2013年3月のスポーツ紙より。 - 羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yuzuru1859.png

2013年3月のスポーツ紙より。


ゆづが大好き、ゆづ命!の、ゆづファンの皆さまヾ(*´∀`*)ノ
今日もブログにきていただき、ありがとうございます。

今日はこんな記事ですが、ご紹介しちゃいます。

あんまり好きじゃない「日刊スポーツ」です。(^-^;

だけど、今のものではなくて4年前の
3月17日の記事の復刻版なので、今よりは
マシな記事だと思います。

羽生結弦4位 日本、ソチ五輪3枠死守/復刻 -】

『プレーバック日刊スポーツ! 過去の
3月17日付紙面を振り返ります。

2013年の終面(東京版)は、羽生結弦が
ソチ五輪の国別出場枠がかかった世界選手権で、
ショートプログラム9位から4位に追い上げ、
最大「3」枠を確保したことを報じています。 』


yh52.png


<フィギュアスケート:世界選手権>
◇第3日◇15日◇カナダ・オンタリオ州ロンドン

強行出場した羽生結弦(18=東北高)が
日本の窮地を救った。左膝、右足首痛に耐え、
フリーは169・05点の3位。
技術点1位の演技でショートプログラム9位から
合計244・99点の4位と追い上げた。


ソチ五輪の国別出場枠で、上位2人の合計順位が
「13」以内で決まる最大3枠確保が命題の大会。
SPの不振で危機のなか、手負いの全日本王者が
驚異の精神力をみせた。


高橋大輔(27)は合計239・03点で6位、
無良崇人(22)は8位、チャン(カナダ)が
3連覇を飾った。

もう体力はなかった。
心肺の酷使で乱れる呼吸、うずく両足の痛み。
フィニッシュで高く上げた両手を振り下ろし、
膝を折って四つんばいになった。

額を氷に付け、激しく体は震える。
「どうしょうもない状態」で浮かんだ言葉は
「ありがとう」。羽生は静かにつぶやいた。

羽生 やり切った。
体調が悪い中で、たくさんの方が体と心の
ケアをしてくれて、本当に感謝でいっぱいだな。
終わってへたり込んで、氷にもすごく感謝!

演技中、いつ倒れてもおかしくなかった。
4大陸選手権後にインフルエンザで10日間休養。
さらに練習を再開した先月末に左膝の腱を負傷していた。

痛み止めの注射を打ち、薬も服用。
指圧師が寝ずの治療をしてくれたが、回復具合は
30〜40%。追い打ちをかけるように、
朝の練習で右足首も捻挫…。

この半月まともに練習できず体力の不安も
あるなか、「痛みよりも感覚を取りました」。

痛み止めの量を抑え、激痛にむしばまれていた。

「すっごく不安」で、わずかな感覚が頼り。
冒頭の4回転トーループから4回転サルコーへ。
手をついたが、降りた。

そこから「体力を残しておきたかった」と
スピードを抑え、終盤へ。

いつもの疾走感はないが、「枠取りなのに
日本代表として申し訳ない。
しっかりと最後まで滑りきろう」。
使命感が痛みを超えた。

演技後、思った。

羽生 1年間やってきたことは1カ月
くらいじゃなくならないんだな。

故郷仙台を離れ、10年バンクーバー五輪
金メダルの金妍児を育てたオーサー・コーチに
師事するため、カナダのトロントに渡ったのは
昨年5月だった。

アパートで母と2人暮らし。
地下鉄を乗り継ぎ練習場へ通う日々は
戸惑いもあった。
幼少期からぜんそくを抱える。
ハウスダストなど呼吸器への影響を避ける
マスクは日本では欠かせなかった。

だが、カナダでは文化がなく「変な人に見られる」。
冷たい視線も浴びた。通学は出来ず、通信教育。
休みでも遠出はせず、練習と勉強に没頭した。

悩めば、帰宅後も「家族会議」で母と
映像を見て改善点を探した。
時は過ぎていま、第2の故郷で積んだ
1年間は、裏切らなかった。

SP終了時で、上位2人の合計順位が、
3枠確保に必要な「13」以内ギリギリ
だった日本男子。


救った18歳はソチ五輪への道を自ら広げた。
1年後、その舞台の頂点に立ち、再び言いたい。
「ありがとう」と。』

※記録や表記は当時のもの

4年前の記事の復刻版ですが、当時の状況が
よくわかるいい記事でした。

ゆづはこの世界選手権の時は、初の全日本王者
として、重責を担っての出場でした。

インフルエンザを発症し、思うような練習も
できないまま、臨んだロンドンカナダの世界選手権。

やはりSPでは、調子が上がらず9位と出遅れて
しまいます。

情けなさに涙するゆづ。

yh53.png

こんなかわいい泣き顔が話題になりました。

yh54.png

しかし、フリーでは渾身の演技を見せ、
満身創痍の中、4位まで順位を上げました。

ゆづの頑張りで、日本男子はソチ五輪の切符、
最大3枠を獲得することができたのです。

yh55.png


当時のことを報道した動画があります。

http://dai.ly/x16stm2

3枠獲得への覚悟  羽生結弦 投稿者 yusu01207


日本男子3枠獲得にまさかの黄色信号。

きつい練習のし過ぎで足の腱を痛めて
しまった羽生結弦選手。

yh56.png

全日本王者としてこのままでは終われない。

yh57.png


「2人の先輩方(高橋、無良)に少しでも、
力を何か上げられるような応援ができたらな・・と。」

yh58.png

yh59.png

先輩二人を見つめる羽生。

yh60.png

高橋大輔は6位。

yh62.png

羽生結弦は4位。

yh61.png

無良崇人8位。

yh63.png

その結果、五輪出場最大3枠を獲得しました。

さすがゆづですねヾ(*´∀`*)ノ

ノーカットの日本語解説版はこちらから
見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=IhonzZox9nw



私はこの時自宅で、リアルタイムでゆづの
活躍を見てました。

2013年の3月は母を亡くしたばかりでした。

家には親族がきていて、落ち着いてテレビを
見ることができなかったのですが、好きだった
フィギュアスケートを見たくて、この時は
テレビをつけていました。

「羽生君、頑張って」と心の中で応援しながら
ゆづの演技を見守っていました。

表彰台に上ることはできなくて残念でしたが、
日本選手では最高位の4位に、当時、隠れて
応援していた私は、親族の手前、堂々と喜びを
表すことができなくて、心の中で万歳をしていました。\(^o^)/

今年のゆづには「全日本王者」の肩書きは
ありません。

インフルエンザのため、昨年末に行われた
全日本選手権に出場できなかったからです。

それでもゆづは日本の絶対的存在です。

きっと最大3枠を獲得してくれることでしょう。

今年の世界選手権は、ヘルシンキに行って、
会場でゆづを応援したいと思います。

ゆづが表彰台のど真ん中に立ってくれる
ことを信じて。

yh15.png

記事に共感していただけたら応援をよろしく
お願いいたします。
皆様のご支持を心から感謝しております。


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2017-03-17 | Comment(10) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさんこんばんは〜
ソチ前のシーズン、ゆづはインフルエンザの病みあがりで捻挫もしてたんですよね。
当時、一般紙にも羽生選手インフルエンザと記事が結構大きく出ていましたよ… 体も細かったですね。
3枠取れて、立派でした(^-^)

日刊は、ソチ前後は良い記事を書いていました。
それがここ1〜2年、悪質な記事も多くなりましたね。 日刊の高場記者でしたっけ? 素人ライターが、言われるまま書いているような記事です…
日刊の新聞、雑誌も残念な物になりましたねー

ゆづは今年のワールドは、良い体調で出れると嬉しいですね(*^ω^*)
四大陸は、腰が少し心配でしたが仕上げて来ると思います(^-^)
Posted by てるこ at 2017.03.17 23:31
こんばんはマリリンさん、ゆづファンの皆さま

2013年の世界選手権をあげて下さり嬉しいです

ソチのSPで初めて凄い選手がいたもんだとびっくりして
FPを待ちわびてそわそわしていたのが思い出されます、

フィギュァスケートに関心がなかったのですが
偶然にテレビをみていて羽生選手で一瞬で電流に打たれた模様、

あれから3年経ちますが益々皆様同様にのめり込んでいます、

その時期の3月にお母さまがお亡くなりになられたんですね
寂しくてお辛かったことでしたね、

日本の選手の中の一番上位の4位を足を痛めながらのも
頑張られたんですね

今も同じような事が起きていても気力や使命感で乗り越えられて
いますね、選手でいる限りはとは思いますが
大切なお体をあまり酷使しないで欲しいといつも思ってしまいます。

もうすぐヘルシンキでドキドキですね、体力を付けられてお元気で
みんなの大好きな羽生選手の応援を宜しくお願いいたします。

お土産ばなしも楽しみにしています。

Posted by おんりーゆづ at 2017.03.18 00:34
マリリンさん、ゆづファンの皆さん、おはようございます。

2013年の世選の記事をありがとうございます。
ゆづの壮絶な戦いに今も心打たれますね〜
今もゆづを貫き通りしている、どんな困難、壁が立ちはだかろうとも
全力で戦い抜く戦士のような強靱な心、ただただ凄い!の一言です。
まだ、18歳の若さで、最終的に4位となってオリンピック出場3枠を死守したって伝説として語り継いでほしいですね! 
日刊さん、いい記事、頼みますよ!!

マリリンさんは当時、大変だったのですね〜 私も丁度その頃、悲しみを抱えていて、その時の世選は観ていなかったのですが、インフルエンザ、足の2箇所の怪我を抱えながら滑りきったことを後で知り、どんなに苦しかっただろうな〜と・・・
マリリンさんが紹介して下さった動画を見返しながら、思い起こしています。中国大会のことも思い出してしまいます。

そんな不屈の精神の持ち主ゆづを応援することを誇りに思います。
世選は本当にゆづの試練が多かった試合ですが、マリリンさん、皆さんとともに、今度こそは万全の体調で臨むことができますよう、祈りながら応援していきたいですね。
マリリンさん、更新ありがとうございました。
お体を大事になさってね!
Posted by yukiko at 2017.03.18 10:19
マリリンさん、皆さんこんにちは。

本当に!!
2013年のスポーツ紙びっくりするほどいい事書かれていますね。
そうそう、この試合は結果4位でも「日本に3枠をもたらした」って褒めてもらえて嬉しかったです。
いい記事ですね。
今だったら2位でも「まさかの2位」「優勝を逃す」になっちゃう。ましてや4位だったらどんなかな。
それだけ羽生選手の実力が認められているんだって事ですね。
それでも中にはもう少しいい書き方は無かったのかしらと思うものもあります。
この頃の記事は普通に好意的だったんですね。

この試合、見てた時は怪我の事知らなくてショートの出来にショックを受けたんでした。マリリンさんのあげて下さった泣き顔があまりに可愛くて当時鬼リピして見ていました。羽生選手がそこまで自分を追い詰めて戦っていたと知って「泣き顔キュンキュン」していた自分が恥ずかしくて申し訳ない・・・。

でも可愛いものは可愛い(笑)

羽生選手、本当に高い壁や障害を乗り越えてここまでよく頑張りましたね。念願のオリンピックで連覇まで1年を切ったんですね。
泣き顔は可愛いけれどこれからは嬉し泣きだけ見たいな。

まずヘルシンキでは笑顔が見たいです。

マリリンさん、日刊スポーツの良心的記事をありがとうございました。

Posted by あき at 2017.03.18 11:30
こんばんは。
マリリンさん。
体調は大丈夫ですか?

何か羽生くんの頑張っているフィギュアスケート、マスコミに汚されていますね。
いろんな思惑や事務所が介入すると見逃されたり 評価が偏って気が重く見るのに疲れます。

何故?世界Jr.がゴールデンで放送する?ワケわかりません!?
駐日韓国大使が中京大学訪問してUだけに激励と握手した⁉

これは、●●活動を韓国にスケート連盟がやったのか。
B級大会であれ300越えさせて、他の大会でも300出ても おかしくないと アピール。

Uや女子Jr.の事務所入っている選手達の マスコミの取り上げ方と報道 記事に 他の選手が変な採点されて悲しくてフィギュアスケート見るの悲しいです。

宮原選手の時はゴールデン放送ないのにJrのHはJr.大会をゴールデン放送 、理不尽過ぎて 気持ち悪いです。
羽生くんオンリーファンとして気持ち落ち着けたいけど、こんなスケートの報道するメディアが嫌いです。
Posted by はる at 2017.03.18 21:53
マリリンさん、ゆづ大好きな皆さん おはようございます。

13年セセンを取り上げて下さり 有り難うございました。
私は、ソチ落ちなのでこの頃は見て無かったです。
後でネットを手に入れてから、動画とかで見る事が出来ました。
胸がキュンキュンした、可愛いい泣き顔はこの時のロンドン大会なのですね〜 涙を拭ってくれたのは ブリアン??コーチですよね?
初めは、デヴィッド・ウィルソンかと思ってましたが 皆さん優しいなあ(*^-^*)

マリリンさんのお母様が亡くなられた時だったのですか!
大変でしたね。私の母も平成10年に亡くなり翌年3月3日に父もが天国へ
旅だった時から〜何年もテレビ、本、見たく無くなりましたよ。

久しぶりにテレビを見たのが、ソチオリンピックのゆづ君!!!
何て綺麗な子だろうか、、、。シニアに上がる時に【アイスショー】では
一度だけ行きましたが、覚えてなくって。名前は覚えてたんですね。
その後に、トロントに渡った新聞記事は今でも脳裏に焼き付けてます。

もうすぐヘルシンキ(^-^) ゆづが表彰台の真ん中で笑顔でいるのを
信じてるけど、、やはり恐い、リアルタイムで見れない!
ヘタレの私です。 今までの試合は恐いながらもライスト見たけど。
ゆづに勝たせたい! 

宇野君も台乗りしなくても良いから、枠取りに貢献して欲しいですよね。
正直言うと、刑事君に頑張って欲しい、、、。

マリリンさんが、ゆづに会えるのを私達も楽しみにしています(*'‐'*)♪
Posted by ゆづ子 at 2017.03.19 08:32
こんにとは。マリリンさん。

私もこの世界選手権みてました。
あれだけのすごい悪条件の中で勝ち取った三枠の奇跡で、ほんとうに感動しました。
ニースのときも、このときほど悪条件ではなかったけど、体調万全ではなかった中に、同じように下位ショートからの驚異の追い上げ、あの歴史に残るフリーロミジュリを演じてくれました。だから、例の中国大会のフリーあれこれ言われたけれども、羽生君にしては出場当たり前でした。しかし、このころの動画見ると今の羽生君の進歩はすごいですね。ほんと神レベルだと思います。
昨日の女子フリーの生中継私は見られなかったけれども、見たかったですね。動画を見ると女子ジュニアものすごい高レベル、優勝した子はメドベよりも逸材かという評判です。でも坂本さんが私には一番よかったわ。私はどちらかといえば、女子はアスリータイプが好きなので、坂本さんみたいなジャンプがいずれもスッキリと決まって正統派というかクセのないスケーティングが好きです。ジュニアでは坂本さんと紀平さんが一押しです。
ショートは中国のライストで見てましたが、真凛ちゃんの人気は中国でもかなり、中継しながらコメントがでるのでわかります。(中国語だけれども、漢字だから)台湾は日本と時差一時間ですか、真凛ちゃん人気で視聴率当て込んでのテレビ局ですが、これだけのレベルのジュニアの試合が生で見られたのはラッキーではないかしら。


Posted by たをり at 2017.03.19 10:24
マリリンさん、皆さんこんにちは。

突然ですが、マリリンさんお疲れでなかったら・・・皆様も
「ikasumiぱすたのブログ」の「B級大会のあり方」
という記事を読んでみて下さい。

共感出来るように思うのですが・・・。
Posted by あき at 2017.03.19 12:16
あきさん、教えてくださったブログ記事、
読みました。なるほど納得!
今回の、宇野陣営のやり方は、日本選手に
不利になるという懸念が書かれてましたね。
このかたの、言われる通りかなと思いました。 このかたが、宇野君を応援できなくなったお気持ち、わかる気がしました。
日本のフィギュアスケートを愛する方々が、同じようにここまで深く、今回の件を考えるかどうか、わかりませんが、ゆづに勝つためならどんな手段も厭わない的なやり方は、
日本男子の未来を暗くするものになりましたね。
Posted by マリリン at 2017.03.19 13:19
マリリンさん、早速ありがとうございました!


Posted by あき at 2017.03.19 13:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448071347 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます