Jスポーツ4。2011年の4大陸のゆづがかわいい。 - 羽生結弦 成功への軌跡

メインインフォメーション

yuzuru1859.png

Jスポーツ4。2011年の4大陸のゆづがかわいい。

昨日は、Jスポーツ4で放送された、
2011年の4大陸選手権を見ることができました。

この大会のゆづがとにかく可愛くて可愛くて、
何度も見てしまいました。

ブログでもその時の動画を何度もご紹介したくらい。

2010-2011シーズンの後半に行われた大会。

https://youtu.be/7KPon1zhlLI


16歳のゆづにとってはシニアのデビューシーズン。
コーチはまだ阿部奈々美先生でした。

前年の世界ジュニアのチャンピオンとして紹介されました。

SPは「ホワイトレジェンド」。
yuzuru965.png

ほっぺがぷくぷくのあどけなさが残るかわいいゆづ。

yuzuru966.png

yuzuru968.png

yuzuru971.png

76.43点。SBを更新しました。

yuzuru972-1.png

そして臨んだフリー。

https://youtu.be/m1VT6iqs948



最初に4回転トーループをきれいに着氷します。

yuzuru973-1.png

yuzuru974-1.png

かわいらしさ炸裂で、シャッターチャンスならぬ、
キャプチャーチャンスが逃せませんでした。

yuzuru976-1.png

yuzuru984.png

yuzuru985-1.png

yuzuru978-1.png

yuzuru979-1.png

よほど疲れたのか、演技後、しゃがみ込んで
しまったゆづ。

コーチのもとに戻るときも「しんどかった」と本音を
漏らしていました。

yuzuru975.png

yuzuru980-1.png

yuzuru981-1.png

キスクラでカメラ目線(笑)

総合得点228.01でシニアデビューの年で
銀メダルを獲得しました。

yuzuru986-1.png

表彰式。

https://youtu.be/uBpz59a35dM



笑顔がかわいいです。

yudu418.png


この時代の覚書。

ISUの試合で日本人選手の複数メダルはこの時が
初めてでした。

現在では4大陸選手権でのメダル獲得数は日本がTOPです。

小塚崇人選手が全日本チャンピオンとして臨んだ大会。
親子で全日本チャンピオンになったのは史上初。

ちなみに羽生選手はシニアデビューシーズンで
全日本4位という成績でした。

日本男子がまさしく3強の時代だったんですね。

高橋大輔選手が現世界選手権チャンピオンとして
紹介されていました。(2010年3月の世界選手権)

この2011年の世界選手権は東京で開催される
ことになっていたのですが、3.11が起き、東京開催が
中止になってしまいました。

予定よりひと月遅れでロシア(モスクワ)で開かれ、
小塚選手が銀メダルに輝きました。

まだ予選があった年で、小塚選手は予選から出場
していました。

この時代はまだアダムリッポンはオーサーコーチの
もとで指導を受けていたんですね。

彼は前年の4大陸王者として紹介されていました。

アダムリッポンや中国の選手が4回転ルッツを
練習していたという話がされていました。

リッポンはこのころからすでに4ルッツにチャレンジ
していたのか。(´・ω・`)

バンクーバー五輪では中国の選手は出ていなかった
んですね。知りませんでした。

ピョンチャンや北京五輪には、恐らくボーヤンが
出るのではないでしょうか。

ちなみに今年はボーヤン・ジンが4大陸で銀メダルを
獲得しましたね。

後半のボーナス得点がなかった時代。

優勝した高橋大輔選手の得点が、244.00。
2位の羽生選手が228.01点。

得点のルールも変わっているので、安易に
比較することはできませんが、それでも、
330点を出すまでになった現在からみるとレベルが
各段に上がっているということがわかります。

5年前なのですが、時代を感じました。

そしてガラガラの観客席。

yuzuru969.png

フリーの時の方が多少、増えていましたが。

yuzuru982.png

当時でも人気があった選手が出ていたわりには、
満席にはならなかったのですね。

そう考えると今、ゆづが出る試合のほとんどが
満席になるというのは、いかにすごいことなのか。

改めて今の羽生人気、羽生効果のすごさを
思い知らされた気がします。

当時の日本男子は3強の時代といわれ、
小塚、高橋、織田選手らが競っていた時代。

1人だけが跳びぬけていたのと違って、3人の選手
それぞれが時には全日本で優勝したり、GPSで優勝したり、
世界選手権で表彰台に乗ったりしていた時代でした。

2013-2014シーズンから現在に至るまで日本は
「羽生1強時代」です。

宇野選手やほかの選手も頑張っていますが、
全日本やGPFでは優勝を譲っていませんし、
世界選手権でもゆづ以外に表彰台に上る日本人
選手はまだいません。

今季から2強時代になっていくのか・・それはまだ
始まってみないとわかりませんが。(^^;

次回のJスポーツ4でゆづの演技が放送されるのは、
7月30日です。

その前にCSテレ朝チャンネルにて7月23日の
16:00〜19:00に「羽生結弦特集」が放送されます。

yuzuru987.png
yuzuru988.png

お見逃しなく!

このブログは人気ブログランキングに参加しています。
おかげ様でベストテンにランクイン中です。


フィギュアスケートランキングへ

また、ブログ村では、皆さまの応援のおかげで、
1位に迫るポイントを獲得しています。*^-^*)

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村

2016-07-10 | Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幸枝さん(*^-^*)

>土曜ワイド劇場が延長になって放送されていて迷惑していた
>フィギュアスケートの試合で羽生結弦選手の衝突事故が!
>迷惑だから早く終わってくれ!から羽生結弦選手に注目!
>この子本当に滑るつもり?初めてフィギュアスケートの演技を真剣に見た。

そうだったのですね(^^)/
ということは幸枝さんは中国杯堕ちでしたか。

あの時にゆづのことを好きになった人、多いですね。

>羽生結弦ファンになったのはテレビ朝日で土曜日の夜に放送された偶然もあったのです。

テレ朝に感謝です。(*^-^*)
Posted by マリリン at 2016.07.10 13:17
幸枝さん(*^-^*)

>フィギュアスケートの選手に一人だけ可愛い男の子が居る。
>と私の母親は思っていたそうです。

そうでしたか(*^^)v
お母様もお目が高い。

>羽生結弦選手を見て居ると性格が素晴らしい事が分かりました!
>普段は可愛いのにリンクに立った時の男らしい目つき。この子なんて目をして居るんだ(惚れ惚れ)
>このギャップがたまらない。

ですよね(^^)/
可愛いのに全く女性っぽくない性格。気質なので。
彼以上に男らしい男はいないと思います。

私は男らしい人に惹かれるので、ゆづに惹かれたのだと思います。
Posted by マリリン at 2016.07.11 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 羽生結弦 成功への軌跡 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます