほど気にならないのだろうと思いました。

お互いに冗談ぽく、本音を言い合える仲なのかもしれませんね。^^

時にファンはライバル選手に対して苦言を言いたい気持ちに
なるかもしれませんが、採点のおかしなこととか、過剰な
持ち上げ報道など、選手本人を攻撃してはいけないと思っています。

これからもおかしな点を取り上げることはあると思いますが、
感情論ではなく、公正な見方を持ってブログを書いて
いけたらいいなと思っています。
Posted by マリリン at 2018.03.03 12:05

あきさん、こんにちは(*^。^*)

>平昌入りの時からずっと羽生選手の表情は穏やかに光り
>輝いていました。今にして思うと後光が差していたなと。

終始笑顔で、とても穏やかでいい雰囲気でしたね^^
リラックスしていたというか、滑れる喜びや五輪に出られる
喜びを全身で表わしているかのようでした。

あの笑顔を見て、きっとゆづは金メダルだろうと思いました。
常にファンはひいき目ですし、良い方に考えたいからかも
知れませんが。

国民栄誉賞、受けていただきたいですね^^
ゆづは受けるにふさわしいひとですから。
Posted by マリリン at 2018.03.03 12:08

あややんさん、こんにちは(*^。^*)

>とくダネで珍しく小倉さんが素直に褒めてたので、

そうなんだ(@^^)/~~~それは意外でしたね。

>そうそう!改心しなさい!と見てたら後半、ゆづが受賞するとなると
>素晴らしいとしつつ、でも、ゆづ以上に金メダルを取った柔道の野村選手、
>体操の内村選手などを挙げ、この選手達には何故与えない?
>で終わるところはやはりフジと小倉(ーー;

そういう疑問が起きるのも自然かもしれませんが、どうしてなのか、
なんて自分からは言えないですものね、選手たちは。

くださるといえば、ありがたく謹んでお受けするだけで。
なぜ自分はもらえないのか?なんて、誰にもわからないですよ。
それこそ、その時の内閣の人間が決めることですから。

ただ、感動だとか、やはり国民的人気があるとか、世界的にも
認められているとか、世間の盛り上がり方とか、経済効果に影響を
与えているかどか、国に貢献しているとか、色々あるんだと思います。

羽生選手は、ルックスも美しいので、特に注目されがちですからね。
人気も断トツですし、やはり日本政府としては与えるにふさわしいと
思ったんじゃないかな。

それをどうのこうのと文句を言うアンチはほんと異常者ですね。
Posted by マリリン at 2018.03.03 12:18

名無しの方、コメントありがとうございます^^

>小倉さんや安藤さんが番組内でイヤミを言ったらしいのですが、
>それも織り込み済み。今まで散々宇野上げを必死にしていたからね。

そうでしたか(^_^;)
失礼なMCですね。好きになれないわ。

>色々な意味で「事務所」の力というものを知ったし、TVや新聞等こんなに
>信用出来ないものだと羽生君のファンになってから良く分かりました。

ほんとにそうですね。
利益が第一の組織ですから、もともと信頼できないですよね、
マスコミもテレビ局も。

私も名無しさんとまったく同じで、以前は軽いフィギュアファンでした。
バンクーバーでは高橋さんを応援していましたし、織田君も小塚君も
女子も応援していました。(真央ちゃんなどは特に)

ゆづに魅せられてからというもの、デーオタなる悪質集団の存在と
悪行を知り一気に大輔もデーオタも大嫌いになりました。
大好きなゆづがスケートを止めたいと思うほど、悲しい思いをしたことが、
とても悲しかったです。

>超悪質行為が活発化している今こそ、以前書かれたデーオタについての
>記事をもう一度上げて欲しいのです。お考え下さるようお願い致します。

ありがとうございます^^
以前書いた記事ですか。ちょっと見返してみますね。
今もまだまだ悪行を重ねているアンチたちのことは、また記事にして
行こうと思います。

Posted by マリリン at 2018.03.03 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます