青嶋ひろのの無能ぶりをバッサリ! - 羽生結弦 成功への軌跡

青嶋ひろのの無能ぶりをバッサリ!


今年最後の更新になりそうです。(*^-^*)

年末を締めくくるような、動画が出ていました。

http://dai.ly/x56mqmy


161228 スポーツ界を席巻 「94世代」 投稿者 YzRIKO

そして、街の人100人に聞いた今年もう一度
見たいスポーツ名場面の3位にゆづの演技がランクイン!


yuzuru2129.png

http://dai.ly/x56nsfg


161229 あさch 詰め合わせ 投稿者 YzRIKO


今年はゆづが全日本やMOIに出なかったこともあり、
ワイドショー関係にゆづに関する報道があまりなくて、
寂しい年末になりました。

コメント欄で教えていただいた、「Erika Sono」さんの
Google+を読ませていただきました。

これは素晴らしい!です。

一般公開されているものですので、リンクを
貼らせていただきたいと思います。

記事のタイトルがこれといってついてなかったので、
お名前にリンクを貼りたいと思います。

Eriko Sono

私も以前書いたことがある「青嶋ひろの批判」。

たをりさんがとても褒めてくださった記事でした。
ありがとうございますm(__)m

しかし・・それよりも数倍素晴らしい記事です。

この方はさらにしっかりと彼女のいい加減さを
指摘していました。

例えば・・

『羽生選手はジャンプに拘り過ぎで表現力には魅力がなく、
宇野選手の方が秀でているというこの青嶋氏の思い込みは、
本当に何とかならないものだろうか? 

あまつさえ、だから羽生選手が時代遅れになる
という意見に至っては、噴飯ものだ。

羽生選手のスケートの演技の芸術性は超一流だし、
彼は、時代遅れになるどころか、時代の先端を走っている。

高度な技術と唯一無二の芸術性を融合させることが
できるのが、その証拠だ。

青嶋氏自身、経歴から見ても、書いている文章の
内容からしても、芸術の何たるかがわかっているとは
到底思えない。そんな人物が、どうして羽生選手の
ことをそんな風に言えるのだ?

フィギュアスケートの競技歴がないばかりではなく、
芸術のことが分からない人が、これ以上、
フィギュアスケートの演技の「表現」や「芸術性」
について、間違った見解を大手日刊新聞で
公開するのはやめてもらいたい。

そういう文章を掲載し続ける新聞社も、恥を知るべきだ。

青嶋氏は、フィギュアスケート・ファンの間では、
既に何年も前から鼻つまみ者らしい。
マスコミ等より、ファン達の方が、よほど
本質を弁えている。

羽生選手は、4回転ジャンプに拘るあまり、
他のことをおろそかにしているわけでは、決してない。

スピンやステップ、スケーティングなどの他の
スケート技術でも高く評価されてはいるが、芸術性、
「音楽の解釈」の項目で10点満点を出すジャッジが
少なくないことが、何よりの証拠だ。』

ね?ぐんぐん引き寄せられていく、説得力のある
内容だと思いませんか?

私はすっかりこの方の記事のファンになって
しまいました。

続きをしっかり読みたいと思われる場合は、
Googleアカウントを持っている人はGoogle+で、
見ることができます。

嬉しすぎて涙がでちゃいましたヾ(*´∀`*)ノ

『青嶋氏が羽生選手の演技の芸術的表現には何の
理解も示さず、彼の取り柄はジャンプのみであるかの
ように主張すればするほど、青嶋氏自身の無教養ぶり、
芸術的感性の鈍さを無様に曝け出すことになる。』

『各国のコメンテーターも、
「フィギュアスケートの域を超えている」、
「まるでバレエのよう」、「素晴らしい」、
「音楽を感じる」と羽生選手の演技の芸術性を
口々に絶賛しているではないか。

それとも青嶋氏は、欧米諸言語に疎くて、
そういう芸術的評価を下している欧米各国の
コメントは理解できず、ジャンプの成否ばかりを
問題にする日本の放送しか観ていないのだろうか?

青嶋氏の考えていることは、あまりにも低次元過ぎる。

日本にいる宇野選手と違って、羽生選手は
フィギュアスケートの本場の一つの拠点であり、
優れた振付師も多い、カナダのトロントを
練習拠点としている。

幸い、日本のマスコミの無理解やバッシングからは、
距離を置ける立場だ。

だがそれにしても、技術的にばかりではなく、
芸術的にも世界最高峰の羽生選手に対する
祖国日本のスポーツライターやマスコミの
無理解ぶりは目に余る。』

『特に羽生選手は、「ジャンプ1つ1つがプログラムの
一部として見えるように、ジャンプが決まって
『ワー』となるのは僕自身うれしいし、大事なんですけど、
それ以上にプログラム自体の緩急というものが
ジャンプの中でも出せたらいいなと思います。
ということはジャンプもしっかり決めなければ
いけないなとも思っています。」
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201611250006-spnavi?p=2
と明言している。

こういう思慮深い選手のことを、
「ジャンプ急進の時代をひたすら推し進めよう」
としていると断ずるのは、どう考えても、
青嶋氏の方がどうかしている。』

『むしろ、青嶋氏の主張とは裏腹に、宇野選手は、
好調時の羽生選手の出来栄え点や演技構成点には、
まだまだ遠く及ばない。

羽生選手は宇野選手より3歳年長だが、シニア参戦は
2010年、15歳の時。
だから、今年はシニア参戦7年目になる。

2013〜2014年にグランプリ・ファイナル、
オリンピック、世界選手権の3冠を達成してから、
今年は3年目のシーズンだ。グランプリ・ファイナルは
その年から連覇している。

宇野選手のプログラムの完成度や芸術性が
羽生選手に及ばないのは、ある意味、当然だ。

私にはむしろ、羽生選手より宇野選手の方が、
一つ一つのジャンプの習熟に時間を掛けずに、
拙速にプログラムに導入することで、プログラム
全体の完成度や芸術性を損なっているように思う。

私は、芸術的に興味を惹かれないプログラムや
演技は、そもそも最初から無視してコメントも
書かないことが多い。

だから、宇野選手の演技に対するコメントは
そう多くはないし、書いていても、表現に対しては
辛辣な言葉を連ねていることが多い。

私の目から観れば、昨シーズンの宇野選手の演技は
、SP、FSとも、表現上は特にみるべきものは何もなかった。』

『全く青嶋氏は、どこまで屁理屈を言うつもりだろう? 
しかも、褒めるにしろ、貶すにしろ、ことごとく的を
外しているというのは、どうしたわけか?

羽生選手の取り柄はジャンプとスケーティングだけ? 
ステップから跳ぶトリプル・アクセルについた加点では
宇野選手の方が羽生選手より上で、繋ぎの要素では、
ブラウン選手の方が羽生選手より上?

バカも休み休み言え、とはこのことだ。
青嶋氏の目は、いったいどこについている? 
ブラウン選手や宇野選手の成長は認めて、
羽生選手だけは、いつまでもジュニア時代の
ままだとでもいうつもりか?


昨シーズンのNHK杯やグランプリ・ファイナルで
羽生選手が叩き出した、出来栄え点加点や演技構成点でも
ことごとく満点に近い演技はさておくとしても、
今シーズンのグランプリシリーズの成績だけを比べても、
そんなことは決して言えないはずだ。

いったい、青嶋氏は、どの演技を観てそんな
でたらめを言うのだ? ジャッジの採点表を
きちんと調べたのか?

公表されている採点表のデータで簡単に反証
できるようなでたらめ、でっち上げを、なぜ、わざわざ書く?』

何かね、紹介したい言葉がありすぎて、丸まるコピって
しまうことになりそうなので、ぜひご自分の目で確かめて
みてくださいね。

この方のことを教えてくださった読者の方、
ホントにありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ

すっごく嬉しいです。

では・・この後はいただいたコメントに頑張って
お返事を書かせていただきますね。

今年も一年、ありがとうございました。

皆様、2017年も世界最高のスケーター羽生結弦を
全力応援していきましょう!


yuzuru1195.png


おかげ様でランキング上位になりました!
皆様のご支持を心から感謝しております。

あなたの応援クリックでますます元気が出ます。(*^-^*)


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位です。
いつも応援クリックしていただき感謝してます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2016-12-31 | Comment(38) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、
お忙しいのにご丁寧にご返事ありがとうございました。
この大晦日はゆづるさんもいない紅白も観る気がせず、
ゆづるさんの録画を観ていました。
今、更新して下さった記事を見てすっごく嬉しくて
また、コメントさせてもらいました。
私も全日本欠場後、色々な情報は見たくないので、あえて
テレビからも遠ざかっていましたし、マスコミやメデイアの
対応には嫌気がさし、何だか一人で悶々とする日々でしたが、
マリリンさんのブログで本当に支えられました。
ゆづるさんが世界一のスケーターであること、誇りですね。
後、数十分で2017年、また、ともに私達の宝である
ゆづるさんを応援していきましょう!!
Posted by yukiko at 2016.12.31 23:30
マリリンさん、明けましておめでとうございます。

感激です!
「Erika Sono」さんの記事をわかりやすくしてくださって
ありがとうございます。
最新のジャンプ構成についての話も痛快ですよね!
遅くにすみません。
本当にうれしかったので。やっぱりマリリンさん、同じ考えでいて下さったのね。

出会えた幸せに新年早々感謝です!

今年もよろしくお願いいたします。

おやすみなさい。
Posted by あき at 2017.01.01 01:04
マリリンさん
明けましておめでとうございます。

遅い時間に申し訳ありません。

初詣から帰って記事を読ませていただきました。

とても爽快に胸のつかえが取れたような記事を紹介していただきありがとうございます。

新年から今年1年、またマスコミに負けず 羽生くん応援頑張りたいと思います。

今年も よろしくお願いいたします。
Posted by はる at 2017.01.01 03:19
マリリンさんゆづファンの皆様おめでとうございます(*^^*)何気に紅白をつけていたら郷ひろみの言えないよ?がかかっていてアイスショーを思い出しました…フミヤさんのTRUEloveも良かったし…
足の怪我も癒えて羽生君が生き生きと氷上で輝きますように!!
又ゆづ君のバリバリのアイスショーみたいです♪
青島ひろの氏の雑誌は買わないし読みません選手に対して(羽生君にだけかな?)愛がないexclamation×2
人間性が出ますよね!?羽生君叩いて何が楽しいのかしらね?
今年もゆづとマリリンさん始めゆづファンにとって素敵な一年になりますように
(〃⌒ー⌒〃)∫゛
Posted by エミ at 2017.01.01 03:20
マリリンさん、

Happy New Year!

ハワイは清々しい青空です。こちらはまだ31日朝8時ですが、米国はクリスマスが終わると同時に行き交う人の挨拶がHappy New Yearになるんです。;-)

2016年のもう一度見たい名場面の3位にゆづの演技というニュース嬉しいですね! 全日本で不戦勝で優勝しても宇野選手のような演技はもう一度見たいという印象を一般大衆には与えないことがはっきり証明されたニュースでもあります。 今後も宇野選手はどんなに頑張っても決して大衆のハート稼ぎはできないでしょう。それは、宇野選手が好きとか嫌いとかの次元を超えたもの、宇野選手には華がない。これからいくら頑張っても試合に勝つことはできても、けっして一般大衆に愛され支持されることは叶いません。

宇野選手を愛して止まない青島さんはそこの所を良く理解しているので、日本中、世界中に愛されている羽生選手を下げ、宇野選手に残されたわずかに良い点を非現実的な褒め方でsupportすることしかできないのです。

何ヶ月も何ヶ月も怪我で歩くことも練習することもままならなかった苦難を克服して2016年にグランプリファイナル4連発という偉業を果たしたゆづを心から讃えます! 2017年はゆづにとって素晴らしい年になるでしょう!

マリリンさんのようにどんな逆境にも負けず真摯に突き進む姿はゆづと重なります。

これからも記事を楽しく拝見させていただきながらゆづとマリリンさんを心から応援いたします。


マリリンさんとゆづ、ブログ読者の皆様にとってすばらしいとしになりますようお祈りいたします。
Posted by オリビア at 2017.01.01 04:36
マリリンさま

新年あけましておめでとうございます(^^)

勉強不足で客観性のない幼稚な文章を垂れ流す青嶋ひろの氏を
いまだに起用し続けるメディアにも責任があると思います。

動画、ありがとうございます(^^)/
美しい羽生選手をいつまでも観て、応援していきたいですね。
Posted by youko at 2017.01.01 10:29
マリリンさん、結弦選手だけを愛してやまない皆様💐本年も宜しくお願い致します👫 今回の記事の紹介、本当、感謝、感激…言葉がありません。素晴らしい方が、数値を対比して、理路整然と説明され 素人は勿論 その道を極めた人でも ぐうの音も出ない。 正月から最高😃⤴⤴有り難うございます。
Posted by ゆきえ at 2017.01.01 11:38
皆様あけましておめでとうございます
これから暫く羽生選手の情報が途絶えると思いますがマリリンさんブログガムバッテ下さい。
青島氏の偏見と思い込み満載の記事を掲載するのが大新聞なのが困りますよ フィギュアスケートは🎾⚽⚾と違って採点競技だし 本格的に一般に人気が出て来たのはここ数年ですからちゃんとした記事が書けるライターは少ないと思います
私はソチカラファンで 当時仕事でいわゆるオヤジ週刊誌をよく見てましたが1発目の記事が・若くて様子の良い男子が元気よく滑っていればソリャー点も入るだろうよ・的な筆者もどー書けばよいのか全く分からんらしく 見当違いの記事でした

青島氏が羽生選手の悪意に満ちた記事を書くのは 褒めたたえるよりケチつける方が楽だしインパクトがあるし…と自分が目立つことを計算して書いておいでなんでしょうか。
褒めたたえる記事は多すぎる 知識も必要だし 大変ですからね〜
     
Posted by イリコ at 2017.01.01 11:39
マリリンさん、新年明けましておめでとうございます。

今年も歯切れのいいマリリン斬りを期待しますよ!
無能な青嶋ひろの、まだ書いていたんですかぁ・・・。
ライター業界から姿を消して欲しいくらいの人物です。

3月の世界選手権でのトラブルで、カザフのD選手を擁護するような青嶋氏を私は許せません。
あの頃マリリンさんのブログで、バッサリ青嶋氏を軌ってくださいました。
とても共感し、それ以来ここのファン読者になりました。

羽生くんだけを応援する羽生くんのみのブログはとても貴重です。
初めてコメント入れさせてもらったのは、夏頃。
ゆづ会にも呼んでいただいて、交流させて頂き、ホントに去年は、感謝、感謝の一年でした。ありがとうございました。

Eriko sonoさんは、そのD選手との件にも、かつて鋭く糾弾して動画も投稿されていたように思います。
私も目にしたことがあります。記憶違いでなければですが。
羽生選手がかわいそうで、かわいそうで、こちらまで泣きたくなるような時に、たくさんの味方がいると実感できて喜びに変わりましたよ。

私達ファンは、理不尽な記事を書かれて羽生選手が傷つくのではないかと思うと、自分の事のように辛いのです。
でもブログもツイッターもFBもしない者には歯がゆいばかり・・・。
たとえやったとしても、鋭く訴えかけて共感呼ぶ書き方はできませんし、才能もありません。

マリリンさんやEriko sonoさんのような、説得ある文章力がある人が
大勢のファンの気持ちを代弁してくださっていることが、ほんとに嬉しいことですし、有り難いことなのです。

今年も、いえ、これからもずっと、羽生くんの力強い応援とサポートをよろしくお願いします。
私達読者も、アンチからの攻撃があろうと、マリリンさんブログの応援をやめることはありません。

身体にはくれぐれも気をつけて無理はせず、それでいて活発な執筆活動ができますように、今年も期待しています。

Posted by ジジ at 2017.01.01 12:14
明けましておめでとうございます
今年も、マリリンさんのブログで羽生君を応援させて下さいませ
「Eriko Sono」さんの記事
感動と嬉しさで何度も読み返してしまいました!
こんな素晴らしい記事を書いて下さる方がいらっしゃったんですね
書かれていること全てが「ゆづファン」の代弁です
気持ちいいほど「青嶋ひろの」をバッサリ斬って下さってます
本当に去年までのモヤモヤがす〜と取れた感じです
今年は、もう羽生君にとってよい結果しか想像出来ません!
怪我も、病気も遠くに飛んでいけ!(羽生君に2度と近寄らないで!)
酷い事を書く記者は遠くに飛んでいけ!(2度と帰って来るな!)
そして、Dオタ・アンチも遠くに飛んでいけ!
Posted by フレグランス at 2017.01.01 16:31
yukikoさん(*^-^*)
早速コメントをありがとうございます。

>今、更新して下さった記事を見てすっごく嬉しくて
>マスコミやメデイアの
>対応には嫌気がさし、何だか一人で悶々とする日々でしたが、
>マリリンさんのブログで本当に支えられました。
>ゆづるさんが世界一のスケーターであること、誇りですね。

ありがとうございます^^
とてもうれしい記事がたくさんでしたね。
私もすごくうれしいです。

こういう人の記事を読んで広めていかないと
青嶋のようなゆづアンチライターの意見ばかりが
世の中に浸透していきそうで怖いです。

正しく評価してくれる人たちの言葉を
もっとたくさん読みたいですね。
Posted by マリリン at 2017.01.01 18:26
あきさん、(^^♪
大変よい記事をご紹介していただき、ありがとうございました。

その「ジャンプの構成」に関する記述が見つけられなくて
こちらの記事が出てきたので先にご紹介してしまいました。

それから他の記事にもコメントしていただき、
ありがとうございます。

主旨はブログ開設当社から変わっていませんので、
安心してきてくださいね。

Posted by マリリン at 2017.01.01 18:28
マリリンさん、あけましておめでとうございます。
「ERIKO SONO」さんの記事をご紹介くださり、本当にありがとうございます。読みながら涙があふれ、胸のつかえがとれスッカっとしました。宇野選手の演技には芸術性があり、羽生選手の演技には芸術性がない、という人にぜひ読んでもらいたいです。
今年も羽生選手一筋に応援します。マリリンさんよろしくお願いします。
Posted by リリー at 2017.01.01 19:36
りりーさん(*^_^*)
今年もよろしくお願いいたします。

>「ERIKO SONO」さんの記事、読みながら涙があふれ、
>胸のつかえがとれスッカっとしました。

そうでしたか。ほんとにファンが言いたいことを
代弁してくれる、大変説得力のある記事でしたね。^^

>宇野選手の演技には芸術性があり、羽生選手の演技には
>芸術性がない、という人にぜひ読んでもらいたいです。

ほんとですね。
そんなことを言うのは、青嶋ひろのとアンチくらいでしょうけど。
Posted by マリリン at 2017.01.01 20:06

フレグランスさん(*^_^*)
今年もよろしくお願いいたします。

>今年も、マリリンさんのブログで羽生君を応援させて下さいませ

もちろんです(@^^)/~~~ぜひぜひ。

>こんな素晴らしい記事を書いて下さる方がいらっしゃったんですね
>書かれていること全てが「ゆづファン」の代弁です
>気持ちいいほど「青嶋ひろの」をバッサリ斬って下さってます。

はい(*^_^*)
これが普通の感覚ですよね。青嶋がおかしいのですよ。
わざわざゆづの良さを認めないような記事ばかり書いて。

>今年は、もう羽生君にとってよい結果しか想像出来ません!

そうですね^^
ゆづにとってプレシーズンと五輪シーズンが最高の年に
なりますように、心から祈っています。
Posted by マリリン at 2017.01.01 20:11
ジジさん(*^_^*)
今年もよろしくお願いいたします。
昨年はお会いすることができてとてもうれしかったです。

>今年も歯切れのいいマリリン節を期待しますよ!

はい(@^^)/がんばりますね。

>3月の世界選手権でのトラブルで、カザフのD選手を
>擁護するような青嶋氏を私は許せません。
>あの頃マリリンさんのブログで、バッサリ青嶋氏を軌ってくださいました。
>とても共感し、それ以来ここのファン読者になりました。

そうでしたか^^
ありがとうございます。
ゆづの事を理解しようとしないライターは、ゆづに関する
記事を書かないでほしいですね。

>私達ファンは、理不尽な記事を書かれて羽生選手が
>傷つくのではないかと思うと、自分の事のように辛いのです。

ほんとですね(/_;)
ゆづが無駄に傷つけられることが一番嫌です。
心が美しくて純粋な青年を無能なライターごときに
傷つけらるのはたまらないです。

>これからもずっと、羽生くんの力強い応援とサポートを
>よろしくお願いします。
>私達読者も、アンチからの攻撃があろうと、マリリンさん
>ブログの応援をやめることはありません。

いつもブログを応援していただき、大変心強い限りです。
おかげさまで私も頑張ることができています。
はい。(*^_^*)これからも一緒にゆづを応援していきましょう。
Posted by マリリン at 2017.01.01 20:25
ゆきえさん(*^_^*)
今年もよろしくお願いいたします。

>今回の記事の紹介、本当、感謝、感激…言葉がありません。

うれしい記事がたくさんありましたね^^
これからもずっと読んでいきたいと思いました。
良い記事を読むと私たちも力が出ますね。
Posted by マリリン at 2017.01.01 20:31
イリコさん(*^_^*)
今年もよろしくお願いいたします。
すみません、前回の応援コメントにまだお返事出来ていなくて。
心から感謝しております。

>これから暫く羽生選手の情報が途絶えると思いますが
>マリリンさんブログガムバッテ下さい。

はい(@^^)/がんばりますね!

>青島氏の偏見と思い込み満載の記事を掲載するのが
>大新聞なのが困りますよ

ねー(^_^;)
うちも朝日取っているのですが・・忌々しいです。青嶋。

>青島氏が羽生選手の悪意に満ちた記事を書くのは 褒めたたえるより
>ケチつける方が楽だしインパクトがあるし…と自分が目立つことを
>計算して書いておいでなんでしょうか。

最初はここまでアンチ色を出していなかったのですけどね。
青嶋は大輔ファンみたいだから、ゆづが大輔を抜き始めたころから
ゆづの事をあまりほめなくなりましたね。

けちばかり付けてます。
アンチになると目が曇るのと、認めたくないという気持ちが
そのまま文章に表れてしまうのでしょう。
Posted by マリリン at 2017.01.01 20:43
あけましておめでとうございます。
Eriko Sonoさん、胸のすく切れ味でしたね。
「プロの芸術は高度な技術こそ前提にしている」
織田さんも羽生君のEXのときの解説でNHK杯でしたか。
感銘のあまりそう言ってましたよね。

私のもっともEriko Sonoさんの言葉の中で感銘したところは

「羽生選手の本当にすごいところは、彼のスケートの演技があるために、音楽を聴くよりも、音楽が表現しようとしている内容が際立って、ひしひしと観る観客に感じじられることだ」

というところです。つまり羽生選手の演技は見る人に音楽の表現する
ところを最も観客に感じさせるほど円熟しているということです。
昨年のNHK杯やグランプリファイナルが特にそうでした。
羽生くんに表現力がないという人、青嶋なんか、ジャッジの採点表を見てないんですかね。ジャンプばかりか、演技力、振り付け、音楽の解釈、満点が続出でした。私は試合によっては不満はあっても、基本は多数いるジャッジを信用してます。

私が印象的だったのは、昨年グランプリファイナルのショートの演技
を解説していたポーランドの解説者は、ショパンの演技を見て「偉大なる音楽の解釈」と感に堪えない声で、羽生くんの演技から受けた感動にしばらく声を失っていました。ご存知ショパンの国でショパンを国の誇りとしている国の解説者です。私はあらためて羽生くんは偉大なんだなと感じました。誰も到達できない高みに行く人だと思いました。
青嶋さんのようなレベルの人が、なんで朝日という大メディアに書き続けていけるのか理解に苦しみます。

高橋さんもどうかと思います。
表現表現て、まるで羽生くんに表現力がないみたい。それはあなたが
羽生くんに対する理解力や感性が低いだけで、そもそも高橋さんがめざすような表現力など、羽生くんには全く要りませんわ。高橋さんみたいな表現力など羽生君に身につけてもらいたくないんです。羽生くんの表現力は、あなたよりはるか高い次元を歩いてますからね、今後はどうか宇野くんだけ見てていただきたいものです。

しかし、Eriko Sonoさん、素晴らしい分析力でしたが、基本は昨年でしたか、すでに書かれているマリリンさんと同じこといってませんか。あのときはたくさんの人の賛同コメであふれましたね。
萌系ブログも、全選手応援ブログも好き好きで、いいですが、こういうテーマで真っ向から向かう姿勢のブロガーさんは本当に貴重です。
いろんなブログがあってもいいし、たとえ、少々コメント欄などで問題を含むときもあったとしても、それはときどき改善していけばいいし、私は何よりのマリリンさんの真っ直ぐな志を持つ姿勢を支持しますよ。今年もご活躍お願いします。



Posted by たをり at 2017.01.01 20:46
はるさん(*^_^*)
昨年はいろいろお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

>とても爽快に胸のつかえが取れたような記事を
>紹介していただきありがとうございます。

いえいえ^^
とてもすっきりさわやかな気持ちになりましたね。
私もとてもうれしかったです。

>新年から今年1年、またマスコミに負けず 羽生くん
>応援頑張りたいと思います。

はい(@^^)/
私もそうしたいと思います。
今年もいっしょにゆづを応援していきましょう。
Posted by マリリン at 2017.01.01 20:48
マリリンさん、こんばんは(^o^)

読ませて頂きました!
まさにその通りです。
表現力って一言で言うと私みたいな土素人は言葉にするのは難しいのですが、芸術力は見てて本当に全ての動作が美しすぎて、そうバレエですよ!
指先からジャンプにスピンからうっとりしますね(*ノ▽ノ)
何度でもいつまでも見ていられます。。。
表現力も芸術力も人くくりで羽生選手です。

言葉では表現出来ません(*^^*)

青嶋さんの芸術力や表現力とはなんなんでしょうか?
やはり男の色気シリーズなんでしょうか(°∀°)

羽生選手のその辺を全く分からないのって、普通に考えて認めたくない別の感情が有るのかな〜と思ってしまいます。
仮に羽生選手が生意気だけど、滑りは認めるとか有るじゃないですか‼
全てが例の誰かより劣ってるとか、敢えてそこ大丈夫?て心配になりますね。

でもこんな人が堂々と書籍を出してるのがオカシイですね、本当に時が止まってしまってるんですよ。
時代遅れで、何としても下げたいんですね。

結局自分が恥をかいてる気もしますが(;´д`)

素敵な記事の紹介有り難うございました〜。
このようにきちんと論理的に発信されるのは本当に心強いです!

PS、マリリンさんには余計なコメントした事でご迷惑をおかけして申し訳ありませんでしたm(._.)m
これから応援しています!
Posted by ようにゃん at 2017.01.01 21:03
書き忘れました。
あちらの掲示板に書いてる人ね。
なんで2chまがいのことするのかな。
マリリンさんのいう通り、自分でブログやツイッターで発信すればいいじゃないですか。
ここ数日だけ見ても、そんな糾弾したい人っていますか。
たまには宇野くんの演技好きでないっていう人がいても、ここは羽生オンリーファンブログだから、そんな程度は仕方がないでしょう。
デーオタの羽生君への攻撃なんてとんでもないレベルですよね。

正直に言ってしまえば、宇野くんを敬遠したい理由は、事務所が羽生超えが、というより、はっきり言って、私の場合は背後にしがみついている非道のデーオタの存在ですが、まあそれも宇野くんには責任ないっていえばそうだけど、感情面ではこれがなかなかすっきりしないんですね。徐々に脱皮していけたらいいとは思ってはいますが。
Posted by たをり at 2017.01.01 21:04
エミさん(*^_^*)
昨年もお世話になりましたが今年もどうぞ
よろしくお願いいたします。

>何気に紅白をつけていたら郷ひろみの言えないよ?が
>かかっていてアイスショーを思い出しました…

そういえばそうでしたね^^
あの時のショーは見に行ってませんでしたが、ゆづが
金メダルを取った年でしたね。

>足の怪我も癒えて羽生君が生き生きと氷上で輝きますように!!
>又ゆづ君のバリバリのアイスショーみたいです♪

そうですね^^
今年はあまりショーには出ないかもしれないけど、
昨年はほとんど見れなかったから、見たいですよね〜。

>今年もゆづとマリリンさん始めゆづファンにとって
>素敵な一年になりますように(〃⌒ー⌒〃)∫゛

ありがとうございます。^^
私もゆづの幸福と、健康、すべての試合でいい結果が
出せますように、祈っています。
Posted by マリリン at 2017.01.01 21:29
マリリンさん
素晴らしい記事の紹介ありがとうございます
これを青嶋本人と青嶋を使っている新聞社・出版社にもどうにかして読ませたいです!
読んで一体どう思うのか?反論出来るならしてもらいたいものですね
どうせまた、的はずれでトンチンカンな言い訳するんでしょうけど

羽生くん全力応援頑張ります
メディアの理不尽な扱いには断固として抗議もしたいと思います

今年もよろしくお願いします

Posted by ちゃい at 2017.01.01 22:06
オリビアさん(*^_^*)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ハワイにお住まいなんですね!素敵!
今そちらは暖かいのでしょうか?

>2016年のもう一度見たい名場面の3位にゆづの演技
>というニュース嬉しいですね!

そうですね(●^o^●)
いつもゆづの演技はもう一度見たい場面の
ランキングに入りますね。

>宇野選手には華がない。これからいくら頑張っても試合に
>勝つことはできても、けっして一般大衆に愛され支持される
>ことは叶いません。

華という意味では、ゆづにかなう人はいませんね(@^^)/
宇野君も頑張ってはいますが、ゆづのような圧倒的な人気は
出ないと思うし、それだけ見ている人を魅了できるものが
あまりない気がしますね。

私、このErikaさんの言葉のここにすごく共感しているんです。
自分でもそう思っていたのですが。

「私にはむしろ、羽生選手より宇野選手の方が、
一つ一つのジャンプの習熟に時間を掛けずに、
拙速にプログラムに導入することで、プログラム
全体の完成度や芸術性を損なっているように思う。」


そう、まさしくそうなんですよ。
フリップの習得もループの習得も彼は比較的早いのは、
天才的なのかもしれませんが、ちょっと飛べるようになると
すぐにプログラムに入れようとする。

のんびりしていては、ボーやんやネイサンや羽生に
勝てないから急いでプログラムに入れたいのはわかるのですが、
ゆづのように、GOEを引き出せるまで習熟してから入れようと
しないところがね(^_^;)

ステップからただちにジャンプに入る・・という部分も
フリップに関してはまだまだ甘い・・て言うかできていないし。

だからゆづのように『美しくない』のです。
容姿だとかスタイル以前の問題なんです。

ゆづのように「完璧」さを全く追求せず、
とりあえず飛べたから入れてしまえ・・的なプログラム
なので、感動がないし、表現力といっても結局は
いつも同じ表情で、手つきで・・曲やストーリーを
表しているようには見えないのです。

・・とそこまで言ったらまた厳しいとか言われちゃうかな。

>宇野選手を愛して止まない青島さんはそこの所を良く
>理解しているので、日本中、世界中に愛されている羽生選手を下げ、
>宇野選手に残されたわずかに良い点を非現実的な褒め方でsupport
>することしかできないのです。

哀れですよね(^_^;)
一生懸命上げ記事を書いてあげたかったのでしょうね。
宇野君はまだまだ若いしこれからなので、変に褒めそやされる
よりも、正直な評価を書いてもらうほうが伸びる気がしますね。

そのほうが彼のためになるのでは。

>マリリンさんのようにどんな逆境にも負けず真摯に
>突き進む姿はゆづと重なります。
>これからも記事を楽しく拝見させていただきながら
>ゆづとマリリンさんを心から応援いたします。

ありがとうございます(*^^)v
そんなほめていただくほどのものではありませんが、
ゆづが一生けん命だからこそ、スケートに命をかけて
いるからこそ、私たちも真剣にゆづを応援したいと
思うのだと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。
Posted by マリリン at 2017.01.01 22:08
ypukoさん(*^_^*)
今年もよろしくお願いいたします。

>勉強不足で客観性のない幼稚な文章を垂れ流す青嶋ひろの氏を
>いまだに起用し続けるメディアにも責任があると思います。

ほんとにそう思います(*^^)v
もう、書かないでほしいですよね。
ろくにフィギュアのこともわからないくせに。
まぁ・・私も人のことは言えませんが(^_^;)

スポーツライターなら、もっと勉強してほしいですね。
Posted by マリリン at 2017.01.01 22:21
ゆきえさん(*^_^*)
こんばんは。

>今回の記事の紹介、本当、感謝、感激…言葉がありません
>数値を対比して、理路整然と説明され 素人は勿論 その道を
>極めた人でも ぐうの音も出ない。

ほんとにすばらしい記事でしたね^^
ゆづの素晴らしさをしっかりと理性的に話しておられましたね。

青嶋の代わりにUEBRONZAを書いていただきたいくらいです。
Posted by マリリン at 2017.01.01 23:24
たをりさん、(@^^)/こんばんは。
昨年はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

>Eriko Sonoさん、胸のすく切れ味でしたね。
>「プロの芸術は高度な技術こそ前提にしている・・

そうですね(^^)
常々たをりさんが言っていたことですよね。

>羽生選手の演技は見る人に音楽の表現するところを
>最も観客に感じさせるほど円熟しているということです。

円熟・・全くその通りだと思います。

>昨年グランプリファイナルのショートの演技を解説していた
>ポーランドの解説者は、ショパンの演技を見て「偉大なる音楽の解釈」
>と感に堪えない声で、羽生くんの演技から受けた感動にしばらく
>声を失っていました。

ショパンの母国である国からの絶賛を浴びるなんて、
ゆづは国境を越えて、絶賛される世界最高のスケーターなんですね。

>高橋さんもどうかと思います。表現表現て、まるで羽生くんに
>表現力がないみたい。それはあなたが羽生くんに対する理解力や
>感性が低いだけで、そもそも高橋さんがめざすような表現力など、
>羽生くんには全く要りませんわ。

おっしゃる通りですね^^
私もまったく同感です。
高橋氏のいう表現って所詮自分がやっていた程度のものですよね。

誰が持ち上げたのか『高橋氏の表現力」がいかにも世界一である
かのように、現役時代は褒めそやされていましたが、ゆづとは
違ったタイプですし、どちらかというと品がない過剰な色気?
エロいんです。

>高橋さんみたいな表現力など羽生君に身につけてもらいたくないんです。
>羽生くんの表現力は、あなたよりはるか高い次元を歩いてますからね、

私もゆづにはそのようなものを身につけてほしくないですし、
ゆづにはそのようなものは必要ないと思っています。

高橋の後継者は宇野君だと思います。高橋さんをこよなく
尊敬していますからね。

>Eriko Sonoさん、素晴らしい分析力でしたが、基本は昨年、
>すでに書かれているマリリンさんと同じこといってませんか。
>あのときはたくさんの人の賛同コメであふれましたね。

ありがとうございます(*^^)v
そうですね。私も青嶋ひろのにモノ申す・・という記事では、
同じようなことを書いていたと記憶しています。

>こういうテーマで真っ向から向かう姿勢のブロガーさんは
>本当に貴重です。
>私は何よりのマリリンさんの真っ直ぐな志を持つ姿勢を
>支持しますよ。今年もご活躍お願いします。

ありがとうございます<(_ _)>
たをりさんと私は思考や好みが似ているのかもしれませんね^^
基本、私は馬鹿真面目なところがあるので、ゆづの素晴らしさを
伝えようと思うと、こういう記事が目についてしまうので。^^


>あちらの掲示板に書いてる人ね。
>なんで2chまがいのことするのかな。
>マリリンさんのいう通り、自分でブログやツイッターで
>発信すればいいじゃないですか。


そうですよね(^_^;)
皆がみんな、ブログを作ることはできないのかも
しれませんが、あそこまでね、ゆづの事を守りたいとか、
ゆづファンを見張る?風紀委員だか警察官だか知りませんが、
とことんやりたいのなら、他人の媒体を使うのって限界があるし、
ふさわしい方法だとは思えないのです。

私はゆづが好きだから、ゆづを応援するために、
何ができるだろう?って考えた時に面倒な作業であっても
ブログを作ることに決めました。

ツイッターやフェイスブックも持っていますが、
ブログが一番、いい方法だと思うのでブログを使って
自分の言いたいことを発信しているんです。

そのためにはブログを持たない人の何倍も、時間も
労力も使って運営を継続していますし、もちろん
WEBの勉強だってかなりしています。

文章の書き方だって勉強しています。

あの人もね、そこまでゆづの事を思い、真剣にゆづを
アンチから守りたいとか、自分なりの「ゆづファン」の
理想像があるのなら、苦手だろうとなんだろうと、
自ら媒体を持つ努力をしたらいいのですよ。

人のふんどしで相撲を取るのではなく。

甘ったれるんじゃないよ。真剣ならそのぐらい努力しろよ!
と言いたいです。

自分の媒体を持つのはしんどい、人からの攻撃にあうのが
怖いからブログやツイッターでは、発信したくない・・
気に食わないファンを見つけたら、取り締まりに行く・・

そんな自分勝手な話がありますか。


>たまには宇野くんの演技好きでないっていう人がいても、
>ここは羽生オンリーファンブログだから、そんな程度は仕方がないでしょう。
>デーオタの羽生君への攻撃なんてとんでもないレベルですよね。

ありがとうございます(*^^)v
デーオタのブログはもう嫌悪感しかないので、私は
訪れてみようとも思いませんが、うっかりネットで
羽生結弦のキーワードで検索して訪れた先がアンチの
ブログだった時、もう・・吐き気がするほどひどい
悪口が書かれているのを見たことがありました。

誹謗、中傷、ねつ造は当たり前。
ゆづの言動の動機を悪く悪く受け取って、自分たちの
想像・妄想でゆづを悪者に仕立て上げていく。

あまりの狡猾さにあきれはてました。

大輔が引退した今でも、まだしつこくゆづのあらさがしを
しようと、動画を見まくり、演技を見まくり、ゆづの
言葉尻をとらえてけなしまくる・・

こんな悪質なデーオタと私のブログを一緒にするとは、
よほど私のことが嫌いなんでしょうね。あの人は。

ゆづファンのすべてが友達になれる人でもないし、
ブロガー皆が仲間でもない・・

私はそう思っています。

>正直に言ってしまえば、宇野くんを敬遠したい理由は、
>事務所が羽生超えが、というより、はっきり言って、私の場合は
>背後にしがみついている非道のデーオタの存在ですが、
>まあそれも宇野くんには責任ないっていえばそうだけど、
>感情面ではこれがなかなかすっきりしないんですね。


私もたをりさんと同じで、宇野君のバックに
デーオタが付いているのがすごくいやです。
確かに宇野君自身には罪はないのかもしれないけどね。

でも全くないとは言えないかもしれません。
そのおかげで良い思いもしていると思うし。

私は別にゆづが引退後に宇野君が世界の王者になろうと、
五輪で金メダルを取ろうと、そんなことで嫉妬したり
いじめようとは思いません。

ゆづが引退した後まで敵対視するほど、心はせまくありません。
むしろ、ゆづがいなくなったら男子フィギュア界を引っ張って
いってもらいたいとさえ思っていますよ。

だって今はあの子しかいないと思うから。

でも、ゆづが現役でいる間は、ゆづがずっと王者でいてほしい。

それが心からの願いです。

ゆづが「負けるのがいやだ」って言うんだから、
ゆづには誰にも負けてほしくない。

ファンとしては当然の気持ちです。

Posted by マリリン at 2017.01.02 00:39
マリリンさん遅くにすみません関西ですが1日の朝にダウンタウンの松本さんのTV番組で大きな事務所に入ってる人は何かあっても面に出さない力が働いてそうでない人との守られ方が違うのってウ〜ン?どうなんかと思うと言っていましたよ(大雑把な内容ですけど)直ぐに高橋さんや宇野君の事務所の事を感じました!!
松本さんの言ったことが誰のことかは解りませんがこうして声をあげるって大切な人を守るためには必要なことなんだと思いました!!
お休みなさいほっとした顔夜眠い(睡眠)

Posted by エミ at 2017.01.02 01:19
マリリンさん、あけましておめでとうございます(*⌒▽⌒*)
Erika Sonoさんの記事は、デニス・テンの嫌がらせがあった世界選手権の頃から見ていました。Twitterで知り、ゆづの正当性を書いてくれて凄く嬉しかったです。Erikaさんの記事はもっと皆に見てほしいので、マリリンさんに紹介して貰って良かったです!

青嶋ひろのは最悪です!
何をもってフィギュアスケートを語ってるのか不明。何か資格でもあるの?オリンピック金メダリストを批評できる立場にあるの? 青嶋ひろのを分からず「羽生結弦物語」を購入したことを後悔しています。金返せー(笑)

マリリンさんのゆづ愛、大好きです!
今年もマリリンさんと共にゆづを応援したいです。よろしくお願いします(*⌒▽⌒*)
Posted by りんれん at 2017.01.02 10:30
マリリンさん
こちらも無事今日新年を迎えました!(^^)
ハワイもやはり冬の季節は朝晩冷え込んで18度位になりますので夜は防寒しています。日中は24度位です。

青嶋さんの悪名はtwitterで囁かれてたので知ってる程度だったので
実際にどんな記事を主要新聞に載せているのかまで知りませんでした。今回マリリンさんご紹介にErika Sonoさんの記事で実際の内容を知り、唖然絶句し、憤慨を超えて呆れかえっています。

世界を制覇したオリンピック金メダリストで日本を飛び越え世界中からも、もう宇宙人クラスで比類ないと大絶賛の羽生選手と、やっと羽生選手の背中を追いかけ始めた宇野選手では全く比べ物にならない土俵で、必死に宇野アゲに奮闘しているのがあまりにもあからさまであり読んでいても笑いしか出てきません。


第一、宇野選手は羽生選手と比べて評論されるような位置に全然いるはずもないのに、いかにももう並んでいるような、その上をいってるかのような、不自然なあげ報道には読者の方々は気づいていて、冷笑しているのではないでしょうか。

羽生選手のような全てを兼ね備えている誰とも比較不可能なスーパースターを無理やり悪意で下げて、宇野上げのために悪利用するなどと不届きな卑劣行為はいずれは宇野側へよくない影響を与え高い代価を背負う結末となっていくでしょう。

蒔いた種は刈り取らなければなりませんから青嶋氏もいずれは自分が蒔いた醜い種を収穫する日が来るのです。

Posted by オリビア at 2017.01.02 11:49
ようにゃんさん(*^_^*)
今年もよろしくお願いいたします。

>青嶋さんの芸術力や表現力とはなんなんでしょうか?
>やはり男の色気シリーズなんでしょうか(°∀°)

美しくないものを芸術と評する青嶋のいう『芸術』など、
下品の代名詞ではないでしょうか。

私にしたら、よっぽど町田君の演技ほうが魅了されましたけどね^^

>でもこんな人が堂々と書籍を出してるのがオカシイですね、
>本当に時が止まってしまってるんですよ。
>時代遅れで、何としても下げたいんですね。
>結局自分が恥をかいてる気もしますが(;´д`)

そうですね^^
一般の人のほうがよほど素直な感性を持ってフィギュアを
見ることができているのではないかと思います。

あまりにもかけ離れた評価をするから、陰謀論なるものが
生まれてきちゃうんですよね。

本心でそう思っているの?
なんかの力が働いているんじゃない?って。

ようにゃんさん、全然余計なコメントではないですよ^^
まったく偶然だったのです。私があのアンチコメを
あのブログで見つけたのは。

私は、相互リンクしていることもあり、ゆづ関連の記事は
よく拝見させていただいているのです。たまたま・・あの記事の
コメント蘭を読み進めていったら、ようにゃんさんが言ってたような
コメントを見つけたので、「こいつか」と思ったのです^^

ようにゃんさんはどこのブログのどの記事に・・とは一切
言いませんでしたからね^^

気にしないでくださいね。

放っておいてもよかったのですが、私の記事を許可もなく
勝手にコピーして、いかにも私がひどいことを言っているかのように
『ねつ造」をしていたので、許しておけないな・・と思い、
管理人さんに報告して削除をしてもらいました。

でも・・ようにゃんさんも言ってたように、擁護してくださる
コメントも多数、見ることができたので、とてもうれしかったです。

アンチの心理って、自分の思う通りに相手が行動しないと、
自分の考えや行動を正当化したくて、中傷して歩くのですよね。

そのためには気に入らない人物の言動をいちいち、言葉尻まで
とらえて、大げさに騒ぎ立てる。

「こんなに悪いやつなんだよ」と言うために都合のいいように
記事やコメントの一部だけを切り取り「ねつ造、編集」する。

だからデーオタと変わらないことをしていると、私に
批判されるのです。

自分のしていることが全く分かっていない、愚かな人だと思いました。
Posted by マリリン at 2017.01.02 12:54
ちゃいさん(@^^)/
今年もよろしくお願いいたします。

>素晴らしい記事の紹介ありがとうございます
>これを青嶋本人と青嶋を使っている新聞社・出版社にも
>どうにかして読ませたいです!

そうですね^^
でも、厚顔になっているでしょうから、非なんて
認めないんじゃない?

ムキになってますますゆづ下げ記事を書くかもしれません。

しかし、仮にもね、有料記事のコンテンツを書いている
わけですから、こんなに反感を買う記事書いて、自分や
新聞社にとって何か得があるのでしょうか?
不思議でなりません。

>羽生くん全力応援頑張ります
>メディアの理不尽な扱いには断固として抗議もしたいと思います

はい(*^^)v
みなさん頼もしいです。
今年もゆづの応援がんばりましょう!
Posted by マリリン at 2017.01.02 13:08
エミさん(*^-^*)
そうでしたか。
芸能界でも何でも、大きいところに所属しているのは、
いろんな面で有利なのでしょうね。

大企業と中小企業・・公的機関と民間・・
同じ人間なのに受ける待遇には差がありますよね。
Posted by マリリン at 2017.01.02 14:06
りんれんさん(*^-^*)
今年もよろしくお願いいたします。

>Erika Sonoさんの記事は、デニス・テンの嫌がらせが
>あった世界選手権の頃から見ていました。」
>Twitterで知り、ゆづの正当性を書いてくれて凄く嬉しかったです

そうでしたか^^
ツイッターはほとんど見ないので知りませんでした。

>青嶋ひろのを分からず「羽生結弦物語」を購入したことを後悔しています。

私もです(笑)
最初の頃は知らなかったので、買ってしまいました(^-^;

ファンもだんだん見る目が養われてきましたよね。

ゆづを正当に評価している人の記事だけを読みたいものですね^^
Posted by マリリン at 2017.01.02 14:11
オリビアさん(*^-^*)
再びありがとうございます。

>青嶋さんの悪名はtwitterで囁かれてたので知ってる程度だったので
>実際にどんな記事を主要新聞に載せているのかまで知りませんでした。
>今回マリリンさんご紹介にErika Sonoさんの記事で実際の内容を知り、
>唖然絶句し、憤慨を超えて呆れかえっています。

そうでしたか(*^-^*)
もうあんなアンチライターの記事を知る必要もないですけど、
まともに読んで信じてしまう人もいることを考えると、
毒の垂れ流しはやはり、どこかで誰かが警告しないと・・と
思います。

>やっと羽生選手の背中を追いかけ始めた宇野選手では全く
>比べ物にならない土俵で、必死に宇野アゲに奮闘しているのが
>あまりにもあからさまであり読んでいても笑いしか出てきません。

どうしてあそこまでゆづを認めまいとするのか、
不思議ですよね(^-^;

人の好みとはいえ、大輔さんや宇野君のようなスケーターが
お好みだからというだけで、ゆづのすばらしさを認めないのは、
人としてどうなの?と思います。
Posted by マリリン at 2017.01.02 21:43
マリリンさん。初めまして。
星野光です。

青嶋ひろのの噂は聞いていましたが、最近の羽生結弦選手のブログに載る彼の怪我に対する無能、馬鹿呼ばわりに腹が立ちます。
しかも周りの人が彼にもの申せ無い状況等とどこまで大袈裟に書けば気に済むのでしょう。
マリリンさんの抗議で1度はその記事を降ろしたと聞いておりましたが、又昨晩再度載っているのをみて愕然と致しました。
又誰かの抗議でもあったのか今日は消えておりました。
それでもニィフィティニュースには載っています。名前を明かさない関係者の記事を信じないようにしていますが、矢張りそれを目にした方は信じたり、気を悪くするかも知れません。
以前エリカ.ソノさんの載せていらっしゃった素晴らしい記事も読みました。
音楽家の方がレッゴ-クレイジーの難しいプロをあれだけ音楽性豊かに表現出来ると賞賛されていました。
又ホ-プ&レガシーは自然に溶け込むあの素晴らしさと絶賛でしたね。
私もその通りと思います。彼は質の良いジャンプを跳び、入り、後の流れと完璧でした。
繋もジャンプも流れの中で簡単そうでも誰でも出来る技ではありません。
それを美しく、芸術的かつアスリ-ととして、スポーツ性も兼ね備えたオ-ルパッケージな稀有な選手です。
プルシェンコさんの仰るようにそんなにクワドを入れなくても勝てるでしょう。しかし彼が言うようにフィギュアの中心はジャンプです。そこで羽生選手がジャンプに拘るのがフィギュアの進歩に繋がるには1理あります。
しかし早くからクワドの練習をする若手に羽生選手もこれから習得するのは大変と思います。選手生命の短くなる事を思えば、対策も必要かと思われます。
羽生選手がそれでも考えながらもっと進化したいなら納得行くまで、怪我に注意しつつ頑張って欲しいです。
力を抜いてやれる方法で。
テニスのフェデラー選手はあの年でなお進化しながら、フアンからも選手からも愛され度ナンバー1を長年続けています。
彼もそんな選手になって欲しいです。
宇野選手は素晴らしいフィギュアの上達振りです。彼のPCSはちょっと出過ぎとも思いますが、ジャンプよりは盛り過ぎではありません。
チ-プジャンプとフリーレッグが気になりますが、繋で休み、両足でこいで、リンクに足を乗せる時間が長いです。又クワドもトリプルも滞空時間にあまり差がないのは気になります。しかし彼は体幹強いのと、怪我のないのが強みです。怪我のないのも実力の内です。そして練習に励みます。
安定度も抜群です。良い所が一杯あります。
これから羽生選手と良いライバルになるでしょう。
選手皆様が万全の体調でフェア-な試合が出来る事を心から願っています。
Posted by 星野光 at 2017.12.05 18:07
青嶋というのは朝鮮人ですよ。
Posted by at 2018.07.27 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます