羽生結弦の扉を読んでみて。 - 羽生結弦 成功への軌跡

羽生結弦の扉を読んでみて。


今日は「キリトル」でゆづの海外解説を見ることが
できましたね。(*^-^*)

『史上最高のスケーター』『ナンバーワンを宣言できるのは
あなただけ!』など、多くの称賛の言葉がゆづに送られていました。

見ていてうれしくなりました。

またどなたかが動画をアップしてくださるかもしれないので、
それを楽しみにしたいと思います。

ところで今頃ですが、やはりこの記事が読みたかったので、
立ち読みする本屋も近くにないので、買って読んでみました。

「オール読物7月号」

yuzuru1050.png

オール讀物 2016年 07 月号 [雑誌]


記事は
『羽生結弦の扉』-ボストン世界選手権秘話-
文・宇都宮直子さん。

羽生選手に関してこのような書き出しで
紹介していました。

『彼は豪快な4回転ジャンプやトリプルアクセル
を跳ぶ。美しいスピンを回る。クラッシック曲が似合う、
芸術性の高い選手だ。

羽生は端正な顔をしている
黒い眉と切れ長の目が涼しげだ。

日本的な顔だが、小さな顔は西洋的ともいえる
かもしれない。

それから彼はスタイルがいい。手足が長くて、
リンクで見栄えがする。


欧米の選手にも引けを取らない。
むしろ、彼らより格好いいと思う

性格は気が強い。
むちゃくちゃ強い。
半端なく強い。

フィギュアスケートに限らずアスリートは
押しなべて気が強いが彼は特別だ。

また彼はいろんな意味で頭がいい。
21歳にしてはたくさん言葉を持っている。
ストレートに感情を口にする。かなり率直だ。

そういうわけで羽生結弦は現在、国民的な人気を
誇っているのである。


羽生選手の外見や性格に関するこういった紹介は
とてもうれしいですね。

●ボストンで何があったのか。

ここでは、世界選手権の前から靭帯に怪我を
していることが隠されていたことが記されていました。

『大きな試合の前に、けがを負っていると
発表する選手はいない。

そんなことをすれば不利になるだけだ。
ボストンでの世界選手権はある意味、
羽生結弦らしい試合だったといえるだろう。

彼はどんな時も向ってゆく。どんな状況でも勝ちに行く。
羽生はこの大会で、世界チャンピオンの奪還を目指していた。

羽生は2位になった。彼は負けたのだ。

羽生結弦の所属する「チームANA」の監督、城田憲子は
朝から晩まで忙しくしていた。

誰もが羽生の様子を心配していた。
誰もといっても・・彼の足の状態をよく知る
ほんの少しのだれかだ。

羽生の足は今年に入ってから増々悪くなった。
特に1月は痛みがひどく、世界選手権出場も
危ぶまれるほどだった。

そのため演技構成を変更せざるを得なかった。

城田は話す。
「ボストンへは一応、闘える状態になって入りました。
ただ、万全からは遠かった。

足はいつまでもつのか、壊れてしまうんじゃないかと
心配してました。やっぱりトーループが怖かった」』


おまけにあの会場はすごい悪条件が重なっていましたね。
幅が狭かったし、氷は一部溶けて水たまりができていました。


『城田は言う。
「あの人(羽生選手)の葛藤は大きかった。気持ちは
ぐちゃぐちゃだったと思います。」』

宇都宮さんはこう言います。

「羽生のすごいところは、それを外に出さないところだ。
人は苦悩を抱えると、様々な形で痛みを表す。
泣いたり、わめいたり、恨んだりする。
羽生の場合は、それを闘志にする。闘う糧にする。」と。

ショートを終わった時、誰もがゆづの足がそんなに
ひどい状態だったとわからなかったと思います。

宇都宮さんは自分のノートに「足が痛かったのに立派」と
メモをしたそうです。

『「事実を知らない周辺では、すでに優勝が既成事実
のように語られていた。それくらい彼は完璧だった。」

しかし、その成功には大きな犠牲が伴った。
ショートが終わった後、羽生の足はひどくはれ上がっていた。

羽生は一言も「足が痛い」といわなかった。
それどころか、会見後にも結構長い間、たったまま
囲み取材に応じた。

彼は最後までハンデを追っている人には見えなかった。

●重いいおもりを背負って。

この日の彼は「重いおもりを背負っている人」に見えた。
見ていて胸が痛かった。

城田は話す。
「ショートでは、心の強さで何とかなりましたが、
フリーはそうはいきませんでした。
体と心のバランスが崩れてしまっていました。

あの人は痛みを感じていました。アクシデントも重なり、
左足のダメージは大きなものになっていました。
ほんとに苦しかったと思います。」

羽生の状態は悪かった。それは記者席からも
容易に理解できた。

「羽生はやるしかないといってリンクに出ていきました。
靴を履いてしまえば何とかできると。」

だけど、羽生は闘争心を失いませんでした。
残念でしたが、あの足でよくあそこまで闘って
くれたと思います。」

キスクラから帰ってくると羽生はバックヤードにい
た関係者に向けて言った。

「すみませんでした。」

城田は言った。

「大丈夫よ、あなたが一番悔しいんだから」

敗因については多くを語らなかった。

その様子はいかにも羽生結弦らしかった。
彼はすごく悲しんでいた。

でも、何もあきらめていなかった。

トロントにいる羽生・・左足はゆっくりと回復している。
ただ、完全にとはいかない、まだ時間がいる。

練習のできない日々の中、彼は音楽を聴いている。
羽生は今シーズン、ショートフリーとともに
プログラムを一新する。

そのための音楽を探しているのだ。

羽生は扉を開こうとしている。

生来の負けず嫌いと頑固さとプライドで、新しい
挑戦を始めようとしている。

そう考えると辛い経験も無駄にはならない。
秋にはまた新しいシーズンがきて新しい羽生結弦を見る。』

yuzuru756.png

yuzuru571.png

yuzuru907.PNG

yuzuru1027.png

yuzuru588.png

yuzuru712.png

yuzuru846.png

この記事が出た当時よりも今はもっと足の状態も
良くなっていると思います。

こんな大変な中でも、堂々と2位という成績を収める
ことができた羽生結弦選手はほんとに立派です。

ただ、いつもいつもこんな無理をしているといつか
ホントに壊れてしまう・・。

城田さん、チームブライアン、そしてゆづの周りにいる
チーム羽生の方がた。

どうかこの史上最高のスケーターを守ってあげてください。

2度とこんなつらい経験をさせないように。

このブログは人気ブログランキングに参加しています。


フィギュアスケートランキングへ

また、ブログ村では、皆さまの応援のおかげで、
1位に迫るポイントを獲得しています。*^-^*)

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2016-07-31 | Comment(13) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンさんへ

この『羽生結弦の扉』読んだことなかったです。
こんなに素晴らしい記事だったのですね(涙)

さぞかし辛かっただろうと、ヒシヒシ伝わってきます。
1月のアイスショーはパスして、全日本のあと、早めに休養と治療にはいっていれば・・でも、過ぎたこと言っても仕方ないかな・・・。

何も言い訳しないゆづ君の代わりに、こんな感動的な文を書いてくださった宇都宮さんと、その記事をここに載せて紹介してくださったマリリンさんに感謝です!
Posted by ジジ at 2016.07.31 07:21
マリリンさん おはようございます。

今日は、仕事ですが、仕事に行く前に 都知事選挙に行きたい、と思い 少し早く起きて 選挙に行って来ました。 少し 時間が余ったから、マリリンさんの ブログを開けたら、なんと! 感涙!とも言える 雑誌の紹介が! 
有難うございます。 私も 是非とも、購入したくなりました。
アマゾンで、ポチ、出来るかしら? 

いい男。も、勿論、ポチ、してしまいました。ゆづが、いい男の雑誌に載るなんて、買わないなんて出来ませんし(笑い)。
凄いですね。 ゆづは、いつも!
Posted by はや at 2016.07.31 07:58
追伸

今、再び読み直してみたら、胸が一杯。泣けてしまいます。(/_;)/~~
ゆづ、って、どんだけ凄い選手なんだろう。そして、
マリリンさんの 最後の方の、言葉、この史上最高のゆづを 守って下さい。
本当に、本当に、そうですね。(*^▽^)/★*☆♪
Posted by はや at 2016.07.31 08:48
マリリンさん、こんにちは(^◇^)

凄い壮絶ですね。。。
側近の方が語るだけに真実味が有りますね。。。

キスクラから戻り関係者に『すみませんでした』との事ですが、
そんな時でも周りに対して気を使い、普段から周りの人に支えられ
感謝を口に出す羽生選手、本当に口先だけでは無いと言う事。

まだ若いのに責任感が強くて、自分の為だけに滑っているんではなく、沢山の思いを背負って滑っている羽生選手に脱帽です。

この記事を読んで羽生選手への応援する気持ちが更に強くなりました!
でも本当に無理しないでほしいですね。
羽生選手は世界一のスケーター、このような人は今後そう簡単に現れないです。

もしスケーターでなくても応援したくなりますね。

マリリンさんが仰るように、

【城田さん、チームブライアン、そしてゆづの周りにいる
チーム羽生の方がた。

どうかこの史上最高のスケーターを守ってあげてください。

2度とこんなつらい経験をさせないように。】

私も本当にそう思います。。。

マリリンさん、今日も有難うございました<m(__)m>



Posted by ようにゃん at 2016.07.31 10:35
マリリン
皆さま
こんにちは〜
マリリンさんいつもありがとうございます
昨夜のキリトル良かったですね〜
海外実況の賛辞の嵐は、ゆづ君ファンなら知り尽くしていますが、今回特に嬉しかったのは、広く一般の視聴者の方々に「ゆづ君だけ別の惑星から来た」くらい別格のスケーターだってことを知らしめてくれたことです ありがとう\(^o^)/
日本のマスコミも海外並みに成熟して欲しいです
今回はリオ五輪間近、夏の甲子園直前ということでのタイムリーな企画だと思いますが、そこに冬季のスポーツであるフィギュアスケートが取り上げられるのもひとえにゆづ君人気に因るものですね〜
さすが異次元のスケーターです

ところで「羽生結弦の扉」ですが
ここでは内面までもが異次元であることを伝えてくれていますね
まさかそんな状態で1月のショーを…
身体を代償にしてまでも地の塩世の光となるべく出演してくれました
でもおそらく、そんな状態であったことは今までにも何度もあったのでしょう
口外しないだけで
今回だって情熱大陸ではしないかもと語ってましたから
しかしながら、城田さんがANAコーチに就任したことやクワドがもたらす尋常でない身体への負担、今までの蓄積された身体の疲弊などからもうメンタルの強さだけではやっていけないところまできていたのではないでしょうか スケート靴を履けばなんとかなるという魔法は何時までも使えないくらいに
引退後、回顧録がでるとしたらまだまだゆづ君が自分の胸の内に秘めていることがたくさんあるのではないでしょうか
来月、母国日本に帰って来てくれますが
どうか、くだらないマスコミ対応をゆづ君に求めることなどないよう、海外解説並みの敬意を払って頂きたいと願って止みません

フェイスさんへ
今はお辛いですね
私も経験がありますからお気持ちがわかります(軽々しくわかるなどと言ってはいけないですが)
諸事情があって難しいこともありますが、お父様を一時でも看てもらえて、ご自分の為の時間を少しでも持つことはお父様とまた新しい気持ちで向き合う為にも大切な事と思います
いつかマリリンさんプレゼンツゆづ友会でフェイスさんとゆづ君話だけでなく、経験してきたことを分かち合えるといいなぁと思います
マリリンさん、コメント欄お借りいたしましたm(_ _)m
Posted by まきまき at 2016.07.31 12:13
マリリンさん、腰は大丈夫ですか?更新ありがとうございます♪いつも思いますがなんで1月のアイスショー出たのかなあ〜最初はエントリーしてなかったですよね。靴を履いて痛みを麻痺させて、毎回頑張っていたなんて酷すぎる(>_<)メンタルは強いですが身体は悲鳴をあげていますよね❗本当に無茶しなくていいように周りがしっかりと護って欲しいです!こんな状況下でも周りに気配りが出来るゆづはさすがですが、勝って当たり前の煽りをマスコミはいい加減やめて貰いたいです。ゆづは勿論他のスケーターも余計なプレッシャーとも戦う事になりますからね❗
Posted by のりか at 2016.07.31 17:48
ジジさん(*^-^*)
コメントありがとうございます。

>この『羽生結弦の扉』読んだことなかったです。
>こんなに素晴らしい記事だったのですね(涙)

友人から少しは聞いていましたが、やはりどうしても
読みたかったので思い切って買ってしまいました(^-^;

とてもいい記事でした。

>1月のアイスショーはパスして、全日本のあと、早めに
>休養と治療にはいっていれば・・でも、過ぎたこと言っても仕方ないかな・・・。

どうしてもそう思ってしまいますよね・・(;´・ω・)
あの時どうして大阪に出たりしたのか・・・。

色んな大人の事情があったのかもしれないですが、
世界選手権を控えた大事な時期だというのに、何で無理ばかり
させるのか。

>何も言い訳しないゆづ君の代わりに、こんな感動的な文を
>書いてくださった宇都宮さんと、その記事をここに載せて
>紹介してくださったマリリンさんに感謝です!

全てを書くことはできませんが、大まかにでも内容が伝わって
くれればいいなと思いました^^

お読みいただけて良かったです^^
Posted by マリリン at 2016.07.31 20:27
はやさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

お仕事と投票に行かれたのですね。
ご苦労様でした。

小池氏に決まりましたね、都知事。

>ブログを開けたら、なんと! 感涙!とも言える 雑誌の紹介が! 
>有難うございます。 私も 是非とも、購入したくなりました。

未だアマゾンでも買えましたが、中古化、新品でも在庫有りのところ
からしか買えなくなってましたね。(^-^;

これだけのために買うのも・・と思ったのですが、
やはり読みたかったので買ってよかったと思いました。

全てを書くことはできませんが、大まかにでも伝わって
くれればと思いました。

ゆづの辛さ、城田さんの無念さがよく伝わってきました。

私たちがしたくてもできないのですから、
そばにいる方がたぜひ、ゆづを全力で守ってほしいと
思いました。
Posted by マリリン at 2016.07.31 20:34
ようにゃんさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

>凄い壮絶ですね。。。
>側近の方が語るだけに真実味が有りますね。

そうですね。(^-^;
真近で見ていた方だからこそ書けたのでしょうね。

>まだ若いのに責任感が強くて、自分の為だけに滑っているんではなく、
>沢山の思いを背負って滑っている羽生選手に脱帽です。

すみませんだなんて・・(/ω\)
ゆづが謝ることなんてないのに・・。
誰に対して謝るのでしょうね・・。

城田さんが言うように「あなたが一番悔しい、辛いはず」ですよね。

>この記事を読んで羽生選手への応援する気持ちが更に強くなりました!
>でも本当に無理しないでほしいですね。

ホントにそうですね(*^-^*)
ゆづがますます愛おしく感じましたし、泣けてきましたね。

ホントにもうどれだけ無理をしていたのだろうと思うだけで
辛くなりました。

>【城田さん、チームブライアン、そしてゆづの周りにいる
>チーム羽生の方がた。どうかこの史上最高のスケーターを守ってあげてください。
>2度とこんなつらい経験をさせないように。】
>私も本当にそう思います。。。

ありがとうございます。(/ω\)
ファンはみんなそう思っていますよね・・。

今季はもうこれ以上怪我をしないで欲しいです。
Posted by マリリン at 2016.07.31 20:45
まきまきさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

>昨夜のキリトル良かったですね〜
>海外実況の賛辞の嵐は、ゆづ君ファンなら知り尽くしていますが、
>今回特に嬉しかったのは、広く一般の視聴者の方々に「ゆづ君だけ別の惑星から来た」
>くらい別格のスケーターだってことを知らしめてくれたことです ありがとう\(^o^)/

そうでしたね(^o^)
あれはうれしかったです。
ファンは海外解説がゆづ大絶賛なのはよく知っていますが、
一般の方はそこまで聞き比べないでしょうから、初めて知ったことばかり
でしょうね。

惑星ハニュー・・住人は羽生だけ(^^)/
いいなあ〜。いや、そこにはファンも一緒に住み着きたいですね。

>ところで「羽生結弦の扉」ですが
>ここでは内面までもが異次元であることを伝えてくれていますね
>まさかそんな状態で1月のショーを…

聴いてはいましたが、こうもリアルに語られると、辛いですね。(/ω\)
ゆづはそこまで頑張らなくてもいいのに・・と思ってしまうけど。
でもそこまで頑張るのが羽生結弦でもあるし。

複雑です・・ほんとに。

私たちを喜ばせてくれる陰にはゆづの大きな代償があったことが
とてもつらく感じました。

>来月、母国日本に帰って来てくれますがどうか、くだらない
>マスコミ対応をゆづ君に求めることなどないよう、海外解説並み
>の敬意を払って頂きたいと願って止みません。

ホントにそうですね。
くだらない質問でゆづの大切な時間を割かないでほしいです。
ゆづを大事に扱ってほしいです。
Posted by マリリン at 2016.07.31 20:55
のりかさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

>いつも思いますがなんで1月のアイスショー出たのかなあ〜
>最初はエントリーしてなかったですよね。靴を履いて痛みを
>麻痺させて、毎回頑張っていたなんて酷すぎる(>_<)

ほんとにね〜(*´Д`)
無理に1月の大阪・・出なくてよかったのにといつも思います。
その前の週が盛岡でしたから、もう限界でしたよね。

お客さんはゆづが見れると喜んで大阪に詰めかけたけれどね。

>本当に無茶しなくていいように周りがしっかりと護って欲しいです!

はい。そう思います。

ゆづだって人間なのですから、いつもいつも調子が
いいとは限らないので、あまり無茶をさせないで欲しいですね。
Posted by マリリン at 2016.07.31 21:25
「羽生結弦の扉」知りませんでした。
私自身も世界選手権でのショートの結果を知った時、少しのミスでも
優勝できるとわくわくしていてフリーの結果を会社の休憩時間に知ったときはなぜ?なにがおこったの?と信じられませんでした。
そのときは足がこんなにもひどい状態で挑んでいたなんて思いもしていませんから、いろんなアクシデントの報道があったので憶測で氷の状態、滑走順による体の温度調整(かなり6分間練習後汗をかいていたと)またアクシデントによる精神状態などいろいろかってに考えてしまっていました。
ここまで足がひどくなっていたなんて・・なぜ貴方ばかりが試練にと
でもより一層羽生選手へかける思いも強くなりました。
こんなひどい怪我をしていながら何も愚痴をこぼさず重圧まで背負いながら2位になったのですから本当にすごい選手だと思います。
マリリンさんの言うとおり
これからはもう彼にそんな無理をさせないで万全な状態で試合に臨めるよう大切に守って欲しいです。
それからこの場をお借りして
まきまきさんへ
ありがとうございます!
ゆづ友会でお会いして語り会える日を本当に楽しみにしています。


Posted by フェイス at 2016.08.01 00:18
フェイスさん(*^-^*)
いつもありがとうございます。

この記事、良かったです。

>私自身も世界選手権でのショートの結果を知った時、少しのミスでも
>優勝できるとわくわくしていてフリーの結果を会社の休憩時間に知ったときはなぜ?
>なにがおこったの?と信じられませんでした。

そうですよね・・(^-^;
足のケガのことは小耳にはさんではいましたが、
試合に出られるのなら大丈夫と。。私も思っていたし。
まさかここまでひどかったとは・・という感じです。

>こんなひどい怪我をしていながら何も愚痴をこぼさず重圧まで
>背負いながら2位になったのですから本当にすごい選手だと思います。
>マリリンさんの言うとおりこれからはもう彼にそんな無理をさせないで
>万全な状態で試合に臨めるよう大切に守って欲しいです。

ホントにそうですね(´・ω・`)
今後はしっかりとゆづを支えて守っていただきたいと思います。
無理だけはダメです・・試合ならまだしもショーなんて出なくても
いいんだから・・。
Posted by マリリン at 2016.08.01 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます