怪我を避けたがゆえのジャンプミス。 - 羽生結弦 成功への軌跡

怪我を避けたがゆえのジャンプミス。


SPでのゆづのループの失敗ですが、
怪我を回避するために、あのような転び方を
したのだそうです。

羽生、ジャンプ失敗のワケは… けが避けようと体が反応

有料記事につき、途中までしか載せることが
できませんが・・(^^;

『「すごく練習してこられたし、ここまでちゃんと
体が持ってくれている」

演技後、羽生結弦はふと、練習できること自体への
安心感を漏らした。

SPで4回転ジャンプを二つとも失敗した悔しさを、
一通り語り終わった後だった。

4週間前にはSPでもフリーでも成功した
4回転ループは「跳んだ瞬間にああーっと思って」。

そのままだと痛い転び方をすると感じ、
体に引き寄せていた腕を本能的に開いて
回転をやめたという。

ひざを突くようにして着氷。

続く4回転サルコーも3回転になった。

けがを避けようと、体が反応した。』


・・で続く記事部分ですが、要約すると、

世選後に2か月休んで、4回転ジャンプを1日1回、
跳ぶことを許されたのはつい1か月ほど前だった。

それ以外にも、右足首や左ひざも痛めており、
そのため体を酷使することはできない。

体調を崩しやすく、風邪もひいていた。

1日の練習時間は2時間に満たず、週5回、
練習できればいいほうである。

つまり他選手と比べて練習量を少なくせざるを得ない
状況なのだという。

「練習は時間よりも質」であることや、
「スタミナって、そんなにつかない」ということを
彼は自覚している。

最後に記事は、
「五輪連覇を阻む最大の敵はけがかもしれない。
怪我と付き合いながらの五輪プレシーズンになるであろう」
と結んでいました。

怪我明けのシーズン。

どうしても「これ以上怪我をしてはいけない」
という気持ちがあると思います。

絶対王者であるゆづの敵は、他の選手ではなく、
怪我なのでしょう。

明日のフリー、ファンとしては、ミスのない
演技を見たいと思うし、できればぶっちぎりの
高得点で逆転Vを!という気持ちは正直、あります。

でも・・

怪我だけが心配です。

今季や来季を棒に振るような大けがだけは、
とにかく避けてほしい。

そのためなら、無理に今季はファイナルに
行かなくてもいいです。

ゆづが健康であるなら、ワールドだろうが、
全日本だろうが、五輪だろうが、ゆづが負けることは
ないのですから。

ゆづ・・私たちはあなたの輝く笑顔が見たいのです。

怪我をしながらの優勝も、うれしいですけど(^-^;

それ以上に、万全な体調で勝ってくれることが
一番うれしいから。


yuzuru1577.png

明日のライスト。

10/30(日)
女子FS 3:35〜5:16
男子FS 7:57〜9:52

ライブストリーミング情報。


スケカナ公式練習ライストデイリーモーション。 
串刺しなしでも見れました。


ロシアスポーツ

ロシアスポーツ1

カザフスタン。

中国章魚TV

中国cctv5

IUS公式ライスト(要プロキシ設定)

男子FS滑走順&ゆづの滑走時間は以下の通りです。

第1グループ
1.リアム・フィルス
2.ロス・マイナー
3.グラント・ホッホスタイン
4.ミーシャ・ジー
5.ミハル・ブジェジナ
6.アレクサンドル・ペトロフ

第2グループ
7.ハン・ヤン(
8.羽生結弦 9:10
9.ダニエル・サモーヒン
10..ケヴィン・レイノルズ
11.パトリック・チャン
12.無良崇人

テレビ放送。

男女フリー  10月30日(日) よる6時30分〜


このブログは人気ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックでますます元気が出ます。(*^-^*)


フィギュアスケートランキングへ

日本ブログ村では1位に迫るポイントを獲得しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2016-10-29 | Comment(8) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん、こんばんは☆ミ

今回のSP順位はまさかの4位でしたけど、思えば去年のスケートカナダもスタート良くなかったですよね!
4Loの転倒も怪我を避ける為に手を開いて膝付との事ですが、そのお陰で大きな怪我をせずに済んで良かったです(*^^*)

私もマリリンさんと同じくグランプリシリーズ無理しないで欲しいですねー。
去年のスケカナ後もスイッチ入って世界最高得点も出して本当に羽生選手以上の選手はいないと改めて実感しました!とても感動しました!

でも実は無理をして世界選手権に響いてしまい。。。
今季は世界選手権で是非金メダル奪還し最高の笑顔が見たいです!
その前に四体陸?も有るんですよね!

現地のホテルロビーのソファーを非常識な沢山のファンが陣取り、深夜疲れて帰ってきた羽生選手にカメラを向けてたそうですが、何しに行ってるんでしょうか?
去年も同じ事が有りましたが、そーゆーのが選手のストレスの1つにもなるんですよ。
本当に辞めて欲しいです。

国内ではU選手と何故かライバル扱いですし、そんな質問を現地で羽生選手に質問したりと大事な試合前で散々ですよ。。。

全日本選手権のチケット応募しました!
宝くじが当たる確率だと思ってほぼ諦めてますが当選したらクリスマスプレゼントですよねo(^o^)o
Posted by ようにゃん at 2016.10.30 01:41
マリリンさん、羽生君への暖かい応援メッセージ、心が和みます。
ありがとうございます。羽生君には今シーズンのせせん優勝とオリンピック連覇をと、祈っています。
今シーズンは大怪我あけですし、GPFにこだわる必要はないと思います。本人は出るからには全ての試合に勝ちたいと思っているでしょうが。焦らずステイヘルシーで、自分を信じて最大目標に向かって進んで欲しい。
それにしても相変わらずの日刊スポーツのメンタル攻撃。一体どこからの指示で動いているのでしょうね。
Posted by はる at 2016.10.30 07:35
マリリンさん、おはようございます。

貴重な、記事をありがとうがざいます。
夕べの 遅い時間に 書いて下さったのですね。

ゆづの、五輪連覇を はばむのは 怪我、、、の記事が、大きく心に、残りました。 と、言うことは、ゆづは、五輪まで、ずっと怪我と、付き合う状況になるのではないか、と思っても 間違いでは無い ですものね。

身体の事は、個人個人、皆 違うから、どうにもなりません。
怪我とは 無縁で いつも ベストを出せる某選手が、羨ましい限りです。

昨日の、ループには、そんな事情が あったのですね。怪我回避のため、身体が反応してしまう。
ゆづは、いつも、いつも、怪我が寄って来てしまう。 世界一、人気のスケーターゆづです。 怪我のまで、好かれなくても、いいのに。

今日の、フリー、私は、何とか 逆転優勝して欲しい。と、ばかり、夕べから、思い続けていました。
が、
マリリンさんの、このブログ記事を、読んで、気持ちの持ち方を、変える事に、しました。
そうですよね。
「今季、来期を棒に振るような怪我を、する位フリーで、無理をしてしまうより、ファイナルに、行かなくても、いいです。」そうですよね。そういう 気持ちで、フリーを、見守ればいいのです。よね。

私は、思い切って怪我を完治させる為、どこかで休んで欲しいと、思いますが、そうは行かないのでしょうか?

「怪我をしながらの、優勝も嬉しいけど、万全な体調で、勝手くれるのが、一番嬉しい。ゆづの、輝く笑顔が、見たいから、、、」

マリリンさんの、〆の言葉。胸が熱くなりました。本当に、その通りですし。今から始まるフリーを 目前に控えて、涙して、しまいました。
ファンも、気持ちの持ち方、大変です。
いつも、有難うございます。
Posted by はや at 2016.10.30 08:05
マリリンさん、おはようございます。
日刊の高場泉穂記者の件、いまだに私の中でくすぶっています。
わざわざカナダまで行ってU選手に対するお褒めの言葉を羽生さんから貰いたかったのは誰かの指令なのかとかね。
でも羽生さんの答え見事だった。
その答えが、あのようなずれている記事になるのは高場泉穂記者の程度の低さから来るのか、初めから羽生下げのシナリオ有りきなのかは分かりませんけどね。

Posted by いち子 at 2016.10.30 08:45
ようにゃんさん(*^-^*)
こんばんは。

スケカナも終わり、昨年と同じ展開で2位で終えることができ、
安心しました。

毎回、ゆづには心配させられますが(笑)
これもファンならではの幸せと思うことにしています。

怪我の影響がどこまでなのか、私たちにはわからないので、
ホントに無理だけは、させないでほしいと思うだけです。

>現地のホテルロビーのソファーを非常識な沢山のファンが陣取り、
>深夜疲れて帰ってきた羽生選手にカメラを向けてたそうですが、
>何しに行ってるんでしょうか?

現地に行っているファンがそのようなことをしているのですか(>_<)
ゆづを応援しに行くということは、待ち構えて写真を撮ることでは
ないはずです。

ゆづを見たいというのはわかりますが、ホテルに戻った時ぐらい、
ゆっくりしたいところでしょうに・・。

ホントにやめてほしいですね。そういう行いは。

>国内ではU選手と何故かライバル扱いですし、そんな質問を
>現地で羽生選手に質問したりと大事な試合前で散々ですよ。。。

世界一の選手からライバル視されていると、言われたい宇野選手
陣営の回し者かと思っちゃいますね(^-^;

これからもくだらない質問する記者が後を絶たないのかと思うと、
マスコミ規制もしてもらいたいです。

チーム羽生がそういうことも少し、配慮してくれないと、
ゆづがかわいそうです。

Posted by マリリン at 2016.11.01 03:00
はるさん(*^-^*)
こんばんは。

>今シーズンは大怪我あけですし、GPFにこだわる必要はないと思います。

そうですね(*^-^*)
ゆづのことですから、出るからには狙っていくと思いますが、
無理だけは辞めてほしいですね。

>それにしても相変わらずの日刊スポーツのメンタル攻撃。
>一体どこからの指示で動いているのでしょうね。

日刊に限ったことではないのでしょうけどね・・。
アホマスコミ、アンチ記者もいるからね。
記者の感情が入ったような記事を書くのはやめてほしいです。
事実だけを伝えるほうがまだましです。
Posted by マリリン at 2016.11.01 03:04
はやさん(*^-^*)
こんばんは。

ゆづ・・結局は昨年同様、2位になりファイナルに望みをつなげましたね。
毎年ハラハラドキドキのGPS初戦ですが、ゆづはいつもドラマチックです。

思えばソチ後のGPSも中国杯で怪我をしたり、期待されている
時ほどゆづはアクシデントに見舞われてしまいましたね。

今季も昨季の世界記録更新かと、期待が高まっていた中での
怪我の報道・・。

ショーを全休したくらいですから、怪我の程度や回復ぶりが
心配されていました。

でも、怪我をしても安定の2位発進はさすがです。

ジャンプだけではない、技術力や演技構成が評価されている
証拠ですね^^その他の演技でも十分、見ごたえのあるものだと
評価されたのでしょう。

スタミナやジャンプの精度は怪我の回復とともに、
改善されていくと思うし、プログラムも滑り込んでいけば、
また神プロになること間違いなしですので、後半のゆづの出来に
期待しましょう^^

Posted by マリリン at 2016.11.01 03:11
いち子さん(*^-^*)

こんばんは。

>日刊の高場泉穂記者の件、いまだに私の中でくすぶっています。

あの記者の記事には多くのクレームコメントが書かれていましたね。
当たり前ですよね。ほんとに。何を考えているんだか。

>U選手に対するお褒めの言葉を羽生さんから貰いたかったのは
>誰かの指令なのかとかね。でも羽生さんの答え見事だった。

差しがねだとは思いたくないですが、ゆづよりも好感をもっている
ことは間違いないですね。あの記者が個人的にかどうかはわかりませんが。

ゆづに対して敬意があるならあんなひねくれた記事にはならないですもん。

記者も人間だから、まったく公平にとはいかないでしょうけど、
悪意のある記事と受け取られても仕方ないのでは・・と思います。
Posted by マリリン at 2016.11.01 03:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます