スケカナの銀メダルを心から嬉しく思います。 - 羽生結弦 成功への軌跡

スケカナの銀メダルを心から嬉しく思います。


ドキドキだったゆづのGPSの初戦も終わり、
2位という結果にホッとしたせいか、ちょっと
疲れました(*^。^*)

でも、ほんとによかったです。

こんな素敵なゆづの笑顔が見れました。

yuzuru1585.png

表彰式の動画です。

https://youtu.be/njzNkyXUUwk



ショート2位でありながら、フリーでミスを
連発して8位に沈んだ無良選手ですが、
朝の公式練習の際に左足を捻挫したらしいです。

気の毒ですね・・(;´・ω・)

せっかくショート2位だったのに。

ゆづと一緒に表彰台に上がってほしかったです。

ファイナル行きは可能性としてはないに等しい
とはいえ、彼の次の大会である、フランス杯で
実力を出して欲しいと思います。

今回のカナダ大会の印象ですが、気のせいでしょうか。
日本の選手に対して、採点が厳しかった気がしました。

逆にカナダの選手には甘い・・という印象があります。

ひがみかもしれませんけどね(^-^;

さと子ちゃん、規定違反だったということで
ステップが0点になったとか・・。

これには浜田コーチも「責任を感じている」と
コメントをしていました。

本郷選手も見た目はミスなく終えたと思ったのですが、
フリーの得点は105点とあまり伸びませんでした。

回転不足をかなり取られていたということです。

色々と腑に落ちないこともありますが、仕方ないですね。
採点競技の宿命のようなものですから。

これにめげず、日本の選手の皆さんは、それぞれ、
つぎの大会で雪辱を晴らして欲しいものです。

カナダの選手である、ケビンレイノルズ。

怪我でここ数年、GPSに出ることができませんでしたが、
今回、ようやく復帰してくれました。

また強い選手が一人戻ってきたので、ゆづも
うかうかしていられないですね。

カナダといえば、こんな記事が出ていました。

海外メディアが「熱狂4回転時代で羽生と
チャンが五輪までV争い」と報道


内容ですが、まぁ・・自国のスター選手が
世界一の選手に勝ったのですから、自慢したいのは
わかるのですが。

「平昌五輪でもチャンと羽生の争い」というのは、
どうなんだろう?と思っちゃいました。

平昌の頃は、もっと若い選手と羽生選手との対決、
またはハビエルVS羽生になると思うんですけどね^^

でも、もちろんパトリック選手も強敵なので、
侮ることはできないと思いますが。

ちょっと、自国の選手を買いかぶり過ぎな
気がしました。💦


最後に、スケートカナダのエキシビションの
放送予定をお知らせいたします。


放送日:2016/11/01
放送時間:21:00〜
放送局・チャンネル:BS朝日


フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 
第2戦 カナダ大会 エキシビション。

ゆづがどんな衣装で何を踊ってくれるのか、
注目したいと思います。(*^-^*)


PS:ライストで見た、ゆづのフリー演技。

そのあと出た動画で何度も繰り返し繰り返し
見ていました。

何度見ても泣けて泣けて仕方ありませんでした。

曲がステキなのもあるのですが、ゆづの
一生懸命さに凄く感動しました。

ちょっと前まで、ジャンプが跳べなくて
苦しんでいたゆづ・・。

もう跳べないかもしれない・・と絶望的な
気持ちになったことだって、あったに違いありません。

闘う相手は世界最高の自分とはいえ、
世界中のスケーターが打倒羽生を掲げて
どんどん、猛追している今。

五輪チャンピオンである自分が、こんな状態で・・
と、焦る気持ちは絶対にあったと思います。

そんなつらい状況を乗り越え、よくここまで
仕上げてきてくれた、と思いながら見ていたら、
涙なくしては見ることができませんでした。

そして、もうそんなに先のことではないであろう、
ゆづの現役引退の時期を考えてしまいました。

この曲がもしかするとゆづが現役で滑る
最後のフリーの曲になるのかな・・とか。

五輪ではこの曲で演技してほしいな・・とか。

私たちをこんなにも魅了してやまない、
唯一無二のスケーター、羽生結弦の演技を
リアルタイムで見ることができる幸せ。

夜のテレビ放送の時は、そんな幸せを
かみしめながら、ゆづの銀メダルを心から
お祝いする気持ちで見ていました。

昨年と同じ悔しい銀メダルなのに、今季の
銀メダルはなぜかとてもうれしくて・・。

もちろん、ゆづ自身は「悔しいのが9割」
といってましたけどね(^-^;

でも・・いいんです。

私はゆづの姿をリンクで見れるだけで幸せなの。

今季はもしかしたら、見れないかもしれないと、
覚悟していた時もあったから。

ゆづ・・これからの1年半を、あなたと一緒に
喜んだり、悲しんだりさせてください。

この笑顔が今季もたくさん見れることを
心から願っています。


yuzuru1594.png


そして、平昌五輪でも表彰台の真ん中で、
微笑むゆづの姿を見ることができますように

いつも応援しています。

yuzuru1592.png

yuzuru1591.png


このブログは人気ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックでますます元気が出ます。(*^-^*)


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位に迫るポイントを獲得しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2016-10-30 | Comment(9) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、やはりゆづはやってくれましたよね(^o^)v去年と同じ感じですが、万全で無い状態で本当に頑張ってくれました‼今期は休むべきだと、言われる事がいつも心配になってしまいます(>_<)全日本エントリーしましたが、出てくれますよね?無理はして欲しくはありませんが。天は二物を与えず…イケメンで頭も良くて、スケートは超一流❗スケート以外もなんでも出来るゆづは怪我と戦う事になっているのでしょうか(;o;)ゆづが高橋大輔くんを抜いた時は高橋さんは怪我に悩んでいました。その時と同じでゆづはしょうまに抜かれる?と心配になってしまう時がありますが、高橋選手、本来の力を出してもゆづには敵いませんでしたよね‼本当にゆづはカナダでパワーアップしましたから(*^^*)それを考えるとしょうまは、まだまだ❗ゆづは大きな怪我無ければ無敵ですよね❗
Posted by のりか at 2016.10.30 23:17
のりかさん(*^-^*)
こんばんは。

ゆづはやっぱり素晴らしかったですね。
期待を裏切らなかったです。

>天は二物を与えず…イケメンで頭も良くて、スケートは
>超一流?スケート以外もなんでも出来るゆづは怪我と戦う事に
>なっているのでしょうか(;o;)

私もそう思いました。(^-^;
ゆづに唯一「難」があるとしたら、体が弱いこと。
怪我しやすい細い体、アレルギー体質、喘息など。

それさえ克服できたら怖いものなどないのにね。

>ゆづが高橋大輔くんを抜いた時は高橋さんは怪我に
>悩んでいました。その時と同じでゆづはしょうまに抜かれる?
>と心配になってしまう時がありますが、高橋選手、
>本来の力を出してもゆづには敵いませんでしたよね?

もちろんです(∩´∀`)∩
あのまま高橋さんが現役で続けていたとしても、
たとえ怪我がなかったとしても、ゆづの方がずっと
進化し、成長していき、とうに高橋越えをしていましたね。

ってか、2012年の全日本以降、ゆづは高橋さんに
負けていないので、すでに超えてましたが。
ショウマにはまだまだゆづを抜くことはできないでしょうね^^
格が違いすぎますね。
Posted by マリリン at 2016.10.31 00:00
おはようございます。
EX見ました、ウルウル・・・・。
タラソワ、ウィルソンありがとう。
これは、シンプルな腕まくりした白シャツで滑っても素晴らしいでしょうね。
羽生さんはやはり最高!

(小さい声で言いますが、私ランピエールに振り付けてほしいなあと一時思っていたのですが、撤回します。
ランピは自分より美しい男子には振付しなさそう。)

本当に出来たてのほやほやのこのEXは素晴らしい。
これからどんな展開を歩んでいくのでしょうか。

Posted by いち子 at 2016.10.31 10:28
こんにちは。

心臓に悪い土日でした。ケビンくんの実力がどのくらいなものかわからなかったので少々焦りました。このまま4位だったらどうしようとか思って。でもフリーでは最後までふにゃんとならなかったので(最後ビックリしたけど)これは成功だと言って良いと思います。力配分を考えるって言ってたからね。PCSがもう少しあってもいいのにね。去年も低いって思いましたわ。(-"-)。とにもかくにも銀メダルよかったです(´▽`*)。GPS初戦はここ数年ずっと2位かな。カナダ杯はPさん1位、羽生くん2位が定番みたいになっちゃって。

フリーのこの衣装とってもいいですね。写真映えがする。もちろん着ているひと込みでの写真映えですよ。

ムラくんは本当に残念でした。捻挫って一瞬にしてなってしまいますからね。
怖い(@_@;)。

次は4週間後。コーチの言うことをよく聞いて練習に励んで欲しいです。・・・って子供に言うような言い方したら失礼かな。
Posted by しま at 2016.10.31 12:43
マリリンさん
こんにちは

羽生選手の銀メダル、嬉しかったですね〜
負けて悔しい銀メダルではなく、よくぞここまで快復してくれて、美しい演技を魅せてくれましたというプラチナな重い重いメダルです
ライバルは怪我という、さすがの羽生選手も手こずる相手だけに、最後まで祈りにも似た応援が続き、マリリンさん、私たちも疲れましたね〜^ ^
走ったことがないけど、フルマラソンした感じ、達成感もあって完走した感じです

知子ちゃんは銀メダルに値する銅メダルだったと思いますし、本郷選手もね
採点競技の難しさってありますね
羽生選手のホプレガは採点せずにただただ観ていたい、そんな演技でした
そして、エキシビ…
またまた楽しみなプロですね
こちらについては、後ほどまた

羽生選手と宮原選手が揚げてくれた日の丸、君が代は流れなかったけれど、私には聞こえましたよ、君が代が
本当にありがとう
Posted by まきまき at 2016.10.31 15:10
マリリンさん
こんばんは

レッツゴークレージー、ホプレガだけでもギブアップ、放心状態なのに、今朝の白鳥にはもうダメダメ人間になってしまいそうです
白鳥は羽生選手にとって、大切な時に現れるプロですね
今回はタラソワさんから贈られた曲だそうですが
サン=サーンスの白鳥なら瀕死の白鳥なのかなと思いましたが、ボーカル入りなので、愛がテーマなんですね、きっと
あのように美しい方が愛を、わたくしのために舞っておられるのねって、おもいきり勘違いして瞬落ち、完落ちです
ちなみに、サン=サーンスの白鳥、瀕死の白鳥はパブロワの為に作られたもの、彼女の他にはプリセツカヤくらいしか踊ることが許されないくらい特別なもの
しかしながら、細やかな腕の振り以外ほぼパドブレで難しいジャンプやターンがない振付になっている分、基本がしっかりできていないと表現できないそう
プリセツカヤは「腕が折れるまで振り続ける」と言ったとか
ふと、何故、タラソワさんが羽生選手にこの曲を贈ったのか、わかったような気持ちになりました
フィギュアスケート界て唯一無二の特別な存在であると彼女が羽生選手を認めた証であり、羽生選手がフィギュアスケート界のパブロワやプリセツカヤであり、至宝だと称賛しているからではないかなと

前後しますが、表彰式の羽生選手も素晴らしかった
ちょっとしたことだけど、パトリックの方に身体を向け、拍手する、讃える姿をとても誇らしく思いました

後輩にこんな所こそ、真似てほしいものです
長文乱文、お許しを
Posted by まきまき at 2016.10.31 23:21
いち子さん(*^-^*)
今日の夜の放送を待たずに動画で見てしまいましたが、
ため息ですね〜マジで。

こんな美しい白鳥さんは、ゆづにしかできないでしょうね。
他の人が・・やったらアヒルでしょうね。

ランビも素晴らしいですが、これを振付けたのは誰なのでしょうか。
気になりました。

今シーズンはこの白鳥がエキシビションで見れるのかと思うとうれしいです。
レクイエムも好きでしたが、これも素敵。

Posted by マリリン at 2016.11.01 16:04
しまさん(*^-^*)
ホントに心臓に悪い週末でしたね。
ゆづったら、毎年ファンの寿命を縮めてくれるから(笑)

>ケビンくんの実力がどのくらいなものかわからなかったので
>少々焦りました。このまま4位だったらどうしようとか思って。

ですよね(^-^;
ケビンも長かった怪我からの復帰・・思うようにできずに
以前見たときは全くダメでしたが、GPSに出てこれるまでに
仕上がったのだな・・と思いました。

4年前の4大陸で、フリーでミスが続いたゆづを抜き、
優勝したんですよね(^-^;

元々4回転に自信を持っている選手なだけに、怖い存在です。

>PCSがもう少しあってもいいのにね。去年も低いって思いましたわ。(-"-)

そうですね(^-^;
こういっては何ですが、チャンに勝たせるためかなあ?なんて思いました。
ま・・チャンのPCSはいつも高いので、仕方ないのかな。
Posted by マリリン at 2016.11.01 16:10
まきまきさん(*^-^*)
コメントありがとうございます。

>負けて悔しい銀メダルではなく、よくぞここまで快復してくれて、
>美しい演技を魅せてくれましたというプラチナな重い重いメダルです。

そうですねヾ(*´∀`*)ノ
素直にうれしいです。全然負け惜しみではなく。
ゆづがあのまま4位だったらと思ったらさすがにブルーな気持ちに
なってしまったでしょうから。

2位に浮上し、フリーでは1位でしたからめっちゃうれしかったです。

>最後まで祈りにも似た応援が続き、マリリンさん、私たちも疲れましたね〜^ ^

ホントにね(^-^;
LINEでもみんな祈っていましたもんね。

ライストも止まりながらでしたが、無事に見れてよかったです。
ゆづが台乗りしたという安心感でどっと疲れもでましたが、
うれしい疲れでした。

>羽生選手と宮原選手が揚げてくれた日の丸、君が代は
>流れなかったけれど、私には聞こえましたよ

ゆづもさと子ちゃんも世界ランキング1位同志、そして日本の
エースとして堂々としていましたね。
さすがです。

今回、理華ちゃんもですが低過ぎる採点に苦しみましたが、
つぎの試合にその口惜しさと、新たな闘志を抱いて頑張ってもらいたいものです。

>サン=サーンスの白鳥、瀕死の白鳥はパブロワの為に作られたもの、
>彼女の他にはプリセツカヤくらいしか踊ることが許されないくらい特別なもの
>しかしながら、細やかな腕の振り以外ほぼパドブレで難しいジャンプやターンが
>ない振付になっている分、基本がしっかりできていないと表現できないそう

そうなのですか(´・ω・`)
バレエに御詳しいのですね。まきまきさん。
娘さんがバレエを習っていたのでしたね。

>何故、タラソワさんが羽生選手にこの曲を贈ったのか、
>わかったような気持ちになりました

そうなんだヾ(*´∀`*)ノ

>フィギュアスケート界て唯一無二の特別な存在であると彼女が
>羽生選手を認めた証であり、羽生選手がフィギュアスケート界の
>パブロワやプリセツカヤであり、至宝だと称賛しているからではないかなと。

きっとそうなのでしょうね。
私はタラソワさんがそんなにすごいコーチだとは思ってなかったのですが、
ロシア解説でのゆづ大絶賛を聞いて、すごく見る目のある人だと、
尊敬いたしました^^

彼女に見初められた羽生結弦って、やはり世界一のスケーター
なんでしょうね。ファンのひいき目ではなく、全世界の識者が
いうくらいですからね。

この白鳥、これからたくさん見ることができるのがうれしいですね。
Posted by マリリン at 2016.11.01 16:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます