アイスジュエルズのオーサーインタビューより。 - 羽生結弦 成功への軌跡

アイスジュエルズのオーサーインタビューより。


昨日、ご紹介したこちらの雑誌がすぐに
アマゾンから届きましたヾ(*´∀`*)ノ


yh711.png

Ice JewelsVol.06~
氷上の宝石~羽生結弦インタビュー「理想の先へ!


巻頭写真集の「とっておきの羽生結弦」、
18ページ分ありました。

いくつか気に入った写真がありましたが、
一番はこれかな?

yh713.png

左側のかわいいゆづ
ナイスショットだと思いました。

今回、この雑誌を買いたいと思ったのは、
羽生結弦スペシャルインタビュー 「理想の先へ! 」
が読みたいと思ったからでしたが、ほかにも
読んでみて「よかった」と思う記事がいくつか
ありました。

今日はその中でもオーサーのインタビュー記事を
かいつまんでご紹介したいと思います。

「ゆづのフリーは完璧でした」


yh681.png


このオーサーのインタビューは、世界選手権が
終了した3日後のものです。

2014年から4年間、オーサーの指導する選手が
世界選手権のタイトルを手にしました。

2014年ー羽生結弦
2015年ーハビエル・フェルナンデス
2016年ーハビエル・フェルナンデス
2017年―羽生結弦

今回の世界選手権、まずはSPでハビエルが
完璧な演技を見せてくれました。

そしてフリーでは羽生結弦選手が完璧な
演技を見せてくれました。

●四大陸選手権の後、ゆづが行った
トレーニングについて。

『ハビとやってきた地味なトレーニングを
今シーズンはゆづもやるようになりました。

そして世界選手権に向けて、私のところに
来てからのこの5年で彼は今がベストな状態、
怪我も病気もない、最も良い状態だということを
強調して言い聞かせたのです。』

●SPの後、特別な話し合いをしたのか。

『特にはしていません。
それほど悪い内容だとは思いませんでした。
4回転サルコウは練習では問題ないんです。

時にはファンから私のもとに、
「なぜ4回転サルコウをやらせるのか」という
批判の手紙が来ることもあります。

でも普段から見ている私には、彼ができる
ことはわかっていた。
どうして失敗してしまったのか、よくわからない。
私自身もすべてに対する答えを持っている
わけではないんです。』

●シーズン当初はループを入れることには、
賛成してなかったようだが。

『昨年の秋に、彼が私に
「4Loは五輪シーズンには必要。
でもそのためには時間がかかる」といいました。
彼がそう説明してきたとき、私には彼の思いが
理解できました。

特に試合で安定しており始めてから、
彼の目指しているものが形になってきたのです。
昨年の内容に戻していたら、ノーミスで勝つ
ことは簡単だったでしょう。

そもそも当初はループにしたのは痛めた足を
刺激しないようにという理由でした。
でも今は怪我もなく、全てが上手く言った。
世界新記録を出して、世界タイトルを取り戻した
のですから』

●最後に完璧なフリーを見せてくれました。

『私もトロントに戻ってから改めて映像で
見直しましたが、完璧な演技でした。
キスアンドクライでも彼にそういったんです。

全てのジャンプは完璧でとても簡単そうに降り、
振り付け、スピン、ステップ、全てにおいて
欠点がなかった。

ファンもメディアも関係者も、あの日あの
プログラムを始めて理解したと思う。

フリーの振り付けは、ミスをすると平坦に
なってしまうプログラムです。
私自身も、これが彼にふさわしい作品なのか、
疑問に思ったこともあった。
でもゆづにはわかっていたのでしょう。』

●フェルナンデスは失望したと思いますが。

彼はインタビューで、
「ゆづのスコアを耳にして怖気づいた」と
答えていたと聴きました。
アナウンスが聞こえてしまったのでしょう。

でも彼はそういう気持ちになっていたことを
私に言うべきでした。
もしハビが昨年の世界選手権のようなフリーを
滑っていたら彼が優勝していたでしょう。
でも彼は、絶対に自分はこのようなスコアは
出せないと思い込んでしまった。』

●今回、2位になった宇野昌磨について。

『昌磨は凄い競技者ですね。
彼は闘い方を知っている。
公式練習を見ていましたけれど、試合になると
別人のようになる。

コーチというのは普段から他の選手もよく
見ていて、4回転で苦戦しているな、とか色々
観察しているものです。

でも彼に関しては何も判断できない。
練習で不調でも、試合になると必ず合わせて
くるからです.』

●世界チャンピオンとして平昌五輪に行くことは
羽生選手にとってプレッシャーになると思うか。

『そうは思いません。彼は今、最も理想と
している位置にいると思います。』


このオーサーのインタビュー、すでに知っている
お話だったかもしれませんが、ゆづのフリーの
演技に関して「完璧だった」と認めていることは、
嬉しかったです。

ただ、2人の「王者」を抱えている指導者の
気持ちとしては、ハビエルのことも気にかけて
いるんだな・・というのが伝わってきました。

確かにSPで、ゆづとは10点差をつけて優位に
立っていたわけですから、昨年のフリーのような
演技をしていたら、ハビが優勝していた・・と
いうのはオーサーじゃなくても思ったと思います。

ただ、勝負に「タラれば」を言っても仕方ない
ので、やはり、ゆづのスコアを聞いて怖気づいて
しまった時点で、勝利の女神は羽生結弦の上に
微笑んだのではないかと私は思いました。

競技者に必要なのは技術はもちろんですが、
城田さんの寄稿にもある通り、絶対に
「メンタル面が強いこと」だと思います。

※城田さんの今回の寄稿は「ガラスのエース」と
いうタイトルで、「本田武史」さんのお話でした。


カナダに渡った彼は当時でも、練習では
アクセルを除く4回転ジャンプをすべて
跳べていたにも関わらず、五輪では4位と
メダルを逃してしまいました。

今回の寄稿の最後には
『フィギュアスケートは技術だけでは勝てない。
メンタルが重要な競技だと痛感させられた」
と書いています。) 

話をゆづに戻しますが、ゆづはどんな時でも
あきらめたりしないですし、怖気づいたりも
しないです。

抜かれたら抜き返す!
追いつかれそうになったら追いつかれない
ようにさらに突き放す。

ミスしたらリカバリーで取り返す。
昨年、10点差をひっくり返されて負けたなら、
今年は10点差をひっくり返して勝ってやる。
(そうは言ってないかもしれませんが)

それくらいの気迫と根性とメンタルの強さを
持ち合わせているから、ゆづは強いんだと思います。

今回の「アイスジュエルズ」は読みごたえの
ある良い記事がいっぱいあります。

まだすべての記事を読み終えてはいませんが、
91ページにある、
「採点表で読み解くジャンプミスのリスク」
というところは、ゆづの世選でのSPを例に
取り上げて、解説していました。

難しくてよくわからない気もしましたが、
「納得しづらい採点」の例として取り上げた
のかな?と思いました。

以下、この雑誌の目次です。

■特集
巻頭写真集 :とっておきの羽生結弦
羽生結弦スペシャルインタビュー :「理想の先へ! 」

■世界選手権2017
■四大陸選手権2017
■世界ジュニア選手権2017
■世界フィギュアスケート国別対抗戦2017
■全米選手権2017
■ヨーロッパ選手権2017

■Ice Jewels NEWS
浅田真央、突然の現役引退発表
仙台「五色沼」にフィギュアスケートモニュメント設置
■インタビュー「3人のコーチに聞く、彼らの流儀」
山田満知子、アレクセイ・ミーシン、タチアナ・タラソワ

■「フィギュアの国の物語」 by 城田憲子

■ロシアのフィギュアスケート界
「闘いと夢と」─ユリア・リプニツカヤ

■フィギュアスケート観戦の基礎知識&最新ルール解説
4回転ルッツについて/点数が確定するまで
コラム「採点表で読み解くジャンプミスのリスク」

■舞台芸術としてのフィギュアスケート
『ドン・キホーテ』 その2─ジョン・カリーの栄光

■日本のアイスリンク紹介
明治神宮外苑アイススケート場

■羽生結弦選手ピンナップポスター

ゆづの両面ピンナップはうれしかったです^^

ゆづ成分に関してはファン通信のようなわけには
行かないですけども、それなりに読み応えがあり、
悪くはなかったと思いました。(*^-^*)

良かったら読んでみてくださいね。

PS:フレグランスさん、オダリンさん、
びぎんゆづっちさん、バナーの件、
承知しました。

注文したいという方が5人くらいになりましたら、
また、再度発注したいと思います。

1枚や2枚で買うとどうしても2000円くらいに
なってしまいますので(^-^;

皆さまが今回の「ゆづバナー」を気に入って
くださったようで、私もとてもうれしいです。

いよいよ明日からですね^^

金曜日に神戸に行かれる方はぜひぜひ、
バナーを掲げてゆづを応援してくださいね。

フレグランスさん、結花さん、ゆづ子さん、
kさん、しまさん、その他にも神戸や新潟に
行かれる皆さん。

同じバナーを持っていると自然に「お仲間」
だという親しみがわきますよね^^

バナーを通して、ゆづ友の輪ができると
うれしいです(*^-^*)

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2017-06-08 | Comment(13) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさま
ジュエルズのお気に入りの写真、私も同じです(*^-^*)
アンケートのはがきに書いて、ポストに投函しました。
タラソワ氏のインタビューは「ノッテ・ステラータ」について聞いてほしかったです。それもアンケートはがきに書きました。
羽生選手のメンタルの強さにはいつも本当に魅了されますよね(*^-^*)
大好きです!

Posted by youko828 at 2017.06.09 01:40
マリリンさん ゆづオンリーの、皆様おはようございます。メール受け取りました。忙しいなか、本当に感謝しています。バナー楽しみに待ってます。いよいよ神戸はじまりますね。行けないのに、こっちまで、わくわくしてます。今回は、ゆづ君、ステージ衣装とか、かえてくるかな?テレビ中継楽しみすぎます。ゆづ君座長また、きっれきっれの、ダンスをみなさまに、披露するんでしょうね。そして、エレガントな、バラ1本当にうっとりするような姿で、いつでも、いっしょけんめいな結弦君だからこそ、これだけの、集客力が、あるんでしょうね。これは、なにを、いわれようと、結弦君の、ちからです。私たちファンは、ゆづ君を、応援し続けます。
Posted by びぎん ゆづっち at 2017.06.09 10:02
マリリンさま、はじめまして。
ナッツと申します。
勇気を振り絞ってコメントいたします。
マリリンさんのブログ 、ゆづオンリーファンの皆様のコメント毎日読ませていただいており、ただただ同感しております。
そしてついに私も我慢ができなくなり、どうしてもバナーが欲しくなってしまいました。
図々しいとは思いますが1枚お願いしてもよろしいでしょうか?
もちろん マリリンさんのご都合でかまいません。
よろしくお願いします。

Posted by ナッツ at 2017.06.09 10:35
マリリンさん、みなさんこんにちは。

Ics Jewelsの記事の紹介をありがとうございます。断片的には目にしていましたがきちんとした文章で見ることが出来て嬉しいです。
何と言ってもオーサーコーチのインタビューは気になります。    「彼はいま、最も理想としている位置にいると思います」の言葉、とても心強いですね!今一番安心できる言葉だと思います。

あと、練習で出来なくても試合で出来てしまう宇野選手。まだ挑戦者の立場であることがメンタル面でプラスになっているんですよね。羽生選手がトップにいてくれているから。羽生選手はいつも後輩に親切だし伸び伸びと技出来るんですよ。羽生選手ファンも皆さん常識的で他の選手をメンタルで攻撃しようなんて方はいらっしゃいませんし。

神戸で新プロ試すのでしょうか。もう一回ブラッシュアップしたバラ1に挑戦でしょうか。情報が楽しみです。

とにかく怪我をしないで大好きな先輩たちと楽しんで滑ってもらいたいです。応援に行かれる方「ゆづー」って私の分まで叫んでね💛
Posted by あき at 2017.06.09 11:07
マリリンさんこんにちは

今日からいよいよ神戸のFaoiですね。私は遠くて行けないのですが、行く方たちのレポート待ちでウキウキしております。

昨日はバナーの件でメールありがとうございました。思いがけず早く対応していただき本当に嬉しいです。ところで、バナーもう1枚注文は可能ですか?職場の部下もゆづファンでいつも二人でキャッキャッとゆづの話で盛り上がってますが、マリリンさんのバナーの話をしたところ、自分も是非欲しいと頼まれまして。もし無理ならまた次回でも構いませんのでよろしくお願いします!
Posted by オダリン at 2017.06.09 11:57

>オダリンさん

大丈夫ですよ。(^-^)
追加しますね。
発注先から、バナー大人気ですね。(笑)
というメールが来ました。
何回も追加してるから。
ゆづの人気がバナー屋さんにも知れ渡って
嬉しいです。
Posted by マリリン at 2017.06.09 12:11

>ナッツさん(^-^)
今回の注文でご用意致します。
後程メールさせていただきますね。
Posted by マリリン at 2017.06.09 12:13
マリリンさん、皆さんこんにちは(^-^*)/

今日午前中、新しい仕事の研修で今帰ってホッコリしてます。
暑くて汗かいたので、、、ビール飲んじゃいました。
これから神戸行くのに大丈夫か?ビール、、、。美味しい(^〜^)

でも、生ゆづが見れるんで興奮して眠気はしないと思います。
グッズのタオルは多分皆さん狙っていると思うので買えないかも。
パンフレットだけGetします。土曜日日曜日行く知人に頼むわ〜

あきさん、大丈夫ですよ!任せてね! 思いっきりあきさんの分、そして
アイスショー見れないゆづファンの分まで
【ゆづ〜ゆづ〜】て絶叫してきます(^▽^笑)
Posted by ゆづ子 at 2017.06.09 13:42
こんにちは。マリリンさん。皆さん。
バナー盛況よかったですね。やはり羽生選手の姿が鮮やかなところが
人気ですね。持っててもうれしくなりますもの。

オーサーコーチのインタビューなかなか面白かったです。
「ゆづのフリーは完璧でした」との言葉は嬉しいですね。私も今毎日このフリーを見て全く飽きないのです。見れば見るほど芸術的、羽生君の曲への入り方がすごく、奥に行けば行くほど熱を帯びて、見る人をぐいぐいと曲の中に引きずり込んでいきますね。表現の天才ですね。羽生君は。
同時にジャンプの素晴らしいこと、すべてのジャンプは完璧、ループ以外は+3は当然の出来だったと思います。

オーサーコーチの話で興味が深かったのは、フェルナンデス選手と宇野君の違いです。ハビエル君はショートで10点も羽生君をリードしていたにも関わらず負けたのはやはりメンタルでしょうね。羽生君のフリーの得点を聞いて、もう駄目だと思い込んでしまったところで確かに負けていましたね。

それに比べて宇野君、あのとき控室で自分の出番直前まで他選手の演技を見てて動揺してる風には見えませんでした。羽生君の演技を「うーん、完璧だね」とか言って確か平常心ストレッチしてました。
宇野君だって羽生君に追われている立場だったのに、私は正直そこはすごいなと思いました。
確かにノーミスならば、新しいジャンプを入れなくても質の勝負で羽生君が勝ちます。でもノーミス、特に昨年度なかなかできなかったですね。だから本番で失敗しないということは、宇野君は油断できない、これは手強い選手です。そこをオーサーコーチは言ってるのですね。
宇野君も昨年の全日本みたいに羽生君がいない状況になればすごく追い込まれてましたけどね。でも宇野君は大体メンタル強いです。

宇野君ほめたわけでもないので、気を悪くされた方がいたらごめんなさい。私は客観的に言ってるつもりですが。
羽生くんもメンタル強いですが、やはりショートで出遅れた方が追う底力がでますね。昨年は負けたけど、ネイサンを追う羽生君の四大陸の勝負が面白かったです。

そういう意味でオリンピックのショートバラ1にしてよかったです。
なんか安心感があります。羽生君は一番表現しやすい、気持ちが入りやすい曲で勝負できるような気がします。ノーミスに一番近い曲かなと思います。
世界のフィギュアファンはアメリカの最近の投票(昨年度のSP、FP人気投票)でも人気抜群、羽生君の連覇を圧倒的に膨大な数のファンが望んでいますもの。高度だけどノーミスがしやすい曲と構成ができますように。seimeiは大好きだけど、ここは新鮮な曲と演技で圧倒してほしいです。
Posted by たをり at 2017.06.09 14:34
マリリンさん今日は
いよいよ神戸始まりますね。
私は家で皆様の情報をお待ちしております。
どんなアイスショーになるのかワクワク😃💕ですね。
それから素敵なバナー届きました。お伝えするのが遅くなってすみません。有り難うございました。
神戸に行かれた方はバナーで応援できるなんて、なんて素敵なんでしょう。
早く私もバナー持って応援したいです。
Posted by フェイス at 2017.06.09 18:19
マリリンさん初めまして、私も、ゆづオンリーファンの者です。
2013GPFを、偶然テレビで見て以来のドップリ人生です。
マリリンさんの、ゆづ思いには共感する事ばかりで、何時も更新楽しみにしています。
初めてなのに図々しいのですが、私も皆さんの様にバナーを持って応援したくなりました。
仲々現地は難しいので、テレビの前でフリフリします。そしてもう一枚は何時も目に付く様、壁に飾っておきたいので出来れば2枚お願いします。急ぎませんのでマリリンさんの都合にお任せします。
勝手ながら希望を叶えて貰ったら嬉しいです。


Posted by のんの at 2017.06.09 19:38
こんばんは!

世選の時、ハビは3連覇を物凄く意識していたのですね。羽生くんなら前の人が高い点数を出したら一層燃えますが、ハビは逆に負けたらどうしようって思ったのかしら。宇野くんは逆に羽生くんが高得点を出して、なんかホッとした表情に見受けられました。優勝を意識しなくていい、という感じの。インタビューでも言ってましたもんね。「勝てない、自分のことをやろう」って。ノープレッシャーになったと思います。ノープレッシャーでもなかなかあんな点数は出ませんが・ω・。羽生くんは良い結果を出さなくては・・と常に計り知れない重圧があったと思いますが宇野くんはその辺まだ楽だったと思います。でもこれからは宇野くんもちょこちょこプレッシャーをかけられるようなシチュエーションがありそうですね。
Posted by しま at 2017.06.09 23:32
マリリンさま みなさま こんばんは

Ice Jewelsとオーサー記事をご紹介下さり、ありがとうございます。
雑誌どれを買うか、参考にさせていただいています♪

オーサー記事、「ゆづが最も理想的な位置にいる」に安心しつつ、少し気になったことがありました。

平昌金メダルに向け、ベストな指導のクリケット&オーサーですが、
それはゆづ一人でなく、ハビエルにも。
クリケットは、二人の金メダル候補がいる環境です。

また、世界選手権結果で、日本では金メダル候補が二人いるという環境になると思いました。(日本の今までの報道の限りで)

それぞれゆづが、大きくリードしているとは思いますが・・

ハビは、スペイン・ヨーロッパでは、唯一の金メダル候補の環境
宇野選手は、彼を第一と考え指導する山田コーチたちがいる環境

二人とも「別格で、1番」の環境があるのに、ゆづに無いのが、少し気になりました。
「格別で、1番」と感じられるのは、メンタル面で大切なことだと思うからです。

勿論、ソチの王者の誇りと自覚・鉄の意志と強いメンタルの羽生選手とは分かっていますが。
昨年の「孤独」というゆづの言葉は、こんなところからかもしれません。

どうしたら・・と考え「羽生選手を1番に応援しています」「羽生選手は別格で、1番」、ファンのギャラリー応援から感じて頂けるのが、良策かなと思いました。

そう考えたら、素敵なバナーが一層力強く感じられました。
TVで、応援バナーを観るのも楽しみです♪


Posted by 結花 at 2017.06.10 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます