超一流のアスリート 羽生結弦。 - 羽生結弦 成功への軌跡

超一流のアスリート 羽生結弦。


今日は、こんな記事を見つけましたので、
ご紹介したいと思います。

既に読まれた方もいると思いますが。

羽生結弦 12席分のトリプルアクセル

【長久保豊の撮ってもいい?話】

『羽生結弦選手が異質のアクセルを飛んだのは昨年11月、
長野でのNHK杯のことだった。

前日のSPで2位以下をぶっち切り、フリー当日の
午前練習。

全選手の曲かけ練習が終わりカメラマン席には
弛緩した空気が漂っていた。

他の選手たちから距離を置き、彼がトリプルアクセルを
2回飛んだ。

そして助走スピードを上げた3回目だった。
恐ろしく飛距離の長いアクセルを飛んだ。1
回転、2回転…。
シャッター連射のすき間から彼が回転を途中で
切り上げ着地したように見えた。

 「やめたよね?」。

 「うん途中で降りた」。

失敗?カメラのモニターで確認してみると
間違いなく3回転半回っている。

そして4回目のアクセル。
今度は恐ろしく高く飛び、派手にコケた。

飛距離の長いジャンプと高さのあるジャンプ。
単なるバリエーションだったのか、4回転半への
挑戦の過程だったのか、それはわからない。

yuzuru1247.png


先月27日、羽生選手がお茶の間に元気な姿を
見せてくれた。

4月の左足甲の負傷以来、断片的にしか伝わってこない
彼の情報にやきもきしていたファンも多いはず。

来月にはGPシリーズも開幕、新プログラムや
衣装についての情報を求める声も日増しに高まっている。

平昌五輪のプレシーズン。
五輪で勝つための条件が見えてくる。

フリーは「3種類、4本の4回転」時代となるのか、
あるいはそれ以上か。金博洋選手には4回転ルッツが
あり宇野昌磨選手もフリップを成功させた。

五輪王者の3種類目の4回転に注目が集まるのは当然だ。

練習やエキシビションで4回転ループの成功は何度も見た。

昨年末の真駒内ではルッツにトライする姿も見た
(開場前のリンクに機材を置きに行ったら、
たまたま見えちゃったんです。ゴメン)。

だがそれはすべて昨シーズンまでの話。

ボクは17歳の彼を知っている。

今や伝説となった2012年フランス・ニースでの世界フィギュア。

その時、彼の足が傷ついていたことも知っている。

「彼を止めろ。これ以上滑ったら靭帯やっちゃう
(ボクはヒザの故障だと思っていた。

だが後日、足首の捻挫だったと明らかになる)」。
おそらく彼も耳元で同じことをささやかれていたのではないか。

彼はそれを振り払うように吠え、カメラのファインダーに
収まりきれない激しさで4分30秒を舞った。

弾ける歓声の中で「あいつの足、壊れてたよね?」
と言って泣き、「オレ、あいつを小さな頃から知ってるんだよ」
と言って泣き、「あいつ、遠くへ行っちゃったよ」と言って泣く。
そういうカメラマンたちの姿を知っている。

今も彼の本質はあのころと変わっていないことを
知っている。

知っているから怖い。

今シーズンに限って言えばライバルたちが4回転の
種類や本数を増やそうと彼の絶対性は不変だ。


だが彼は圧倒的なプログラムで勝とうとするだろう。
彼はバンクーバー五輪のライサチェクにはなれない。

負傷の不安やわれわれが抱える心配をも戦うモチベーションに
変えてしまう人だから余計なことは言うまい。

そして気の早い話だが平昌で滑り終わったら指を1本、
すーっと天に向けて立ててもらいたい。

ニースのときと同じように。そうしたらボクも
泣いてしまうだろうな。』


yuzuru1246.png


全文をそのまま転載させていただきましたが、
とても素敵な記事でしたね。


羽生選手へのリスペクトと愛情を感じる記事でした。

特にうれしいのが、
ライバルたちが4回転の種類や本数を増やそうと
彼の絶対性は不変だ。
という部分。

そうですとも

昌磨がフリップを跳ぼうが、ボーヤンがルッツや
他のクワドをいくつも跳ぼうが、ゆづの「絶対王者」は不変です。

ゆづは、ライバルたちがすごい技を身に着けて、
王者である自分に挑んできたとしても、恐れるどころか
モチベーションにしてしまう人です。

実際に、昨年のNHK杯で、それは証明されましたよね。

目の前でシニアデビューしたばかりのボーヤンが
95点という高得点をたたき出したにも関わらず、羽生選手は
ニヤリと笑い「見てろよ、抜かしてやるからな」と、
闘志を燃やし、まさしくその言葉の通り、106点という、
それまでの自己ベストを5点も更新したのです。

彼こそが「超一流のアスリート」なのです。


yuzuru1245.png


プレッシャーをコントロールできる人が超一流

超一流アスリートというと、多くの人がフィギュア
スケートの羽生結弦選手やテニスの錦織圭選手などを
思い浮かべるのではないだろうか。

彼らに共通している点を挙げるとしたら、
プレッシャーをコントロールできる
という点かもしれない。

例えば、羽生選手の場合には、本番で100%集中するために、
不要なものは周りから取り除き、本番以外ではできるだけ
リラックスすることを考える。

プレッシャーを押さえつけるのではなく、本番に
ピークが来るプレッシャーを快感に変えるという
コントロールの仕方をしている人が超一流のアスリートと
なり得るのだろう。』

今季も、超一流スケーター、羽生結弦の素晴らしい演技に
是非、注目していきましょう。


その他の記事。

高橋大輔氏「注目したい」羽生vs宇野に熱視線

元フィギュアスケーターで、解説者としても
活躍する高橋大輔さん・・。

18年平昌五輪のプレシーズンともあって
「男女ともに厳しい戦いが待っていると思う」と話し、
さらに「個人的には全日本で誰が勝つのかに注目したい。
羽生選手は才能があり強いが、宇野選手も今調子が
あがってきている」とも。

ショートプログラム、フリー、合計ともに世界最高
得点保持者の羽生結弦(と、今年4月、史上初めて
4回転フリップを成功させた宇野昌磨の対決を焦点としてあげた。』

高橋さんに限らず、日本の元フィギュアスケーターは
そういうでしょうね。

宇野選手は世界ランキングも3位になり、
日本では羽生選手に次ぐ地位にいますから。

今季は、山本草太君もシニアデビューしますが、
怪我の影響も懸念されます。

無良選手や村上大介選手は、この2人にどれだけ
追いつけるかが、見どころですね。

でも、今季の全日本チャンピオンもGPSの優勝も、
羽生結弦で間違いなしです。

ゆづ・・今季も期待してます。

そして心からのエールを送ります。


yuzuru1166.png

このブログは人気ブログランキングに参加しています。


フィギュアスケートランキングへ

また、ブログ村では、皆さまの応援のおかげで、
1位に迫るポイントを獲得しています。(*^-^*)

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2016-09-01 | Comment(6) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさん
こんばんは〜〜

いつも楽しく拝見しておりますが、
月末月初でバタバタしてましたので、久しぶりのコメントです
2,3日前のブログでマリリンさんから身にあまるようなお言葉を頂き、恐縮しておりました(*^ ^*)

「ライバルが4回転の種類や本数を増やそうと彼の絶対性は不変だ」
「彼はバンクーバー五輪のライサチェクにはなれない」
スッかとする嬉しい記事ですね〜
ご紹介下さりありがとうございます

24時間テレビのホワイトレジェンドを舞うゆづ君を見て、もはや同じ物差しでは測ってはいけない、測れない、どんなクワドであろうと何人もゆづ君を越える事ができないと思いました

確かに祖父母の時代と比べたら平成の今は豊かだけれど、心も同じように豊かになっているでしょうか?
日々、パンドラの箱から飛び出したような耳を疑いたくなる凄惨な事件、天災などなど…
ゆづ君はそのパンドラの箱に最後に残った現代の「希望」そのものです

ありがとう、ゆづ君

コメント欄が違いますが、ゆづ君は泳ぎが得意ではないとか
ゆづ君が競泳選手じゃなくて良かったです
だって、あの麗しい胸筋、腹筋、背筋が露わになる水着姿のゆづ君を直視しようものなら、たちまち血管が沸騰してしまいますわ>_<
シャツで汗を拭く時にチラッと麗しの腹筋が見えて、クラっとするくらいでないと…
服を着るスケートで良かった(^^;;

お衣装も楽しみですね
Posted by まきまき at 2016.09.02 00:42
マリリンさん、こんにちは!
このカメラマンの記事、素敵ですねー
2012年ニースでのカメラマンの様子、感動しました。泣けました!
「平昌で滑り終わったら指1本、すーっと天に向けて立ててもらいたい」
この言葉嬉しいです!私も絶対それを見てみたい!
羽生君を見守っていてくれる人は、カメラマンにも沢山いるんですね。
宇野選手の4フリップで騒いでいますが
私にはそんなに凄い事とは思えません。
ただ跳べれば良いと言うものではないでしょう。
羽生君のようにジャンプの質の高さで評価して欲しいものです。
でも羽生君、今季はループもフリップも、もしかしたらルッツも
跳んでくるかも…期待が膨らみます。
Posted by フレグランス at 2016.09.02 15:20
こんにちは。マリリンさん。
もう少し前の話題になりますが、24時間テレビの羽生君の演技、私は楽しみでありましたが、正直言って、内心どうか、失敗しないでね羽生君と、どきどきしながら見てました(ごめん、羽生君)
足の状態心配だったし、とりあえず、ジャンプ跳んでねと。
はじめのフリップでちょっとあわわとなりましたが、次のトリプルアクセル目の覚めるように力強く演技全体もしなやかで被災地への思いがいっぱい伝わる美しい演技で、ああ帰ってきたねと思いちょっと涙しました。
これほど技術も気高い内面も芸術性も伝わる選手がフィギュアスケートの歴史に今まで存在したでしょうか。

羽生選手は4ループは跳ぶでしょうが、おそらく4アクセルも跳ぶつもりでいるのかなと思います。
それでも、今のままであっても、羽生選手が体調面で問題なければ誰もかなわないと思います。

高橋さん、そろそろ平昌へのカウントダウンに入ろうとしてるのに、
高橋さんの関心は、羽生VS宇野の全日本ですか。申し訳ないけど視野が狭いですね。また羽生君に失礼かな、総合力でまだ宇野君は全然格下でしょう。完成度の低い4フリップごときでは羽生君には勝てません。私も羽生君に全日本に勝ってほしいと思いますが、グランプリファイナルや世界選手権ほどではありません。世界にはフェルナンデス選手チャン選手もボーヤン選手もいるし。
かんぐっていえば、羽生君に宇野君が勝ってほしいということでしょうか。

それから、仙台まで行って、なんと、おしんこランチのマリリンさんいくらゆづが好きでも、そこまでチームにゆづらなくてもよかったのに・・・
やさしいお人柄、私なら絶対食べたいもの叫んでいます。。
Posted by たをり at 2016.09.02 18:40
まきまきさん(*^-^*)
お返事がすっかり遅くなりましてすみません。

>マリリンさんから身にあまるようなお言葉を頂き、
>恐縮しておりました(*^ ^*)

まきまきさんにはいい意味で裏切られました(笑)
人って実際にお会いしてみないとわからないものですね^^
とても素敵な方で、びっくり仰天でした。

>「ライバルが4回転の種類や本数を増やそうと彼の絶対性は不変だ」
>「彼はバンクーバー五輪のライサチェクにはなれない」
>スッかとする嬉しい記事ですね〜

はい(^o^)
スカッとしますね。
ゆづの絶対性が変わることはないです。
ライサチェックは、五輪で金メダル獲った後は
パッとしなかったですね・・(;´・ω・)

>24時間テレビのホワイトレジェンドを舞うゆづ君を見て、
>もはや同じ物差しでは測ってはいけない、測れない、どんな
>クワドであろうと何人もゆづ君を越える事ができないと思いました

そうですね^^
ゆづはもう別格の存在ですね。
ゆづは希望の光、日本の宝ですね。

>ゆづ君が競泳選手じゃなくて良かったです。
>シャツで汗を拭く時にチラッと麗しの腹筋が見えて、
>クラっとするくらいでないと…
>服を着るスケートで良かった(^^;;

ですね(^^)/
あの素晴らしい筋肉をまともに魅せられたら、
うれしいけど、たまりませんものね。

裸よりは素敵な衣装で身をまとっているゆづが好きです。
Posted by マリリン at 2016.09.02 23:41
フレグランスさん(^^)/
こんばんは。

>このカメラマンの記事、素敵ですねー
>2012年ニースでのカメラマンの様子、感動しました。泣けました!

いい記事でしたね(*^-^*)
ほんと、泣けます。
ゆづを見ている人たちは、こんな気持ちで見てくれていたんだな・・と。
うれしくなりました。

>宇野選手の4フリップで騒いでいますが
>私にはそんなに凄い事とは思えません。
>羽生君のようにジャンプの質の高さで評価して欲しいものです。

昌磨の演技には、やはりあまり魅力を感じないので(^-^;
でも、ゆづを抜かすべく、色々と磨きをかけているんでしょうね。

ゆづは今季は絶対にループを成功させて世界初の称号を得てほしいです。
そして近いうちにルッツもね^^
Posted by マリリン at 2016.09.02 23:51
たをりさん(*^-^*)
こんばんは。
いつもありがとうございます。

>24時間テレビの羽生君の演技、私は楽しみでありましたが、
>正直言って、内心どうか、失敗しないでね羽生君と、どきどき
>しながら見てました。

同じです。(^-^;
ジャンプ失敗しないかとドキドキしました。
最初やっぱりちょっとうまくいかなかったですね。

>羽生選手は4ループは跳ぶでしょうが、おそらく4アクセルも
>跳ぶつもりでいるのかなと思います。
>それでも、今のままであっても、羽生選手が体調面で
>問題なければ誰もかなわないと思います。

ループは絶対に跳びますね^^
4アクセル・・今季はしないと思いますが、
いずれはやるでしょうね。

今季はクワドはサルコー、トーループ、ループの3種類入れますね。
フリーで4回入れるというのですから、1つはコンビネーションでしょうか。

あまり足に負担をかけないでほしいのですが、ゆづはきっと
妥協しないんだろうな・・(´・ω・`)

>高橋さんの関心は、羽生VS宇野の全日本ですか。
>申し訳ないけど視野が狭いですね。
>また羽生君に失礼かな、総合力でまだ宇野君は全然格下でしょう。

今年はゆづの足の状態によっては、ショウマがゆづに
勝つチャンスがあると思っているのかもしれないですね。
昌磨はかなり、ゆづの構成や演技を意識しているのではと思います。

>仙台まで行って、なんと、おしんこランチのマリリンさん
>いくらゆづが好きでも、そこまでチームにゆづらなくてもよかったのに・・・

もちろん、私も好きなものを食べたいと思ったのですが、
タクシーの運転手さんが、牛タン屋さんを予約してしまった
ということで。(^-^;

私以外の方はみんな美味しいって喜んで食べていたので、
ま・・仕方ないです。

おしんこがとてもおいしかったです(^o^)

私もゆづと同じで、食べることにあまり興味がないので、
旅行に行っても特に食べたいものがあるわけでもないのです。

鶏肉はいいのですが、牛だけは無理(*´Д`)
臭いだけでも吐き気がしてきて・・。

豚も食べないけど。肉の脂身がとにかく嫌いなんです。
肉のない世界に行きたいです(笑)
Posted by マリリン at 2016.09.03 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます